ブログトップへ

オーディションで緊張しない方法とは?自分の実力を発揮させるコツ

アーティストとして本格的な活動を始めるためには、初期段階としてオーディションの突破が重要です。自分の魅力を伝えるためにも必要な過程ですが、「うまく力を発揮できるか分からない」と不安に感じることもあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディションで実力を発揮するコツやポイントを詳しく解説します。本番中の緊張を和らげ、自分らしく一歩踏み出すきっかけになるでしょう。

オーディションで緊張する理由を考えてみよう!</h2
人生の一大イベントともいえるオーディションにおいては、緊張を自覚するケースがほとんどです。不安を感じたり手足が震えたりするのは本能的な働きであり、悪い結果ではないことを理解しておきましょう。

重要なポイントは、自分自身が緊張している原因を考える意識です。「十分に練習できなかったから」「ライバルよりも劣っていると感じるから」など、根本的な理由を考えてみましょう。

このような問題点がピックアップできると、緊張を和らげるための対策も実践しやすくなります。オーディションや人前での披露を繰り返す過程も重要ですが、自分に合った克服方法にも意識を向けましょう。適度な緊張がモチベーションを上げるケースもあるため、緊張を消すことのみに注力しないことも大切です。

オーディションで緊張しない方法とは?

緊張を和らげる方法は、人によって異なります。緊張の原因だけでなく、性格的な観点からも考えられると安心です。準備の段階で対策を実践したり、おまじないを作ったりといった対策もあります。リラックス状態が続く環境を整えるのも有効的といえるでしょう。緊張しないために押さえておきたい方法を、4つの項目に分けてご紹介します。

準備万端でオーディションに臨む

本番当日を迎える前から対策できるのは、入念な準備です。十分に環境が整っていないままオーディションに進むと、本番でのミスや内容忘れに対して不安を増幅させる可能性があります。事前準備として重要な要素ともいえるでしょう。

特技のように披露する項目だけでなく、オーディション全体の流れを把握することも大切です。開始から終了までの構成を頭に入れておくと、万が一他の原因で緊張しても対応しやすくなります。落ち着いた雰囲気を放つためにも必要なポイントです。

緊張への耐性を付ける

オーディションを何度も受けて緊張を和らげるのは非効率なため、普段から意識して耐性を付けておきましょう。有効的な対策は、「少し緊張を感じる作業に挑戦する」という方法です。極端に強い緊張を感じると体が萎縮するため、本来の力が発揮できる程度を重視します。

緊張する場面を意図的に作り出すことで、実際に緊張を感じやすいシーンで効果を高める仕組みです。可能であれば、1人ではなく複数人がいる場面での実践を心がけると良いでしょう。

緊張状態を解くためのおまじないを作る

緊張しやすいシーンに直面する前、特別な道具がなくても実践できるおまじないを作っておくのもおすすめです。スポーツ選手が行う「ルーティン」を想像すると分かりやすくなるでしょう。

気分が和らぐ動作を実際に行うと、脳の緊張がほぐれて本来の力が出しやすくなります。不安が強い方も、オーディション当日に活用できるおまじないがあれば落ち着きを取り戻せるでしょう。あくまでも自分が緊張しないおまじないを作り出すため、具体的な方法に明確な決まりはありません。

リラックス状態を作り出す

物理的な観点では、深呼吸やストレッチで緊張をほぐす方法に効果が期待できます。深く息を吸って、新鮮な空気を体内に取り入れましょう。酸素の量が増えると、脳や心が落ち着いてリラックスしやすくなります。

筋肉の硬直を和らげるために効果的な方法が、体のストレッチです。意識的に委縮を解く目的もありますが、脳の働きを高める結果にもつながります。指先や足首など局所的なストレッチでも有効なため、緊張しやすいタイミングで実践してみましょう。

オーディションへの臨み方

緊張しない状態を維持するためには、自信が持てる自分のイメージを具現化することも大切です。自信を下げる原因にならないよう、身だしなみは入念にチェックしましょう。緊張を無理に隠さず、素顔を理解してもらう努力も大切です。

当日まで時間に余裕がある方は、個性が発揮できる強みを考えてみるのも良いでしょう。オーディションの適切な臨み方を4つご紹介します。

身だしなみに気を付ける

第一印象を左右する大きな要素が「身だしなみ」です。キャラクターや特技面で魅力的なポイントがある場合でも、安易な身だしなみで挑戦するのは賢明といえません。1人の挑戦者として、最低限のマナーを守れるよう準備を行いましょう。

事前に知らされた規定を守ることも重要です。服装のタイプやカラーに制限がある場合は、規定内に収まるかたちでオーディションに挑みます。人間性に対する評価にも影響を与える要素といえるでしょう。

しっかりあいさつをする

アーティストの世界に関わらず、「誰に対してもあいさつができるかどうか」は基本的なマナーです。年齢を問わず重視される評価ポイントと考えた方が良いでしょう。コミュニケーションが苦手な方にとっては困難かもしれませんが、積極的なあいさつを意識できると安心です。

特に、オーディションの開始時と終了時は重要なタイミングといえます。審査員への印象を左右するためです。声の大きさやトーンにも注意し、明るく聞き取りやすい発音であいさつを交わしましょう。

緊張は隠さなくても良い

緊張しないための対策や準備は重要ですが、「緊張していると思われてはいけない」というものではありません。オーディションの会場そのものが張り詰めた空気になるケースも多いため、無理に隠さなくても良いことを理解しておきましょう。

審査員は、応募者のほとんどが緊張している様子を認識しています。ライバルが落ち着いた面持ちでも、同じように緊張していると考えると良いでしょう。オーディション中に感じる緊張を受け止める意識も大切です。

自分の強みを形にする

オーディション内容によっては、特技披露やスピーチの時間が設けられる場合もあります。長時間確保できるものではありませんが、自分の魅力を審査員に伝えるための時間です。直前になって迷わないよう、披露できる強みを明確にしておきましょう。

歌や楽器演奏など、アーティストに関係する内容でなくても問題ありません。重要なポイントは、他のライバルと差別化してインパクトを強化することです。形にできる特技がない方は、具体的なエピソードを添えて経歴や熱意を語っても良いでしょう。

あなたの背中を押してくれる偉人の名言

緊張そのものに対する考え方を変えると、硬直したり萎縮したりする回数がこれまでに比べて減るかもしれません。実際に偉人が残した言葉を知り、アドバイスとして心に留めておきましょう。意識を高めるためには、憧れを持つ方の名言をリサーチするのもおすすめです。ここからは、4人の偉人による名言をご紹介します。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社社長・菊地哲の名言

オーディションに挑む上で特に意識しておきたいのは、「ありのままの自分を知ってもらう」という目的です。自信のない特技を披露したり、無理に緊張を隠したりするのは適切といえません。このような心がけに取り組みやすくなる名言をチェックしてみましょう。

人前で緊張するのは、自分を大きく見せたいという邪念があるからです。平常心を保つためには、まずは等身大で挑戦し、本当に自分を大きくするしかありません。

重要なのは、素の自分そのものが大きくなる努力です。緊張を和らげるために大きく見せるのではなく、普段の練習など積み重ねによって本来の自信へとつながります。日常と同じ自然体で挑むことが大切です。
(参考: 『緊張とテンパりに悩む方へ送る、心に刻むべき成功者の3つの名言』)

株式会社サイバーエージェント社長・藤田晋の名言

緊張が高まりやすいオーディション会場においては、冷静さや平常心も重要な要素といえます。以下は、適度にマイペースな行動や平常心の重要性が分かる名言です。

多忙な時ほど平常心とマイペースを保ち、自分の成長とキャパシティーを計算して、その範疇で優先すべきものを決める。

心が乱れやすい空間でも、平常心があれば現状の自分を理解できるようになるでしょう。適度な緊張を自覚しながら、実践できる範囲を見極めるためにも役立ちます。優先順位を直観的に決定することで、オーディションのように慣れない空間でも力を発揮しやすくなるでしょう。

(参考: 『緊張とテンパりに悩む方へ送る、心に刻むべき成功者の3つの名言』)

心臓血管外科医・南淵明宏の名言

緊張している自分から目を背けたり、強引に緊張を消そうとしたりするのは賢明といえません。不安や心配な気持ちを、素直に受け止めることも大切です。

ネガティブな考えから目をそらしたら、平常心にはなれません。目をそらしたら、不安は見えないところでどんどん膨らんでいきます。

本番で感じた緊張を無理に消そうとすると、かえって萎縮しやすくなる可能性があります。ありのままの自分を表現するだけでなく、自分自身で容認する意識も必要であると考えましょう。ポジティブな考えもネガティブな緊張も、感情の全体が自分の一部になるイメージで挑むのもおすすめです。

(参考: 『緊張とテンパりに悩む方へ送る、心に刻むべき成功者の3つの名言』)

イチローの名言

緊張しやすい方や当日うまく表現できないとき、「乗り越えられない壁」をイメージすることもあるかもしれません。オーディションの突破が困難な段階に感じた際は、以下の名言を思い出してみましょう。

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

「自分が感じている緊張や不安な感情は、オーディションを乗り越えるためにある」という考え方です。過程において重要なものであると認識できると、マイナス思考に陥らず自信を高められるでしょう。

(参考: 『イチローのプレッシャーに打ち勝つ5つの名言』)

MUSIC PLANETは挑戦する人を全力でサポート!

「MUSIC PLANET」は、アーティストの発掘・支援を目的としたスタートアップオーディションです。完全遠隔オーディションなので緊張をせずに本来の実力を発揮できます。そして合格された方にボーカリストとして本格的な活動をサポートするため、充実したバックアップ体制を整えています。

オーディションの合格後は、個人の能力や希望に適した特典をそろえています。オリジナル楽曲の提供や個人面談にも注力できるため、1人での活動に不安を感じる方にも魅力的な選択肢といえるでしょう。オンライン上でのオーディション申請も可能です。

まとめ

オーディションを複数回経験している方でも、緊張が拭えず不安を覚えることがあります。緊張そのものが悪いのではなく、うまく和らげる方法が重要になる点を理解しておきましょう。精神的に強化する他、自分に合ったおまじないを見つけるのもおすすめです。
本番のシーンをシミュレーションしたり、練習を重ねたりすると自信も高まります。