子供の絶対音感トレーニングにオススメする5つのおもちゃを公開!

絶対音感に最適なおもちゃを5つご紹介!

今回は絶対音感のトレーニングに最適な5つのおもちゃをお伝えします。

このおもちゃを活用することで、音楽教室に通わなくても絶対音感のトレーニングを行うことができます。

「子供に絶対音感を覚えてもらいたい」という想いがあるのであれば、今回の記事を参考にしていただき、絶対音感を自宅にいながらトレーニングしていきましょう。

1. 絶対音感が身につくおもちゃ5選

(TAKARA TOMY)「ディズニー リズムあそびいっぱいマジカルバンド」

絶対音感におすすめのポイント

このおもちゃ1つで、ドラムやマラカス、シンバル、タンバリン、ラッパ、ギロの6種類の楽器を楽しむことができます。さらに、本体にはディズニー曲5つ、童謡5つ、リズム遊び曲5つの合計15曲が収録されています。子供が楽しみながら音楽に触れることができます。

口コミを見てみると、「大人が遊んでも面白い!」「1歳になる孫へプレゼントし喜んでもらえた」「数多くのメロディーが収録されていて子供が大喜びしてくれた」など嬉しい声が多数届いています。

(Wishtime)「Wishtime 赤ちゃん おやすみメリー 0歳から ベッドメリー 幼児 モビール おもちゃ 音楽 知育玩具」

絶対音感におすすめのポイント

子供が好みやすいようにカラフルなボタンのデザインに設計されており、各ボタンを押すと、動物の鳴き声や楽器、音楽が流れます。さらに星空投影機能により、お部屋の天井に星を映し出すこともできます。メロディーに触れることで自然と音階を学ぶことができます。

口コミを見てみると、「6ヶ月の赤ちゃんが釘付けになっています」「音楽や回転スピードが良い感じです」といった声が届いています。

(AGATSUMA)「アンパンマン おおきなドラムセット」

絶対音感におすすめのポイント

アンパンマンのイラストなので子供が進んで触りたくなるように作られています。大中小の3つのシンバルが付いており、楽しみながらドラム演奏を楽しむことができます。

口コミを見てみると、「リズムに合わせて楽しんでくれています」「子供が夢中で叩いています」「2歳に子供が大喜びで叩いています」といった声が多くあります。

(BANDAI)「ベビラボ アンパンマン おそらでコンサート」

絶対音感におすすめのポイント

それぞれの鍵盤を押すとキャラクターが飛び出す仕組みになっており、飽きにくく楽しみながら音楽が学べます。収録曲は、アンマンのマーチや大きな栗の木の下で、むすんでひらいて、ちょうちょう、もりのくまさんの5曲が収録されています。

口コミを見てみると、「鍵盤が太めなのではじめのピアノ練習に良いです」「可愛く大きさもちょうどいいです」「1歳になる孫へプレゼントしました」といった声が届いています。

(JOYPALETTE)「アンパンマン ノリノリおんがく キーボードだいすき」

絶対音感におすすめのポイント

これまでに累計100万個を突破した人気商品です。親しみしやすいアンパンマのデザインなので子供が興味を持ちやすいように工夫されています。鍵盤は白鍵が14個、黒鍵が10個の合計24個の鍵盤となっており、同時発音数は8音となっており、おもちゃながらも本格的にピアノによる絶対音感の学習が行えます。収録曲はアンパンマンのマーチやアンパンマンたいそうなど、アンパンマン関連の曲が14曲もあります。その他には童謡も多数収録されています。

口コミを見てみると、「おもちゃながらもしっかりとした作りになっている」「アンパンマンのデザインに喜んでいます」「3歳の子供にクリスマスプレゼントしました。歌が沢山入っているしピアノの音を変更できるし良かったです」といった嬉しい声が多数届いています。

2. 絶対音感はおもちゃでも身につく?

2-1. 絶対音感を身につけるコツ

絶対音感は誰でも身に付けることができると言われています。ただし、トレーニングの時期がある程度決まっており、その期間に絶対音感の教育をする必要があります。だいたい2歳〜6歳頃までに教育する必要があるとされているので、我が子に絶対音感を覚えさせたいという場合は2〜6歳までの期間にトレーニングを行うことが大切です。

2-2. 楽器とおもちゃの違い

絶対音感のトレーニングでは音が一定に鳴るピアノを使うやり方が一般的です。今回はおもちゃをご紹介しましたが、楽器でもおもちゃでも絶対音感の教育は可能です。2つの違いがあるとすれば、ピアノの場合は調律が必要だという点です。ピアノは繊細な楽器なので、湿気や振動などによって、音が狂ってしまうことが多く、定期的にメンテナンスが必要です。一方、楽器の場合はそういった手間がいらないですし、購入金額で考えるとおもちゃの方がはるかに安く済みます。

将来的にピアノの演奏を教えていくのであれば、初めからピアノを選択するのもありですが、絶対音感を身につけるためなのであれば、おもちゃでトレーニングを行う方が、費用面や手間はかかりません。

2-3. 絶対音感教育に役立つおもちゃの選び方

絶対音感の教育に使用するおもちゃの選び方としては、お子様が飽きないような物がおすすめです。絶対音感を身につけるタイミングは2歳〜6歳ごろまでです。幼少期というのは、非常に飽きっぽい傾向にありますので、絶対音感のトレーニングのポイントは如何に楽しみながら行えるかどうかです。

トレーニングを楽しむためにも、お子様が好きなキャラクターがデザインされているおもちゃはお子様が進んで触ろうとするのでオススメです。その他に気をつけるべき点としては、商品の口コミです。実際に利用した方の意見を参考におもちゃを選ぶことで失敗すること無く良質なおもちゃを手にすることができます。

子供の絶対音感.まとめ

絶対音感は誰でも身に付けることができる能力です。絶対音感があることで、一度聞いた曲を演奏することができたり、楽器を覚えるスピードが一般の人よりも早かったりと、音楽の分野において絶対音感があると非常に役立ちます。絶対音感のトレーニングは音楽教室などでも行っていますが、自宅でも行うことは十分に可能です。

今回お伝えした5つのおもちゃは幼少期の子供に絶対音感を覚えてもらう道具として非常に優秀です。「音楽教室に行くのはちょっと…」という場合は、今回お伝えした商品を参考にして下さい。楽器とおもちゃで学習効果が変わると思われるかもしれませんが、そのような根拠はありません。将来的にピアノを覚えて欲しいという想いがあるのであれば、初めからピアノを通して学習していく方法も良いのですが、メンテンナンスやピアノの購入金額を考えると、おもちゃの方が手間や金銭的な負担は少なく済みます。

ABOUTこの記事をかいた人

MUSIC PLANETブログ運営管理者 佐藤卓哉

音楽に関することは俺に聞け! をモットーにあらゆるジャンルの音楽に精通している音楽マニア。 日々、音楽に関する情報を世の中へ発信している。 趣味:音楽ライブ・レコード店巡り