ブログトップへ

アイドル歌手オーディション必勝法!歌唱審査でアピールしやすい選曲とは?

アイドルになれる人というのは、どういった適正をもっている人なのでしょうか?ただ顔が可愛ければなれるほど、アイドルの世界は簡単ではありません。

今回の記事では、アイドル歌手オーディションに挑戦する場合に、知っておきたいポイントやアピール方法などを解説していくので、アイドル歌手を目指している方はぜひ参考にしてくださいね。

1.アイドル歌手オーディションはどのような流れで進んでいくの?

アイドル歌手を目指すのであれば、オーディションを受けるのが妥当な方法となります。では、アイドル歌手オーディションの流れや内容を見てきましょう。

1-1.アイドル歌手オーディションの基本的な流れ

アイドル歌手オーディションは、基本的に一次審査と二次審査に分かれていて、一次審査は書類審査、二次審査は面接といった内容になっています。

もちろん、三次審査、四次審査と続いていくこともありますが、大抵のオーディションでは二次審査が最終審査になることが多いです。

一次審査の書類審査では、専用の履歴書に自己PRや志望動機を記入して事務所へ提出をします。この内容によって、二次審査に進めるかの合否が決まります。

また、履歴書だけではなくプロフィール写真も提出するのですが、この写真も履歴書と同様に大切なものであり、審査基準に含まれていることを覚えておきましょう。

二次審査では、審査員との面接が主な内容となります。この面接の際に行われる審査が、質疑応答、実技審査、特技披露、自己PRといった内容です。

最初から最後まで気を抜くことができないですし、オーディションといった独特の雰囲気の中で行われていくので、終始緊張してしまってもおかしくはありません。

しかし、緊張しすぎてしまっては本来の実力を出すことができずに、不完全燃焼のままオーディションを終えてしまう恐れもあるので、しっかりとした準備をしておくべきでしょう。

2.アイドル歌手に向いている人の性格や適正とは?

アイドル歌手という職業は、どういった人が向いているのでしょうか?ここでは、アイドル歌手に向いていると思われる人の性格や適性をまとめていきます。

2-1.負けずぎらいな性格

アイドルというのは、すでにデビューしている人たちだけを見てもかなりの数が存在しています。その中で、人気が出るまで頑張るというのは、大きな苦労があることでしょう。

他のアイドルたちは人気があるのに、自分だけ全く人気が出ない…。自分よりも遅くデビューしている子たちがどんどん公の場で活躍している…。

このような辛いことの連続となる可能性も高いです。アイドルとして成功する人というのは、こういった逆境の中でいかに強い心を持てる人です。

大事なのが「絶対に誰にも負けない」といった強い心です。この気持ちを強く持てる人であれば、アイドル歌手には向いていますし、必要不可欠な適正といえるでしょう。

2-2.見た目と厳しさ

やはりアイドルという以上、他の人よりも容姿が優れていなくてはいけません。ただし、容姿というのは自分の努力で向上させることは可能です。

容姿を磨くには、ストイックさと自分への厳しさが必要になってくるでしょう。例えば、体調管理やダイエット、肌や髪のお手入れですね。

ストイックさと自分への厳しさがあれば、自分をしっかりと自制することができますし、常に美しい自分を保てるようになるでしょう。

2-3.歌唱力とリズム感

アイドル歌手は基本的に、歌って踊れなければいけません。ここは、昔のアイドルとは違い、能力の幅が広いアイドルほど重宝されることでしょう。

そのために、歌唱力を高めることが大事ですし、ダンスができるリズム感も必要になってきます。こういったスキルが高いほど、オーディションでは審査員の目に留まりやすいです。

2-4.人間的な魅力がある

特別な美人ではないのに、なぜか魅力に溢れるアイドルっていますよね?そういった人というのは、人間的な魅力を持っている人材です。

笑顔になると周りが癒される、雰囲気が落ち着く、常に前向きで一緒にいると明るくなれる、などこういった適正をもっている人というのは、アイドル向きといえます。

3.アイドル歌手オーディションの歌唱審査でアピールしやすい選曲とは?

アイドル歌手オーディションの合否を左右する項目といえば、歌唱審査です。歌唱審査では、選曲が重要な役割を担っていることをご存じですか?

オーディションで歌唱披露ができる時間というのは、約30秒ほどです。この短い時間の中でいかに、自分の歌声の魅力を伝えるかが勝負になってきます。

まず、自分の音域でしっかりと歌える曲を選びましょう。声が出ないといったことは、オーディションではありえません。余裕が出るくらいの高さの曲がベストです。

そして、モノマネにならずに自分が歌っていて一番気持ち良く感じる曲を選びましょう。審査員が聞きたいのは、その人だけの魅力です。

間違っても好きなアーティストに寄せた歌い方だけはしないようにしましょう。表現力の大切なので、自分の感情を入れやすい曲もおすすめです。

4.アイドルへ楽曲提供実績があるプロデューサーからのサポートも!おすすめの歌手オーディションは?

アイドル歌手を本気で目指していくのであれば、それなりのオーディションを受けた方が良いです。おすすできるオーディションが新人ボーカル発掘オーディションです。

このオーディションに関わっている音楽プロデューサーは、有名アイドルへの楽曲提供実績があるので、かなり相性が良いのではないでしょうか?

また、合格することで、そういった実績を持つ音楽プロデューサーの方から、あなただけのオリジナル曲を提供してもらえることも約束されています。

それだけで、かなりの夢が広がると思いませんか?アイドル歌手とはちょっと違う形ではありますが、本格的な歌手を目指すのであれば、間違いなく受ける価値があるオーディションです。

合格後のオリジナル曲の提供だけではなく、サポートがかなり豪華になっているのが大きな特徴です。まず、合格後であってもプロからのボイストレーナーを受けることができます。

まだまだ自分の歌唱力に自信がない人であっても、さらに上を目指せるということで心強いですね。さらに、専属マネージャーもつくので、一人で悩むこともありません。

合格後の工程を全て終えたときに、ミュージックプラネットが主催しているライブへの出演も約束されています。歌手として充実した活動を行うことができるでしょう。

応募はWEB上で簡単にエントリーできますので、自分の可能性に賭けてみたいといった方は、ぜひ一度挑戦してみることをおすすめします。

5.歌手オーディションをきっかけに夢だったアイドルへの道を切り開こう!

アイドル歌手というのは、非常に人気の高い職業です。昔からアイドル歌手を夢見て、その夢を叶えるために努力している人は大勢います。

そんな中からアイドル歌手になるというのは、現実的に考えても簡単なことではありません。アイドル歌手になるためには、普段から何ができるのか?といったことを意識して行動に移していく必要があります。

そして、オーディションを通じて本格的にアイドル歌手を目指していきましょう。オーディションを受ける上で、大切なことを今回はお伝えしました。

ぜひ参考にしてもらって、アイドル歌手の道を切り開いてくださいね!