ブログトップへ

カラオケで音源は作れる?歌手オーディションの音源作成のコツをご紹介!

歌手オーディションでは、応募する際に自分の歌声が入ったデモ音源が必要になりことがあります。また、歌唱審査においても必要になることがあるでしょう。

デモ音源を作ったことがない人からすれば、それだけでも大変ですね。この記事では、そういった方に向けてデモ音源の準備の仕方について解説していきます。

デモ音源はカラオケでも作ることができる?デモ音源を作る際の注意事項やコツもまとめてお伝えするので、是非参考にしてみてくださいね。

1.歌手オーディションのデモ音源・カラオケ音源はカラオケボックスで作れる?

歌手オーディションで必要となるデモ音源ですが、一般的な作り方といえばカラオケボックスで録音するという方法があります。

では、カラオケでデモ音源を作る具体的な方法を見ていきましょう。

1-1.レコーディングルームがあるカラオケで録音する

今の時代、機能がグレードアップしているカラオケが増えています。自分の歌をyoutobeやSNSなどにアップする人が増えている傾向があるからでしょう。

カラオケによっては、レコーディングルームを完備しているところもあり、そこでデモ音源を録音できるようになっています。

さすがにレコーディングスタジオのようなクオリティーはないものの、一般的なカラオケとは違ったマイクを使用できるので、録音もしやすいです。

ただカラオケルームで歌っている歌声を録音するだけではなく、ヘッドホンなども利用して自分の歌声をしっかりと聞きながら録音できるので質の高いデモ音源を作成することができるのです。

お金の面で考えても、普通のカラオケに行くくらいの料金ですむので、お手軽に利用できるのも大きなメリットとなりますね。

使い方がわからくて不安があるといった人でも、マニュアルがありますし、店員さんに聞けば教えてくれるので、初めてデモ音源を録音する人でも、安心して作成できます。

1-2.最低限カラオケの機材は使用する

カラオケの設備のグレードが上がってきているからといって、全てのカラオケにレコーディングルームが完備されているわけではありません。

ですので、住む地域のカラオケによってはレコーディングルームがない場所も多いはずです。そういった場合でも、最低限カラオケの機材を使って録音するようにしましょう。

レコーディングルームで録音するよりも音源の質は下がってしまうものの、スマホなどを使って録音するよりはクオリティーは高いのでおすすめです。

2.カラオケで音源を作る際の注意点は?

カラオケでデモ音源を作る際には、作成するのは比較的簡単にできるのですが、音の質には注意が必要です。スマホのアプリなどでも録音はできますが、音質が低くなってしまう場合もあります。

できるだけ質の高い音で録音したいのであれば、mp3レコーダーを使うと良いでしょう。また、カラオケではキーの設定ができますが、原曲にこだわる必要はありません。

あなたの音域にあったキーに設定して歌いましょう。そして、録音が終わったら自分でそれを聞き直しておかしな部分がないかをチェックすることを忘れてはいけません。

チェックするポイントとしては「音程が正確か?」「表現力は出ているか?」「滑舌はおかしくないか?」です。自分の納得がいくまで録音しましょう。

3.歌手オーディションの音源を作るには他にどんな方法がある?

カラオケでデモ音源を録音する方法はおすすめできますが、他にも方法はあります。自分に合ったやり方で録音していきましょう。

3-1.自宅で録音する

カラオケなどに収録されていないオリジナルの曲を選んだ場合には、自宅で録音する方法があります。スマホやmp3レコーダー、パソコンなどを使って録音ができます。

自宅で録音するのは、お金もかかりませんし何度も撮り直しができるといった時間の制限もありません。しかし、周囲に声が漏れる心配から歌声が小さめになってしまうことがあります。

3-2.ライブなどの歌声を録音してもらう

ライブハウスなどでライブ活動を行っている場合には、そこのPAさんに頼んで音源を録音してもらう方法もあります。専門家なので、質の高い音源ができあがるでしょう。

また、同時にそのライブの映像をデモ音源と一緒に送ることで、ライブパフォーマンスも見てもらえることもあるので、効果的です。

3-3.レコーディングスタジオを借りる

何よりも音質にこだわって、最高のデモ音源を作成したいと考えるのであれば、本格的なレコーディングスタジオを借りて録音すると良いですね。

プロの方からアドバイスを受けることもできますし、何よりデモ音源のクオリティーが高くなります。ただし、費用は高くついてしまいます。

バンドメンバーとの録音であれば、まだお金を出しあえるので良いかもしれませんが、個人でとなると少々お金に余裕がなければハードルが高いと感じてしまうかもしれません。

4.音源を作るときはNG事項に気をつけよう!

こんなデモ音源なら、絶対にオーディションに受かることはないといったNG事項をお伝えします。送る前にしっかりと確認をしましょう。

4-1.スマホアプリなどの音源は避ける

今のスマートフォンは非常に進化しており、使い勝手の良いアプリも多々あります。録音アプリも優秀で、デモ音源にも適していると考えがちですが、実はクオリティーはそこまで高くはありません。

オーディションの審査員が聞きたいのは、音質でスマホでの録音というのは思っている以上に雑音や余計な音が入ってしまっている場合が多いです。

そういった音源であれば、審査のしようがありませんし、言い方は悪いですが送るだけ無駄なデモ音源になってしまうのです。

こういったことを踏まえて、スマホを使って録音した音源は避けるようにしましょう。

4-2.エコーがかかった音源はNG

カラオケで音源を録音する場合に多いNG事項です。エコーがかかっている状態であれば、確かに歌は上手に聞こえます。

しかし、審査員が聞きたいのは、あなたの自然体の声です。エコー機能は0にして音源を録音するようにしましょう。逆にエコーは上手くセッティングしなくては下手に聞こえてしまうこともあるので注意が必要です。

5.歌手オーディションの音源作成時のコツはこれ!

歌手オーディションの審査に通過するのに、デモ音源のクオリティは重要です。ここでは、作成する際のコツについてお伝えします。

5-1.曲数や選曲

デモ音源に入れる曲数は、多すぎても少なすぎてもいけません。ベストな曲数は2~3曲でしょう。聞いてほしい曲がもっとある場合は、何度かに分けて送ると良いかもしれません。

また、選曲ですが非常に重要です。もっとも注意すべき点は「自分の歌声の魅力を存分に出せている曲か?」ということです。

いくら歌唱力が高く、魅力的な歌声をしていても曲が合っていなければ本来の実力を発揮する事はできません。第三者に聞いてもらうなどをして自分の自信曲を見つけましょう。

5-2.メディア

録音するメディアはCD-RかMDが無難です。CD-Rを選ぶ場合は、とびやすいので最終チェックを忘れずにしていおきましょう。

CD-Rの中でも、マスター用CD-Rは価格は高いですが品質が良いので安心して録音できます。

昔ながらのカセットテープは、再生や巻き戻しなどが面倒なのであまりおすすめはできません。場合によってはオンラインで応募しなくてはいけないこともあります。

そういったときには、MP3のファイルが送りやすく容量も少ないのでおすすめです。