ブログトップへ

オーディションの合格通知はどのように届く?結果が来るまでの時間と注意点を解説!

オーディションを受けてから合否が知らされるまでの期間は、主催者や規模によってさまざまです。応募者にとっては緊張を感じる工程でもあるため、「期間の目安や届き方を知っておきたい」と希望する方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディションの合格通知に関する情報を詳しく解説します。到着までの傾向を知ると、実際に挑戦するときも基準にできるでしょう。後半では、通知が届かないときの対策や注意点もご紹介します。

オーディションの合格通知パターンは主に5つ

合格通知が届けられるパターンとして考えられるのは、大きく分けて5種類です。明確な手段はあらかじめ告知されるケースがほとんどであるため、パターンを押さえた上で通知を待ちましょう。場合によっては、オーディション当日に直接報告されるかもしれません。郵送やメールなど、項目に分けて詳しく解説します。

郵送

合格者の少ないオーディションや、最終審査後に利用されるケースも多いのが郵送による通知です。オーディションの結果が書かれた書類を同封し、事前に伝えた住所へと届けられます。郵送の合格通知が少ないのは、主催者側にコストが発生するためです。

他の通知方法に比べると、届くまでの期間が長い手段ともいえるでしょう。発送するタイミングだけでなく、応募者が住んでいる地域にも左右されます。応募時が郵送であっても、通知は別の方法を用いるケースを想定しておきましょう。

メール

オーディションの中でも比較的多く見られるのが、メールによる合格通知です。応募時や審査直前のタイミングでメールアドレスを提示し、後日結果が送付されます。オーディション以外でも活用されているため、合否通知の手段としてポピュラーなツールともいえるでしょう。

簡易的な方法ではあるものの、メールが届かなかったり設定内容が影響したりするリスクには注意が必要です。正しく反映するためには、事前に確認する作業も重要といえます。

電話

合格者が少数まで絞られる段階において、電話で直接通知されるケースも増えるでしょう。数百人以上の単位では、連絡そのものが困難なためです。通知の予定日に、合格者のみに限定して電話連絡が行われることもあります。

電話番号の共有漏れがあると、予定通りに通知できず誤った認識をしてしまうかもしれません。主催者の電話番号を把握し、問題なく受け取れるよう環境を整えておくと安心です。留守番メッセージの保存機能も活用しましょう。

事務所を通して伝えられる

オーディション前から事務所に所属している場合、本人ではなく事務所を経由するケースもあります。オーディションの応募時に事務所を通したのであれば、マネージャーやスタッフなど関係者を介す可能性が高いといえるでしょう。

事務所を経由する方法でも、通知のタイミングは確定できません。事前に予定日が知らされている場合は、当日関係者に確認すると結果を聞けるでしょう。

その場で知らされる

オーディションの構成や主催者の規定によっては、当日中に会場で通知されることもあります。次の審査に進む目的で、審査直後に公表されるかもしれません。面談時に告げられたり、掲示板に張り出されたりといった手段が挙げられます。

早期に結果が分かる方法ですが、発表場所や時間の把握も重要です。リアルタイムで自分の合否がチェックできるよう、あらかじめ知らされた場所でスタンバイしておいた方が良いでしょう。

オーディションの結果が届くまでの時間は?

実際に結果が分かるまでの時間は、オーディションの規模や主催者によって変動します。大規模なオーディションの場合は、長い日数を要すると考えた方が良いでしょう。大手芸能事務所では大まかな傾向が見られるため、気になる方はリサーチするのもおすすめです。2つの項目に分け、全体の傾向と具体的な目安をご紹介します。

規模が大きいオーディションは時間がかかる

合格通知の時期に影響しやすい要素は、開催されたオーディションの規模です。募集人数として設定している数が多いほど、通知までにも長時間を要する傾向があります。オーディションが開催される頻度も要因のひとつと言えるでしょう。

主催者によっては、応募を締め切る前の段階から審査をスタートさせるケースもあります。応募者が揃ってからでは、審査と結果発表に長期間を必要とするためです。全国から応募者が集まるようなオーディションであれば、数か月単位の期間を想定した方が良いでしょう。

大手芸能事務所の合格通知が届くまでの目安

オーディションを開催する芸能事務所の中には、合格通知までの目安を公開しているものもあります。大手の3種類を例に挙げると以下のとおりです。

・avex(エイベックス):1か月以内に審査を終え、合格者に連絡
・アミューズ:資料の送付から3か月以内、合格者に連絡
・ホリプロ:ジャンルや応募時期により異なる

ホリプロのように、開催内容やジャンルによって期間が変動する場合もあります。公開情報はあくまでも目安であるため、各事務所の一般的な数字であると認識しておきましょう。

また、書類審査から最終審査までの段階で変動ケースがほとんどです。上記はひとつの参考材料として理解した上で、挑戦するオーディションの規定や公表済みのスケジュールもチェックしましょう。

オーディションの結果通知が遅いときの対策

合格通知を待つ期間が長いほど、緊張や不安も増幅しやすくなります。冷静な気持ちのまま結果を待つためには、事前に確認する作業が重要です。想像よりも結果の通知が遅い場合、他のオーディションにも挑戦できるよう準備を進めましょう。結果通知のタイミングに左右されないよう、押さえておきたい対策を2つご紹介します。

結果通知にどれくらいかかるか事前に聞いておく

オーディション申請時や開始前に明確な提示がない場合は、自ら直接予定時期を聞いてみましょう。特別な理由があるケースを除いて、可能な範囲で情報を共有してもらえます。オーディション後では対応できない可能性があるため、なるべく早いタイミングで尋ねられると安心です。

主催する事務所の規定によっては、オーディション後の問い合わせを不可としているかもしれません。合否が分からず焦ることのないよう、明確な情報を収集しておきましょう。

結果を待つ間に他にもオーディションを受ける

複数のオーディションを同時に進める余裕がある方は、合格通知を待つ期間中で次の手続きを実行するのがおすすめです。オーディションの日時は主催者によって異なるケースも多いため、短期間で予定を組むと効率的に応募できます。

ジャンルが同じでも、全てのオーディションで合格が決まっているわけではありません。不合格を繰り返す可能性も考慮すると、ひとつでも応募先を増やした方が有利といえるでしょう。私生活に影響を及ぼさない程度に実践する計画性も大切です。

オーディションの結果を待っている間にやってはいけないことは?


無事にオーディションが終わった後は、主催者から結果が提示されるまで待機します。重要な問い合わせ事項以外は連絡を控え、後の合格通知を期待して待ちましょう。以下のように、一方的な目的で問い合わせるのは適切といえません。

・合格通知の時期を知るために問い合わせる
・通知前に、自分の発表内容について意見を求める
・「分かっている範囲で結果を知りたい」と依頼する
・ライバルの合否について情報を求める

極端に印象の悪い行為を続けた場合、審査結果に影響する可能性もあります。本来自分が持つ魅力を低下させるだけでなく、合格後の信頼関係に傷を付けるかもしれません。極端に遅い場合は問い合わせた方が安心ですが、数か月間は忍耐強く待機を続けましょう。

まとめ

オーディションを受けた後、合格通知が届くまでの期間は特定されていません。応募人数の他、さまざまな要因が影響しています。通知手段によって差が出ることもあるため、複数のパターンと大まかな傾向を理解しておくと安心です。

「MUSIC PLANET」ブログではオーディションに関する情報を数多く掲載しています。
他にもオーディションについて知りたい情報があれば、他記事も是非ご覧ください。