絶対音感レッスンは何歳から?ベストな時期と科学的根拠を公開!

絶対音感は何歳から始めるべきなの?

今回は絶対音感レッスンを始める時期について詳しく解説していきます。

最適なレッスン開始時期やなぜ、その時期にレッスンを行う必要があるのかという科学的根拠、具体的なレッスン方法などご紹介していきます。

絶対音感のレッスン時期に関してお悩みであれば、今回の記事を参考にし、適切なタイミングで絶対音感レッスンをスタートしていきましょう。

1. 絶対音感教育は何歳から始めるべき?

絶対音感は幼少期から教育を受けることで誰でも身に付けることができると言われています。

具体的な年齢でいうと、2歳〜6歳、遅くても7歳頃までには教育を受ける必要があります。

一度、絶対音感を覚えるとその後は忘れること無く使うことができるので、この時期に教育を受けられるかどうかで、絶対音感のある人生かそうでないかの大きな分かれ道となります。

2. 「絶対音感教育は何歳から?」と迷ったらできるだけ早く始めよう!

2-1. 絶対音感は何歳までに身につく?

絶対音感の教育はピアノで行うことが多く、2歳頃から取り組むことができます。年齢が若ければ若いほど、覚えるスピードは早いとされています。

平均的に見ておよそ2年ほど教育を受けることで絶対音感を覚えることができます。もちろん、人によっては1年半以内に覚える子もいれば、3年ほどかかる子もいます。

おおよその目安として2年ほどかかると覚えておくと良いでしょう。

2-2. 絶対音感のピアノレッスンは何歳からできる?

本格的なピアノレッスンは2歳から3歳くらいから取り組むことができます。

このぐらいの年齢であれば、幼稚園に通い始める頃でもありますので、イスに座って集中して何かに取り組むことができるようになってくる頃です。ピアノレッスンはイスに座って集中して行うので、注意力が散漫になりやすい時期ではレッスンを行うことが難しいです。

2〜3歳あたりから徐々に集中することができるようになる傾向にありますが、子供の様子を見ながら、ピアノレッスンをスタートしていくようにしましょう。

また、集中できると言っても、まだまだ子供なので、退屈だったり他のことに興味があると、そちらに意識が向いてしまいます。このあたりは親が上手く方向性をコントロールする必要があります。

2-3. 7歳以上の子供には絶対音感は身につかない?

人間の耳の発達は2歳ごろから7歳にかけて急激に成長することが科学的に分かっています。

この時期に絶対音感トレーニングを行うことで、絶対音感を覚えることができます。7歳以降からは横ばいのまま進んでいき、加齢と共に聴覚は衰えていきます。

そのため、成長段階である7歳を超えてから絶対音感のトレーニングを行ったとしても、幼少期から始めた子のように絶対音感をすんなりと身につけることは難しいです。絶対音感は才能というよりも、適切な時期に教育することで身に付けることができるものなので、努力の差によって覚えられるかどうかが決めるものではありません。

耳の成長が落ち着いた7歳以降からは、絶対音感ではなく、相対音感と呼ばれる、基準となる音と比較することで音階を判断する能力であれば、覚えることが可能です。

3. 2歳から始める絶対音感レッスン

もし、現在のお子様の年齢が2歳なのであれば、絶対音感のレッスンを行う時期に最適と言えます。

この時期から耳が急激に成長していくので、音楽に触れる機会を増やしていくことで、絶対音感を身に付けることができます。期間的にも余裕があるので、焦らずに子供と楽しみながら取り組むことが大切です。

子供がレッスンは楽しいと感じてもらえることが非常に大切です。楽しいという思いがあれば、進んでレッスンを行ってくれるので、絶対音感の学習スピードを早めることができます。教室に通わせる場合であれば、先生と相談しながらカリキュラムを構成し、絶対音感レッスンを行っていきましょう。

独学で行うのであれば、ピアノやキーボードなどを使い、簡単なメロディーをドレミで歌う方法がオススメです。ドレミで歌うことがある程度できるようになった段階で、実際に鍵盤を弾きながらドレミを歌うようにしましょう。

また、今ではアプリで絶対音感レッスンをゲーム感覚で覚えるものもあります。そういったものも活用してみることをおすすめします。
人気の高い音感アプリは3つあります。

●音感トレーニング
Android版

iPhone版

●絶対音感 音程キーを鍛えるカラオケトレーニングアプリゲーム
Android版

iPhone版

●音感トレーニング【絶対音感マスターツール】
Android版

※iPhoneには未対応です。

4. 5歳や7歳のお子さんでも間に合う絶対音感レッスン

5歳から7歳のお子様の場合、時期的に考えると絶対音感を覚えられるギリギリのラインです。この時期からレッスンを受けるのであれば、2〜3歳ごろから始めている子達と比べると、積極的にレッスンを受ける必要があります。より積極的に音楽に触れる機会を増やすことで、絶対音感を覚える可能性は十分にあります。

ただ、親がレッスンを強要してしまうと、子供はレッスンに嫌気が指してしまいがちです。あくまで楽しむことを忘れずにレッスンを行っていきましょう。教室に通うのであれば先生からのアドバイスを参考にしながら、自宅でも音楽に触れさせるように工夫していきましょう。

絶対音感レッスン.まとめ

絶対音感は2歳から6歳、遅くても7歳までにはレッスンを受けておく必要があります。なぜこの時期なのかというと、人間の耳の発達が2歳から6歳にかけて急激に成長するからです。

この成長期の時期に音楽に触れることで絶対音感を身に付けることができます。今回の記事を参考にしていただき、絶対音感レッスンに取り組んでいきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MUSIC PLANETブログ運営管理者 佐藤卓哉

音楽に関することは俺に聞け! をモットーにあらゆるジャンルの音楽に精通している音楽マニア。 日々、音楽に関する情報を世の中へ発信している。 趣味:音楽ライブ・レコード店巡り