• TOP
  • BLOG TOP
  • シャドーイングで自分の声が邪魔になる問題を解決する方法を紹介!

ブログトップへ

シャドーイングで自分の声が邪魔になる問題を解決する方法を紹介!

シャドーイングと呼ばれる英語学習法をご存知ですか?
今回はシャドーイングを行う際に感じる疑問の1つである、「自分の声が邪魔で英語が聞こえない」という問題を解決する方法を解説していきます。
さらに、シャドーイングの学習効果を最大限に高める3つのコツも紹介します。

このコツを知った上で学習を行うことで、よりスムーズに英語力を上達させることができ、ネイティブのような英語をペラペラと喋ることができます。
友人と海外旅行に行った際に頼られる存在になれますし、仕事においてもその能力が高く評価され、会社の重要人物となり、安定した生活を手にすることが可能です。

1. シャドーイングで自分の声が邪魔になる場合の解決策

シャドーイングとは、効率的な英語学習法の1つです。
流れている英文を聴きながら、後に続いて同じ英文を発声する練習方法なのですが、慣れていないと完璧にこなすことは難しいとされています。
「音読と同じようなものですか?」と思われるかも知れませんが、音読の場合はテキストに書かれている英文を読むだけで良いのですが、シャドーイングは耳から聞こえてきた英語を頼りに、正しく発声するので難易度は音読よりも遥かに高いです。

実際にシャドーイングをやってみると感じる疑問の1つに、「自分の声が邪魔になる」ということがあります。
シャドーイングという名前の由来は、英語のShadow(影)から来ていて、聴こえた英語をすぐ後ろから影のように追いかけていくことからシャドーイングという命名されました。

聞こえた英語に対して発声していくということは、流れている音声を聞きながら、発声もするということです。そのため、自分が発した声が流れている音声の邪魔になってしまうケースが多々あります。
こうなってしまうと、音声がよく聞こえないのでシャドーイングができません。
解決方法は2つあります。

1つは、発する声の音量を下げること。もう1つは流れる音声のボリュームを上げること、です。
単純な方法ではありますが、どちらかの方法を行えば、音と音がぶつかり合い、聞こえにくくなるという現象を回避することができます。

2. シャドーイングの正しいやり方のコツ

シャドーイングのコツは3つあります。

1つ目は「リスニング」です。
実はシャドーイングのトレーニングは、準備が非常に大切です。ただ闇雲にシャドーイングをしてみても上手く発声することができず挫折するのが落ちです…
そうならないためにも、まずはシャドーイングする予定の英文を全て聞くようにしましょう。何の話題の英文なのか、どういう単語が使われているのか簡単に全体像を把握することをオススメします。こうすることで、いきなりシャドーイングする場合と比べて、かなりやりやすくなります。
全体を把握した後は、2つ目のコツに移ります。

2つ目は「シャドーイング」です。
実際に流れてくる音声の後に続いて発声していきます。この際、イヤホンやヘッドホンがあると大変便利です。
スピーカーから流すと周囲の音のせいで聞き取れない可能性もあります。イヤホンやヘッドホンがあれば、直接耳に音が流れてくるので、正確に英語を聴き取ることが可能です。
また、イヤホンやヘッドホンは片耳だけつけたり、耳から少しずらすようにしましょう。
こうすることで、自分の声が音を遮る可能性を減らし、集中して学習できます。
初めは中々、慣れてないので大変かもしれませんが、何度か繰り返し練習していくうちに、徐々に慣れていきます。
ここまで出来たら3つ目のコツに移ります。

3つ目のコツは、「録音」です。
パソコンの設定やスマホアプリを使い、自分の発した声を録音できるようにしておきましょう。録音した声を聞くことで、客観的に自分の英語力を理解することができます。そうすることで苦手な部分が分かり、学習効率が大幅に向上します。
録音した自分の声を聞き、分析し終えたら、再度シャドーイングを行いましょう。
この3つのコツを意識して学習することで、効率よく英語力を向上させることが可能です。
オススメのシャドーイング用アプリとしては、「TEDICT」がオススメです。英語を聞くだけでなく、自分の発した言葉を録音することも可能な便利アプリです。

TEDICT

3. シャドーイングの効果を再確認しよう!

英語の学習方法として、シャドーイングは比較的有名ですが、どういった効果が期待できるのでしょうか?教材や講師が解説しているシャドーイングの効果は3つあるとされています。

1つ目の効果「リスニング力の強化」、聞こえてくる英文を正確に認識しないと発声できない状況に追い込まれる練習方法なので、かなりリスニング力が向上します。

2つ目の効果「スピーキング力の強化」リスニングだけでなく、実際に英語を口にすることから、スピーキング力も向上することが期待されます。
日本の英語学習は文法やリスニングに重点置いているため、実際に話すことに苦手意識を感じてしまう日本人が多いです。シャドーイングによってスピーキング力が向上すれば、海外旅行やビジネスの際に堂々とコミュニケーションを取り合うことが可能です。

3つ目の効果「語彙力の強化」シャドーイングは通常の英語学習のように、単語を1つずつ覚えるという方法を行わず、英文から単語や言い回しを覚えていきます。
そのため、通常の学習方法よりも表現方法が多く学習することが可能となり、ネイティブに近い英語を手にすることが可能です。

4. シャドーイングで自分の声が邪魔にならない方法まとめ

英語の学習方法の1つとして有名なシャドーイング。
この方法で英語を学ぶことで3つのメリットが得られると考えられています。
1つ目はリスニング力、2つ目のはスピーキング力、3つ目は語彙力です。
どれも英語を使ってコミュニケーションを取るために必要な能力なので、シャドーイングで英語を学ぶことで、英語によるコミュニケーションが円滑に行うことができます。

練習方法は至ってシンプルで、聞こえた英文をすぐ後から追っていくだけです。
シンプルなのですが、やってみると意外と難しいことに気が付きます。何回かやっていくうちに慣れてくるものではありますが、今回お伝えした3つコツである、「リスニング」「シャドーイング」「録音」を参考に練習を行うことで、効率的に英語を上達させることが可能です。

スマホで録音する場合は、iPhone用ではありますが、「TEDICT」がオススメです。
「TEDICT」

英語を使ったコミュニケーションをより円滑に行いたいという場合は、シャドーイングは非常に有効な練習方法です。必要な道具も音声を流すCDやプレーヤー、イヤホンやヘッドホンがあれば、簡単に取り組むことが可能です。
今回のご紹介させていただいた方法を参考に、英語力をさらに強化していきましょう。