ブログトップへ

オーディションを受けるときのメイクのポイントは?素顔はあり?

アーティストとしての活躍を目指し、オーディションに奮闘する方も多くいます。会場にはさまざまなライバルが集まりますが、オーディションに挑む際のメイクの加減が分からず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディション前の準備で重要なメイクのポイントについて詳しく解説します。ヘアメイクのコツも複数ピックアップしているため、自分らしさを表現するきっかけにもなるでしょう。素顔や写真加工に関する要点もご紹介します。

オーディションでよい印象を与えるためのメイクのポイントは?

オーディション メイク_02

会場に足を運んでオーディションを受ける場合、派手なメイクよりもナチュラルな印象を心がけるとよいでしょう。単に自然な見た目にこだわるのではなく、自分らしさを表現することが大切です。表情やメイクは第一印象にも影響するため、しっかり力を入れたいポイントとなります。印象を左右するメイクについて解説しましょう。

基本はナチュラルメイク

メイクの仕方に迷っている方は、まずはナチュラルな雰囲気づくりを重視することがおすすめです。極端に着飾ったり不慣れなメイクを施したりせず、自然体に近い見た目を目指しましょう。オーディションでは、無理に誇張したメイクよりも、本来の魅力を感じる方が印象に残ることも多いようです。

ニキビやそばかすが気になる場合は、ファンデーションやコンシーラーといったアイテムを活用してみましょう。重ねすぎると派手な印象を与えるため、あくまでも最低限度の量を意識することが大切です。

ナチュラルメイクの加減が分からない方は、素顔の写真と比較しながらメイクすることも便利な方法といえます。普段からナチュラルな雰囲気を心がけているのであれば、オーディションでも同じように整えるとよいでしょう。

自分にあったポイントメイク

ナチュラルな雰囲気にひと味足すには、ポイントメイクが活用できます。目元のアイメイクやチークを使い、アクセントを加えてみましょう。このとき、自分の肌色や髪色にあったカラーを選ぶことが重要なポイントです。

メイク自体のカラーが魅力的であっても、自分に適さなければ元も子もありません。魅力を発揮できるカラーは人によって異なるため、自分に近いモデルを参考に組み合わせることもおすすめです。

好きなポイントメイクのカラーがある場合は、複数パターンを試して比較してもよいでしょう。オーディションでは、濃いカラーを避けると安心です。ナチュラルな雰囲気を保持したまま、魅力が増すようなメイクを施します。

素顔でオーディションを受けるのはあり?

オーディション開催者からの特別な指定がない場合は、どのようなメイクで本番を迎えても問題ありません。普段メイクをしない方や、「あえて素顔で挑戦したい」という方はノーメイクで審査を受けてもよいでしょう。

理解しておきたいのは、メイクの方法で印象が大きく変わるという点です。ノーメイクや派手なメイクを理由に落選するリスクはほとんどないものの、少なからず印象に影響する可能性はあります。

たとえば、肌荒れが目立ったり「いつもと違う」と感じたりする部分がある場合は、少しメイクを施すのもひとつの選択肢です。中にはノーメイクに限定して受け付けているオーディションもあるため、自分が表現したいものが適切であるか確認しておきましょう。

オーディションで避けた方が良いヘアメイクとは


審査員にインパクトを与えることに集中し過ぎて、派手なヘアメイクを施すのは賢明といえません。自分らしい表現であれば問題ありませんが、いつもの自分を自然に表現できるとより安心です。

鏡で確認しながら、メイクの濃さやヘアウィッグとの相性もチェックしておきましょう。可能であれば避けたほうがよいヘアメイクを5パターンご紹介します。

厚塗りのメイク

明らかに濃いメイクは、不自然な印象を与えるため注意が必要です。ホワイト系のカラーに近い色合いを重ねると、人形のように生気が薄い雰囲気を放つ可能性があります。普段の肌と大きく変わらないトーンを見つけ、薄めのメイクを意識しましょう。

露出する肌全体を濃い色に統一しても、ヘアカラーや目の色が原因で浮いた印象になる可能性もあります。唇に塗るリップ・グロスなども派手なカラーは避け、落ち着いた雰囲気を重視することがおすすめです。

不自然な仕上がりのメイク

自分の存在や魅力をアピールする熱意は大切ですが、これをメイクに反映するのは適切といえません。普段は使わないカラーコンタクトやグロスを施した結果、統一感がなくアンバランスな印象を与える可能性があるためです。

目鼻立ちをくっきりさせるメイクテクニックもありますが、オーディション会場では避けたほうがよいでしょう。アピールは面談や特技の披露などがメインであるため、メイクは最低限の表現を心がけることが重要です。

カラコンやつけまつげを使ったメイク

「目元の印象を変えたい」という方は、落ち着いたカラーのナチュラルなデザインを選ぶとよいでしょう。ブルー系やイエロー系など、極端に派手なカラーコンタクトはかえって印象が悪くなるリスクがあります。

つけまつげは、瞳がしっかり確認できる程度のアイテムがおすすめです。審査員と目があわないほどのボリュームは避けたほうがよいでしょう。インパクトの強化よりも、ワンアクセントと意識できると安心です。

不自然なヘアウィッグ

普段の自分と雰囲気を変えるためには、ヘアウィッグが有効活用できます。オーディションにおいてはなるべく使用しないほうがよいでしょう。不自然さが目立った場合、おしゃれな印象よりも不潔感を与えてしまう可能性があるためです。

新たにヘアウィッグを購入するのであれば、自分のヘアスタイルを整える方法に注力することが適切といえます。ヘアスタイルに自信がない方は、メイク・表情や服装にアレンジを加えて魅力を発揮してみましょう。

派手なネイル

オーディションのジャンルを問わず、派手なネイルを禁止するケースもみられます。長いつけ爪や、派手なデザインのネイルアートは避けたほうがよいでしょう。服装やメイクがナチュラルな場合、手元が極端に目立つ可能性もあります。

トップコートのように、爪を保護するためのネイルであれば問題ありません。無色透明なネイルはきれいな印象を与えてくれるため、気になる方はトップコートを選ぶことをおすすめします。募集条件として禁止されている場合は、可能な限り本来の状態で挑戦しましょう。

オーディション用写真のメイクのポイント


審査当日のメイクだけでなく、応募用紙などに添付する写真の雰囲気も重要です。写真を見ながら面談するケースがほとんどであるため、加工したり派手にメイクしたりせず当日の雰囲気に近づけましょう。オーディション用写真を用意する際、メイクの観点から押さえておきたいポイントを2つご紹介します。

オーディション当日と同じナチュラルメイク

応募用紙などに添付するオーディション用写真は、当日と同様にナチュラルメイクがおすすめです。面談のメイクが決まっているのであれば、予定しているものに近い状態で撮影しましょう。素顔でも問題ありませんが、濃すぎるメイクには注意が必要です。

書類審査でチェックが行われるため、「少しでも魅力的に見せたい」と考える方もいるかもしれません。服装や表情などで表現することは大切ですが、メイクでごまかしたり、ヘアスタイルで輪郭を隠したりといった方法は避けましょう。

オーディション当日と同じく、自然体な自分を表現する意識が重要です。自信が持てない方も、自分自身に魅力を見いだしながら撮影に挑みましょう。納得できる写真が仕上がらない場合は、プロカメラマンに依頼する方法もおすすめです。

写真の加工は避ける

近年では、スマートフォンアプリの写真機能でも簡単に加工が施せます。プライベートで楽しむには魅力的ですが、オーディション用の写真に極端な改変を加えるのは適切といえません。面談当日には本来の自分を披露することになるため、大幅な加工は避けましょう。

特に目のサイズを変えたり足を長くしたりすると、かえって違いが可視化してしまいます。審査員の印象と大きく差がある場合、審査の結果に影響を与える可能性が高まるでしょう。

アーティストオーディションのような場ではリスクも低いといえますが、可能な限り自然に近い写真を提出できると安心です。プロカメラマンによる軽度なレタッチであれば問題ありません。

好印象なメイクをマスターしてオーディションに臨もう!

「自分らしいメイクでオーディションに挑戦したい」と考えている方には、「MUSIC PLANET」がおすすめです。2020年の歌手デビューオーディションは、自宅から応募・オーディションが可能なシステムを整えています。見事通過した後は、以下のような特典が利用可能です。

・プロデューサーとの個人面談
・オリジナル楽曲制作
・アーティスト写真撮影
・専属マネージャーによるサポート
・LIVE支援
・オリジナルWebサイト公開

アーティストとしての本格的な活動を目指し、充実のサポート内容が用意されています。審査は音声・動画データの送付で受けられるため、応募を検討してみるのもよいでしょう。オーディション申し込みは、Webサイトから24時間可能です。

まとめ


オーディションでのヘアメイクは印象を左右する要素のひとつとなります。トーンやカラーに迷っている方は、なるべくナチュラルで自分らしいメイクを意識してみましょう。薄いメイクだけでなく素顔でも問題ありません。

一方、派手な印象を与えるヘアメイクは避けたほうが賢明です。写真には加工を施さず、オーディションに近い表現を心がけましょう。アーティストを目指している方は、サポート体制が充実した歌手オーディション「MUSIC PLANET」へご応募ください。