ブログトップへ

オーディション当日に必要な持ち物は?面接の流れやよく聞かれる質問を解説!

歌手を目指している方は、オーディションを受けることがあるでしょう。初めてオーディションに参加する場合には、当日の流れや必要な持ち物について知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、オーディション当日の流れや準備しておくべきもの、よく聞かれる質問や回答例を紹介します。初めてオーディションを受けるときは迷ってしまうかもしれませんが、あらかじめチェックしておけば、落ち着いてオーディションに臨めるでしょう。

オーディション当日に必要な持ち物は?


オーディション当日には、会場に持参しなければならないものがいくつかあります。他にも、持っていくと便利なものもあるので、詳しくチェックしておきましょう。オーディションに不安を感じている方や落ち着いて実力を発揮したいと考えている方は、事前に確認してみてください。

オーディションに必要なもの

オーディションを受けるときには、持っていかなければならないものがいくつかあります。多くの場合、以下のものが必要なので事前に確認して忘れないようにしましょう。

・受験票または引換券
・スマートフォン
・財布

上記のうち、受験票や引換券は忘れずに持参しましょう。これがなければオーディションを受けられません。スマートフォンは緊急時に連絡を取るのに必要なので、きちんと持っていきましょう。

小物を購入したり交通機関の運賃を支払ったりする金銭も必要になるため、財布に十分な現金を入れておくことも大切です。オーディション主催者から持ち物を指定されている場合、指定されたものを忘れないようにしましょう。

持っていると便利なもの

オーディション会場に持っていくと便利なものについて見ていきましょう。当日、以下のものを持参すると役に立つ場合があるので、余裕があれば持っていくことをおすすめします。

・筆記用具
・喉スプレー
・飲み物
・ウェットティッシュ
・ハンカチ
・ストール
・クリアファイル
・メイク道具

筆記用具は会場で書類を書かなければならないことが多いため、持参したほうがよいでしょう。喉スプレーは調子が優れないときに使うものなので、喉の調子に不安があれば持っていくと安心です。

他にも、オーディションによって必要になるものがあります。持ち物を事前にチェックし、余裕をもって準備するとよいでしょう。

特技をアピールする小物を忘れずに

オーディションによっては、自分の特技をアピールしなければならないものもあります。特技に何らかのアイテムを使用する場合、使用するアイテムを忘れないように注意しましょう。

ただし、オーディションによってはアイテムの持ち込みが禁止されている場合もあります。アイテムが必要な特技で自分をアピールしようと考えているなら、持ち込みが許可されているかどうかを事前に確認することが大切です。

あらかじめ会場の場所を確認しておく

初めて行くエリアでオーディションが開催される場合、場所を調べておかないと迷ってしまう恐れがあります。オーディションに遅刻するのは厳禁です。余裕をもって向かうためにも、会場の詳しい場所を確認しておきましょう。

当日、案内看板が出ていないことも考えられるので、事前に地図やストリートビューで場所をチェックします。当日には地図を持参するなど、迷わないための工夫が大切です。

オーディション会場の正確な住所を調べておくことも役立ちます。正確な住所が分かれば、街中に掲げられている街区表示板や住居番号表示板から場所を特定でき、迷わずにたどり着けるでしょう。

オーディションを経験した方からアドバイスをもらう

身近にオーディションを経験した方がいるなら、アドバイスをもらうのも大切です。オーディションに持っていくと役立つものや事前の準備について知る上で、経験者の声は大いに参考になります。

オーディションに臨む際のコツを教えてもらえば、心の準備を整えるのにも役立つでしょう。より安心してオーディション当日を迎えたいと考えているなら、周りにいる経験者に聞いてみることをおすすめします。

オーディション当日の面接までの過ごし方


事前の準備を万全に整えても、オーディションが近くなると緊張してしまうものです。緊張を和らげ、自分のポテンシャルを最大限に発揮するためには、数日前から当日までの過ごし方を考えておくとよいでしょう。ここでは、オーディション当日までの過ごし方について解説します。

2日前までに持ち物、服装は準備する

オーディションに必要なものは、遅くとも2日前までに準備しましょう。主催者が指定しているアイテムがきちんとそろっているか、当日の衣装が汚れていないかをチェックします。

当日の衣装はハンガーに掛けて保管し、汚れやしわがつかないように注意することが大切です。十分な余裕をもって必要なものを準備しておけば、何らかのアクシデントが発生した際にも落ち着いて対処できます。ギリギリになってから準備するのは禁物です。

前日の睡眠時間は逆算して考える

当日、体調を万全に整えてオーディションに臨むためにも、睡眠不足には注意する必要があります。歌手のオーディションを受ける際には、体と喉がきちんと起きた状態でなければベストなパフォーマンスはできません。

当日の起床時間から逆算し、十分な睡眠時間を取れる時間に就寝することが大切です。ギリギリに起床すると喉の調子が整わずに、声が出せない恐れがあります。「十分な睡眠時間を確保すること」「余裕をもって起床すること」の2点に注意しましょう。

会場到着のベストタイムは?

開始時刻ギリギリの到着は避けるのが基本です。また、早過ぎる到着も避けましょう。到着時刻の目安は開始時刻の30分前です。

会場が狭い場合もあり、早過ぎる到着は主宰者に迷惑を掛けてしまうことがあります。オーディションによっては入場開始時刻が決まっているため、事前にきちんと確認しましょう。到着が早過ぎた場合、会場の周辺で時間を調整してから向かうことをおすすめします。

面接までの待ち時間はどう過ごす?

オーディションでは面接までの待ち時間が発生します。控室に十分な広さがあり体を動かせるなら、ストレッチで喉の調子を整えるのがおすすめです。

実際に声を出すと周りの迷惑になるため、呼吸法の練習を行ったり軽く体を動かしたりするとよいでしょう。歌うときに使う呼吸法であるロングブレスやドッグブレスの練習をするのも効果的です。呼吸法の練習なら周囲の迷惑になることもないので、安心して取り組めます。

面接までの間、時間があるからといってスマートフォンを見るのはマナー違反です。待ち時間はストレッチや簡単なボイストレーニングに用い、落ち着いて面接に臨むための準備をしましょう。

オーディション前に準備したい「よく聞かれる7つの質問」


オーディション前の過ごし方も大切ですが、面接の質問の答え方はさらに重要です。面接ではよく聞かれる質問があるため、事前に傾向をつかんで準備しておくとよいでしょう。ここでは、オーディションの面接でよく聞かれる質問を7つ紹介します。質問の目的とどう答えればよいのかを見ていくので、参考にしてみてください。

志望動機

志望動機は面接における定番の質問です。志望動機を聞かれた際には「なぜ歌手になりたいと思ったのか」「なぜこのオーディションを選んでエントリーしたのか」を明確に答えましょう。

数多くのオーディションの中から今回のオーディションを選んだ理由を、審査員に熱意が伝わるように述べると好印象です。オーディションではほぼ毎回聞かれる質問なので、事前に回答を考えておくと答えやすくなります。回答を考える際は、オーディションの趣旨をよく理解しましょう。回答を考えたら、志望動機が明確かつ具体的かどうかを客観的にチェックします。

自己PR

オーディションでは自己PRを求められます。自己PRとは、自分がどのような人間なのか、特技は何かをアピールする場です。オーディションに申し込む際に提出するエントリーシートに記入した内容を発展させるとよいでしょう。

また、定期的にスポーツをしていたり毎週カラオケで歌を練習していたりするなど、定期的に取り組んでいることがあればアピール材料になります。自分の特技や趣味を自己PRのテーマにすれば、比較的答えやすくなるでしょう。

尊敬する人

オーディションでは尊敬する人やアーティストについても頻繁に質問されます。比較的答えやすい質問ですが、尊敬する人やアーティストをただ答えるだけでは不十分です。

主催者は応募者がどのような方向性で活動したいと考えているのかを知りたいので、「なぜ尊敬しているのか」という理由を聞きたいと考えています。尊敬する人やアーティストについて聞かれたときは、理由も含めて答えましょう。

履歴書の内容

オーディションの履歴書(エントリーシート)の内容に関しては、特に詳しく聞かれる傾向があります。書いた内容を忘れると整合性の取れた回答ができなくなるため、履歴書は提出する前にコピーを取り何度も見返しましょう。

特に、複数のオーディションにエントリーしている場合は注意が必要です。勘違いして別のオーディションに提出した履歴書の内容を答えてしまう恐れがあるため、直前に履歴書を見直すことは非常に重要といえるでしょう。

将来どうなりたいか

将来どうなりたいかという質問は、応募者のキャリアプランを問うものです。オーディションに合格したら「どのような方向性のミュージシャンとして活動したいのか」「どのような曲を作りたいと考えているのか」を答えるとよいでしょう。

歌手のオーディションにエントリーした場合、自分が好きな音楽のジャンルやアーティストを例えに出しつつ、将来のプランを伝えることをおすすめします。

熱意

オーディション主催者は、熱意のある応募者を合格させたいと考えています。歌手として活動するには、プロ意識を持たなければなりません。活動していく上で悩んだりスランプに陥ったりすることもあるでしょう。

そのようなときにも諦めずに活動を続けるには「歌手として活動し続けたい」「成功したい」という熱意が必要です。自分のキャリアプランとともに、歌手という仕事にかける熱意があることをアピールしましょう。

努力していること

今、何に力を入れているのかを答えるとよいでしょう。難しく考えなくても構いません。例えば、「毎日歌の練習を1時間している」「体力向上のためにランニングしている」といった将来のために頑張っていることなら、どのようなことでも質問の回答になります。普段から努力していることで、将来につながりそうなことがあれば、積極的に伝えましょう。

全国どこでも受けられる!会場に足を運ばないオーディションを受けてみよう

オーディションの対策や流れを理解したら、実際にオーディションを受けてみましょう。しかし、オーディションは数多くあり、どれを選べばよいか迷ってしまうかもしれません。

MUSIC PLANETの「歌手デビューオーディション」は書類審査がなく、エントリーして音声データを送信するだけで審査を受けられます。書類審査を突破するのは意外に難しいため、書類審査がないのは大きなメリットといえるでしょう。エントリー後は音楽プロデューサーからすぐに返事がもらえるのも魅力です。

オーディション選びに迷っている方やスピードを重視したい方は、ぜひMUSIC PLANETのオーディションにチャレンジしてみてください。

まとめ


落ち着いてオーディションに臨むには、事前の準備が大切です。オーディションを受ける際に必要な「受験票」「スマートフォン」といった持ち物は忘れずに準備して、万全の体制を整えましょう。面接でよく聞かれる質問に対する回答を考えておくことも、オーディションを突破するコツです。

歌手オーディションを受けようと決意したら、ぜひMUSIC PLANETの歌手デビューオーディションにご応募ください。MUSIC PLANETでは、オリジナル楽曲の提供や専属マネージャーによるサポートといった、デビューするために必要な支援が充実しています。「歌手として活躍したい」と本気で考えている方は、ぜひチャレンジしてみてください。