ブログトップへ

オーディションに合格したい!対策方法を徹底解説

俳優や歌手として活動したいと思ったら、オーディションを受けるのはおすすめの選択肢のひとつです。オーディションにはたくさんの人が応募します。合格するための対策方法について、気になる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディションに向けた有効な対策方法を徹底解説します。第一印象や心構え、自己PRの内容など、オーディション合格を勝ち取るために対策すべき項目を理解しましょう。

オーディション当日の対策


オーディション当日になると、自分の力が全部出せるか不安になったり、緊張したりする方も多いのではないでしょうか。審査員に「自分はどのような人間か」を伝えることは、オーディション合格に大きく影響します。ここからは、オーディション当日に焦点を当てて対策を確認しましょう。

第一印象に気を付ける

オーディションの内容によっては、第一印象を合否の要素としているケースもあります。それくらい、オーディションにおける第一印象は大切であると認識しておきましょう。

まずは、社会人としてのマナーを守ることが対策につながります。俳優や歌手などは、清潔感や爽やかさなど、見た目が大きく影響するともいえる職業です。身だしなみに気を付ける必要があります。

また、オーディションの時間を守るのは最低限のマナーです。幅広い業界の人と仕事をする機会が多い世界では、社会人としての基本が身に付いているかは重要視されるでしょう。

自信を持つことが大切

弱々しい態度やどこか不安を感じさせるような話し方は、審査員のマイナス評価につながります。「この人に仕事をやらせてもダメそうだ」と審査員に思わせてしまったら、合格するのは難しいでしょう。

「この人と仕事がしたい、育ててみたい」と審査員に思わせるには、自分に自信を持つことが大切です。オーディション当日の堂々とした態度につながり、自分の良さも審査員に伝わりやすくなります。

審査員以外の人にも気を配る

オーディションに合格するには審査員の評価がすべてと考える方もいるかもしれません。しかし、審査員以外の人にも気配りを忘れないようにしましょう。例えば、オーディション会場で待機しているスタッフにも笑顔を忘れず、誠実な態度で接することを心掛けます。

とはいっても、普段から丁寧に人に接していないと自然な気配りはできません。オーディション当日だけ意識しても、鋭い審査員からは見抜かれてしまうでしょう。オーディション会場内に限らず、普段から周りの人に対して気を配るように心掛ける必要があります。

オーディション合格のための自己PR対策


ほとんどのオーディションで、自己PRをする時間が設けられています。自己PRは自分の強みを審査員に伝える絶好のチャンスです。現在から未来まで、幅広い視点で物事を考えるクセを日頃から習慣化しておけば慌てる必要はありません。ここからは、オーディション合格につながる自己PR対策を解説します。

自己紹介のときから自己PRをする

「まずは自己紹介をどうぞ」というところから始まるオーディションもあります。確かに自己紹介ではプロフィールを中心に審査員に伝えますが、それだけでは周りの応募者と変わりません。そこに自己PRを織り交ぜることで、審査員の印象に残りやすい存在になれるでしょう。

俳優や歌手といった仕事は、他にはない個性が重視される傾向にあります。そのため、「○○の大会で1位を獲得した」「幼い頃から〇〇を習っている」など、印象アップに有利に働きそうな内容は積極的にアピールするとよいでしょう。

書類審査:審査員に会いたいと思わせる内容にする

第一ステップとして書類審査を設けるオーディションも多いといえます。審査員は応募者の書類を確認し、「この人に会ってみたい」と思った応募者を通過させます。書類審査を通過するには、他の応募者が書かないような切り口でインパクトに残る内容を記載するとよいでしょう。

ユニークなネタがないからといって、ウソを書くのはNGです。仮に書類審査を通過したとしても、オーディション会場でウソはバレてしまうでしょう。これまで経験したことの中から、ネタ選びをすることが大切です。

質疑応答の準備をしておく:自己PRにつなげるチャンス

もしも自己紹介や歌唱披露が思うようにいかなくても、弱気になるのはまだ早いかもしれません。ほとんどのオーディションで最後に質疑応答の時間があります。審査員から「質問はありませんか」という問いがあったら、チャンスです。関連する質問だけでなく自己PRもする展開にできれば、評価を上げることにつながるでしょう。

審査員からの逆質問があることを見越して準備しておくと安心です。最後に質問をしつつ自己PRをすることで、審査員の印象に残るかもしれません。

経歴だけでなく未来の話もする

自己PRでは、経歴を伝えることに重点を置く方も多いのではないでしょうか。確かに、これまでの経験で培ったことを審査員に伝えるのは大切です。しかし、経歴に終始して話をすると、審査員が将来性について判断しにくくなるかもしれません。

未来についてうまく織り交ぜながら自己PRすることで、審査員に自分の潜在的な価値を伝えられるでしょう。「将来どうなりたいか」「どんな目標を掲げているのか」など、具体的な内容を話すと、審査員も希望する方向性を踏まえて判断できます。

オーディションを受ける前に十分な対策をしておこう!


オーディションに合格する可能性を少しでも上げるために事前準備は欠かせません。合格のカギを握る面接や特技の披露など、練習がものをいう部分もオーディションには大いにあります。ここからは、オーディションに向けてできる対策を確認しましょう。

面接対策と発表するものの練習は入念に

オーディション当日に全力を尽くせば大丈夫、と考える方もいるかもしれません。しかし当日は緊張や不安が想像以上に高まり、十分に力を発揮できないこともあり得ます。

当日の面接をスムーズにこなすためには、さまざまな質問を想定して受け答えを練習しておくことが大切です。また、特技を披露する予定であれば、当日に向けて入念に練習をしておきましょう。練習を重ねることは、本番に緊張や不安で押しつぶされそうな自分の強い味方になります。

外見にも気を遣う

オーディション当日は、清潔感のある服装で臨みましょう。シワが目立つシャツにボサボサの髪の毛で会場に行けば、審査員に与える第一印象はマイナスになり、最終的な判断にも影響を及ぼしかねません。ジャンルにもよりますが、基本的には派手な服装は避け、ハツラツと見えるような外見を心掛けましょう。

素質があっても外見で減点されては合格の可能性を下げることになります。外見に関してマイナス評価を受けないように細部まで気を遣うことは、合格への第一歩です。

合格だけを考え集中するメンタルトレーニング

「自分は合格する」という思いを胸に毎日の対策に励みましょう。「落ちたらどうしよう」「自分には無理かも……」とオーディションを受ける前から弱気になっていると、自信がないことが審査員に伝わってしまいます。

周りの参加者の雰囲気に圧倒され、オーディション当日に心が折れないようにするためにも、日頃のメンタルトレーニングは大切です。今の自分にできる最善をオーディションで披露すれば、結果は付いてくるとプラスに考えましょう。

特技をひとつは身に付けておく

自信のある特技をひとつ身に付けておくとオーディションは有利です。すでに特技があり、オーディションで披露する予定の方はさらにスキルを磨いて当日に臨むとよいでしょう。これからオーディションに向けて新たな特技を身に付けたい方は、何を特技にするか早い段階で決めて練習を始める必要があります。

披露する特技はオーディションの内容と関連するものだと有利です。例えば、歌手を志望する人の特技が「楽器演奏」であれば、歌手の仕事にも生かしやすいこともあり、プラス評価の対象となるでしょう。

歌手オーディションを受けるときの対策


歌手オーディションの応募者の多くは歌唱力が人並以み以上であるため、レベルとしては高くなることが予想されます。その中で合格を手にするには、歌手オーディション向けの対策が必要です。ここからは、歌手オーディションに合格するための具体的な対策を詳しく解説します。

ボイストレーニングをする

まずは歌唱力を身に付ける上で基礎となる、ボイストレーニングに取り組みましょう。プロの歌手を目指すのであれば、オーディション合格後はさらに上のレベルを求められます。

プロレベルのスキルが歌手オーディションを受けるときにすべて身に付いている必要はありません。しかし、日々の発声練習や苦手なパートの特訓といったトレーニングをし、歌唱力を上げて望む意識は大切です。喉をいたわりつつ、トレーニングを積んで自分の課題をマスターしておきましょう。

自分に合った曲を選ぶ

「自分らしさを発揮できる曲はどれか」を基準に曲選びをします。そのためには、自分の音域や歌い方のクセなどを分析すると効果的です。最新曲でなくても問題ありません。自分の音域に合っていて、自分らしさを審査員にアピールできるかが大切です。

ただし、自分のクセが強く出てしまう曲は選ばないほうがよいでしょう。クセが目立つ曲は、審査員からマイナスの評価を受ける可能性が高いといえます。自分が押し出したい長所をアピールできる曲で勝負できるかは大切なポイントです。

オリジナリティを歌で表現する

審査員は原曲を正しく歌えているかという点だけを見ているわけではありません。オリジナリティがあるかもチェックされやすいポイントです。

ただし、オリジナリティは、原曲をきちんと歌えた上で自然に出てくるものであるといえるでしょう。つまりオリジナリティとは「悪いクセ」ではなく、「良いクセ」のことです。気になる強いクセではなく、原曲を歌い込んだ上で出てくる魅力は審査員の目に留まります。

歌手オーディションなら「MUSIC PLANET」

「可能性を信じてプロの歌手を目指したい」という方は、ぜひ「MUSIC PLANET」のオーディションにチャレンジしてください。応募するのに場所を選ばない完全遠隔オーディションで、動画や音声さえあれば、どこからでも応募可能なことが特徴です。また見事に合格できれば以下のようなさまざまな特典があり、歌手活動のサポートが受けられます。

1.プロデューサーとの個人面談
2.プロクリエーターがオリジナル楽曲を製作
3.オリジナル楽曲のCD化
4.専属マネージャーがサポート
5.プロトレーナーとのボイストレーニング
6.オリジナル楽曲をカラオケで配信
7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信
8.アーティスト写真はプロカメラマンが撮影
9.LIVEにも出演可能

合格後は上記特典を活用しながら、全国8エリアのうち希望する地域で活動することが可能です。都心以外での活動を希望する方も安心してご応募いただけます。

まとめ


オーディションに合格するためには、事前に対策をすることが効果的です。審査員の心に残るようなアピールができるように準備し、自分に自信を持ち、清潔感あふれる雰囲気でオーディションに臨みましょう。歌手オーディションでは選曲も重要です。ボイストレーニングを重ね、歌唱力や表現力を高めておくと有利になるでしょう。

「MUSIC PLANET」は、「プロの歌手を目指したい」という方の夢を全力でサポートする体制が強みです。自宅から簡単に応募できる完全遠隔オーディションで、都合が良いときに応募できます。自分の力を試したいと考える方は、ぜひ「MUSIC PLANET」主催のオーディションにご応募ください。