ブログトップへ

オーディションのワンコーラスって何?今さら聞けない疑問を解決!

歌手オーディションに応募する際には、規定内容には必ず目を通しているはずです。その規定内容の中に、ワンコーラスといった記載を見たことがありませんか?

実際に「ワンコーラスってどういう意味なの?」と疑問に感じている人もいるかもしれませんね。オーディションに参加するなら疑問を解消してから参加したいものです。

今回の記事では、歌手オーディションでいうワンコーラスとはどういった意味なのか?また、オーディションで歌う曲の選曲方法などを解説していきます。

1.歌手オーディションの規定にあるワンコーラスの意味とは?

歌手オーディションには、様々な規定があります。その中で、歌う箇所はワンコーラスだけといった規定を見たことがありませんか?

歌手オーディションを今までに受けたことがある人であれば、こういった規定を見たことがあるでしょう。また、ワンコーラスがどういった意味かを理解しているはずです。

しかし、まだ歌手オーディションを受けたことがない人にとって、そもそも「ワンコーラスってどんな意味なの?」と感じている人も多いことでしょう。

歌手オーディションでいうワンコーラスというのは、使われるシチュエーションによっても異なりはしますが、曲の1番だけを歌うといった意味になります。

2.歌手オーディションではワンコーラスが多い!

基本的に歌手オーディションで歌唱披露をする場合には、ワンコーラスだけが多いです。もちろん、オーディションによっても異なりますが、ほとんどがこの規定です。

「え?一通り聞いてもらえないの?」と感じてしまうかもしれませんが、審査員は全てを聞かなくとも実力がわかるので、全部を歌う必要がないのです。

歌手オーディションというのは、たくさんの応募者が殺到します。ですので、一人に多くの時間をかけて審査することは困難であり、大抵30秒から1分の持ち時間の中で実力を披露します。

この短い時間の中でいかに、自分の魅力を出すことができるか?また、聞いている審査員に良い印象を与えることができるかが勝負になってくるわけです。

後述しますが、そのためにも曲選びというのは非常に大事なことですし、短時間でいかに良い部分を出すことができるのか?を強く意識することが大切なのです。

3.ワンコーラスが長すぎる曲はオーディション向きではない!

前述した通り、歌手オーディションでは持ち時間というのを与えられて、ほとんどの場合が一人30秒から1分の持ち時間となることでしょう。

これは、そのオーディションに参加する人が多ければ多いほど時間は短くなってくることもあります。逆に、参加者が少なければ持ち時間も多くはありますが、歌えてもワンコーラスくらいでしょう。

こういったことを踏まえると、ワンコーラスがあまりにも長すぎる曲というのはおすすめできません。なぜなら、サビがくる前に持ち時間がなくなってしまうからです。

よく、昔にテレビでオーディション番組が放送されていました。持ち時間が決められて、時間内で審査員の目の前で歌唱披露をするといった内容でしたね。

それを見ていると、やはりワンコーラスが長い曲を選んでいる人というのは、見せ場がくる前に制限時間になってしまい、審査員に良い印象を与えることができていない場面が多々見られました。

いくら歌唱力が高く実力があったとしても、やはりサビのような見せ場の前で終わってしまう曲では、審査員に対して好印象を与えることは難しいといえるでしょう。

逆に「あれ?見せ場の前で曲が終わった?」といった、特別な印象を残すことはできるかもしれませんが、準備不足といったイメージを持たれてしまうので、オーディションには落選してしまうことでしょう。

ですので、曲を選ぶ際にはワンコーラスの長さを意識して持ち時間内にしっかりと、自分の強みを出せる曲を選ぶことがかなり重要になってくるのです。

4.歌手オーディションには自分の声の魅力が伝わる得意な曲を選ぼう!

それでは、具体的に歌手オーディションで選ぶべき曲のポイントをお伝えしていきます。オーディションでは、選曲というのはかなり重要です。

披露する曲によって合否が分かれるといっても過言ではないくらい重要だともいわれているので、ぜひ後悔のないような曲を選ぶようにしましょう。

4-1.声が出ない曲は選ばない

自分のキーで歌えない曲は選ばない方が良いです。曲によっては、AメロBメロは高くはないがサビだけが高音になっている曲というのは多々あります。

余裕を持ってサビを歌えるのであれば問題はありませんが、もし出るかどうか不安といったときには、その曲を選ぶのは控えた方が良いということです。

オーディションだから一生懸命歌っている姿をアピールしたいと考えるかもしれませんが、声が出ていないのはかなりのマイナスポイントになります。

ですので、曲を選ぶ際には自分の音域をしっかりと把握して余裕をもって歌える高さの曲を選ぶようにしましょう。

4-2.モノマネは厳禁

自分が大好きなアーティストであったり、自分の声が似ていると思われるアーティストの曲を選ぶ人も多いですが、それはおすすめすることができません。

モノマネというのは歌手オーディションにおいて厳禁であり、審査員はすでに存在しているアーティストに似ている人材というのを求めてはいないのです。

求めている人材というのは、その人だけが持つオリジナリティや独自性です。あなたの声が、もっとも魅力的に聞こえる曲を選ぶべきです。

自分が普段歌い慣れている曲というのも、実は無意識のうちに本人に似せて歌ってしまっていることもあるので、注意が必要になってきます。

4-3.相談してみることも大事

自分の魅力を存分に引き出せる曲を選ぶというのは、非常に難しいです。ですので、自分では決められないといった方も多いことでしょう。

そういった場合には、無理して自分で決める必要はありません。客観的に自分の歌声を聞くことができなければ、選曲を誤ってしまうことは多々あります。

おすすめの方法としては、通っているボイススクールなどのトレーナーに相談してみることです。専門家の意見が聞けるので、最適な曲を選んでくれることでしょう。

また、家族や知人といった第三者に歌を聞いてもらい素直な意見を言ってもらうのも良いですね。

5.夢への第一歩!MUSIC PLANETのオーディションに挑戦

歌手オーディションで披露する曲というのは、何でも良いわけではありません。規定やルールなどに沿って、その中でもっとも自分の歌声の魅力を惹き出せる曲を選ばなくてはいけません。

今回お伝えしたことを意識しながら、もっとも自分に合う曲を選んでいきましょう。そして、曲選びができたらあとはオーディションに挑戦するのみです。

今後歌手オーディションに挑戦するなら、MUSIC PLANETの歌手オーディションがおすすめです。現在、歌手を目指している人の間では注目を集めているオーディションです。

合格した後に受けることができる特典やサポートというのが、非常に魅力的でその内容を知ればさらに多くの人が受けてみたいと感じるオーディションなのは間違いありません。

本気で歌手を目指す人であれば、一度は受けておきたいオーディションでしょうね。ぜひMUSIC PLANETで夢を叶えましょう!