• TOP
  • BLOG TOP
  • 絶対音感
  • 絶対音感を持ちの人物は日常生活がどのように映っているのか?

ブログトップへ

絶対音感を持ちの人物は日常生活がどのように映っているのか?

今回は絶対音感がある人物がどういった日常を過ごしているのかを具体的に解説していきます。

音楽の分野では非常に重宝される能力ではありますが、日常生活の中で考えると、実はメリットよりもデメリットを感じてしまう場面も多いのです。

正確に音を認識できる能力があることで日常生活の中で支障となることや、感じることについて詳しく解説していきます。

正確に音階が理解できる能力を持っている人物を羨ましいと感じたり、絶対音感を身に付けたいと感じている場合は、今回の記事を参考にしていただき、彼らがどういった日常生活を過ごすしているのかを参考にしてみて下さい。

後半ではおすすめ動画も紹介しているので参考にして下さい。

1. 絶対音感の人はどんな日常を過ごしてる?

絶対音感を持っている方は、日常の音がドレミで聞こえてきます。

救急車の音やバイクの走行音、電車のドアが閉まる音、カフェで流れている最近流行りの曲など、ドレミで表せる音に関しては頭の中でドレミに変換して聞くことができます。ただ、全ての音がドレミで聞こえるわけではありません。

そもそもドレミという概念は西洋からやってきたものなので、日本独自の和音など、ドレミで表せない音も存在します。

また、日常に流れている音でも、どの音に当てはまるのか分からない音もあるので、聴いた音が全てドレミで表現できるというわけではありません。

2. 意外と少ない?!絶対音感による日常のメリット

絶対音感があることでメリットを感じる場面は、音楽に触れる時です。

例えば、カラオケでは音程を外さずに歌うことができるので、音痴の人からすると非常に羨ましい能力だと思われることが多いです。

また、楽器はチューナーが無くても完璧に音を合わせることが可能ですし、初めて聞く曲であっても、頭の中で正確に音階に変換することができるので、数回曲を聞けば、正確に演奏することが可能です。

3. 苦労している人が多い?!絶対音感による日常のデメリット

いい事だらけに思える絶対音感ですが、日常生活では邪魔に感じてしまう瞬間が多くあります。

例えば、絶対音感を持っていることが友人に知られると、必ず言われる言葉が「この音は何?」という質問です。手をパンパン叩いたり、口笛を吹いたりして、その音がどの音なのかを質問されます。

友人や知人が新しくできる度にこういったやりとりを人生の中で何回も経験している方は多いです。また、正確な音が分かる代わりに、音が少し違っていると非常に気になる時があります。

コンビニなどで流れる来店時の音や呼出用のベルなどは、電池の残量によって、鳴る音が若干変化します。一般の方はその違いに気が付かないので、気にすることもありませんが、音を正確に認識できる能力を持っている方からすると、そういったちょっとした違いが非常に気になってしまいます。

それ以外にも、最近話題の曲を勧められて聴く時に、歌詞よりもドレミが先に聞こえてしまい、純粋に歌詞を楽しむことができないというケースもあります。音を聴き分ける能力が優れているからこそ、日常生活の中で障害に感じてしまう場面が多々あるのです。

4. そもそも絶対音感って何?

そもそも絶対音感というのは、日常に流れている音や楽器の音が「ドレミ」で聞こえる能力のことです。この能力があることで、1度曲を聴いただけでその曲を正確に演奏することが可能です。

絶対音感を持っている人物は人口の1割しかいないという統計データがあり、音大生であっても半分に満たない割合なので、この能力を持っている人物は比較的レアな存在です。絶対音感といってもレベルがあり、それぞれのレベルによって音の理解度合いが異なります。

レベルは大きく3つに分類されていて、レベル1であれば音をドレミで認識することが可能なのですが、#や半音のついた音に対する聴き分けになると精度が落ちてしまう状態です。レベル2の方では、半音も正確に聴き分けることができ、和音と呼ばれる3つ以上の音が重なった音符に対しても正確に聴き分けることができます。

レベル3では、音符だけでなく、聞こえた音が何Hz(ヘルツ)なのかまで理解することができます。ここまで認識できる人物は非常に稀です。

また、2歳〜6歳までの幼少期の頃に教育を受けることで、誰であっても高確率で覚えることができますが、7歳以降から覚えることは非常に困難だと言われています。

5. 有名作曲家やアーティストは絶対音感ではないって本当?!

有名作曲家やアーティストの方で絶対音感を持っていることが話題になり、テレビで取り上げられるケースもありますが、プロの作曲家やアーティストは全員が絶対音感を持っているわけではありません。

確かに正確に音を認識できることによって、演奏や作曲がスムーズに行なえますし、上達スピードも通常の人より早いので、この能力を活躍し、プロの世界で活躍している人物は多いです。

ただ、絶対音感が無い人物は代わりに相対音感を磨くことで、プロとして活躍しているケースが多いです。相対音感というのは、音と音を比べることで、音階を理解する能力のことで、人間は誰であってもこの能力を持っています。

この能力があることによって音楽を美しいと感じることができます。相対音感を意識的に磨いていくことで、プロレベルの能力を身に付けることは十分可能です。なので、絶対音感が無いからといって、プロの世界で活躍できないということではありません。

6. 絶対音感が役立つ職業も少ない

絶対音感は先ほどお伝えした通り、音をドレミで認識する能力です。

この能力が活きる職業は、作曲家や演奏者、指揮者など音楽関係の職業に限定されます。

それ以外の職業に関しては、基本的に音を音階で認識する能力は求められませんので、社会全体にある数ある職業の中から考えると、絶対音感が必要される職業は非常に少ないと言えます。

絶対音感を持った人の日常生活.まとめ

音楽の分野では、絶対音感の能力は非常に活用する場面が多いです。

演奏や作曲、レコーディングなど、音をドレミで正確に認識することができるので、非常に便利です。ただ、一歩音楽の世界を出ると、活用できる場面はあまり多くありません。

日常生活の中で、音をドレミで認識する必要がある状況はあまり無いからです。逆に、音を正確に認識することができることによって、デメリットと感じてしまうことの方が日常生活の中では多いと言えます。

日常の音がやけに気になってしまったり、普段と音とはちょっと音が違うと意識がそのことに向いてしまい、集中することができなかったり、話題の曲を楽しもうとしても、ドレミで聞こえてしまい、歌詞を純粋に楽しむことができなかったりと、音を聴き分けることが可能であるからこそ苦労することも多いです。

絶対音感を持っている方から見て、日常生活がどのように映っているか分かりやすくまとめられたおすすめ動画があるので、そちらも参考にしてみて下さい。普段何気なく聴いている音が、彼らにはどのように聞こえているか分かったりと新鮮な気持ちで見ることができます。

●おすすめ動画