ブログトップへ

オーディションで歌詞を間違えたときはどうすればいい?おすすめの覚え方もご紹介

歌手オーディション本番は、異様な雰囲気の中歌を歌わなくてはいけないので、ほとんどの方が緊張をしてしまうことでしょう。

そこで「もし歌詞を間違えたらどうしよう…」と不安になってしまう方も少なくはありません。歌詞を忘れてしまうといった事態に備えて対策が必要ですね。

今回の記事では、オーディション本番で歌詞を間違えた時の対処法であったり、歌詞を覚えるコツやポイントについてご紹介をしていきます。

1.オーディションで歌詞を間違えても、何事もなかったかのように歌い続けること!

凄く緊張をしてしまうと、歌っている最中に歌詞が飛んでしまうといったことはありませんか?オーディションなどを受けたことがある人であれば、共感できるところでしょう。

何度も歌い込んだ曲であっても、オーディション本番では何が起こるかわかりません。色々な準備をしていても、急に歌詞を間違えてしまうことはよくあります。

実際に、オーディション本番で歌詞を間違えたとしましょう、そういった場面であなたはどうしますか?真面目な人であれば、審査員に歌詞を間違えたことを謝罪してしまうかもしれません。

そういった謙虚な姿勢は良いのですが、もしオーディション本番で歌詞を間違ったとしても知らぬ存ぜぬで、そのまま歌い続ける方が良いです。

これには理由があって、歌詞を間違えたことにほとんどの場合気付かれないからです。また、審査員は歌詞どうのこうのより、あなたの歌声を真剣に聞いています。

ですので、もし審査員があなたの歌声を気持ち良く聞いている場合であれば、歌詞を間違えて謝るということで、自ら自分の歌唱披露の評価を下げてしまっていることになります。

オーディションとは違いますが、演劇などの世界でも役者さんが台詞を間違ったとしても、そのまま何事もなかったかのように進行していくのが正解です。

聞いている方というのは、自分が思っている以上に歌詞などは気にしていません。間違ったと気付いたとしても、そこを深く指摘してくる人もあまりいないでしょう。

それよりも、自分が気にするあまり歌のパフォーマンスが低下してしまうのが一番いけません。間違っても、自信を持って歌い続けましょう。

2.オーディションでの歌詞がなかなか覚えられない人におすすめの覚え方をご紹介

そもそも、歌の歌詞を覚えるのが苦手という方もいるかもしれません。そういった方は、丸ごと曲を覚えようとしてはいないでしょうか?

そういった覚え方は、実は難しいのです。覚えやすい方法としては、部分ごとに覚えていくと良いです。例えば、「Aメロ」「Bメロ」「サビ」といった部分に分けるということですね。

早く歌詞を覚えたいといった気持ちが先行すると、どうしても一気に覚えようとしてしまい、曲全体で覚えようとしてしまいます。

急がば回れという言葉があるように、部分部分で覚えておくことは一見遠回りの気がしますが、実はこの覚え方が一番覚えやすく効率が良いのです。

また、他にも歌詞の内容をしっかりと理解して場面やストーリーを想像しながら歌うことで歌詞が覚えやすくなります。自分の共感できる曲というのは、歌詞が覚えやすくはありませんか?

つまり、その曲に感情を入れることができればより早く歌詞が覚えられるということです。もちろん、歌詞の内容に共感しずらい曲もあるかもしれません。

そういった曲であっても、しっかりと頭の中で歌詞の内容をイメージして、出てくる歌詞の場面を想像することで頭で覚えることができるようになるでしょう。

3.オーディションのときに歌詞を見るのはNG!

オーディション本番で歌詞を覚えるのが難しいからといって、歌詞を見ながら歌うのは非常に印象が悪いです。ですので、確実に歌詞は覚えておいた方が良いでしょう。

ほとんどのオーディションにおいては、1曲丸々歌うということは、時間的に考えてもありはしません。それを何曲も歌うわけではないので、覚えることはそこまで難しいことではありません。

歌詞を見た方が間違いなく歌えると考えるかもしれませんが、オーディションで大切なのは歌詞を間違える間違えないではなく、どういったパフォーマンスを見せれるか?です。

より魅力的なパフォーマンスを魅せて、審査員を引き込ませなくてはいけないのです。そういったパフォーマンスをするのに、歌詞を見ながら行えることはできるでしょうか?

歌詞を見ながら歌うということは、歌詞を見ることに集中してしまい確実にパフォーマンス力が低下しまうことが想定されます。

歌詞を無意識で歌える状態にしておくことで、それ以外のパフォーマンスに集中することができるので、自然と魅力的な歌唱を披露することができるでしょう。

4.当日にベストなパフォーマンスを行うために心がけたいこととは?

歌詞をしっかり覚えて、後は本番に臨むだけ!という状態になれば最後の仕上げです。本番でベストなパフォーマンスを行うためにの準備をしておきましょう。

もちろん、それまでに練習を積み重ねてきたことが最低条件となります。では、日頃から行うべき本番でベストなパフォーマンスを行うために心がけることをお伝えしていきます。

4-1.睡眠はしっかりととる

睡眠時間をしっかりと確保することで、身体の疲労を回復することができます。疲労をしっかりと回復することで、常にベストなパフォーマンスを出せる体になるでしょう。

最適な睡眠時間は〇〇といった話は色々なところで聞かれますが、実際には人それぞれ最適な睡眠時間は異なります。ですのであまりこだわりすぎずに、自分で適切な睡眠時間を探してみると良いです。

大切なのは、寝付きといかにリラックスした状態で眠れるかです。リラックスした状態で睡眠をとるには、眠る1~2時間前に、39度くらいのお風呂に入ることが良いとされています。

お風呂に入ることで、血行が良くなるのでリラックスした状態に体を保つことができます。ですので、寝付きが悪い人であっても、睡眠につきやすくなります。

他にも、バナナを食べることで寝付きが良くなるとも言われています。バナナには寝付きが良くなるといわれるカリウムが含まれています。

こういった寝付きを良くする習慣であったり、食べ物などを摂取することによって、確実に睡眠の質が上がっていくことでしょう。

そうすれば、身体は常にリラックスした状態になっていくので、オーディション本番でもベストなパフォーマンスを出しやすくなると言われています。

5.おすすめの歌手オーディションはコレ!あなたも夢を叶えよう

最後にオーディションの中でも歌手オーディションを探している方に、おすすめのものをご紹介します。それが、MUSIC PLANETのオーディションです。

MUSIC PLANETでは、本格的な歌手を夢見ている人を応援するためのプロジェクトを始動しています。それが「新人ボーカル発掘オーディション」です。

全国各地に拠点があり、まだ埋もれている才能を発掘するために企画されているプロジェクトです。地方在住であっても、近くの地域でオーディションに参加することが可能です。

合格したあとの特典やサポートというのは、非常に豪華になっているので、歌手を目指している人の間でも注目されていて、口コミなどでも話題になっています。

例え落選したとしても、受けるだけで価値が高いとも評判になっているので、自分に自信がない人も逆に絶対的な自信がある人も、挑戦する意味でも受けてみると良いです。

これをチャンスと捉えるのかは、あなた次第です。ぜひ、積極的に応募して歌手になる夢を叶える一歩を踏み出しましょう!