• TOP
  • BLOG TOP
  • オーディション
  • 歌手のオーディション情報はどこで探すのがベスト?大切なオーディションを見逃さないための探し方

ブログトップへ

歌手のオーディション情報はどこで探すのがベスト?大切なオーディションを見逃さないための探し方

歌手になりたいなら自分でオーディションを探し応募をしなくてはいけません。当たり前のことなのですが、莫大な数のオーディションをチェックするのも一苦労ですね。

その中から自分に合うオーディションを探すというのも、さらに手間がかかります。チェックを怠ると、自分にベストもオーディション情報を見逃してしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、普段からオーディション情報を効率的に収集する方法を解説していきます。できるだけ、手間なくオーディション情報を探したい方は参考にしてみてくださいね!

1.歌手向けのオーディション情報の探し方1.雑誌で探す

歌手向けのオーディション情報を探す方法として、雑誌で探す方法があります。昔は、様々なオーディション雑誌は発行されていましたが、今ではほとんど見かけなくなりましたね。

そんな中、白夜書房から発行されている「Audition」は今でもオーディション情報や芸能エンターテイメント情報が満載となっている雑誌です。

記載されているオーディション情報は、歌手はもちろん俳優や女優、モデルや劇団員の募集といった幅広い情報が掲載されています。雑誌から情報を収集するなら「Audition」くらいでしょう。

また、Auditionにはオーディション情報だけではなく、そのオーディションに応募するための履歴書の一緒に同封されています。「このオーディションに応募したい!」となった時点ですぐに応募できるのは大きなメリットです。

2.歌手向けのオーディション情報の探し方2.口コミ・SNSで探す

今やSNSは主流であり、SNSを使ってオーディション情報を流している組織も多いです。特に頻繁にそういった情報が流れてくるのはツイッターですね。

オーディション情報を流しているツイッターは多くありますが、その中でも特に信頼をおくことができ、流されてくる情報量が多いものをご紹介します。

「オーディション・インフォ」と「グローバル・キャスティング」です。ツイッターでのオーディション情報収集はこの二つを見ておけば問題ないのではないでしょうか。

グローバルキャスティングにおいては、年間で1000近くものオーディション情報を掲載しているので、これだけで日本で開催されているオーディションは網羅しているといっても過言ではありません。

オーディション・インフォでは、1日の更新頻度が20回と常に最新の情報を取得できるので、非常におすすめできすツイッターです。

オーディション情報を探してあれこれとツイッターを探してみるのも良いのですが、的を絞って探した方が効率は良いといえます。

他にも口コミなども重要な情報源です。ツイッターなどでは、オーディション情報に関して何気なくつぶやいている人も多くいるので、そういった投稿も気にしておきたいところですね。

3.歌手向けのオーディション情報の探し方3.インターネット検索で探す

今の時代はインターネットで探せないものはない時代といわれています。ですので、ヤフーやグーグルと使ってインターネット検索で探す方法もおすすめです。

先に説明したツイッターなどの情報も出てきますし、これからオーディションの募集をしようとしているレコード会社やプロダクションのホームページも出てきます。

「オーディション 情報」といった検索ワードで検索すると、数えきれないくらいの情報が出てきます。開催中やこれから開催される予定のオーディション情報が満載です。

その中からお気に入りのサイトを見つけて、それを情報源として常にチェックしておくと良いかもしれません。スマホでも常にチェックを欠かさないことをおすすめします。

4.歌手オーディションの情報は結局、どこで探すのが一番いいの?

歌手オーディションを探す方法は色々とあります。自分が一番やりやすい方法で探してくれれば良いのですが、結局どれが一番良いのか迷う人もいるでしょう。

やはり、一番簡単にかつ正確な情報が知れるのは、インターネット検索を利用して探す方法ではないでしょうか。常に最新情報ですし、スマホがあればいつでも確認することができます。

歌手オーディションに関してであれば、「Musicman-NET」というサイトがおすすめで、全国各地で開催されている歌手オーディションを全て確認することができるのです。

歌手だけではなく、音楽グループの新メンバーや楽器を使える人など、音楽に関連するオーディションであれば、全てこのサイトだけで完結してしまいます。

昔は、歌手オーディションの情報を掲載している雑誌というのはたくさんありました。しかし、今ではほとんどそういったものは見かけません。

というのも、今や雑誌を読む人よりもインターネットを検索する人の方が圧倒的に増えています。ですので、どこの雑誌もWEBへと移行しているのです。

こういったことを踏まえると、雑誌で探すよりは明らかにインターネット検索で情報を探した方がより多くの情報を収集できるのは間違いありませんね。

4-1.情報の信頼度が低いSNSには気を付ける

オーディション情報を探すのに、SNSも効果的です。実際にオーディションを受けた人の口コミや、これから受ける人の情報も聞けるので、おすすめだといえます。

しかし、SNSによっては信用度の低い情報が流れてしまっている可能性もあるので、「SNSでオーディション情報を探したけど、実は開催されていない」ということはよくあります。

このような情報の信用度が極端に低いSNSに関しては、真に受けても仕方がないので気を付けるようにしましょう。

5.ネット上には歌手オーディションの情報が多すぎてよく分からない!効率的な探し方って?

歌手オーディションの探し方はインターネット検索がもっとも早く効率的なのは間違いありません。これ以上の探し方は見つからないことでしょう。

しかし、インターネット上には歌手オーディションが山のように転がっています。逆に多すぎて、どれがどれだかよくわからないと感じる人も少なくないかもしれません。

そういった方におすすめしたい効率的な探し方は「まとめサイト」と利用することです。まとめサイトは大事な要点だけがまとめられているサイトで、重要な部分だけ知りたい人にとっては使えるサイトです。

特にオーディション情報というのは、「誰向けのオーディションなのか?」「どんなコンセプトのオーディションなのか?」「合格後はどんな未来が待っているか?」と知らなければいけないものが多すぎます。

それを多数ある情報の中から抜き取るというのも、非常に骨が折れる作業になるわけですね。その時間があるのであれば、オーディションに向けてレッスンに時間をあてたいですね。

それを踏まえると、まとめサイトは非常に効率的であり、役に立つものだということがいえます。

また、オーディションは探すだけでは始まりません。そのオーディションに挑戦をして勝ち抜くことで歌手としての道が開けるのです。

ですので、時間はもっと大切なことに使うべきであり、自分を磨き努力をしてオーディションを勝ち抜く実力をつけていきましょう。

そのためにも、情報を収集する時間は少しでも削るべきなのです。もし音楽業界に繋がりがあるのであれば、自分に合ったオーディションが開催される場合には、すぐに連絡をもらえるてはずも整えておくと良いでしょう。

そうすれば、あいた時間は全て自分を磨くことにあてられるはずです。やるべきことは多いですが、効率的に物事をこなして歌手を目指しましょう!