ブログトップへ

オーディションで髪型は重要?【男女別】ヘアスタイル選びのポイント

歌や演技といった得意分野で活躍するには、オーディションを受ける方法があります。合格のために多くの方は特技を磨くでしょう。しかし、髪型をどうすれば良いか分からない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディションでの髪型の重要性やオーディションに向いている髪型をご紹介します。髪型のマナーやルールを知っておくと、オーディションの際に髪型を気にすることなく自己アピールに集中できるでしょう。

オーディションでの髪型は印象を左右する!

オーディションでは第一印象が大切です。第一印象を決める要素には、化粧・服装・姿勢・立ち居振る舞いといったものありますが、不快だったり不潔だったりすると審査員にネガティブな印象を与えてしまいます。

髪型も第一印象に大きく影響する要素です。清潔感や明るい印象を与えつつ、個性的すぎない髪型が良いでしょう。また、パフォーマンスを邪魔しない長さが理想です。髪が邪魔してベストを出せなければ、せっかくのチャンスを逃してしまいます。髪を触る癖がある方は、オーディション中には触らないよう心掛けましょう。

オーディションに向いている髪型の基本ポイント

マイナス要素が少ない無難な髪型にするか、オーディションに合わせて個性をアピールする髪型にするか悩む方も多いでしょう。ここでは、オーディションで好印象を与える髪型について解説します。3つのポイントを参考にしながら、オーディションに向いている髪型を目指しましょう。

テーマやジャンルを意識する

オーディションは、歌手や俳優・モデルといったジャンルだけではありません。求められる印象として、カジュアル系・清楚系・クール系・ポップ系のようなテーマがあることがほとんどです。それぞれのオーディションでテーマは異なるので、髪型を含めたコーディネートを考える必要があるでしょう。

一般的にはあまり派手な髪型は好まれませんが、テーマによっては髪型をアレンジしたり染めたりするのも受け入れられるかもしれません。例えば、アクティブな人物像が求められているオーディションなら、アクティブな印象を与える髪型の方が良いでしょう。

自分を魅せる髪型にする

オーディションで求められる髪型を目指すことも大事ですが、自分がより魅力的に見える髪型が基本です。まずは「自分をどう見せたいのか」を考えましょう。そのためにも、明るさや色合い・長さ・アレンジの仕方で自分がどれだけ変わるのか、理解することが大切です。

自分に似合う髪型が分からない方は、信頼できる美容室で似合う色や髪型を相談して、客観的なプロの意見を取り入れると良いでしょう。

過度なアレンジは逆効果

審査員に強い印象を与えたくて、個性的な髪型でオーディションに臨む方もいるかもしれません。しかし、オーディションのテーマがハード系でも、口や目が隠れる髪型や派手な色に染めることは避けましょう。悪い印象を与えるだけでなく、オーソドックスな髪型の方が今後の売り出し方をイメージしやすいためです。

また、オーディションの際には審査員の質疑応答がありますが、素顔が分からないようなアレンジは初対面の方と話す姿勢としてふさわしくありません。

女性がオーディションを受ける際の髪型のポイント

どのような髪型でも、自分に似合っていて自信が持てるなら問題ありません。ただし、オーディションではいくつか気を付けたいポイントがあります。ここでは、女性がオーディション受ける際の髪型のポイントを2つ見ていきましょう。

高い位置で髪を結ばない

髪を束ねる場合、頭の真上でお団子やポニーテールにするよりも下の方で緩く結んだ方が臨機応変に対応できておすすめです。オーディションでは「髪を下ろしてください」といった審査員の指示で、髪型を変えてパフォーマンスしなければならない場合があります。指示に応えられるようなシンプルな髪型にしましょう。

また髪を下ろす場合も束ねる場合も、前髪が眉毛全部を隠さずに表情が見えるアレンジにすることも大切です。

長さはミディアムからロングが理想的

髪の長さに関しては、きれいに整えられていて清潔感があればショートでもロングでも問題ありません。ただし、どのようなテーマにも対応できるアレンジしやすい長さはミディアムからロングです。

フェイスラインは見せるようにして、目や鼻・口のバランスや動かし方を審査員がしっかり判断できるように意識してアレンジしましょう。また、長い髪はパサつきがなくしっとりとしていることが大切です。静電気で髪の毛が浮いてしまわないように日頃から丁寧な手入れを心掛けましょう。

男性がオーディションを受ける際の髪型のポイント

最近は男性の髪型のバリエーションが増え、長い髪や明るい色も受け入れられるようになりました。ただし、オーディションで初めて対面する相手に対しては奇抜な個性を出さない方が無難です。ここでは、男性がオーディションで良い印象を与える髪型のポイントについてご紹介します。

シンプルな髪型にする

男性の髪型といえば、前髪も後ろ髪も短いショートヘアが一般的です。軽くウェーブをかけたり色を少し明るくしたりする程度なら問題ありませんが、過度なアレンジは避けた方が良い印象を与えるでしょう。

また、審査員はパフォーマンスを含めた全体的な人物像を見て、どのように磨いたら輝けるかを考えています。シンプルな髪型で素顔を見せた方が、今後の売り方を想像しやすいというメリットがあるでしょう。

フェイスラインが見える髪型にする

毛先を遊ばせるときは、フェイスラインが隠れないようにします。眉毛や目・口・顎の動きや表情を見てもらうためです。ロングヘアの方は後ろの下の方で束ねて、顔と首を出すようにしましょう。前髪は上げるか、眉毛にかからない方がポジティブなイメージを持ってもらえます。

流行の髪型や有名人の真似は、個性が発揮できないどころかマイナスポイントとして評価される恐れがあるので注意が必要です。

子どもがオーディションを受ける際の髪型のポイント

子どもの場合も大人と同じく、シンプルで清潔感があり、過度なアレンジをしていない髪型が審査員に好まれます。また、子どもの髪を明るく染めると悪いイメージを与えることが多いので注意しましょう。ここでは、オーディションに向いている子どもの髪型について解説します。

女の子の場合

長さはミディアムやロングヘアが好まれる傾向があります。三つ編みや毛先を緩く巻くアレンジも、悪い印象は与えません。また、ショートやベリーショートは少数派なので、子どもが好きで似合っていれば良い印象を与える可能性が高いでしょう。

前髪は眉毛に少しかかる程度の長さが、表情の作り方がよく見えるので好まれます。過度なアレンジで個性を発揮するよりも、日頃から手入れをしてキューティクルのツヤが見えるような髪質にする努力をしましょう。

男の子の場合

男の子はシンプルなショートヘアで、あまりアレンジしないことをおすすめします。実際のオーディションでもシンプルな髪型の子が多く、髪を染めている子はほとんどいないようです。前髪は眉毛にかからない長さで表情を見せるようにします。きれいに整えられていて、清潔感があれば問題ないでしょう。

普段坊主なら、そのままオーディションを受けるほうが自然です。あえて坊主にする必要はありません。基本は本人に似合っているかどうかです。

赤ちゃんの場合

赤ちゃんは月齢で髪の量が異なるので、自然の状態でオーディションに臨むのが好ましいでしょう。髪の量が多い赤ちゃんは、寝癖を水で直すくらいで十分です。赤ちゃんにアレンジは不要と言えるでしょう。

髪飾りが平気な赤ちゃんなら、取り外しが可能な赤ちゃん用ヘアアクセサリーを付けることで好印象を与える場合があります。頭に飾りを付けても平気でいられることをアピールしましょう。

歌が好きだけでOK!自然体で自宅からオーディションに挑もう!

「歌が好き」「歌には自信がある」など、歌で人を魅了することに興味がある方は、MUSIC PLANETのオーディションを受けてみませんか。オーディション費用は不要です。完全遠隔オーディションなので交通費もかかりません。自宅から自分のタイミングで参加できるので、会場に行くよりもリラックスできるでしょう。

書類を郵送する必要もなく、ホームページで応募登録をするだけです。その後、事務局から連絡が来たら、歌っている様子を録画した動画もしくは録音したデータを送信します。録画の場合、清潔感を意識して髪型や全身をコーディネートしましょう。

全てのデータは、第一線で活躍している音楽プロデューサーが直接審査します。最後に結果報告をもらってオーディションは終了です。

合格後はオリジナル楽曲を歌いこなすために、歌声にさらに磨きをかけます。ビジュアルに自信がなくても、カメラマンやプロの方たちがコーディネートしてくれるので、不安に感じることはありません。また、専属マネージャーが相談に乗ってくれる環境もアーティストに好評です。

まとめ


①画像:オーディション 髪型_07 ②https://pixta.jp/photo/37294856

オーディションの際の髪型は、ナチュラルでシンプルな髪型がおすすめです。アレンジする場合、オーディションごとのテーマや求められる人物像を理解した上で行いましょう。いずれも表情がしっかりと見える髪型にすることが重要です。

MUSIC PLANETでは「新人ボーカル発掘オーディション」を行っています。動画や音声データを送るだけなので、歌が好きな方はぜひ気軽に応募してみてください。大事なのは歌にかける情熱であり、ファッションセンスではありません。ベストなパフォーマンスが発表できるスタイルでぜひ挑んでください。