• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 音痴な人の4つの特徴的な歌い方と改善策を一挙公開!

ブログトップへ

音痴な人の4つの特徴的な歌い方と改善策を一挙公開!

音痴な人の歌い方には、いくつかの特徴があります。その特徴を理解することで、音痴を改善させるヒントを得ることが可能です。
今回は音痴な方の4つの特徴について詳しく解説していき、改善策も具体的に紹介します。音痴を理由に人前で歌うことに抵抗を感じてしまい、歌うことを避けきた日々に終止符を打ち、友達や恋人、パーティーなどで人前で堂々と好きな曲を歌い、盛り上がれるような日々をおくれるように、今回お伝えする改善方法を参考に音痴を克服していきましょう。

1. 音痴な人の歌い方の特徴とは?

音痴な人の歌い方の特徴は4つの共通点があります。
1つ目の共通点は、「喉から声を出している」です。
音痴な人というのは、喉を使い声を出している場合が多いです。歌を歌う時というのは、基本的に腹式呼吸を行うことが大切です。この呼吸法を行うことで、お腹から声を出すことができるので、音が安定しますし、遠くまで届くような力強さを出すことができます。
逆に喉を使うだけの歌い方だと、不安定な音となり、声も弱々しくなってしまいます。
張りのある声で歌うためにもお腹から声を出すよう意識する必要があります。
2つ目の共通点は、「高い声が出せない」です。
歌というのは、メリハリを付けることが大切です。場面毎に歌詞に合わせ、抑える部分は抑え、強調するべき部分は強調する。このさじ加減が非常に重要です。特に大切な部分は曲が盛り上がるサビの部分です。この時に高い音を出せると、歌が上手いと思われやすいです。音痴な方というのは、高い音を出すことに苦手意識を感じている傾向があります。そのため曲の盛り上がる部分で上手く歌うことができず、音痴のレッテルを貼られてしまっています。
3つ目の特徴は、「音程がズレている」です。
先ほどの高い音が出せないという特徴にも通じる部分がありますが、正しい音程が出せないことで、周囲の人が聞いていて不快に感じてしまうケースは非常に多いです。音程がズレる場合、思った音を出すことが苦手なタイプか、正しく音を出していると思い込んでいるタイプの2つに分類されます。前者は自分が発する音がズレていることに自覚があるので修正しやすいですが、後者は自覚が無いので、声を録音するなどして客観的に自分の声を聴く必要があります。
4つ目の特徴は、「リズムがズレている」です。
曲のリズムに合わせることに苦手意識を感じているタイプで、歌っていると徐々に遅れて歌ってしまったり、逆に間奏中に歌ってしまいます。
音痴な方は以上の4つの特徴のどれか1つ、あるいは複数の要素を持っている可能性が非常に高いです。

2. 音痴で歌が嫌いになってしまう原因

音痴の方は大抵の場合、人前で歌った時にバカにされた経験を持っています。
その時の経験がトラウマとなってしまって歌うことが嫌いなってしまう原因だと言えます。本当は歌うことが好きだとしても、人からバカにされてしまい、恥をかくような経験をすると、どうしても人前で歌うことに抵抗を感じてしまいがちです。
ただ、本当は歌うことが好きなのに音痴であることを理由に歌うことを避けているのであれば、とてもツライことです。音痴というのは、トレーニングをすることで、大半の方が改善させることが可能です。もし歌うことを我慢しているなら、正しいトレーニングを行い、音痴を克服し、友達と大好きな歌を思いっきり歌っていきましょう。

3. 音痴を克服するための歌い方とは?まずはコレから練習しよう!

音痴を克服する方法は3つのアプローチから行います。
1つ目のアプローチは「呼吸法の習得」です。
歌を歌う時は腹式呼吸が基本です。この呼吸法を覚えることが、音痴を克服する第一歩となります。
腹式呼吸というのは、お腹を使い息をする呼吸法です。息を吸った時にお腹を膨らませ、吐く時にお腹を凹ませる呼吸法です。腹式呼吸は多くの空気を吸うことができるので、それだけ力強い声が出しやすいですし、安定した歌声を響かせることができます。
腹式呼吸を覚えるためには、リラックスした状態で立ち、お腹に手を当てて呼吸を行います。息を吸う時にお腹を膨らませ、息を吐く時にお腹を凹ませる。この一連の流れを手を通して感じることが大切です。難しい場合は、仰向けになりお腹に手を当て呼吸を行うと、より呼吸とお腹の動きが連動していることが実感できます。
2つ目のアプローチは「正しい音程に修正する」です。
音程がズレる原因として、正しい音程が出せないのか、音程がズレている自覚がないかのどちらかの可能性が高いです。単純に正しい音程が出せないのであれば、1つ目のアプローチの腹式呼吸を正しく行えるようになれば、音域の幅が広がるので、自然と修正することが可能です。もし、音程がズレている自覚がない場合は、自分の歌声を一度録音することをオススメします。そして自分が出していると思い込んでいる音程と、実際に発声している音程のギャップを理解することが最初の一歩です。
理想と現実の差にショックを受けるかもしれませんが、音痴を克服し好きな歌を思いっきり歌うためにもまずは自覚することから始めていきましょう。
3つ目のアプローチは「リズムのズレを修正する」です。
なぜか歌っていると、徐々にリズムがズレてしまうというケースです。この現象が起きる方は、リズムを取ることに苦手意識を感じている可能性が高いので、リズムを取ることを積極的に行うことで改善させることができます。リズムを取るといっても特別なことをするわけではありません。例えば、曲を聞いている時に指先でリズムに合わせて、トントントンとリズムを刻むことでも良いですし、スマホアプリなどでリズム感覚を鍛えるようなもので遊んでみても構いません。

4. 音痴や歌い方を気にせず楽しめるオススメのカラオケ曲

どんな曲であってもある程度は、音程を合わせたりリズムを取る必要はありますが、比較的、カラオケで歌いやすく、音痴で音程を外してしまったとしても誤魔化せるような曲を3つに絞り紹介します。
・ガッツだぜ!!:ウルフルズ

・明日があるさ:ウルフルズ

・どんなときも。:槇原敬之

ウルフルズの曲は盛り上がりやすく、万が一音程を外してしまってもカラオケの雰囲気であれば誤魔化しやすいです。槇原敬之のどんなときも。はリズムやテンポがシンプルなので歌うことが苦手な場合でも歌いやすいのでピックアップしました。
まずはこの3曲を一通り歌えるように練習しておき、カラオケで歌えるようにしておきましょう。

5. まとめ

音痴な方はそうでない人と比べて、いくつかの特徴があります。
その特徴を理解し改善することによって、音痴を克服し思いっきり好きな曲を友達や恋人と歌うことができます。音痴を改善させることは、正しいアプローチを行えば、そこまで難しいことではありません。今回の記事を参考にしていただき、音痴を改善させていきましょう。