• TOP
  • BLOG TOP
  • ビブラート
  • 「ノンビブラート」ではもったいない! 「ビブラート」が必要な理由とは

ブログトップへ

「ノンビブラート」ではもったいない! 「ビブラート」が必要な理由とは

「ビブラート」とは、声を揺らしながら伸ばす歌唱テクニックのことです。

「ビブラート」は、歌詞に感情を込めやすい表現方法のひとつです。

多くのプロ歌手が実践していて、ボイストレーニングでも必須のメニューとなっています。

また、一方で「ノンビブラート」という、ビブラートのかかっていない歌唱法を使いこなす歌手も存在します。

ビブラートができることが「歌が上手である」ということに直結するといわれていますが、一概にそういえるのでしょうか?

この記事では、ビブラートの種類や習得方法を紹介していますので、歌のレベルアップを目指す方はぜひチャレンジしてみてください。

ビブラートを使えるようになるメリット

ビブラートを使うことができれば、今以上に歌唱表現を広げることができるでしょう。

曲中の特に強調したい部分でビブラートを使うと音に響きをプラスすることができ、使わないときと比較するとより印象的に歌を聴かせることが可能です。

また、ビブラートの効いた歌声には、歌詞に込められた感情を聴き手に伝えることができる力を持っています。

このことが一般的によくいわれる「歌が上手である」という印象につながっているのです。

ビブラートは主に3種類

ビブラートのかけ方には、主に3つの方法があります。

(1)横隔膜を使う

息を吸うときに使う筋肉である「横隔膜」を上下に揺らして、ビブラートをかけます。

呼気に強弱をつけて横隔膜を揺らし、声の強弱でビブラートをかけているのです。

声の揺れ幅と間隔をコントロールすることが比較的容易で、安定感があることがメリット。

理想的なビブラートともいわれているので、ぜひ習得したい歌唱法のひとつです。

(2)喉を使う

ちぢれるくらい細かい間隔のビブラートである「ちりめんビブラート」は、喉を使ったビブラートのときになりやすいといわれています。

喉を使い、声で音程を変えようとするときにビブラートがかかります。

「らーーーあぁあぁあぁ」と声を出しながら音程を上下させてみると、喉のビブラートがかかったのがわかりやすいでしょう。

(3)口(あご)を使う

声を出しながら、「あうあうあう」と口を開け閉めしてビブラートをかけます。

比較的簡単ですが、安定させるのは難しいというのがデメリットかもしれません。

ビブラートの習得に必要なのは「腹式呼吸」と「喉を開く発声方法」

一番理想的な、横隔膜を使うビブラートの練習をしましょう。

きれいなビブラートをかけられるようになるためには、まずは土台として「腹式呼吸」と「喉を開く発声方法」をマスターしておく必要があります。

「腹式呼吸」をしっかりと身につけよう

「腹式呼吸」とは、お腹を使って意識的に横隔膜を上下させる呼吸法のことです。

肺の下にドーム状に広がっている横隔膜を下げると肺が広がり、より深い呼吸をすることができます。

歌うときには多くの息を使う必要があるので、効率的に多くの息を吸える腹式呼吸が良いといわれているのです。

実はたいていの人は仰向けで寝ているときに腹式呼吸を使っています。

意識しすぎるとかえって難しくなることもありますので、リラックスしてやってみましょう。

まずは正しい姿勢をとることが大切です。

ストレッチなどで体をほぐし、リラックスした状態で足を肩幅に開いて立ちましょう。

地面から体の芯に垂直に線が通っているイメージでまっすぐ立ち、前を見てあごを引きます。

腹式呼吸では、鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、口から息を吐きながらお腹を凹ませます。

慣れないうちは、お腹に手を当てて動きを確認しながら行いましょう。

息をゆっくりと全部吐くと、お腹の上部に力が入るのがわかるのではないでしょうか。

この練習を重ねてからだに感覚を覚えさせ、歌うときでも意識せずに腹式呼吸をすることを目指しましょう。

「喉を開く発声方法」を習得するには

「喉を開く発声方法」とは、口蓋垂(のどちんこ)を上げて発声する方法です。

喉に力が入った発声とは違い、高音でも苦しそうにならず、芯のある歌声を出すことができます。

リラックスして喉周りの力を抜き、あくびをするときの喉の状態をイメージして口蓋垂をあげましょう。

そのままの状態で「あー」と発声するのですが、喉仏を動かさないように意識しながら行うのがコツです。

喉仏に手を当てながら練習をすると、よりわかりやすいでしょう。

また、口蓋垂をあげた状態で口で「ウ」の形を作って息を吸い、そのまま「ウー」、続けて「オー」と発声する練習も効果的です。

息を吸い込むときに喉に冷たさを感じていれば、しっかりと喉が開いています。

発声するときには、喉仏を動かさないように気をつけるのがポイント。

「オー」に切り替えるときは、あごを下におろすようにすると喉を開いた状態を保つことができるでしょう。

ビブラートの練習方法

「腹式呼吸」と「喉を開く発声方法」をマスターしたら、いよいよビブラートの練習に移ります。

「ドギーブレス」という、暑いときに犬がする息遣いを真似すると、横隔膜が揺れているのがわかりやすいでしょう。

まずは息遣いだけで実践してみて、その後で「あー」と声を出しながらドギーブレスをやってみます。

ドギーブレスをすると呼気に強弱がつくので、声を強弱させるビブラートをかけられるというわけです。

声を途切らせずにドギーブレスをすることができれば、もう横隔膜ビブラートのコツをつかんだも同然です。

これだけではうまくいかない方は、感覚をつかむために横隔膜を手で揺らしてみます。

あばら骨のあたりに手を当てつつ、「あー」と声を出しましょう。

そして押さえている手を上下に動かして、無理やり横隔膜を揺らすのです。

これで横隔膜が揺れる感覚をつかんで、先ほどのドギーブレスの練習に戻ってみてください。

3連符で発声してビブラートの感覚をつかもう

「ド」の音程のままメトロノームに合わせて3連符で発声する練習も、ビブラートの感覚をつかむためには効果的です。

最初はテンポ80くらいに合わせ、メトロノームが1回鳴る間にピアノなどで「ド」を3回弾いて、それに合わせて発声するのです。

手でみぞおちに触れながら行うと、横隔膜が揺れる感じを捉えながら練習することができます。

ビブラートの揺れ幅と間隔が、一定になるように心がけましょう。

ビブラートの揺れ幅と間隔を一定にする練習法

次に、発声時に音程を上げ下げしつつ、ビブラートの揺れ幅と間隔を一定にするための練習を行います。

まず適当な音程で「あー」と発声し、続けて半音ほど下げて「あー」と発声します。

もちろん、横隔膜を揺らしながら発声することを心がけてください。

はじめは音程の切り替えを1秒くらいにし、慣れてくるにつれ、間隔を短くしていくのです。

揺れ幅と間隔が一定になるよう、そしてきれいなビブラートになるように練習を積み重ねましょう。

喉を使うビブラートの練習方法

喉を使うビブラートを習得するには、メトロノームに合わせて、規則的に半音階を往復する発声練習がおすすめです。

喉のビブラートは、音程を上下させたときにかかるからです。

最初はテンポ80くらいで、ピアノなどの「ド」と「シ」に合わせながら練習してみましょう。

とにかく一定の振れ幅と間隔を保つことが大切です。

慣れてきたら、テンポを徐々に上げながら練習を進めましょう。

歌うときにもビブラートを使ってみよう

最後に、歌うときに実際にビブラートを使えるようにするための練習を行います。

ビブラートの練習には、比較的遅いテンポのバラード曲を選びましょう。

高音部でのビブラートは、特に慣れないうちは喉に力が入りやすくなってしまうので、低音部を中心に練習します。

歌う箇所によって、横隔膜と喉とでビブラートがやりやすい方法が違うことも多いので、練習しながらベストな方を探りましょう。

低音部でのビブラートに慣れてきたら、テンポの速い曲の高音部にもチャレンジしてみてください。

ビブラートは「いつ」かけるべき?

歌の中のどこでビブラートをかけるべきなのか?

ビブラートに慣れてくるとそう思うことが増えてくるかもしれません。

曲のすべてに対してビブラートをかけたり、または部分的にかけたりなどと、プロの歌い手によってもさまざまです。

ビブラートのかけ方に正解はないので、自分の歌い方を模索しつつ練習しましょう。

自分の理想の歌い方に近い歌い手を見つけ、真似することから始めてもいいのではないでしょうか。

長く伸ばす音の途中でビブラートをかけるように、いつも同じタイミングからビブラートをかけてしまうと、単調に聞こえがちになってしまいます。

または、ビブラートをかけたいタイミングが来ても、思うようにいかないこともあるかもしれません。

何度も繰り返し練習して、徐々に表現の幅を広げていきましょう。

「ビブラートができない人」は存在するのか

ビブラートの得意、不得意は、人によって違うようなこともあるのでしょうか?

大きくは、3つのパターンに分かれるといいます。

(1)自然にビブラートがかかってしまう

意図していないのに自然にビブラートがかかってしまうのは、腹部が不安定なために声が震えてしまっているとみることもでき、腹式呼吸をしっかりと身につけることが歌唱力アップにつながるタイプの人です。

ノンビブラートの歌い方にもチャレンジすると、その過程でしっかりとした腹式呼吸を身につけることができるでしょう。

前述の「腹式呼吸」と「喉を開く発声方法」を十分に練習し、変に震えない、一定の振れ幅と間隔を保ったビブラートを身につけましょう。

(2)ビブラートをかけることができない

まったくビブラートがかけられない人は、腹式呼吸をしているときに、肋骨と骨盤の間の脇腹部分の「腹横筋」が横に張り出しているのかを確認してみましょう。

ビブラートをかけるためには、声にある程度の「張り」が必要で、そのための腹式呼吸には腹横筋を十分に横に張り出させることが大切なのです。

逆に、力みすぎて上手くいかない人は、背中から腹部にかけてこわばってしまっていることが多くあり、これではビブラートを上手くかけることができません。

あくまでも力を入れ、張りを出すのは声を出す一瞬のみ。

普段のリラックスした状態から、必要な場合には力を入れた状態にもできる「緩急」をつけることができるようになれば、抑揚をつけた歌声で豊かな表現をすることもできるようになるでしょう。

(3)ストレートな発声は十分にできるがビブラートは使えない

ビブラートが習得できるかということは、生まれ持ったセンスによる得意、不得意があることも事実ではありますが、今ビブラートをかけられないことが「才能がなくてかけられない」こととイコールであるとは限らないのです。

全くビブラートができなかった方が、練習の結果できるようになった例もあります。

最初からビブラートができないと諦めず、まずは練習してみてはいかがでしょうか?

また、ノンビブラートの発声法を極めようとする過程で喉が鍛えられ、その結果ビブラートも習得できることもあるといいます。

ボイストレーニングを積み重ね、より良い歌唱表現を身につけられるように努力することが大切です。

ノンビブラートの歌手は少数派

歌唱力の高い歌い手の中には、ビブラートのかかっていない「ノンビブラート(ストレート)」の歌声を持つ人もいます。

ノンビブラートでも聴き手の心を響かせることができる歌唱力である、といえるためには、いくつかの条件があるといいます。

生まれつき持った魅力的かつ個性的な歌声、普通の人では簡単に再現できないほどのパワーのある響き、まったくブレのない安定感のある歌声であるなどです。

ノンビブラートは、喉を使ったビブラートのように音を少したりとも上下させることができません。

たった一点を目指すように、常に正確な音程で歌う必要があるのです。

ここまで条件の揃った歌声は、残念ながら努力だけで叶えることはとても難しいでしょう。

実際、プロの歌い手の中にもノンビブラートのみで歌う人は少数派です。

まずはビブラートを使えるようになり、その上で自分の歌い方にどのように取り入れるのかを決めていく方が、歌唱力アップの近道なのかもしれません。

ビブラートを習得して感情が伝わるような歌唱表現を目指そう!

ビブラートは、感覚を掴むことさえできれば、習得までに意外に時間がかからない歌唱法です。

土台に「腹式呼吸」と「喉を開く発声方法」をしっかりと身につけ、ビブラートの感覚をつかむための反復練習を行いましょう。

ビブラートをつけることに慣れてきたら、実際に歌う中でどう生かすかを考え、実践するための練習が重要になってきます。

歌唱表現を広げられるビブラートをマスターして、より豊かな感情を伝えられるような歌声を目指しましょう。

さらに歌を楽しみたい方必見!

「MUSIC PLANET」が主催している、

「新人ボーカル発掘オーディション」を知っていますか?

通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、

まずはボイストレーニングだけだったり、下積みが必要な場合もあります。

しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、

未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートが受けられます。

1.プロデューサーによる個人面談

2.あなただけのオリジナル楽曲提供

3.あなたの楽曲がCDに!

4.専属マネージャーを配属

5.プロトレーナーによるボイストレーニング!

6.オリジナル楽曲をカラオケで配信!

7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信!

8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影

9.なんと…LIVEにも出演!

この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、

  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方

と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さなんです。

歌手オーディションの場所も、

  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)

と、日本全国で開催していて、

さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、

  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア

と全国各地にあります!

なので、

「地元で頑張りたい」

「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」

という人でも、安心して合格後のサポートを受けながら歌手を目指すことができます。

もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスン。

今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、

充実した練習ができること間違い無し!

歌手オーディションは無料で受けられるので、

必要なのは会場までの交通費のみ。

現在の練習方法に不安があったり、

「プロのボイストレーニングを受けたい!」という人や、

「もっと歌が上手くなりたい」と思っている人には、

ぴったりのオーディションではないでしょうか?

ぜひ、練習したビブラートを駆使して

歌手としてステップアップしましょう!