ブログトップへ

オーディションに受からない人必見!原因と対策方法まとめ

オーディションの大半は狭き門であり、合格するのはほんの一握りの人です。そのため、オーディションに何度挑戦してもなかなか受からない人も多いのではないでしょうか。しかし、それでも諦めずに何度も受け続けることで合格を勝ち取った人がいることも事実です。

そこでこの記事では、オーディションになかなか受からない人に向けて、その原因や対策方法をご紹介します。なかなか受からなくて悩んでいる人は、原因と対策方法を知ることから始めましょう。

オーディションになかなか受からない理由とは?

オーディションになかなか受からないと、「自分には才能がない」「自分はこの世界に向いていない」というようなマイナス思考に陥りがちです。しかし、受からない理由を冷静に考えることで、自信をもって次のオーディションに臨めるかもしれません。ここでは、オーディションに受からない理由と考えられるものを3つご紹介します。

受かる確率が低い

オーディションは前提として受かる確率が非常に低いものです。応募人数に対して合格できる人の数はごくわずかですので、競争率は必然と高くなります。

競争率が何百倍、何千倍のオーディションが大半で、1回のオーディションで受かること自体が確率的に考えて困難です。そのため、オーディションに合格するためには、何度も挑戦して回数を重ねていくことが必要です。

オーディションに1回落ちてしまったからといって完全に諦めてしまう必要はまったくありません。オーディションは受かる確率が低いことを念頭に置き、受かるまで何度も挑戦し続けることが大切です。

応募書類で魅力を伝えられていない

応募書類で自分の魅力を十分に伝えられていないことも、オーディションになかなか受からない理由として挙げられます。応募書類は審査員への第一印象を左右するものであり、「この人に会ってみたい」と思ってもらえるような内容が理想です。

応募書類で自分の個性を最大限アピールするためには、内容に具体性を持たせるとよいでしょう。ありきたりで抽象的な内容では読む人に興味を持ってもらえる可能性が低く、自分の個性が伝わらなくなってしまいます。具体的な経験やエピソードを交えることで、自分の個性や魅力をアピールすることにつながります。

また「添付する写真の表情は明るいか」「適度な文章量になっているか」なども応募書類の印象を良くするためのチェック項目です。

面接で印象を残せていない

オーディションに受かるためには、面接で審査員に強い印象を与える必要があります。ありきたりで無難な面接では、相手に強い印象を残すことはできません。

面接で強い印象を残すためには、ほかの参加者との差別化を図ることが大切です。ほかの人にはない経験や自分だけの特技をアピールするなどして、周りの人よりも目立つような工夫を考えてみましょう。

歌手のオーディションの場合、歌に自信のある人が多く集まります。しかし、歌の上手さだけで合格を決めるわけではありません。面接のときに、歌以外でその人の個性にキラリと光るものがあればオーディションに合格できることもあります。

面接で印象を残せるような、自分だけのアピールポイントはないか探してみるとよいでしょう。

オーディションに受からない人の特徴は?

オーディションに受からない原因として、その人自体に問題があるケースもあります。実は、オーディションに受からない人には共通する特徴があります。反面教師としてどのような人がオーディションに受かりにくいかを知っておくことが大切です。それでは、オーディションに受からない人に見られる特徴は何か、順番に見ていきましょう。

遅刻をする

オーディションに受からない人に見られる特徴のひとつが遅刻癖です。オーディションに遅刻すると、当然相手への印象は悪くなってしまいます。オーディションという重要な場で遅刻するようでは、これから一緒に活動していくにあたって信用できないと判断されてしまう可能性が高いでしょう。

遅刻が印象に残って合格したという体験が紹介されることもありますが、そのようなケースは非常に稀です。相手の信用を落とさないためにも、オーディションには時間どおりに参加しましょう。

声が小さい・態度に問題がある

声が小さいこともオーディションに受からない人の共通の特徴として挙げられます。発言内容に魅力があったとしても、声が小さいと自分に自信がないような印象を与えてしまうでしょう。

また態度に問題があることも特徴のひとつとして見受けられます。「服装や姿勢がだらしない」「相手の目を見て話さない」「受け答えが横柄である」というような態度では、相手によい印象を与えられません。

オーディションではハッキリと大きな声で発言し、積極的で丁寧な態度を心がけるようにしましょう。

準備や工夫をしていない

事前の準備や工夫をしないことも、オーディションに受からない人の特徴です。限られた時間の中で自分の魅力を最大限アピールするためには、事前の準備や工夫が必要不可欠です。受け答えや審査内容の練習といった準備をはじめ、ひとつの工夫が周りとの差別化につながります。

またオーディションに受からなかったときは、内容を振り返って反省することが大切です。「どこが良くて、どこが悪かったのか」を自分なりに反省して、準備や工夫を万全にして次のオーディションに参加しましょう。

オーディションに受かりやすい人の特徴は?

オーディションに受からない人には共通した特徴があるのと同じように、受かりやすい人にも共通の特徴があります。その特徴を意識してオーディションに臨むことで、合格できる可能性はグッと高くなるでしょう。

それでは、どのような人がオーディションに受かりやすいのか、共通して見られる3つの特徴を順番に確認しましょう。

元気で前向きな人

オーディションに受かりやすい人の一番の特徴は、元気で前向きなことです。基本的なことのように思えて、本番でできている人は意外と少数派です。

オーディションに合格すれば、オーディションに関わった人たちと一緒に活動していきます。現場で元気よく挨拶したり、レッスンやイベントに前向きに取り組んだりする人は非常に貴重な存在です。これから一緒に活動していくことを考えるなら、暗くて後ろ向きの人より元気で前向きな人を選ぶはずです。

真面目な人

真面目な人は一緒に活動していくうえでの信頼度が高くなりますので、オーディションに合格しやすくなります。活動後にどのような仕事を任せてもらえるのかは、お互いの信頼関係で決まってきます。真面目な人ほど、「この人になら仕事を任せられる」と思ってもらえるでしょう。

自分が真面目であることをアピールするためには、具体的な経験を交えて話すと相手に伝わります。目標に向かってコツコツと真面目に努力した経験が過去にあるなら、ぜひ面接でアピールしましょう。

チャレンジ精神のある人

チャレンジ精神がある人もオーディションに受かりやすい人として挙げられます。合格後の活動はその人にとって初めての経験となるものが多く、いくつもの困難に直面していくでしょう。

チャレンジ精神は多くの困難や挫折を乗り越えていくための原動力です。オーディションでチャレンジ精神があることをアピールすれば、「この人なら乗り越えてくれる」と印象を残せるかもしれません。何事にも挑戦しようとする姿勢の人には、将来的に活動の幅を広げていくビジョンも見えてきます。

オーディションに落ちてしまったとき:大切な心構え

オーディションに落ちてしまったときは、大なり小なり精神的なダメージがきます。ときには何も手につかなくなるほど落ち込んでしまうかもしれません。

気持ちを素早く切り替えて次のオーディションへ前向きに参加できるように、落ちてしまったときの心構えを作っておくことが大切です。ここでは、オーディションに落ちてしまったときに大切な心構えについてご紹介します。

落ち込み過ぎない

オーディションは受かる人のほうが根本的に少なく、落ちてしまう人のほうが多くなるのは必然です。オーディションに合格して華々しく活動している人のほとんどが、何回もオーディションに落ちた経験を持っており、それでも諦めずにオーディションを受け続けて見事合格を勝ち取っています。

オーディションに落ちることは決して恥ずかしいことではありません。オーディションに落ちてしまっても必要以上に落ち込み過ぎず、次のオーディションに向けて早めに気持ちを切り替えましょう。

受かる時は受かるという気持ちで臨む

オーディションに合格するために、タイミングや運も必要です。タイミングや運を自分でコントロールするのは難しくなりますので、「受かるときは受かる」という気持ちで臨むのがちょうどよいかもしれません。

オーディションに1回で合格できる可能性は低く、何回も受け続けることが前提です。落ちてしまったときのメンタルケアも踏まえて、1回のオーディションに対して重く考え過ぎないようにしましょう。ただし、本気で挑戦する姿勢を忘れてはいけません。

オーディションを受けるメリットを再確認する

オーディションに落ち続けて気持ちが折れてしまう前に、オーディションを受けるメリットを再確認しましょう。オーディションを受けるメリットは、「メンタルが鍛えられる」「自分のことを客観視できる」などが挙げられるでしょう。

オーディションを受け続けることで、これらのメリットがあなたの経験値となってレベルアップにつながります。そして、その経験値は合格後の活動にも大きく貢献してくれます。

オーディションに落ちて挫けてしまいそうなときや挑戦を諦めようと思ったときは、オーディションを受けること自体が自分のレベルアップにつながることを再確認しましょう。

オーディションに受かるために:対策のポイント


オーディションでの合格には運やタイミングといった要素も関わってきます。しかし、オーディションに受かるために自分でできることはたくさんあります。ポイントを意識して対策することで、オーディションに受かる可能性を高められるでしょう。

ここでは、オーディションに受かるためにできる対策方法やポイントについてご紹介します。

応募書類に自分の魅力を込める

応募書類には自分の魅力を存分に込めましょう。自分の長所や強みが伝わるように記入内容を充実させたり、プロのカメラマンに写真を撮ってもらったりするような対策が有効です。

また自分の魅力が何かわからないという人は、家族や友人に聞いてみるのもひとつの方法です。客観的な意見をもらうことで、自分では気づけなかった魅力が見つかるかもしれません。それと同時に、完成した応募書類を見てもらって感想をもらったり、改善点などのアドバイスをもらったりするとよいでしょう。

明るくハキハキとした対応をする

面接では明るくハキハキとした対応を心がけましょう。元気で明るい受け答えは好印象につながり、合格する可能性が高くなります。

また元気かどうかの判断は、相手の主観によって大きく左右されます。自分では明るくハキハキと話しているつもりでも、人によっては元気がないと捉えられてしまうかもしれません。

オーディションは短時間で相手にどれだけよい印象を与えられるかが勝負です。普段から明るい人でも、オーディションでは会場入りした瞬間からいつも以上に明るく対応するように心がけましょう。

ファンを獲得しておく

オーディションの前にファンを獲得しておくことも対策のひとつです。オーディションを受ける前から地道に活動を続けてファンを獲得していることをアピールすると、活動への本気度が伝わって好印象となるでしょう。

またTwitterやインスタグラムなどのSNSでフォロワーが多くいることも、アピールポイントのひとつです。フォロワー数によっては、その人のカリスマ性が認められてオーディションで有利に働くケースがあります。

ただし、審査員がSNSをチェックした際、投稿内容によっては悪い印象を与えてしまうかもしれないので注意が必要です。

受からなかったオーディションの反省点を踏まえて改善する

オーディションは落ちてしまったときにどう行動するのかが最も大切です。オーディションに合格できなかったことに落胆してしまうのは仕方ありませんが、早く気持ちを切り替えてオーディションの内容を反省しましょう。

「良かった点と悪かった点はどこか」「もっと伝わりやすい表現はないか」など受からなった理由や反省点を自分なりに分析して振り返ります。振り返って反省しないと、次のオーディションでも同じ失敗を繰り返してしまうかもしれません。

受からなかったオーディションの反省点を考えて、次のオーディションに向けて改善していきましょう。

何度もオーディションを受ける

何度もオーディションを受ける姿勢を持ち続けましょう。応募資格を満たしている限り、同じオーディションに何度応募しても構いません。何度も受けることで前回伝わらなかった魅力をアピールできたり、審査員にその人の成長が伝わったりして合格できたというケースもあります。

数回のオーディションで合格できるというケースは非常に稀です。一度落ちたからといって決して諦めず、合格するまで何度でもオーディションを受け続けることが大切です。

歌手を目指すならMUSIC PLANETのオーディションに応募を!

MUSIC PLANETでは、業界初の『完全遠隔型歌手デビューオーディション』を開催しています。このオーディションはスマホで歌声を録音して音声データを送信するだけで参加できますので、自宅にいながら気軽に・スピーディーにオーディションを受けられます。

オーディションに合格した人には未経験者でも安心できる10大特典が用意されています。
1.プロデューサーとの個人面談
2.オリジナル楽曲の制作
3.ボイストレーニング
4.カラオケ配信
5.アーティスト写真撮影
6.専属マネージャーのサポート
7.世界中へのWEB配信
8.LIVE支援
9.オリジナルWEBサイトの公開
10.専用ライブハウスの永久無料使用権

また幅広い方にオーディションを受けてもらえるように、応募資格を設定しています。

・20〜49歳までの歌手を目指す男女
・心身ともに健康な方
・経験不問
・日本国籍、日本永住権をお持ちの方

参加費は無料です。オーディション会場は東京・大阪・福岡・北海道より希望の場所を選択できます。

応募にあたってご用意いただくものはスマホひとつのみです。「歌手になりたい」という熱い気持ちをお持ちの方は、ぜひMUSIC PLANETの歌手デビューオーディションにご応募ください。

まとめ

今回はオーディションに受からない人に向けて、受かる人と受からない人の特徴や対策方法についてご紹介しました。オーディションに受かるためには、落ちたときの内容を反省し、何度も挑戦する気持ちを持ち続けることが大切です。失敗を活かして次につなげられる人が、オーディションで合格できます。

オーディションになかなか受からないという方は、MUSIC PLANETが主催する歌手デビューオーディションに今までのすべてをぶつけてみてください。数多くのアーティストに携わった経験と実績をもつ豪華なプロデューサーたちが、あなたの歌声を待っています。もちろん、オーディション未経験の方の応募も募集しています。

MUSIC PLANETの歌手デビューオーディションは完全遠隔型ですので、スマホがあればご自宅からオーディションを受けられます。「歌うことが好き」「夢を叶えたい」という方は、music planetが主催するオーディションにぜひご挑戦ください。