スタッフブログ”滑舌が良くなるトレーニング②”

2017.12.22 STAFF BLOG スタッフブログ”滑舌が良くなるトレーニング②”

こんにちは!先日初めて沖縄にいってまいりました!MUSIC PLANET(ミュージックプラネット)スタッフのプリマです!✨

古宇利大橋という海が一面に広がっている橋をサイクリングしてきたのですが、とっても気持ちよかったです(*^^*)!まだ行かれたことのない方はオススメします(^^)

 

さて!今回は前回に引き続き、滑舌についてです!

前回は口の筋トレについてお話ししましたが、実践してみた方はいらっしゃいますでしょうか?笑

筋トレを行なったら、そこで満足せず、上手く筋肉を使えるようにしなくては意味がありませんよね。

ということで、今回は歌手の方はもちろん、声優やアナウンサーの方も行う言いづらい言葉シリーズをご紹介します✨

自分が何行が苦手なのかをしっかり理解して、練習することが大事になってきます。

 

さて、それではさっそく皆さん声に出して読んでみましょう❗️笑

 

・高架橋橋脚(こうかきょうきょうきゃく)

・新設の診察室視察 (しんせつの/しんさつしつ/しさつ)

・第一著者、第二著者、第三著 (だいいちちょしゃ/だいにちょしゃ/だいさんちょしゃ)

・バナナの謎はまだ謎なのだぞ(ばななのなぞは/まだ/なぞなのだぞ)

・ミニ耳栓を右耳左耳に (みにみみせんを/みぎみみ/ひだりみみに)

・アルミホイル炙りカルビ破れかぶれ (あるみほいるあぶり/かるびやぶれかぶれ)

 

 

皆さん噛まずに言えましたでしょうか?

私はナ行が一番苦手のようです…。(全然言えませんでした。)笑

自分の苦手な行が分かったら、集中的に練習してみるといいかもしれませんね!

人それぞれですが、私はなるべく口を大きく動かして、顔全体の筋肉を使うように意識して言うと、噛まずに言いやすくなりました!!

 

滑舌がいい人はハキハキしているように見えて、自然と第一印象が明るくなりますね!! 私も皆さんにご挨拶する際は、心がけてみようと思います(^○^)

また、自分で滑舌が良いのか、悪いのかわからない…と言う方は、カラオケで自分の歌を録音してみて、歌声だけではなく、ぜひ滑舌に注目して聴いてみるとわかりやすいかもしれないですね✨

 

歌う時の滑舌はもちろんですが、オーディションでの自己PRや質疑応答もはっきりと気持ちを伝えられるようにぜひ練習してみて下さい!

 

さて次回は”音楽が与えてくれる影響”についてです!

お楽しみに〜♬

JASRAC