オーディション写真の『4つのNG事例』と『2つのOK事例』とは!?

オーディションの合否を
大きく左右する項目は
プロフィール写真です。

今回は履歴書に載せる
プロフィール写真を

どうすれば素晴らしいものに
出来るのかを解説していきます。

具体的なNG事例と
好印象を与えるOK事例も
後半で解説していますので

読み飛ばさないように
注意深く読むことをオススメします。

1.オーディションで使用する写真はどんなものがいい?

オーディションを行う場合、
大抵は一次審査と二次審査の
二つの審査を通過し合格者を決定します。

一次審査を通過しなければ
二次審査に参加することさえ出来ないので
確実に一次審査を通過する必要があります。

一次審査では
書類選考となるため

あなたの外見や雰囲気を
審査員が知ることが出来る
唯一の手がかりがは、

『プロフィール写真』

です。

後ほど紹介しますが、

この写真が

『4つのNG写真パターン』

だった場合は合格することは
非常に難しくなります。

逆に合格する可能性が高い

『OK写真』

が一体どういう物なのかを
知ることで合格率をグンッと
上げる事が出来ます。

NG写真とOK写真の
具体的な説明の前に

まずは、用意する
写真の種類について
詳しく解説していきます。

基本的に書類選考に使う
プロフィール写真は
『2枚』必要です。

・全身写真
・バストアップ写真

この2枚です。

なぜ、全身写真と
バストアップ写真の
2枚を用意しなければならないのか

と言いますと、

全身写真から
審査員が知りたい情報は
あなたの『スタイル』です。

具体的には、

・腕や足、髪の長さ
・何頭身か
・上半身と下半身のバランス

の3つです。

この3つを確認することで、

衣装の着こなしや
これからお願いしたい役柄に合うのか
そういった部分を判断していきます。

次に、バストアップ写真です。

バストアップ写真というのは
胸あたりから上を移した
プロフィール写真の事を言います。

ここではチェックしたいのは
あなたの表情です。

役柄に合う表情なのか
顔のパーツなど顔を軸にして
審査をしていくために必要となります。

この2枚の写真を送ることで
審査員もあなたの事を判断しやすいので
必ず送るようにしましょう。

それでは、

具体的にどんな写真を撮ればいいのか。

ということについて
詳しく解説していきます。

●NG写真

まずは、

『4つのNG写真パターン』

についてです。

1つ目のNGパターン:『服装』

特に全体写真の時の
服装に注意して下さい。

全体写真を撮影する目的は
審査員があなたのスタイルを
正確に判断するためです。

そのため、スタイルが分かりにくい
ダボッとした服装はNGです。

パッと見た瞬間にスタイルが
相手に伝わりやすい服装を心がけましょう。

2つ目のNGパターン:『ポージング』

次にポージングについてです。

プライベート写真での撮影では
ピースをしたり肘を曲げたりする事が
あるかと思います。

ただ、そういったポーズをとると
あなたのスタイルが審査員に
伝わりにくい結果となります。

足をクロスさせたり
体を多少ひねる程度はOKですが、

背筋はしっかり伸ばし
リラックスしたポーズで
撮影するように心がけましょう。

間違っても腕を組んだり
髪をかきあげるなどのポージングは
控えるようにしましょう。

3つ目のNGパターン:『メイク』

オーディションに合格したいからといって
カラコンや厚化粧などで可愛らしさを
強調させる方は多いです。

ただ、

プロフィール写真はあくまで
本来のあなたの姿を知る手がかりです。

そのため、

カラコンや厚化粧をするのではなく
自然な自分の姿で撮影して下さい。

もちろん、すっぴんで
撮影する必要はありません。

テレビにすっぴんで出演している
女優は一人もいません。

化粧をすること自体は問題ないのですが
ナチュラルなメイクを心掛けるようにしましょう。

4つ目のNGパターン:『角度』

バストアップ写真では
正面よりもやや斜めの角度から
撮影にすると印象が良いです。

また、アゴの角度も大切です。

上げ過ぎてしまえば
印象が良くありませんし

引きすぎてしまえば
二重あごのように移ってしまいます。

自然に写る角度を確認し
撮影して下さい。

●OK写真

続いて『2つのOK写真パターン』について
詳しく解説していきます。

基本的に先ほどお伝えした
NG写真のパターンを避ければ
おおむね問題ない写真となります。

ただ、細かい部分で
意識しておくといいポイントが
2つありますのでそこを紹介していきます。

1つ目のOKパターン:『立ち方』

全体写真の時に
足の角度に気をつけてください。

前脚と後ろ脚を少し重ねるようにして
撮影することでシルエットが
キレイに写りますし
脚を長く見せる事が出来ます。

ただし、重ねすぎると
不自然な写真になるので
注意して下さい。

2つ目のOKパターン:『表情』

笑顔を撮影した方が
印象がいいのでは?

と思われがちですが
笑顔もいい笑顔と
悪い笑顔があります。

悪い笑顔というのは
満面の笑みです。

確かに印象は良いかもしれませんが
審査員からすると満面の笑みでは
普段の表情が判断しづらいです。

あなたも鏡の前で
満面の笑顔を作ってみると
よくわかると思いますが、

目が小さくなり笑顔による
シワが出来ると思います。

この表情では
普段の表情が分からず

審査をしようにも
出来ない状態となります。

逆にいい笑顔というのは
口をだけ笑顔で目は笑っていない
控えめな笑顔です。

ただ、これは撮影に慣れていない方は
なかなか作りにくい表情なので
口角を少し上げるだけでも構いません。

普段の表情が分かる範囲での
笑顔作りを心がけましょう。

2.オーディション用写真が撮れる専門店はどんなものがある?

ここまでオーディション写真で
NGな物とOKな物の
具体的な解説してきました。

お伝えした情報を参考に
自身で撮影するのもアリですが

写真はプロに任せることで
最も確実に素晴らしい写真を
撮影すること出来ます。

では、実際に写真を
プロにお願いする場合、

どういった専門店が存在するのか
調査する必要があります。

ここでは具体的に
どのような写真専門店があるのか
都市部を中心にご紹介していきます。

●スマイルスタイルスタジオ
https://smilest.jimdo.com/

東京にある写真スタジオです。

豊富なメニューから
最も魅力ある一枚を撮影してくれます。

オーディションに関しても
多くの合格者を輩出してきた
実績があるためオーディション写真には
ピッタリのスタジオです。

●後楽園スタジオ
http://www.sweetpv.com/

白の背景のみにこだわり
写真撮影を行います。

リーズナブルな料金で撮影が出来ると
口コミの多いスタジオです。

●六本木スタジオビーツ
http://st-beats.com/

六本木スタジオビーツは
2016年ミスユニバース東京大会の
公式撮影に協力しているスタジオです。

得意分野はモデルオーディション用の
写真を撮影することです。

これまでTVでも
何度か紹介されている
有名写真スタジオです。

●スタジオパンダ
http://camepanda.com/

スタジオ撮影だけでなく
特定の場所での撮影を希望する方向けに
「出張撮影メニュー」もあります。

●フォトスタジオエアライツ
http://www.air-lights.com/

実際にファッション雑誌の撮影を
担当している現役カメラマンが
撮影を行ってくれます。

●フォトスタジオK
http://photostudio-k.net/

気に入った一枚を選ぶため、
後日モニターとプリントを見て

時間をかけながら
どの写真を選択するのか
決めることが出来ます。

●フォトスタジオK-clip
http://www.k-clip.com/index.html

派手な写真ではなく
ナチュラルな雰囲気で
撮影したい方にオススメです。

小規模なスタジオですが
撮影技術は確かなモノがあります。

●石原フォトスタジオ
http://www.ishihara-photo.com/

千葉県市川市にある
写真スタジオです。

何度でも撮り直しが可能なため
気に入る写真が撮れるまで
撮影することが出来ます。

●フォトスタジオ・ユー
http://photoyou.jp.net/

こちらのスタジオのテーマは

『子供かわいくママきれい』

となっており、

フロアー内に美容着付写真まで
全てを揃えた写真館で撮影を行うことが出来ます。

●スタジオリブ(大阪)
https://www.studio-lib.com/

大阪にある写真スタジオ。

照明器具を多用せず
ナチュラルな自然光で撮影することで
自然な仕上がりの写真を撮影出来ます。

●スタジオミルク(名古屋)
https://studio-miruku.net/index.html

名古屋市にある写真スタジオ。

満足のいく写真を撮影するため
一人の一人のお客様と

じっくり話し合うことを
心がけている写真スタジオです。

●福岡ネット写真館(福岡)
https://ayakey.com/profile.html

福岡市にある写真スタジオ。

業界のプロモーション写真に特化しており
即日渡しも可能なスピーディーな
写真スタジオです。

●スタジオダッシュ(札幌)
http://s-dash.com/

北海道にある写真スタジオ。

東京にある出版社の
表紙撮影などを手がけてきた
有名カメラマンが撮影を行ってくれます。

●中映写真スタジオ(仙台)
http://www.tan-zan.com/services/media.html

宮城県にある写真スタジオ。

外見の魅力を
表現することはもちろんのこと

内側にある魅力を引き出した
写真を撮影してくれます。

3.写真スタジオの口コミや比較

ここまでいくつかの
写真スタジオを紹介させて頂きました。
おそらく、

「どのスタジオにすればいいの?」

と感じているかと思います。

そこでオーディション用の
写真を撮影する場合に限定して
オススメの写真スタジオを
5つ紹介していきます。

その5つのスタジオというのは

・後楽園スタジオ
・六本木スタジオビーツ
・スタジオパンダ
・アップロードスタジオ
・スマイルスタイルスタジオ

この5つです。

この中で

・スマイルスタイルスタジオ
・後楽園スタジオ
・六本木スタジオビーツ
・スタジオパンダ

の4つのスタジオは
先ほど紹介させて頂きました。

残りの1つのスタジオについて
詳しく解説していきます。

・アップロードスタジオ
http://www.uplst.net/

撮影が初心者の方に
やさしく丁寧にポージングや
表情を教えてくれます。

また、雰囲気の表現方法まで
プロからアドバイスを貰うことが出来ます。

芸能関係のオーディション写真を
得意とする写真スタジオです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回お伝えした
撮影テクニックを参考に

自身で写真を撮影をするのも
選択肢の1つです。

ただ、

自分や素人に撮影してもらうと
どうしても上手く撮れない場合があります。

そんな時はプロのカメラマンに
撮影を依頼することで

確実に魅力あふれる最高の一枚を
撮影することが出来ます。

今回お伝えしたスタジオは
どれも実績と信頼のある
素晴らしい写真スタジオです。

気になるスタジオがあれば
一度、サイトだけでも
チェックしてみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

MUSIC PLANETブログ運営管理者 佐藤卓哉

音楽に関することは俺に聞け! をモットーにあらゆるジャンルの音楽に精通している音楽マニア。 日々、音楽に関する情報を世の中へ発信している。 趣味:音楽ライブ・レコード店巡り