ブログトップへ

歌手オーディションに無料と有料があるのは何故?オーディション内容の違いを解説!

歌手オーディションに限らず、オーディションというと有料で受けられるもの、そして無料で受けられるものがあります。この違いは何なのでしょうか?

今回の記事では、有料と無料のそれぞれのオーディションを比較して、その内容の違いを解説していきます。その違いをきちんと把握しておきましょう。

また、自分がオーディションを受ける場合には、どちらの方が適しているのかも考えてみると良いですよ。自分に合ったオーディションを選び、合格を勝ち取りましょう!

1.「無料」と「有料」の2種類だけじゃない?歌手オーディションの種類をご紹介

歌手オーディションには様々な種類があるのですが、ほとんどの場合は無料で受けることができます。では、なぜ有料なオーディションが存在するのかをご説明します。

1-1.あまりにも応募者が殺到するため

大手のレコード会社やプロダクションでは、あえてオーディションを有料にしている場合があるようです。所属しているアーティストの人気が凄く、オーディションを開催するだけで応募者が殺到してしまう事務所なんかですね。

あまりにも応募者が多すぎると、審査をするだけで莫大な時間を割いてしまいますし、スムーズな運営ができなくなってしまうので、本気の応募者だけに絞るために有料にすることもあるようです。

1-2.オーディション運営費の補填

小さなレコード会社やプロダクションですと、オーディションに充てれる予算が極端に少ない場合があります。ですので、参加者から費用を徴収して運営費を補填する事務所もあります。

逆にオーディションの中には、受けるのは無料だが合格後はレッスン費用などを払わなければ事務所に所属できなかったり、受けるのは有料だが合格後は全て無料になるといったオーディションも存在します。

それぞれのオーディションの要綱などを確認して、合格後にはどういった流れになるのかを確認しておきましょう。

2.無料の歌手オーディションは倍率が高い?無料オーディションのメリットとデメリット

「オーディションを受けるのにお金がかかるなんて信じられない!」と考える人もいるでしょう。ましては、地方からオーディションに受けに行く場合であれば、それ以外の費用もかかるわけですから、そう考えるのは当然かもしれません。

また、オーディションを受けるのに有料なのは詐欺業者の手口なんじゃないかと不安に感じる人もいるでしょう。そういった人からすれば無料で受けられるオーディションというのは、安心できますね。

ただし、無料オーディションには最大のデメリットがあります。それは「応募者の数が多く、合格率が極めて低い」というデメリットとなります。

誰でも簡単に受けられるといったメリットがある半面、それだけ応募している人が多いのです。オーディションにもよりますが、倍率が5000倍や10000倍になるなんてこともザラです。

もちろん中には冷やかしや、そこまで本気じゃない応募者がいるのも確かなのですが、中にはいつデビューしてもおかんしくないような実力を持った応募者がたくさんいます。

「ライバルがいくらいようと関係ない!実力で合格を勝ち取って見せる!」と強い気持ちがある方であれば良いかもしれませんが、いくら気持ちがあってもここまでの倍率であれば運の要素も非常に大きいです。

こういった無料オーディションのメリットとデメリットを理解した上で、受けるオーディションを選びましょう。

3.有料の歌手オーディションは詐欺?有料オーディションのメリットとデメリット

有料のオーディションはいかにも怪しいと感じる人も少なくありません。「完全に詐欺だ!」と決めつけている人も多いのではないでしょうか。

完全に詐欺だということは言いきれませんが、悪意のあるオーディションが存在するのも事実です。有料オーディションのメリットしては、応募者の数が無料に比べて少ないといった点が挙げられます。

その分、倍率も低くなりますし合格できる可能性も上がるでしょう。また、受けるときには有料であっても合格することで全てのサポートを含めても無料になるものもあります。

そういった、合格後の道がきちんと見えているオーディションであれば有料であろうと受けるメリットはありますね。

気を付けたい詐欺まがいの事務所というのは、合格した後も何らかの名目で費用だけを徴収してレッスンすら受けさせず、歌手としてのチャンスも与えてくれない状態で拘束してくる事務所です。

こういった悪意のある事務所は実際に存在するので、オーディションを受ける際にはどういった事務所なのかを入念に下調べする必要があるでしょう。

4.歌手オーディションは無料も有料もそれぞれメリットとデメリットがある!自分に合ったオーディションを探すには?

歌手オーディションには無料で受けられるもの、そして有料じゃなくては受けられないものがあることを理解していただけたはずです。

それぞれにメリットとデメリットがあり、それを把握した上で自分に合ったオーディションを選ぶようにしましょう。ただ、自分に合ったオーディションを選ぶ上で重要なのは、お金だけの問題ではありません。

まず自分は「どのような歌手を目指したいのか?」ここが一番重要になります。そして、受けるオーディションに合格することで、自分の目指したい歌手に近づけることができるのか?を考えてみましょう。

例えばあなたは「日本一のロックシンガーになりたい!」と考えていたとしましょう。しかし、受けるオーディションが求めている人材が「ダンスボーカルユニット」であれば、全く別ジャンルのオーディションを受けることになってしまいます。

これなら、まず受かることもないでしょうし、受かったとしても自分のやりたいくない方向に進んでいってしまうことも考えられます。

歌手になりたいのに、やることを選んでなんていられないと感じるかもしれませんが、自分の中で目指す方向性というのは歌手になる上で持っておかなくてはいけないものです。

自分の目指すべき歌手像と、オーディションを主催している事務所の意図が重なりあったのであれば、そのオーディションを選ぶべきです。無料か有料かというよりも、自分の気持ちが大切だということですね。

5.歌手になりたいならオーディションを受けないと始まらない!開催中のオススメオーディションをご紹介。

とにかく歌手になりたいなら、オーディションを受けないと話は進みません。現在開催中で、もっともおすすめできるオーディションをご紹介しましょう。

ミュージックプラネットが主催している、「新人ボーカル発掘オーディション2018」です。こちらのオーディションは20歳から49歳の方であれば、受けるのは無料です。

今まで歌手オーディションに参加したことがないという、完全未経験者でも受けることができ、必要なのは歌が好きな気持ちと歌唱力です。

もちろん合格するのは簡単なことではないのですが、合格後のサポート体制が他のオーディションに比べても豪華なのが、このオーディションの特徴となります。

合格することで、きっとあなたの夢に一歩近づけるのではないでしょうか?開催地域は東京と福岡、合格後は合格した場所での活動がメインとなります。

将来歌手としての道を歩きたいなら、自分の可能性にかけてみましょう。その可能性もオーディションを受けるところから始まります。

夢を掴むために必要なのは行動すること、是非このチャンスをものにしてくださいね!