ブログトップへ

オーディションに受かった後はどうする?本契約の手順や注意点を解説

オーディションに受かったという結果は、ゴールではなくスタートです。現在の目標がオーディションの合格であることは間違いありませんが、その部分だけに注目してしまい、合格後にどのような手続きをすべきなのかわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディション合格後に交わす本契約の手順についてご紹介します。事務所と契約する際の注意点や、契約後の生活、そして合格を辞退したいときの伝え方など、さまざまなシチュエーションを想定しながら解説します。

オーディションはゴールじゃない!

オーディションは通過点でしかありません。オーディションに受かってからの向き合うことになる課題は非常に多く、これを一つずつクリアすることが歌手として成功するための条件です。そのためには、契約内容を確認することが大切になります。

歌手として生き抜くためには、きちんと成長できるプロセスを歩める契約内容にサインすることが重要です。また、業界内での人付き合いもオーディション合格後から急増します。今まで以上にマナーを守り、人と丁寧に接しなければ、仕事を得ることはできません。

オーディションに受かった後の手順

オーディションに受かった後、どのような手順で歌手になるのかを紹介します。事務所との契約やプロフィール作成など、憧れの世界で活躍するための最初のステップです。

また、合格後すぐに華々しく歌手デビューできることは稀です。デビューに向けてどのような準備を進めることになるのかについても、ここで押さえておきましょう。

1.契約

最初に行うのが事務所との契約です。所属できる事務所はひとつに限られていますので、本当に自分に合った事務所なのかどうかを確認した上でサインしましょう。実績があり、実力があれば活躍できますと確信できる事務所を選ぶことが大切です。

契約は会社に出向いて行うことが一般的ですので、その際には社内の雰囲気もチェックしましょう。和やかな雰囲気があり、人の往来が活発で、社員がイキイキと働いている事務所であれば、楽しく働けると判断できます。

2.プロフィールの作成

契約後にはプロフィールの作成を行います。事務所のHPに掲載されるような表向きのプロフィールだけでなく、業界内でチェックされるプロフィールも作ります。年齢や特徴などを、アンケートのような形で埋めることが一般的です。

この場では写真撮影も行われます。プロのカメラマンが撮影を担当し、ヘアメイクなどのスタッフの手も加わりますが、魅力的な写真撮影には本人の努力も必須です。自信を持って当日を迎えられるように準備しておきましょう。

3.レッスン・トレーニング

オーディション合格者は、一般の方には受けられない特別なレッスンや本格的なボイストレーニングが受講できます。実績のあるプロのトレーナーが指導を担当し、歌手としての基本を学べるのです。

レッスンの内容は入所する事務所によって変わり、費用は自己負担となることもあれば、事務所が負担してくれることもあります。発声から歌唱力のアップに至るまで専門的なトレーニングで、実力が格段的に上がるプログラムが用意されているのです。

事務所と契約する際の注意点

オーディションに合格すると浮足立ってしまい、どんな条件でも構わずに契約してしまう人もいます。気持ちはよく分かりますが、後々に問題が起こることもあるため要注意です。

事務所と契約する際には、以下の4つのポイントに注意しましょう。特に金銭面のトラブルについては、確実に回避できるよう意識することが大切です。

実績や会社の雰囲気を調べる

複数の事務所に入ることは認められておらず、アルバイトのような掛け持ちはできません。入る事務所の実力によって歌手人生が大きく左右されることになりますから、自分の持ち味のジャンルに強い事務所なのか、業界での実績があるのかどうかを調べましょう。

会社の雰囲気そのものも重要なチェックポイントです。明るくて活気のある事務所なら問題ありませんが、その逆の場合はパワハラ・モラハラが蔓延している可能性もあります。自分の性格に合うかどうかも見極めましょう。

契約書の内容をしっかり理解する

契約書にサインして、ようやく事務所の一員として認められます。内容は細かく、多岐にわたることが多いのですが、些細な項目だとしても読み飛ばさないように注意しましょう。契約内容を理解してからサインすることが大切です。

専門用語も多いので、わからないことがあればその場で事務所の担当者に質問して構いません。最近ではSNSの使い方を指定する事務所も多いので、契約を理解せずに過ごしていると、思わぬペナルティを課せられるリスクもあります。

口頭での契約はしない

契約は原則として書面に書かれていることがすべてです。万が一トラブルが起きた場合、事務所が契約書に違反していることを書面で証明できれば問題ありませんが、そうでなければアーティストに非がなくても不利な立場に追い込まれてしまいます。

口頭での契約や口約束はしないことが重要なポイントです。とくに給料やレッスン料などについては、契約書をよく確認しましょう。「無料でレッスンできるよ」と口頭で伝えられたとしても、契約書にはレッスン料がかかると明記されているケースもあります。

事前に保護者に相談する

未成年の場合は、事務所と契約する時点で保護者の同意が必要になります。同意が取り付けられていない場合、事務所は契約できません。契約書にサインする日は、保護者にも同伴してもらうことがベストです。

距離や時間の都合などで同伴が難しい場合は、同意書を用意して対応しましょう。契約書にはその場でサインせず、保護者に内容を見てもらうこともおすすめします。保護者と事務所がトラブルになりますと、活動を続けることが難しくなるため、保護者への相談は必須です。

もし、オーディションの合格を辞退したいときは?

事情や気持ちが変わったり、契約の内容や事務所の方針に不安を覚えたりする可能性はあります。その場合にはオーディションの合格を辞退して、次のチャンスを狙いましょう。

合格を辞退する際には、守らなければならないいくつかのポイントがあります。今後の歌手生命を左右する分岐点にもなりますので、マナーを守った対応が必要です。

早めに辞退の旨を伝える

辞退の決意が固まったら、できる限り早めに先方に伝えましょう。目安として契約期日の一週間前までであれば、メールで辞退を申し出て構いません。理由については「一身上の都合」などオブラートに包んだものでも大丈夫です。

契約まで残り数日という段階で辞退する場合は、電話連絡をすることがマナーです。先方も契約に向けた準備を整える段階ですので、スムーズに意思が伝わるように直接電話をしましょう。辞退する理由は、メールの場合と同様で構いません。

連絡しないと今後の活動に響くことも

ドタキャンや連絡の無視をしていますと、事務所やスタッフに多大な迷惑がかかります。芸能の仕事は横のつながりが多く、マナーが悪いと悪評が業界内で広まることに要注意です。次に参加するオーディションで不利になることもあるため、必ず辞退の連絡を入れましょう。

契約後にトラブルになるケース

契約書の内容を確認し、口約束をしないことが重要であることは先ほども紹介しました。では、それを怠った場合にはどんなトラブルになるケースがあるのでしょうか。

契約後に事務所との間で紛争になる可能性があるのは、主に以下の3つの問題です。契約後に困ってしまわないように、必ずこのようなリスクがないかどうか考えましょう。

レッスン料などが高額過ぎる

レッスン料を徴収する事務所もあり、その金額は法外なほど高額になる場合があります。プロからの指導を受けられたとしても、レッスン料が高額過ぎる場合は問題です。アルバイトなどに追われ、練習時間を確保できなくなる可能性もあります。

悪質な事務所の場合は、レッスン料を取ることを目的にオーディションを開催することもあります。デビューさせる気はなく、有料レッスンやトレーニングへの勧誘目的でオーディションを行っている事務所には注意しましょう。

すぐに上京しなければならなくなる

東京の事務所に入所する場合は、生活の基盤を都内近郊に移さなければなりません。レッスンやトレーニングは事務所の周辺で行われることが普通で、仕事も都内が中心となるため、合格後はすぐに上京するように求められます。

在学中の場合や、地元で職に就いている場合は、これをすべて辞めてから上京することになります。タイミングによってはすぐに辞めることができない場合もありますので、契約時期がいつになるのかという点にも注意しましょう。

レッスンや仕事の紹介がない

事務所に入所できたとしても、それ以上の進展がないまま時間だけが過ぎてしまうこともありえます。具体的なレッスンを受けられない場合は、歌手としての実力を伸ばすこともできず、無駄な時間を過ごすことになるのです。

最悪の場合、レッスンだけではなく、仕事やオーディションの紹介を受けることもできません。このような事務所に籍を置くことは完全に時間の無駄です。ネットなどから評判を調べて、悪い噂が多い事務所でないか情報を集めておくことがポイントになります。

MUSIC PLANETならオーディション合格後のサポートも充実

先ほど紹介したようなトラブルは実際に起こりえるものばかりです。自分の身を守るためには事務所選びが大切になります。トラブルに巻き込まれないよう毅然とした態度を示し、夢に向って集中できる環境を、自ら掴みにいく意識は重要です。

ここからは、MUSIC PLANETに関する、安心安全のサポート体制や多岐にわたる活動内容をご紹介します。

安心してスタートできる10大特典

MUSIC PLANETでは、オーディション合格者に対して安心の10大特典を用意しています。プロフィール用の写真撮影はプロカメラマンが行い、フライヤーやSNSで利用可能です。WEBサイトの公開や、専属マネージャーによるサポートも行います。

ボイストレーニングはマンツーマンで行い、プロデューサーとは個人面談を行った上でオリジナルの楽曲を制作できます。楽曲はカラオケやWEBで配信されますので、紛れもなくプロとしての活動が可能です。10大特典の内容は以下のようになります。

・プロデューサーとの個人面談
・オリジナル楽曲制作
・ボイストレーニング
・カラオケ配信
・アーティスト写真撮影
・専属マネージャーがサポート
・世界中にWEB配信
・LIVE支援
・オリジナルWEBサイト公開
・専用ライブハウス『ASTRO LAB.』の永久無料使用権

豊富な活動の場からチャンスが広がる

アーティストとしての可能性を広げるためには、活動の場が豊富でなければなりません。MUSIC PLANETでは、ライブハウスによる活動のみならず、ラジオやフェスなどの場をアーティストに提供し、幅広く活動を支援しています。

これまでの実績としては、サマソニに出演したアーティストや、全国デビューを果たしドラマのエンディングテーマを歌うまでに成長したアーティストの育成・支援実績があります。活躍の場の一例は以下のとおりです。

・FM FUKUOKA
・ASTRO LAB.
・『日比谷音楽祭』協賛
・ニッポン放送ホリデースペシャル MUSIC PLANET presents ROAD TO 日比谷音楽祭
・『宗像フェス』オフィシャル・パートナー
・『FACo』FUKUOKA ASIA COLLECTION公式パートナー
・MUSIC PLANET アニソンカバーチャンネル
・MUSIC PLANET presents 土屋礼央 SOUND RING

まとめ

オーディション合格はゴールではありません。その後は事務所との契約やレッスンが行われ、本格的な歌手への道を歩むことになります。契約時には、事務所の実績や雰囲気、トラブルの有無などを、契約書の中身や評判から見極めましょう。

MUSIC PLANETでは、豪華な10大特典を用意してオーディション合格者を育成・支援しています。ライブハウスの使用のみならず、ラジオやフェスとの協力関係も築いており、さまざまな角度からアーティストの活動をサポートしています。