ブログトップへ

オーディションに受かる人の5つの特徴!目標に合わせて最適なオーディションを受けよう

オーディションに受かるためには、どうすればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。実は、オーディションに受かる人には共通した特徴があるのです。またオーディションに受かる確率を上げるためには、自分の目標にあった条件のオーディションを選ぶことが大切です。

そこでこの記事では、オーディションに受かる人に共通して見られる5つの特徴に触れながら、受かるためにするべきことやオーディションの選び方などについてご紹介します。

オーディションの条件も確率を左右する!

オーディションは元々受かる確率が非常に低く、何百人・何千人の中から合格者を選び出します。少しでも受かる確率を上げるためには、オーディションの条件が良いものを選びましょう。オーディションの条件として確認しておくべき項目は以下の4つです。

・合格枠の人数
・審査の段階数(何次審査まであるか)
・オーディションの形態(個人かグループか)
・自宅から会場までの距離

オーディションの合格枠が多いほど受かる確率は高くなりますので、合格枠が多いオーディションを選択するのもひとつの手段です。また面接が得意だという人は、2次・3次と面接審査が多いオーディションが有利かもしれません。

さらに、グループオーディションが苦手な人は、個人オーディションを選ぶと良いでしょう。自宅からオーディション会場まで近いものを選べば、交通や宿泊の手配をする必要がないので、その分オーディションの準備に集中でき、受かる確率が上がるかもしれません。

このように、オーディションの条件も受かる確率を左右します。自分のベストが出せる条件のオーディションを選ぶことで、合格できる可能性を高められるでしょう。

オーディションに受かる人に共通する5つの特徴とは?

オーディションに受かる可能性を少しでも上げたいなら、実際に受かった人の特徴を真似ることが効果的です。演技や歌声など人の能力に個人差はあるものの、合格する人には共通の特徴があります。

ここではオーディションに受かる人に共通する5つの特徴をご紹介します。そこを意識してオーディションに臨めば、合格できる可能性が高くなるでしょう。

1.時間厳守ができる

きちんと時間厳守ができることは、オーディションに受かる人に共通する特徴のひとつです。今後活動していくにあたって、遅刻によって多くの関係者に迷惑をかけてしまうだけではなく、信用が失われます。

遅刻することで印象に残るのではないかと考える人もいますが、遅刻することで印象が悪くなるだけではなく、オーディションそのものに参加できなくなる可能性もあります。オーディションに遅刻しないためには早めの移動を心がけ、30分から1時間前には会場に到着できるように時間管理しましょう。

2.気持ちの良い挨拶ができる

挨拶は仕事をしていく上での基本であり、オーディションで気持ちの良い挨拶ができているかもチェック項目のひとつです。仕事でもオーディションでも、初めての人と関わるときは、まずは挨拶から始まります。

「おはようございます」と元気で気持ちの良い挨拶ができたり、「お願いします」と明るく返事ができたりするだけでも相手への印象は大きく上がります。オーディション会場に入ったら、審査員だけではなく誰に対しても元気良く挨拶するように心がけましょう。

3.明るくハキハキと話せる

オーディションで明るくハキハキ話せる人もオーディションに受かる可能性が高くなります。オーディションでは与える印象が合格に直結しますので、元気でハキハキと受け答えするほうが好印象を抱かれやすくなるでしょう。

またハキハキとした受け答えは、「自分に自信がある」と相手にアピールすることにもつながります。慣れない人が本番でいきなり実行するのは難しいかもしれませんので、オーディションでハキハキとした受け答えができるように普段の生活から心がけておくと良いでしょう。

4.将来のビジョンがしっかりとしている

将来のビジョンがしっかりしていることも、オーディションに受かる人の特徴です。「将来自分はどうなりたいのか」「どのような活動をしていきたいのか」について、オーディションを受けた理由とともに説明できるようにしましょう。

将来のビジョンが明確でその将来が先であるほど、オーディションや合格後の活動について本気で考えている証拠です。本気度をアピールしたいなら、オーディション後の自分の将来像を伝えてみるのも効果的です。

5.他者に負けない練習や努力をしている

オーディションに受かる人は、ほかの人に負けない練習や努力を重ねています。圧倒的な練習量はその人の自信となって現れます。

練習する時間が作れないと感じる人は、今一度自分のライフスタイルを見直してみましょう。練習に割ける時間が見つかるはずです。自分を向上させることなくして、オーディションに合格することはできません。

オーディション当日に信頼できるのは自分の力だけです。自信を持ってオーディションに挑むために、最大限の努力をして本番に臨みましょう。

審査員はどのような人を求めているのか?

オーディションに受からない理由のひとつとして、審査員がどのような人を求めているのか把握できていないことが挙げられます。どのような人を求めているのか知っておくと、戦略的な準備ができてオーディションに合格しやすくなるでしょう。ここでは、オーディションで審査員がどのような人を求めているのかについて解説します。

オーディションに受かるのは「審査員が求めている人」

オーディションを開催している側では、どのような人材をこのオーディションで欲しいのか、理想の人物像は決まっています。したがって、その人物像に近い人から順にオーディションの合格が決定されます。一方、理想の人物像から遠いほど落ちてしまう可能性が高くなります。

オーディションで合格を掴み取るためには、開催側がどのような人物を求めているのか考えてみることが大切です。また自分に近い人を求めているオーディションを選ぶことも合格するための作戦のひとつです。

他人とは違う個性をアピールしよう

オーディションを開催している多くのプロダクションは、他人とは違う個性を持っている人を求めています。たとえばタレントを募集するオーディションの場合、すでに存在する類似タレントに似ている人が合格するのは難しくなるでしょう。

オーディションで審査員の目に留まるためには、周りとは違った個性を出す必要があります。どこにでもいるような当たり障りのない人はオーディションで目立つことはできません。他人とは違う自分の個性は何かを考えて、オーディションではそれを積極的にアピールしましょう。

仕事に対する覚悟をアピールしよう

「オーディションに合格したら、どんな仕事でも引き受ける」といったように、仕事に対して強い覚悟があることをアピールしましょう。オーディションに合格して自分の希望する業界に入れたとしても、やりたくない仕事を任されることは多々あります。

そんなときでも積極的に受け入れてくれる人材は、運営元にとって非常に貴重な存在です。どんな仕事でも進んで引き受ける覚悟があると伝えて、仕事に熱意があることをアピールしましょう。

オーディションに受かるためにするべきこと

戦略もなく行き当たりばったりでオーディションを受けていては、合格するまでに時間がかかってしまいます。オーディションに最短で受かるためには、受かるためにするべきことを意識しましょう。オーディションまでの間に戦略性を持ってどれだけ準備できるかが大切です。ここでは、オーディションに受かるためにするべきことについて解説します。

プロフィール写真や履歴書にこだわる

プロフィール写真や履歴書は、オーディションでの第一印象を決める重要な要素です。暗い雰囲気の写真や中身がない履歴書では、相手の印象が良くなることはありません。少しでも履歴書の印象を上げる工夫ができないかどうか考えることが大切です。

少しでも明るい雰囲気の写真になるように、プロのカメラマンに撮影をお願いする手段があります。また履歴書の中身は自分の魅力が伝わるように充実させます。写真や履歴書の文章には徹底的にこだわって、オーディションの準備を進めていきましょう。

オーディションの趣旨を理解する

オーディション合格するためには、自分が受けるオーディションの趣旨は何かを理解することも大切です。オーディションの趣旨を理解することで、趣旨に合った的確なポイントをアピールできます。

俳優・女優のオーディションなら、どのような役柄を決めるオーディションなのか確認します。ボーカルオーディションなら、どのジャンルの音楽の歌手を募集しているのか事前に提示しているかもしれません。オーディションの趣旨を理解して、それに合った自分のポイントをアピールしましょう。

自分の強みを理解する

自分の強みを理解して、それをオーディションでアピールしましょう。オーディション内容に関連した強みが理想ですが、オーディションに関係なくても他人と違った強みがあるならしっかりとアピールします。

しかし、自分だけの強みを主観で見つけるのは非常に困難です。自分にはどんな強みがあるのかわからないときは、家族や友人のような第三者に聞いてみましょう。付き合いが長い人を選べば、自分では気付けなかった強みを教えてくれるかもしれません。

オーディション選びも重要なポイント!

オーディションは合格する確率がそもそも低いので、何度も受けることが前提です。そのことを踏まえて、将来自分がやりたいことにつながるオーディションを選ぶようにしましょう。

演技の道に進みたいなら俳優・女優オーディションを、モデル活動をしたいならモデルオーディションを、歌手になりたいならボーカルオーディションを選んで応募します。一度のオーディションで受かる合格できる可能性は低いので、落ちてしまっても諦めず何度も挑戦しましょう。

歌手を目指すなら「歌手デビューオーディション」がおすすめ!

MUSIC PLANETでは、現在「歌手デビューオーディション」を開催しています。歌うことが好きで歌手デビューしたい人を対象に参加を募集しています。

MUSIC PLANETのオーディションは、選考方法や合格後のサポートの面などでほかのオーディションにはないポイントがあります。

そこでここでは、MUSIC PLANETが開催している「歌手デビューオーディション」のおすすめポイントをご紹介します。

自宅からできる「完全遠隔オーディション」

MUSIC PLANETのオーディションはスマホで録音した歌声を音声データで送信して応募する、業界初の完全遠隔オーディションとなっています。

スマホひとつで自宅にいながらオーディションに参加できますので、初めての方でも気軽にご応募いただけます。オーディションの応募自体に敷居を感じていた方や、オーディション会場が遠くて参加できなかった方もぜひご参加ください。

対象年齢も広く、初心者でも参加しやすい

MUSIC PLANETの歌手デビューオーディションは、多くの方にご応募いただけるよう幅広い応募資格を以下のように設定しています。

・20~49歳までの歌手を目指す男女
・心身ともに健康な方
・日本国籍、日本永住権をお持ちの方

応募資格を満たしている人なら誰でもオーディションに参加できます。経験は一切不問ですので、初心者の方からの応募も心よりお待ちしております。

オーディション合格後の充実サポート

このオーディションに合格すると、敏腕音楽プロデューサーがあなたのためのオリジナル楽曲を作成し、その楽曲は音楽配信サイトや全国のカラオケで配信されます。

また、プロカメラマンによるアーティスト写真の撮影やライブ支援など、合格者の歌手活動をサポートする特典が充実しています。MUSIC PLANETは見事合格を勝ち取った方の歌手活動を全面的にサポートするとお約束します。

まとめ


今回はオーディションに受かる人で見られる共通した特徴をはじめ、オーディションの選び方、受かるためにできることについてご紹介しました。オーディションに受かるためには、合格した人の特徴を押さえて、審査員がどんな人を求めているのか考えてみましょう。また自分に合った条件のオーディションを選択することが大切です。

MUSIC PLANETでは業界で初めてとなる完全遠隔の歌手デビューオーディションを開催しています。スマホひとつでどこからでも応募できますので、今すぐにでもオーディションご参加いただけます。歌が好きで、歌手になる夢を掴み取りたい方は、MUSIC PLANETの歌手オーディションにぜひご応募ください。