• TOP
  • BLOG TOP
  • 歌の練習
  • ウィスパーボイスの出し方と注意点!練習するときのコツとは?

ブログトップへ

ウィスパーボイスの出し方と注意点!練習するときのコツとは?

ウィスパーボイスを出せるようになれば、歌に自分らしさをプラスできます。このようなメリットを把握していても、ウィスパーボイスを思うように出せないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ウィスパーボイスの出し方や注意点を理解すれば、声量が大きくなり歌のクオリティを上げることが可能です。

そこでこの記事では、ウィスパーボイスの基礎知識を踏まえつつ、練習するときに知っておくと役立つコツをご紹介します。

ウィスパーボイスの基礎知識

歌手のイメージに影響を与えるものとしてウィスパーボイスがあります。ウィスパーボイスと聞いて、角がなく柔らかな声をイメージする方もいるかもしれません。聴く人を包みこむような歌声は、ファンを引き寄せるでしょう。まずはウィスパーボイスとは何か、どのような魅力があるのかを解説します。

ウィスパーボイスとは

ささやき声や息漏れのことをウィスパーボイスといいます。日本では歌を中心に使用することが一般的ですが、ナレーションや朗読などにも使用することがあります。

歌手がウィスパーボイスの技術を独自に身につけるケースも多いようです。この技術をウィスパリング・テクニックといいます。ウィスパーボイスを出せるようになれば、歌声や曲にさまざまな表現を加えることが可能です。

ウィスパーボイスの歌声の魅力

ウィスパーボイスを曲の表現に合わせて取り入れることにより、トータルでバランスがよくなります。音楽ファンからもウィスパーボイスの素晴らしさが評価され、さらなるファンの獲得を目指せるでしょう。

息混じりのしっとりした歌声は、甘くて優しい印象を聴き手に与えられます。性質からしてバラードで多く用いられる歌声です。曲のすべてをウィスパーボイスで歌うのではなく、ところどころに入れるのがポイントだといえるでしょう。

ウィスパーボイスの出し方と注意点

きれいなウィスパーボイスを出すには、日ごろから正しい練習法を実践する必要があります。練習内容によっては腹筋も鍛えることが可能です。注意点を確認しながら、ファンを魅了できるようなウィスパーボイスの出し方を習得しましょう。

【練習方法】息を出しながら発声する

2ステップでウィスパーボイスを出す練習をします。まずは発声の基礎練習に取り組み、慣れてきたらロングトーンの練習に取り組みましょう。しっとりした歌声を出すには、息を吐き出しながら声を少しずつ混ぜるのがポイントです。

ロングトーンでは、息を吐けなくなる一歩手前まで声を伸ばします。そして、少しずつ息を漏らしていくことがポイントです。ウィスパーボイスの練習は、歌うときに重要な腹筋を同時に鍛えられます。

【注意点】息漏れの声と違う

ウィスパーボイスと息漏れの声は同じように感じがちですが、厳密にいうと異なります。ウィスパーボイスは声帯が振動しますが、息漏れの声は声帯が振動しません。

声門閉鎖に着目すればその違いが分かりやすいでしょう。ウィスパーボイスの場合は声帯にあるヒダ部分がきちんと閉じている状態です。一方で、息漏れの声はヒダ部分が閉じずに開いています。声帯のヒダ部分が閉じていれば、声帯を振動させることが可能です。

【注意点】声を抜きすぎずマイクにも気をつける

ウィスパーボイスを出すには息を吐き出す必要があります。ウィスパーボイスを意識すると、声を抜きすぎてしまうケースがあることに注意しなければなりません。

また、ウィスパーボイスはささやくように歌います。マイクに強く息が吹きかかってしまい、雑音が入ることがあるので注意が必要です。ウィスパーボイスの出し方以外にも、マイクの音量や楽曲の相性にも気をつけましょう。

ウィスパーボイスの練習のコツ

ウィスパーボイスを効率重視で練習する場合、いくつかコツを知っておくとスムーズです。息を吐き出せなくなる一歩手前まで声を伸ばすため、体力もある程度求められます。同時に声門に意識を向けて練習に取り組むことも大切です。押さえておくとよいコツを知り、きれいなウィスパーボイスを出せるようにしましょう。

体の力を抜いてから練習を始める

練習に取り組む前に、体をほぐすことが大切です。上半身の力を抜くことにより声帯や気道が狭くなりにくく、お腹から声を出しやすくなります。喉から声を出すのを避けることが可能です。ため息をついたり体を揺らしたりして体の力を抜きましょう。ストレッチなどをして首回りや肩甲骨の緊張をほぐすのもおすすめです。

声門を広げることを意識する

ウィスパーボイスを練習するときは声門を広げることを意識しましょう。息の漏れを調節するには声門の開け方をマスターする必要があります。マスターできれば、ウィスパーボイスに個性を出すことも可能です。

練習するときは歌い方にも注意しましょう。しっとりとした歌声にするには、あくびをするときをイメージするのがおすすめです。あわせて息をたくさん吐きながら歌うとよいでしょう。自分の歌声を録音し、客観的に聴く練習も大切です。

肺活量が必要

ウィスパーボイスは地声で歌うよりも倍の肺活量が必要です。声の響きを胸に落とし込み、口からは息だけを吐くイメージで歌います。聴き手に弱さを感じさせないウィスパーボイスにはしっとりとした歌声だけではなく、肺活量が大きく関係していると覚えておきましょう。

ウィスパーボイスの歌を聴く

ウィスパーボイスを身につける方法は、ウィスパーボイスの歌を聴くのがおすすめです。繰り返し聴いて真似するように歌うのも練習になります。何となく聴くのではなく、じっくりと聴きましょう。

宇多田ヒカルや平井堅はウィスパーボイスを使っている歌手です。それぞれの歌手のウィスパーボイスを聴き、参考にするとよいでしょう。

ウィスパーボイスで声量を上げるポイント

息を吐きながら声を混ぜるウィスパーボイスは、慣れるまで声量が小さくなってしまう傾向にあります。正しいウィスパーボイスの出し方を身につけつつ声量を上げるには、イメージの仕方や呼吸法の見直しをするのがおすすめです。声量に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

声を遠くに飛ばすイメージをする

声量を保ちながらウィスパーボイスを出すにはイメージが大切です。自分の声を遠くに飛ばすイメージで歌えば声量も上がります。イメージするだけでも声量に違いが出てくることがわかるでしょう。なかなかイメージできない場合は、ため息をつくときをイメージするのがおすすめです。

腹式呼吸を意識する

ウィスパーボイスには肺活量だけではなく呼吸法も大切です。腹式呼吸を意識すれば、喉からではなくお腹から声を出せるので、声がとおりやすくなり声量を上げられます。

腹式呼吸は、まず息をすべて吐き出しましょう。お腹がへこみ始めますが、息はそのまま吐き続けます。そして息をゆっくり鼻から吸いましょう。多く吸いすぎると胸式呼吸になってしまうことがあるため気をつけましょう。

歌手になるために求められる能力とは?

「歌手になりたい」と思ったら、どのような能力が必要なのかを知っておく必要があります。以下に歌手になるために求められる能力をまとめました。

・歌唱力
・歌が好き
・自己分析力
・人を惹きつける能力
・可能性

歌手になるには、歌唱力は重要です。正しい発声方法や音程で歌い、表現したいことを曲に加える能力が必要といえます。レコーディングや曲づくりなどが歌手の仕事内容のひとつであるため、歌が好きでないと長期間は歌手の仕事は続けられないでしょう。

また、ほかの歌手にはないカリスマ性やオーラなども求められます。自分にはどれくらいの価値があり、能力を伸ばすためにはどうすればよいかも考えなければなりません。

ウィスパーボイスはできなくても歌手になれますが、表現力が高い歌手を目指す場合はウィスパーボイスを使用できるとよいでしょう。

歌手になる方法

歌手になるにはさまざまな方法があります。最近はネット上に歌声をアップするだけで、歌手になる道がひらけることも増えてきました。それぞれの方法には特徴があるので、どの方法で歌手になる可能性を高めるかを慎重に選ぶことが重要です。自分に合った方法を実践しましょう。

オーディションを受ける

歌手になれる可能性が高い方法として、オーディションを受ける方法があります。とはいえ、オーディションに合格すれば歌手になれると約束されるわけではありません。しかしほかの方法と比較すると、歌手になれる可能性は高いでしょう。

デモテープを事務所に送る

自分の歌声を録音したデモテープを音楽事務所に送る方法もあります。送る際は事前にいつ送ればよいのかタイミングを確認しましょう。このステップを省いてしまうと、マナーがない人というマイナスのイメージを与えてしまうでしょう。

送ったデモテープは最後まで聴いてもらえるとも限りません。惹きつける力や歌の出だしに特徴がないと、途中で聴かなくなってしまう可能性は高くなります。

ネットに歌声をアップする

YouTubeなどのネットサイトに自分の歌声をアップして歌手になる人も増えてきました。場所を選ぶことなく投稿でき、誰でも再生できます。ただし、評価に統一性がないため偏った評価しか得られないかもしれません。著作権の問題に発展することがある点も気をつける必要があります。

ミュージックプラネットのサポートは本格的!

歌手志望の場合、サポートしてくれるサービスを利用するのがおすすめです。ミュージックプラネットは完全遠隔オーディションを開催しており、合格者をしっかりとサポートします。ただし、ミュージックプラネットは芸能事務所や養成所ではありません。歌手になるチャンスを提供しています。

サポート内容の特徴は、自分だけのオリジナル楽曲を提供していることです。楽曲はプロが制作するので、本格的な音楽活動の際にも役立つでしょう。

また、経験豊富な音楽プロデューサーと個人面談ができることもミュージックプラネットの特徴です。個人のスキルや魅力をより引き出せるようにアドバイスをします。

まとめ

ささやくようなしっとりとした声をウィスパーボイスいいます。腹式呼吸を用いてお腹から声を出すことで、声量が小さくなりません。練習をするときは遠くへ声を飛ばすことをイメージしましょう。「歌手になりたい」という夢がある方は、オーディションを受けてみることをおすすめします。

ミュージックプラネットは、オーディションの申し込みを24時間受け付けています。無料で参加できるので、興味がある方はぜひご参加ください。合格者には10個の特典を用意して、しっかりとサポートします。