ブログトップへ

エッジボイスって何?出し方や練習するメリットとは

ボイストレーニングにはいくつかの方法があります。 その中の一つにエッジボイスがあります。 エッジボイスって何のこと?と思う人も少なくないでしょう。 そこでこの記事では、エッジボイスの練習方法、できるようになると歌唱力にはどのような影響があるのかなど、エッジボイスについて詳しく紹介していきます。 プロとして歌唱力をつけるためのトレーニングとしてももちろん、一般の人でもカラオケで気持ちよく歌うための練習方法としても役に立つでしょう。 ぜひ普段からエッジボイスを出す訓練をしてみてください。

エッジボイスってどんなもの?

まずはそもそもエッジボイスってどのようなものなのかについて知っておきましょう。 エッジボイスは「ボーカルフライ」とも呼ばれます。 「エッジ」とはキワ、ぎりぎりの端といった意味。 具体的には声帯を閉じて声を出すこと。 声帯が閉じているので、発声というよりも喉の奥で「あ゛・あ゛・あ゛・あ゛」というようなブツブツした音のことを言います。 発声を良くするために、プロでも実践するメニューです。 最小の息で発声するので、息をごくわずかに使いながら声を出す感覚をつかむ練習になります。 また「あ゛・あ゛・あ゛・あ゛」という音が出ている時は、声帯にある閉鎖筋を働かせて、声帯を閉じた状態になっています。 この閉鎖筋を使う感覚もつかむことができるようになるでしょう。 声帯を閉じると空気が通る隙間が狭くなるので、高い声を出せるようになります。 口笛の吹き方を思い出すと、イメージが沸くのではないでしょうか。

高音を出す練習になる

エッジボイスの練習をすることで、少ない息で発声することができるようになり高音がきれいに出せるようになります。 高い音を出そうとすると声がかすれてしまうという人や、息漏れしてしまいうまく歌えないという悩みを持つ人は、ぜひエッジボイスの練習してみることをおすすめします。 エッジボイスを使わずに高音を出している人は、発声しようとして力んでしまいがちです。 無理やり喉に力を入れることで空気の通り道が狭めて、高い音域を歌っていることになるので、喉に負担がかかり傷めやすくなります。 高音を出すと疲れる、力んで歌うけれどなかなか声が安定しないという人は、エッジボイスではなくただ単に力を入れながら高音を絞り出しているケースが多いので気をつけましょう。 エッジボイスを出す練習をすることで、喉の閉鎖筋を動かす感覚を掴めるようになるでしょう。 高音域を歌うのが苦手な人や、歌っているときに吐く息が混ざってしまって息漏れが気になる人、力強く歌うことがなかなかできないといった人は閉鎖筋が弱いことが原因であることが多いと言われています。 ボイストレーニングの一環としてエッジボイスの練習を取り入れると、歌声がよりパワフルになり、高音を安定して出せるようになるのでおすすめです。

換声点でブレイクしなくなる

換声点(地声から裏声へ切り替わるポイント)でブレイクしてしまう人というのは、高音域で声帯をうまく閉じることができていない場合がほとんどです。 エッジボイスの練習をすることで、裏声になってしまうような高音でも声帯を閉じながら発声することができるようになるので、換声点でもブレイクしないで声を出すことができるようになります。 またボイストレーニングの一つ、高音を地声のように力強く出すミックスボイスをマスターする時にもエッジボイスの練習から行うことはとても効果的。 ぜひエッジボイスを出す練習を、日々行ってみてください。

エッジボイスの出し方とは?

エッジボイスは「あ゛・あ゛・あ゛・あ゛」という声というか音を出す練習、ということはお話ししましたが、どのようにすればそんな音を出すことができるのでしょうか。 声帯を閉める、閉鎖筋を使うなどと言われるとちょっと難しそうに感じますが、実際にやってみるとそんなに難しいことではありません。 コツや感覚を掴んでしまえば、意識せずともすぐに出せるようになります。 エッジボイスの出し方について詳しく見ていきましょう。

呼吸が大切

エッジボイスだけではありませんが、歌うことや発声練習と呼吸には、切っても切れない密接な関係があります。 息を吸っている時には声を出すことはできませんよね。 緊張して身体がこわばっていてもうまく息を吐くことができないので、発声や歌うこともぎこちなくなってしまいます。まずは呼吸をしっかり意識しましょう。

力を抜いて息を吐く

息を吐くときは、体からなるべく力を抜くようにしましょう。 最初はエッジボイスのことを考えなくて大丈夫です。リラックスして、ゆっくりと呼吸することだけに意識を向けましょう。 呼吸するときの姿勢も大切です。 猫背になってしまっていては、空気が体の中にきちんと入っていかず、息を吐き切ることが難しくなってしまいます。 軽く骨盤の幅ぐらいに足を開いて、肩の力を抜いて腕をぶら下げるように体の脇から下ろして立つか、椅子に座るのであれば、両足の裏がしっかりと床に着く高さの椅子に浅く腰かけます。 この時も足は軽く開いておきましょう。 両手はももの上に楽に置いておきます。 手のひらが上でも下でも構いません。 息を吸う時にはお腹や胸が膨らんで吐く時には、おへそと背骨が近づいて行くように、呼吸するときに体も一緒にゆったりと動いているのを感じてみてください。

仰向けでもOK

もしも、 「浅い呼吸になってしまう」 「吐く時につい体に力が入ってしまう」 ということがあれば、仰向けに寝て呼吸の練習をしてみましょう。 背骨も自然とまっすぐになり、体の力が抜けやすくなります。 膝を立てていてもいいでしょう。 リラックスして呼吸ができるようになってから、その呼吸に合わせてエッジボイスの練習をしていきます。

途中で息を止めてみる

リラックスして息を吐くことができるようになったら、息を吐いている途中で息をふっと強く引き込むように止めてみます。 特にエッジボイスを出すときは喉のあたりにある声帯を閉じて音を出すのでつい他の部分や体に力が入りやすくなってしまいますが、常に力を抜くことを意識をしてください。 声帯を閉じて最小の力で音を出すイメージを忘れないようにします。 吐いている途中で強く息をストップさせると、声帯が閉じる感覚がよくわかるでしょう。 閉鎖筋が働いて声帯が閉じているのをしっかり感じましょう。 何度か繰り返して、吐いている時に息を強く止める、という感覚を身につけてください。

息を止めたまま発声してみる

吐いている時に息を強く止める感覚がついてきたら、今度は息を止めたまま発声する練習です。 息を止めて声帯を閉じたままで声を出そうとしてみてください。 声帯が閉じているので、声というよりもブツブツといった音、つまりエッジボイスが出るはずです。 音は「う゛ーー〜」と連続して発声するのではなく意識して「あ゛・あ゛・あ゛・あ゛」と一つ一つの音を区切って独立させて出してみる練習をしてみてください。 これら全ての練習の時に、体の力を抜いたまま行うことを忘れないでください。 余計な力や力みがあるとエッジボイスはうまく出ないので、なかなか感覚がつかめないままになってしまいます。常に重要なポイントは力を抜くことです。

低い声を出していくやり方

上記のような、呼吸を意識しながら行うエッジボイスのやり方の他に、地声で発声しながら徐々にエッジボイスを出していくやり方もあります。 やり方は自分のやりやすい方法でいいので、最初はどちらもやってみてエッジボイスが出やすいほうで発声練習していくといいでしょう。 地声からのエッジボイスの出し方は、まず自分の地声で出しやすい音程で声を出してみます。 「あー」でも「うー」でも「おー」でも「いー」や「えー」でも構いません。 出しやすい音で大丈夫です。 出しやすい音程から徐々に音域を下げていきます。 自分の声の感じをよく聞きながら少しずつでいいので下げましょう。 どんどん下げていくと、声にならないぐらいの自分の限界の低音まで到達します。

限界の低音がエッジボイス

声が出ないけれど、出そうとすると「あ゛・あ゛・あ゛・あ゛」やブツブツといった音が出るようになります。 これがエッジボイスです。 声にならない声、音が出せるようになったら、さらに息の量を減らして「あ゛ー」ではなく「あ゛・あ゛・あ゛・あ゛」と音同士がくっつかないように弾けるようなイメージで音を出してみます。 慣れてきたら、最低音のところで喉の閉鎖筋の動きや震えを感じてみるようにしてみましょう。 吐く息の量を調節したり、声帯を閉める力を加減してみたりするのもいいですね。 いろいろと微調整して変化を感覚として覚えてみてください。

エッジボイスから地声に戻す練習も

エッジボイスが出せるようになったら、地声に戻していく練習もしてみましょう。 「あ゛・あ゛・あ゛・あ゛」というブツブツ途切れるような音のエッジボイスから普通の自分の声の「あー」という発声に戻る練習です。 戻す時もやはりポイントは力を抜いていること。 変に力んだりしないように意識してください。 エッジボイスは最小の息で出す音です。 それと同じぐらい微細な息でいいので徐々に「あー」という声が出るように戻していきます。 地声の発声に戻った時にはエッジボイスのような音ではなく喉を開いていつものような声を出してみてください。 この練習は、普段の地声の歌声にハリを出す訓練になります。 慣れてきたらエッジボイスを出す練習と、エッジボイスから地声に戻していく練習を交互に行ってみるのもおすすめです。

ミックスボイスの練習にも

エッジボイスの、声帯を締めて声を出す練習は、実はミックスボイスのトレーニングにも役立ちます。 ミックスボイスというのは、高音を裏声だけれども自分の地声のように力強く、喉に負担をかけずにリラックスした状態で歌うテクニックのことです。 プロや有名アーティストでもこのミックスボイスを使って歌う人は多くいます。 アンジェラ・アキやスピッツ、B’z、Superflyや秦基博、Alexandorosなどがそうです。 彼らの歌を聞けば、ミックスボイスがどのような部分で使われているのか理解しやすいですね。 高音だけれど力強く伸びやかに歌い上げていて、聞いている人も心地よくなるような歌声です。

どうしてミックスボイスの練習になるの?

なぜエッジボイスがミックスボイスのマスターに役立つのかというと、エッジボイスを習得するにはは声帯を締めて音を出すトレーニングが必要だからです。 このエッジボイスができるようになると喉の閉鎖筋の動かし方がわかります。 喉を締めて声を出す感覚がつかめるようになってくるのです。 最初にお話ししたように、喉を締めると高音の音を出しやすくなります。 喉に力を入れて狭めて高音を出すのではなく、閉鎖筋を動かして狭くして声を出すので、喉を傷めることもなく、体に力みも必要なく、美しい高音を出すことができるようになります。 ミックスボイスは高音をきれいに歌い上げるテクニックなので、エッジボイスによって高音が無理なく出せるようになると、ミックスボイスの練習にも役立ち、マスターする助けになります。 高音域を歌おうとすると声がかすれてしまう、弱々しい裏声しか出なくなってしまう、喉が痛くなるという人は、ぜひエッジボイスとミックスボイスの両方を練習するといいでしょう。 順番としてはミックスボイスをマスターする時に、まずエッジボイスの練習をすること。 効率的に美しい高音が出せるようになるはずなので、やってみてください。

エッジボイスで声帯を閉める感覚を養おう

エッジボイスの仕組みや練習の仕方などについて詳しく見てきました。 エッジボイスは発声練習というよりはブツブツとした低い音を出すという感じなので、「何に役立つんだろう?」と思う人もいるかもしれませんね。 しかし、エッジボイスの練習は、声帯を閉める感覚や閉鎖筋を動かす感覚を自分で感じられるようになる大切なボイストレーニングの一つで、プロのアーティストも行う練習です。 エッジボイスができるようになると、喉を締めて最小の息と共に声を出すことができるようになるので、高音をきれいに出すことができるようになります。 カラオケで高い音域を出すのが苦手という意識がある人や、高音のパートを歌うといつも裏声になってしまってパワーが出ないと悩んでいる人、高音域は喉を傷めるから歌えないと思っている人なども、正しい方法でエッジボイスのトレーニングを行うことで、高音の出し方が見違えるように変わるのを自分でも実感することができるでしょう。 エッジボイスを出せるようになるための練習も、難しいことは特にありません。 ぜひ日々の発声練習の一つとして、エッジボイスの練習も取り入れてみてください。 高音を歌う時に、違いが実感としてわかるようになってきます。

歌唱力が上がったら「オーディション」を受けてみよう!

「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」をご存知でしょうか? こちらのオーディションは声優を目指すあなたにもおすすめのオーディションです。 通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、 まずはボイストレーニングだけだったり、様々な下積みが必要な場合もあります。 しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、 未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートを受けられます。 1.プロデューサーによる個人面談 2.あなただけのオリジナル楽曲提供 3.あなたの楽曲がCDに! 4.専属マネージャーを配属 5.プロトレーナーによるボイストレーニング! 6.オリジナル楽曲をカラオケで配信! 7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信! 8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影 9.なんと…LIVEにも出演! この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、
  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方
と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さです。 オーディションの会場も、
  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)
と、日本全国で開催しています。 さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、
  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア
と全国各地にあります。 ですので、 「地元で頑張りたい」 「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」 という人でも、安心して合格後のサポートを受けることができます。 もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスンです。 今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、 充実した練習ができること間違い無し! 歌手オーディションは無料で受けられるので、 必要なのは会場までの交通費のみ。 現在の練習方法に不安があったり、 「プロのボイストレーニングを受けたい!」 「本格的なレコーディングを体験してみたい!」 「声優になるために自分の今の力を試したい!」 と思っている人には、ぴったりのオーディションではないでしょうか? ぜひ、オーディションに参加して、 歌手としてステップアップしましょう!