ブログトップへ

オーディションで年齢制限は無視できる?年齢は合格に関係あるか解説!

歌手になりたいという夢を叶えるために、オーディションを受けようと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、多くの場合、オーディションには年齢制限が設けられています。年齢制限に引っ掛かる方は、年齢制限を無視してエントリーしても良いのだろうかと迷うかもしれません。

そこでこの記事では、「オーディションの年齢制限は無視できるのか」「年齢が合否に関係あるのか」といった疑問について解説します。年齢制限をオーバーしていても歌手になりたい方や、年齢面で不安を感じている方は要チェックです。年齢制限についてきちんと理解すれば、オーディション選びの参考にできるでしょう。

オーディションで年齢制限は無視できる?

自分が挑戦したいオーディションに年齢制限がある場合、「オーバーしているけれどエントリーしたい」と考える方もいるかもしれません。ここでは、エントリー時に年齢制限をどのように見るべきかをチェックしていきましょう。

年齢詐称をしてはいけない

オーディションにエントリーする時に年齢詐称をするのは厳禁です。嘘をついてエントリーしても、オーディションに合格することはないでしょう。

一般常識の面から考えても、年齢をごまかしてオーディションを受けることには大きな問題があります。年齢制限に引っ掛かっても、何とかしてエントリーしようと考える方もいるかもしれませんが、年齢をごまかすくらいなら別のオーディションを探した方がよいでしょう。

年齢詐称はバレる

年齢詐称をしてエントリーしても、いずれはバレます。書類選考やオーディションのときにはバレなかったとしても、契約時には正しい年齢が分かるでしょう。通常、契約する際には本人確認書類の提出を求められるからです。

数々のチェックをすり抜けてオーディションを突破し、契約することはほぼ不可能といえます。ミュージシャンとして活動したいなら、年齢詐称をはじめとする嘘は厳禁と覚えておきましょう。

芸能事務所は信頼を求めている

ミュージシャンが所属する芸能事務所は、「信頼」や「信用」を重視しています。世間から注目されるミュージシャンは、信頼されているからこそ成り立つ職業といえるでしょう。信頼を失うと仕事が来なくなり、活動できなくなることが考えられます。嘘をつくような人間に仕事を与えたいという芸能事務所はないでしょう。

年齢詐称をしてオーディションにエントリーすると、活動する上で重要な信頼を失ってしまいます。年齢詐称は、芸能事務所や世間からの信頼を失う行為であると覚えておきましょう。

年齢詐称は違法?

2020年時点では、年齢詐称をしてオーディションを受けたからといって何らかの罪に問われることはありません。ただし、年齢詐称をするために公的な本人確認書類を偽造・変造すると刑法155条「公文書偽造罪」に該当し、1年以上10年以下の懲役が科されます。

ただ年齢詐称をするだけでは違法にならないものの、ごまかすメリットはありません。オーディションに挑戦するなら、正々堂々と受けましょう。

能力を高める努力をしよう

オーディションに合格するためには、自分の能力を可能な限り高めることが大切です。年齢をごまかして年齢制限のあるオーディションにエントリーすることを考えるよりも、自分の能力を高める努力をしたほうがよいでしょう。

その上で、年齢制限に引っ掛からないオーディションを探してエントリーするのがおすすめです。一生懸命に努力して、自分にしかない能力や魅力を身に付ければ、歌手になるという夢が叶えられるかもしれません。

オーディションに受かるかは年齢と関係ある?

オーディションの合否に、「何歳か」は関係があるのかと疑問に思っている方もいるでしょう。オーディションは実力を判定する場ではあるものの、実際には年齢も合否に関係します。ここでは、オーディションの合否に対する年齢の影響について見ていきましょう。

合否と年齢の関係

特殊なオーディションを除き、オーディションでは若いほうが有利という傾向があります。主催者が将来性を重視するためです。同程度の実力を持つ参加者がいた場合、将来性に期待して、より若い参加者に合格を出すことがあります。

オーディションは実力の世界といわれていますが、年齢も合否を左右する要素になることを覚えておきましょう。可能な限り若いうちにエントリーするのがおすすめです。

年齢制限の例

年齢制限はオーディションによって異なりますが、「12歳~25歳」のように上限と下限を設定している場合がほとんどです。主催者は役柄に応じて適切な年齢制限を設定しています。年齢制限を無視してエントリーしても合格することはないでしょう。エントリーしたいオーディションの年齢制限をオーバーしているなら、別のオーディションを探すのが賢い方法です。

歌手のオーディションは年齢よりも実力

アイドルや俳優のオーディションとは異なり、歌手のオーディションは歌唱力や表現力といった実力を重視する傾向があります。歌手のオーディションの中には40代でもエントリー可能なものもあり、比較的幅広い年齢を対象としていることが分かるでしょう。

主催者が求めている歌唱力や表現力を満たしていれば、年齢が高くても合格を目指しやすいのが歌手のオーディションの特徴です。歌手を目指している方は、年齢制限をオーバーしないオーディションを探してエントリーするとよいでしょう。

デビューを目指すなら若いほうがいい?

年齢制限のことを考えると、若いうちにオーディションにエントリーしたほうが有利かもしれません。一方、実力を向上させてから挑戦したいと考えている方もいるでしょう。ここでは、デビューを目指すなら若いうちにオーディションに応募すべきかについて解説します。

若いほどチャンスがある

同程度の実力を持っている参加者がいた場合、若いほうが有利になります。そのことを考えると若いほどチャンスがあるといえるでしょう。オーディションに挑戦しようか迷っている方は、早めにエントリーするのがおすすめです。

一度不合格になったからといって、歌手への道が完全に閉ざされるわけではありません。さまざまなオーディションに何度も挑戦するとよいでしょう。若いうちに挑戦すれば、合格を勝ち取りやすくなります。

選択肢が少なくなることがある

若い方のみを対象にしているオーディションもあるため、年齢が高くなればなるほど選択肢が少なくなる恐れがあります。さまざまなオーディションにエントリーして合格する確率を少しでも上げたいと考えているなら、早めにエントリーしたほうがよいでしょう。

主催者が将来性を求めている場合、同じオーディションでも年齢が高い方の合格率は下がると予想されます。年齢制限の範囲内でも若いほど有利になると覚えておきましょう。

早く行動することが大切

年齢が高くなるとチャンスが減ることを考えると、歌手になりたいなら早めに行動することが大切です。デビューできるまで、多くのオーディションに挑戦しなければならない可能性があるため、選択肢が広いうちにオーディションに挑戦しましょう。

「エントリーするのはもっと実力を向上させてから」と考えている方もいるかもしれません。しかし、選択肢や合格率を総合的に判断すれば、早く行動するほど有利です。

オーディションの年齢制限の壁に打ち勝つには

年齢が高くなると選択肢が狭まり、年齢制限が理由で受けられるオーディションが見つからない場合があるでしょう。また、エントリーしてもなかなか合格できないかもしれません。ここでは、年齢制限の壁を突破するコツを紹介します。

実力を身に付ける

歌手はアイドルや俳優のオーディションよりも年齢制限が緩い場合が多く、高い実力を身に付ければオーディションを突破することは十分に考えられます。トレーニングによって歌唱力や表現力を高め、歌手として求められる実力を身に付けましょう。

実力をオーディションの場で発揮できれば、合格するチャンスは十分にあります。歌唱力を高めるボイストレーニングはたくさんあるので、出せる声を増やすためにもさまざまな方法に取り組みましょう。ボイストレーニングだけでなく、喉のケアも必要です。

ファンを獲得する

多くのファンを獲得すればより注目が集まり、歌手としてデビューするチャンスをつかめるかもしれません。YouTubeに歌唱動画を頻繁にアップロードしたり、インディーズとしてライブ活動を積極的に行ったりするとよいでしょう。

YouTubeは、動画が注目されればチャンネル登録者が増えます。多くの視聴者の目に留まって話題になることで、歌手としてデビューする道が開けるでしょう。ライブ活動もファンを獲得する方法のひとつといえます。いずれの活動も「SNSを利用して告知する」「獲得したファンを維持するための努力をする」といった地道な努力が必要です。

ファンを獲得するための活動と同時に、実力を向上させるボイストレーニングや綿密なマーケティングを行うことが重要といえるでしょう。

年齢制限のないオーディションを受ける

さまざまなオーディションの中から、年齢制限がないものを受けるのもひとつの選択肢です。開催されているオーディションを定期的にチェックして、年齢制限がないものには積極的にエントリーし、合格を目指しましょう。

年齢制限があるオーディションでも、年齢制限をオーバーしていなければ問題ありません。歌手としてデビューしたいなら、条件に合うオーディションには積極的にエントリーすることが大切です。

忙しくても歌手を目指せる!完全遠隔オーディション開催!

オーディションの年齢制限をオーバーしていたり、忙しくて挑戦できなかったりすると、歌手になるのは難しいと諦めてしまう方もいるかもしれません。MUSIC PLANETでは、オンラインで完結する「完全遠隔オーディション」を開催しています。

MUSIC PLANETの完全遠隔オーディションは年齢制限の幅が広く、書類審査もありません。エントリーして、音声データを送信するだけで参加できる手軽さが魅力です。書類審査を通るのは簡単ではありませんが、MUSIC PLANETなら確実に歌唱力の審査が受けられます。

音源を提出すればすぐに音楽プロデューサーから返事がもらえるというスピーディーさが魅力なので、忙しいけれど歌手を目指したいと考えている方におすすめです。挑戦しやすいオーディションを探している方は、ぜひご応募ください。

まとめ

歌手オーディションには年齢制限があり、無視はできません。若いほうが選択肢は豊富で合格率も高いため、早めに挑戦するのがおすすめです。ただし、歌手のオーディションは年齢制限が緩いことが多く、その分実力が問われます。トレーニングを積んで、確かな実力を身に付けることが大切です。

MUSIC PLANETのオーディションは年齢制限の幅が広く、書類選考もありません。また、合格後にはオリジナル楽曲の提供や、専属マネージャーによるサポートといったデビュー支援も充実しています。

これから歌手に挑戦したいと考えている方や、他のオーディションは年齢が理由でエントリーできない方は、ぜひMUSIC PLANETのオーディションにご応募ください。