• TOP
  • BLOG TOP
  • オーディション
  • オーディションから歌手になるにはどうすればいいの?歌手オーディションに受かるコツをご紹介!

ブログトップへ

オーディションから歌手になるにはどうすればいいの?歌手オーディションに受かるコツをご紹介!

歌手としてのデビューを目指すのであれば、様々な方法がある中でもオーディションを受けるのが夢への近道となることでしょう。

しかし、オーディションでの合格というのは簡単なものではなく、何度オーディションを受けてもなかなか合格することができない人というのは数え切れません。

オーディションでは、審査員の目を惹く大胆なことをする必要もあるのですが、それと同時に基本的なことも忘れてはいけないのです。オーディション合格のための基本的なことを解説していきます。

1.一般的な歌手オーディションの流れを知っておこう

オーディションにも様々なものがありますが、基本的な流れはどれも同じです。まずは、一般的なオーディションの流れを知っておきましょう。

1-1.書類審査

歌手オーディションはほとんどの場合、書類審査から始まります。履歴書を書き、自分の歌声を録音したデモテープと共に、募集しているレコード会社やプロダクションに送ります。

はっきりといえば、書類審査のレベルも高いです。ここを通過することで、二次審査に進むことができるのですが、履歴書とデモテープでそれなりのインパクトを与えなくては通過することはできないでしょう。

人によっては、いつまでたっても書類審査に通過することができないという人もいるくらいで、歌手オーディションでの最初の難関とも考えられています。

1-2.二次審査

書類審査に合格したら、次は二次審査です。大抵の二次審査は面接形式で行われることが多く、企業の面接に似ている部分もあるかもしれません。

他にも、誰でも見れる公開型のオーディションであったり、グループで面接を受けるといった形もあります。ここでは、一般的な流れを解説していきます。

まず始めにやることは、審査員の方に向けて自己紹介と自己PRです。ここで、審査員の心を掴むことができれば、その後は有利に進めることができるので、重要な部分です。

そして、実際に歌唱力を披露して、プラス他の特技を見せる時間になります。最後に、審査員からの質疑応答を受けて終了というのが普通の流れになります。

1-3.合否発表

合否の発表は、その場で行われることもありますが大抵の場合、約2週間後に合格者のみに連絡がいきます。このとき、落選した理由などは問い合わせできないことがほとんどです。

2.歌手オーディションの書類審査のコツとは?

前述した通り、歌手オーディションはまず書類審査に受からなければ、次のステージに進むことはできません。まずは、書類審査に全てをかけましょう。

書類審査に受かるには、書類作成とプロフィール写真に焦点をあてて考えていきましょう。書類審査に受かるコツとご説明していきます。

2-1.書類の作成で全てが決まる

オーディションにもよりますが、書類審査の時点で応募者が数万人になることもあります。その中から二次審査に進める人というのは、多くても4分の1くらいです。

ですので、ほとんどの人が書類審査で落選してしまうのです。どのような書類で審査員に印象を与えるかで、全てが決まるといっても過言ではありませんね。

書類作成の際に意識することは「読みやすい綺麗な字」「長すぎない文章で伝わりやすい内容」「今までの音楽経験が分かりやすくまとめられている」といった部分です。

インパクトを残したいと、他の人とは全く違った書類を作成しようとする方もいますが、まずはこの3つの基本的なことを意識して書類を作成しましょう。

どんなに良い内容であろうと、それが審査員に伝わらなければ意味がありません。基本を抑えた上で、自分なりに伝えたいことを盛り込めると良いですね。

2-2.プロフィール写真は印象を重視

書類と同じく重要なのは、プロフィール写真です。プロフィール写真で良い印象を与えることができなければ、ほとんどの確率で書類審査は通過しません。

注意するのは「明るく綺麗でピントが合っている」「背景に余計なものが入っていない」「加工をしていない」「服装は清潔感を出す」この基本を徹底しましょう。

自分で撮るのに自信がある人は良いですが、できるならプロのカメラマンに撮影をお願いして撮った方が間違いはないでしょう。

3.歌手オーディションにおいて、デモ音源の選曲はとても重要!

歌手オーディションの書類審査では、書類とプロフィール写真だけではなくあなたの歌声が入ったデモ音源も提出しなくてはいけない場合もあります。

「自分のもっとも自信のある曲」を歌う方がほとんどでしょうが、本当にその曲で大丈夫ですか?デモ音源の選曲って考えている以上に重要なのです。選曲のポイントを解説します。

3-1.キーが合っているか?

歌える音域というのは限られています。あなたは、それだけの音域の幅を持っていますか?それを十分に把握した上で、自分のキーで歌える曲を選びましょう。

ギリギリ出るか出ないかの曲を一生懸命歌うよりも、余裕を持って声が出せる歌を全力で歌う方が、審査員に対しても良い評価をもらえることがあるでしょう。

3-2.感情を込めて歌うことができる

自分が感情移入をすることができ、心を込めて歌える曲を選ぶのも重要です。上手に歌っても、聞いている人の心に響かなくては意味がありません。

テクニック重視で難しい曲を歌いこなそうとする方もいますが、歌詞が分かりやすく歌いやすい曲を感情込めて歌う方が、聞いている人には伝わりやすいです。

3-3.モノマネはNG

歌のオーディションは歌い手のオリジナリティを求めています。歌う曲のアーティストに寄せて歌ったり、モノマネになってしまっていないか注意が必要です。

3-4.イントロは30秒以内

審査員は送られてきた何万もあるデモテープをひたすら聞いていかなくてはいけません。そんな中でイントロが長い曲があるとそれだけで疲れてしまいます。

また、サビまで聞いてくれない可能性も考えられます。ですので、歌う曲のイントロは30秒以内でおさまる曲を選ぶ方が良いですね。

4.二次審査(面接)に進んだ!次はどんなことに気をつけるべき?

晴れて書類審査を通過したら、次は二次審査になります。ここで、審査員の印象に残るアプローチをすることができれば、歌手デビューへ近づきます。

ただし、二次審査では特に基本的なことを見直さなくてはいけません。面接以前に人としての常識や社会性、社会人としてのマナーやルールを守れているのかといった部分が見られます。

・遅刻は絶対にしないこと。万が一送れる場合は必ず事前に連絡を入れるようにする。
・携帯電話、スマホの電源は必ず切ってから会場に入りましょう。
・本番までの待ち時間での立ち振る舞いや姿勢もチェックされています。
・常に元気で大きな声での挨拶をしなくてはいけません。
・きちんと審査員の目を見て、ハキハキとした受け答えをできるようにしましょう。
・入室・退室する際には必ず挨拶をする、まら会場から帰るときにもお礼をいって帰るようにしましょう。

このような人としての基本的な部分を注意して、二次審査に向かうようにしましょう。人柄や人間性といった部分も深く見られているので、改めて自分を見直してみると良いですね。

5.基本をおさえて、歌手オーディション合格を目指そう!

歌手オーディションの基本は、歌が上手いというよりもその人の人間性がきちんとしているかといったところが重要視されます。

その基本的なことがある上で、歌唱力が評価されるのです。歌唱力が高いだけでは、まず間違いなく合格することはできません。

ただし、人間性がいくらしっかりしていても、歌唱力のレベルが低くとも受かることはないでしょう。人間性をしっかりと磨きながら、同時に歌唱力も高める努力をしていきましょう。

それが、歌手オーディションに受かる最大のコツであり、近道ともいえますね。