• TOP
  • BLOG TOP
  • オーディション
  • 歌手志望がテレビのオーディション番組に応募するのはアリ?テレビ番組からデビューした歌手たちを紹介

ブログトップへ

歌手志望がテレビのオーディション番組に応募するのはアリ?テレビ番組からデビューした歌手たちを紹介

歌手になる夢を叶えるには、様々な方法がありますがその一つによくテレビなどで見る公開オーディションの番組の出てみるといった方法があります。

今でこそ、テレビ番組でのオーディションというのはあまり見なくなりましたが、少し前までは頻繁に行われていました。実際にそこで合格をして今でも第一線で活躍している人もいます。

この記事では、過去のオーディション番組の歴史やどういった功績があるのかを紐解きます。

1.歌手オーディションを開催していた日本のテレビ番組をご紹介!

かつて日本では、誰もが知っているというくらい有名な公開オーディションがありました。そこから生まれたスターは数知れず、今でも活躍している人もいるくらいです。

そんな一世を風靡していた日本のオーディション番組をご紹介していきます。

1-1.スター誕生

スター誕生は今での語り継がれるくらいの伝説的なテレビ番組であり、日本で初となる公開オーディションとなりました。今でも覚えている人も多いことでしょう。

放送開始は1971年の10月~1983年の9月と12年という長い期間、オーディションを通してお茶の間を盛り上げてきた番組なのです。

また、何よりもこの番組が凄いとされているところは、このオーディションを勝ち抜いた人たちが、その後かなりのスターになって活躍をしたということです。

これだけのスターを生み出したテレビ番組も、後にも先にもスター誕生だけです。応募者も殺到して、審査員も非常に苦労していたという話もあります。

1-2.ASAYAN

「ASAYAN」をご存じでしょうか?これも、伝説的なオーディション番組として今も語り継がれています。人気お笑い芸人が司会を務め、再び日本にオーディションブームを巻き起こしたのです。

こちらの番組から誕生した最大のアイドルユニット、モーニング娘は非常に有名です。また、今のエグザイルメンバーの中にもASAYANに出演していた人がいて、原石が多く参加していたということがわかります。

1-3.なぜオーディション番組は減った?

今ではテレビでオーディション番組を見る日は少なくなりました。昔はあれだけ頻繁に放送されていたのにも関わらず、なぜオーディション番組は減ってしまったのでしょうか?

その理由として、オーディション番組に参加しなくとも歌手や芸能人になれるチャンスが色々なところにあるといった理由が考えられます。

昔は、芸能界にデビューするとなるとオーディションを受けてでしかなる方法はありませんでした。しかし、今はインターネットの普及などによって、自分自身を不特定多数の人に簡単に露出できるようになったのです。

youtobeやニコニコ動画が良い例ですね。それらを通じて関係者の目に留まれば、歌手や芸能人になれるという可能性もあります。

つまり、歌手や芸能人を目指す上でオーディションが全てではないということであり、他にも様々な選択肢が広がったというのが大きな原因となるでしょう。

2.テレビのオーディション番組からデビューした歌手たち~海外編~

海外は日本とは違って、今でもオーディション番組が盛んであり多くのスターが誕生しています。中には、日本の紅白歌合戦にも出場している歌手もいます。

2-1.スーザン・ボイル

奇跡の歌声とも言われ、オーディション本番では審査員全員が大絶賛をして歌手、スーザン・ボイルはその様子を日本のメディアでも頻繁に流したので、知っている人も多いでしょう。

また、2009年には日本の紅白歌合戦にもゲスト枠として出場しています。2010年にリリースした『ザ・ギフト~夢の贈りもの』は全英チャートで1位を獲得して、全世界で1400万枚以上の売上を誇りました。

2-2.レオナ・ルイス

日本のCMでもお馴染みのワン・ダイレクション、脅威的な人気を誇りましたね。メンバーのレオナ・ルイスもオーディション番組出身の歌手です。

3.テレビのオーディション番組からデビューした歌手たち~日本編~

海外に負けず、日本でもオーディション番組から数々のスターが誕生しています。その一部を見ていきましょう。

3-1.山口百恵

まぎれもない日本のトップスターである山口百恵さんも、スター誕生のオーディションでその才能を見出され歌手としての道を歩きました。

引退した今でも根強いファンが多く、当時どれだけの人気があったのかがうかがえます。カリスマ性溢れる魅力で、若いながらに多くの人を魅了しました。

3-2.小泉今日子

今では女優として幅広い活躍を見せるキョンキョンこと小泉今日子さんも、スター誕生で生まれました。非常に長い間活躍されていて、歌手としてだけじゃなく女優としての実力も着実につけてきた感じです。

まだまだ見た目も若いですし、今後も色々な活躍を見せてくれることでしょう。

3-3.モーニング娘

ASAYANの最大の功績といえるのはモーニング娘を誕生させたことではないでしょうか?

今や国民的なアイドルとして多くの人に愛されているアイドルグループは、実はオーディションの落選組から生まれたグループなのです。

デビュー作であるモーニングコーヒーの衝撃を今も忘れられません。すでに初期のメンバーは全員脱退していますが、元メンバーは他のジャンルでも活躍しています。

4.日本ではテレビのオーディション番組から歌手デビューするのは難しい?

一昔前であれば、オーディション番組に出演して歌手としてのデビューを目指すかたちが主流であり、有名になりたいならテレビで公開オーディションを受けるのが当たり前でしたね。

しかし、今ではテレビを通じて歌手としてデビューを目指すということが不可能になりつつあります。そもそも、そういったオーディション番組自体開催されていません。

また、前述した通りインターネットの普及によって、オーディションに参加しなくとも自由に自分を露出して多くの人に知ってもらうことができるからです。

ユーチューバーなんかが良い例ですね。自分のやりたいことをやって、それに共感してくれるファンを創造していき、場合によっては関係者の目にとまりプロとしての道を選択できることもあります。

歌手も同じように、オーディションを受けなくとも、youtobeなどの動画配信サイトで自分の歌をアップして再生回数が増えると広く注目されるようになります。

実際にはそこから歌手としてデビューした人もいるのが事実であり、オーディション番組自体の需要がなくなっているというのが今の時代の流れです。

5.歌手になりたいならテレビ番組以外の方法を探そう!

今歌手を目指すのであれば、テレビのオーディション番組をあてにしてはいけません。ここで、テレビ番組以外で歌手になる方法を解説していきます。

5-1.youtobeの活用

youtobeを使い、自分の歌唱動画をアップしましょう。そこで再生回数が増えるような動画をアップするのです。自分のチャンネルを作り登録者を増やすのも良いですね。

再生回数やチャンネル登録者の数によっては、音楽関係者に注目されることがあります。ただし、相当な歌唱力を聞いている人を納得させる魅力がなければ難しいともいえます。

5-2.ライブ活動

地道にライブ活動を行い、音楽関係者の注目されるくらいのファンを作りましょう。ライブ活動において重要なのは集客です。どれだけお客様を呼べるかがカギです。

みなさんもご存じのとおり、ライブ活動からメジャーデビューを果たしている歌手は数えきれません。それだけチャンスがある方法ともいえるのです。

5-3.デモテープを送る

自分が所属したいレコード会社やプロダクションへ、自分の歌の音源を録音したデモテープを直接送ってみるという方法もあります。

確率はそこまで高くはないものの、聞いてもらいそこで感じる何かがあれば連絡が来る可能性もあります。

このように、歌手を目指す過程でやれることは多々あります。オーディションはもちろんその中の一つではありますが、オーディションだけにこだわらず自分のやり方で歌手を目指しましょう!