ブログトップへ

オーディションでピアスは不利になる?写真撮影では外すべき?疑問を徹底解説!

歌手や俳優を目指す方にとって、第一関門はオーディションを受けて合格することでしょう。合格の可能性を少しでも高めるには、見た目や態度といったさまざまな部分に気を付ける必要があります。中には、ピアスをつけていると不利なのかといった疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディションで不利になるポイントについて解説します。ピアスをつけているとどの程度不利になるのかが分かれば、合格につながるオーディション対策ができるでしょう。

オーディションのピアスは不利?


オーディションでは、「ピアス=不合格」と考えている方もいるかもしれません。確かにピアスは面接官に全面的に受け入れられているわけではありませんが、オーディションのジャンルによっては大きく影響しないこともあります。ここでは、ピアスをつけたり穴が開いていたりすることによる審査への影響について把握しておきましょう。

ジャンルによっては審査に影響する

ジャンルによって、ピアスがオーディションの審査に影響する度合いが変わります。例えば、俳優や女優になって時代劇に出演したいと考えている場合、ピアスはつけない方がよいでしょう。穴を開けるのも避けた方が無難です。

それ以外のオーディションならば、ピアスの有無だけで判断されない場合もあります。事務所が求める人材を探すことがオーディションの目的といえるからです。事務所のホームページやオーディションの詳細をリサーチして求められる人物像を把握し、ピアスをつけていても審査に影響しないかを見極める必要があるでしょう。

ピアスの穴だけでもジャンルによっては影響することも

「ピアスの穴が開いていても、オーディションや写真撮影のときに外せば問題ないだろう」と考えている方もいるかもしれません。しかし、ピアスをつけていなくても、穴が開いているだけで不合格になることがあります。

例えば、俳優や女優を目指す場合、ピアスの穴があるだけで不利になるかもしれないと認識しておきましょう。ピアスの穴が与える印象によって、役柄が制限されることもあるからです。一方、俳優や女優以外なら、審査に大きな影響を与えないことの方が多いでしょう。

オーディション写真はピアスを外すべき?


オーディションにエントリーする際には、オーディション写真が必要です。ピアスをつけて撮影してもよいのかと心配な方もいるでしょう。ジャンルによって、オーディション写真が審査に与える影響にはバラつきがあります。ここでは、オーディション写真で面接官に好印象を与えるポイントについて確認しましょう。

心配であればつけないで撮ろう

オーディションといっても、さまざまなジャンルがあります。ピアスをつけたオーディション写真が全て不合格につながるわけではありません。中には、大きなピアスでなければ気にしないというオーディションもあります。

ただし、「少しでもマイナス評価される要素を持ち込みたくない」「ピアスをつけて撮影しようか迷っている」という方もいるでしょう。心配な方はジャンルに関係なく、ピアスをつけずに撮影した方が安心です。

ありのままの自分をアピール!

少しでも自分を良く見せたいという気持ちから、オーディション写真を加工したり、カラーコンタクトをつけて撮影したりすることは避けましょう。書類審査を通過したとしても、面接官は写真と実物との違いをすぐに判別します。

どのジャンルのオーディションでも、面接官が見ているのは求める人材かどうかです。自分らしさを面接官に判断してもらうには、ありのままの自分を包み隠さずアピールすることが重要であると理解して臨みましょう。

オーディションで不利になることとは?


オーディションでマイナス評価を受けないようにするには、不利になることをしないことが大切です。また、あらかじめ何をすると不利になるか知っておくことで効果的な対策がとれるでしょう。ここでは、オーディションで不利になるポイントを紹介します。

プロ意識が低い

オーディションを受けるときは、プロ意識を持って臨みましょう。面接官は事務所が求める人材なのかを判断すると同時に、仕事に対する熱意や意欲、メンタルの強さも見ています。歌手や俳優、女優といった仕事は華やかなイメージがありますが、実際は体力面でもメンタル面でもハードな仕事です。

はきはきとした受け答え、笑顔を忘れないなど、「この人ならプロ意識を持って仕事をしてくれるだろう」と面接官に思ってもらえるような立ち居振る舞いが必要でしょう。一方、「熱意が感じられない」「精神的ダメージを受けたときに乗り越えられるか心配」といった印象を面接官に与えてしまうと合格は難しいかもしれません。

自分をアピールできていない

自分をアピールするとき、会社の面接ならば趣味や長所、短所を口頭で伝えるだけで済むこともあるかもしれません。しかし、歌手や俳優、女優を目指す場合は不十分で、「自分らしさ」を全面的にアピールすることが必要です。オーディションで自分の良さを伝えられないと、合格を勝ち取ることが難しくなるでしょう。

オーディションでは、1分間で自分という人間をさまざまな方法でアピールする「1分自己PR」を実施する場合も多く見られます。例えば、特技がギターの演奏なら、楽器を会場に持ち込んで実際に演奏するという内容です。短い時間で自分の良さを表現できるように、特技や話題を準備しておきましょう。

歌手オーディション:受け方のポイントは?


「メジャーデビューを目指したい」「いつか憧れの音楽番組に出演したい」といった夢をかなえるなら、歌手オーディションを受けるのがおすすめです。数多くの応募者の中から選ばれるには、オーディションでプラス評価が期待できる受け方をする必要があります。ここでは、歌手オーディションを受けるときのポイントを押さえましょう。

相手を不快にさせる服装やアクセサリーはNG

オーディションにおいて、第一印象である見た目は重要な要素です。服装やアクセサリー、メイク、ヘアスタイルには、特に気を付けましょう。

オーディションではたくさんの面接官から評価を受けます。さまざまな価値観を持つ面接官からプラス評価を受けるために、相手を不快にさせるような服装や過度なアクセサリーは避けましょう。

「派手なメイクで奇抜な服装の応募者」と「ナチュラルメイクで清潔感のある服装の応募者」を比較した場合、清潔感のある応募者がプラス評価を得られることがほとんどです。

自分に合った曲を選ぶ

歌手オーディションに臨むときには、自分に合った曲を選びましょう。曲選びの際は、「歌いやすい音域か」「自分らしさを表現できるか」といったことを基準にします。

曲は最新曲でなくても構いません。ただし、歌い方に癖がある方は、なるべく癖が出にくい曲を選ぶのがベターです。癖が強いと面接官にマイナスイメージを持たれてしまうことがあります。自分の声の条件と合ったものを選曲すると、力を出しやすくなるでしょう。

歌唱力を上げておく

ベストコンディションでオーディションに臨むには、歌唱力を上げるためのトレーニングをすることが大切です。基本となるボイストレーニングに力を入れれば、歌唱力に磨きがかかります。また、オーディション当日に緊張と不安に押しつぶされそうになっても、練習量が強い味方になるでしょう。

「オーディション当日に最大限の力を出し切れなかった」と嘆く方もいます。自分なら大丈夫と自信過剰になることなく、トレーニングに励みましょう。

「MUSIC PLANET」のオーディションに参加してみよう!

「自分の歌をもっとたくさんの人に届けたい」「憧れのフェスに出場したい」といった夢をかなえたい方や自分の実力を知りたいという方には、「MUSIC PLANET」のオーディションがおすすめです。完全遠隔オーディションなので、家にいながらエントリーできます。エントリー後は、用意した音声データを送信するだけで審査してもらえる手軽さが魅力です。

歌手を目指そうとしても、なかなか思うようにいかないこともありますが、MUSIC PLANETは未経験の方でも歌手活動ができるようにサポートします。オーディションに合格した方は以下のような特典があり、サポート体制も万全です。

1.プロデューサーとの個人面談
2.オリジナル楽曲制作
3.オリジナルWEBサイト公開
4.専属マネージャーによる活動サポート
5.プロトレーナーのボイストレーニング
6.カラオケや音楽配信サイトでオリジナル楽曲の配信
7.プロカメラマンによるアーティスト写真の撮影
8.LIVE出演をサポート
9.専属ライブハウス「ASTRO LAB.」の永久無料使用権

まとめ


オーディションを受けるときは、ジャンルとピアスの相性について考える必要があります。特に、俳優や女優として時代劇に出演したい方は、ピアスをつけたり穴を開けたりすることは避けた方がよいでしょう。また、オーディション写真を撮影するときは事務所の規定や雰囲気を確認し、心配な方はピアスを外して撮影した方が安心です。

歌手デビューを目指す方は、ぜひMUSIC PLANETのオーディションに挑戦してください。合格すれば、専属マネージャーやプロデューサーが歌手活動を支援します。MUSIC PLANETのオーディションを受けて、夢に近づくきっかけを作りましょう。