• TOP
  • BLOG TOP
  • オーディション
  • 「歌手のオーディション、自己PRは何をすれば良いのかわからない…」そんなときに知っておきたい効果的な自己PRとは?

ブログトップへ

「歌手のオーディション、自己PRは何をすれば良いのかわからない…」そんなときに知っておきたい効果的な自己PRとは?

歌手オーディションで避けては通れないもの、それは自己PRです。自己PRとは自分自身の強みをアピールすることなのですが、なかなか難しいことですね。

また、歌のオーディションでは書類審査と本番での2回自己PRを行わなければいけません。この2回の自己PRは同じものであってはいけません。

今回の記事では、「歌のオーディションで自己PRは何をすればいいの?」という方に向けて、自己PRの注意点やポイントをお伝えします。是非参考にしてオーディションの合格切符を勝ち取りましょう!

1.歌手オーディションの内容は?どのような流れで行われるの?

まず歌手オーディションを受ける前に、その内容とどのような流れでオーディションが行われていくのかを解説していきます。ここで、ある程度のイメージをもてると良いですね。

1-1.オーディションには種類がある

様々な歌手オーディションがある中で、大きく分けるとレコード会社が開催しているものと、プロダクションが開催しているものとに分けられます。

プロダクションとレコード会社では、歌手との携わり方が異なりますので、求めている人材も変わってきます。ですので、それぞれのオーディションでは審査の内容は違ってくるでしょう。

ただし、オーディション自体の流れはどれも同じようなものです。それでは、オーディションの一般的な流れをご紹介しましょう。

1-2.一般的なオーディションの流れ

歌手オーディションは大きく分けて3つの工程に分けられます。まずは、書類審査で応募者がまず一番始めに乗り越えなくてはいけないハードルとなります。

多くの応募者は書類審査でふるいにかけられ、そこで目にとまった人だけが次の最終審査へコマを進めることができます。書類審査では、履歴書や音源の入ったデモテープで審査が行われます。

そして、最終審査では歌を審査員の前で披露して、さらに自己PRなどを行いどういった歌手を目指しているのかを明確に答えなければいけません。

最終審査でオーディションが求めている人材と合致したと判断されれば、晴れて合格を勝ち取ることができるのです。オーディションの流れは単純ですが、倍率はもの凄い数字となっています。

2.歌手オーディションの書類審査に通る自己PRとは?

歌手オーディションを受ける人にとって、書類審査は乗り越えなくてはいけないハードルです。しかし、なかなかそのハードルを乗り越えることができない人も少なくありません。

書類審査の壁を乗り越えるのに重要なのは、自己PRです。では、書類審査に通ることができる自己PRの方法をご説明していきます。

2-1.自己PRと自己紹介は別

自分では自己PRを書いているつもりが、ただの自己紹介になっていませんか?自己PRは、自分の強みや良い部分を自分の文章でアピールするものです。

ただ、自分がどういった人なのかを紹介するだけは何も印象に残りません。自己PRの意味をきちんと理解して、自分を売り込みましょう。

2-2.特技や趣味は一つに絞る

色々と自分のことをアピールしたいと考える人もいることでしょう。特に、趣味や特技がたくさんあれば、全て知ってもらいたいと思うものです。

しかし、アピールする趣味や特技は一つに絞りましょう。それを存分にアピールする方が印象にも残りやすいですし、見ている方も頭に入りやすいですね。

2-3.曖昧な表現を使わずに具体的に書く

自己PRを書く際には、曖昧な表現は避けて全てを具体的に書くようにしましょう。例えば、将来は有名な歌手に絶対になりたい!といったものでは曖昧すぎますね。

それよりも、3年後には全国ツアーを開催して武道館でライブをする!といった具体的な目標などの方が伝わりやすいです。

2-4.読んでいる人に気持ちになって書く

これは、オーディションの書類審査だけに限らずですが、自分が文章を書くわけですから読んでいる人の気持ちになって書くようにしましょう。

字は綺麗に書く、分かりやすい文章でといった基本的なことが大切です。読みずらい自己PR文章は、読み手も読んでいて疲れてしまいます。相手への配慮を大切にしましょう。

3.歌手オーディションの二次審査で自己PRを行う際のポイントは?

二次審査では、直接審査員の前で自己PRをする機会があるはずです。書類審査とは違ったかたちで自己PRを行わなければいけないので、そのポイントをまとめました。

3-1.インパクトと意外性で印象付けをする

書類審査の自己PRではアピールできなかった、インパクトと意外性を伝えましょう。普通の自己PRをしていても、他のライバルに差をつけることができません。

3-2.アピールポイントは一つ

色々なアピールポイントを小出しにするのではなく、一つのアピールポイントを存分に見てもらうようにしましょう。その方が審査員の印象に残りやすいです。

「特技がモノマネ、ダンス、バレエです」といって全ての特技を少しずつ見てもらうのではなく、特技はモノマネと一つに絞りそれだけに集中して見てもらうということです。

3-3.誰にもない特技

誰にもない特技というのは、あなたしか持っていない特技のことです。何か専門的なことをやっていたのであれば、それを存分にアピールすると良いでしょう。

ただし、人より秀でた特技はないという方も少なくありません。そんな人は、自分の特技に特別感を出せるように付加価値をつけてみてください。

例えば、特技が「笑顔」だったとします。しかし、「特技は笑顔です」といっても弱いです。なので、「私の特技は、落ち込んでいる人をすぐに立ち直らせることができる笑顔を出すことができることです」ということにすれば、ただの笑顔が誰ももっていない特別な特技になりますね。

4.「歌手オーディションの自己PR、考えても良いものが浮かばない…!」そんなときにに覚えておきたいこと

とはいえ、「私の特技はこれだ!」という自己PRを見つけるのはなかなか難しいことですね。そんなときに考えべきことは、まず自分のことをよく知ることです。

意外と普通に生活していると、自分がどういった人間で今までにどんな出来事があったのかを忘れてしまいがちです。自分を素直に見直してみることで、自己PRの手がかりになるかもしれません。

一度、両親なんかと昔話をしてみるのも良いかもしれませんね。そういった話の中で、オーディションで使えるようなネタを思い出せる可能性もあるのです。

もちろん、そういったエピソードなどをうまく審査員に伝えることができなければ意味がありませんので、きちんとした構成を作り伝えやすい内容に準備しておくことも大切です。

そして最終的に必要になるのは、あなた自身の熱意と情熱です。いくら素敵な自己PRをしてもそこに気持ちが入っていなければ審査員には何も伝わらないでしょう。

5.歌手のオーディションに受かるために、自己PRはしっかり準備しておこう!

歌のオーディションには重要な要素がいくつもありますが、その中でも自己PRというのは合否を左右する大きな要素です。準備は入念にしておかなくてはいけません。

自己PRをするにも、まず自分にはどういった強みがあって人にアピールできる部分はどこなのかをきちんと明確にすることも必要でしょうね。

自分を知るというのは、客観的に自分を見ることです。これは歌手になるには必要となるもので、自分を客観的に見ることができる人は、歌手としての実力も伸びやすいです。

まずは、他人から自分を見てもらい、色々なアドバイスや意見を聞いてみるのも良いかもしれませんね。最高の自己PRを用意してオーディションの合格を目指しましょう!