• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • カラオケが上手になる方法!音痴の原因や克服方法についても紹介♪

ブログトップへ

カラオケが上手になる方法!音痴の原因や克服方法についても紹介♪

この記事では音痴の方に向けて「カラオケが上手になる方法」について紹介しています。 音痴の原因や日常生活で行えるトレーニング方法などについても解説していますので、歌を上手に歌えるようになりたい方は必見です。 ポイントさえわかれば音痴を克服できる可能性がありますので、ぜひこの記事を参考にトレーニングしていきましょう。

音痴だからカラオケが楽しめないと感じている人は多い!?

友達にカラオケに誘われるものの、音痴なことが恥ずかしく「どうやって歌わずにこの場を凌ぐか」ということばかり考えてしまっている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は「音楽も歌うことも嫌いじゃないけれど、上手に歌えない」という方のために、音痴の克服方法やカラオケで上手に歌える方法について紹介します。 音痴にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

音痴の原因は?

まずは「なぜ自分は音痴なのか」原因を探ってみましょう。 音痴克服のためには大切なポイントとなりますので、自分の欠点を見つけてみてくださいね。

リズムを上手く掴めない

音痴だと言われる人の多くが「リズムを上手く掴めない」点がネックになっています。 どのジャンルの曲でも必ず「その歌のリズム」というものがあるのですが、これが掴めないと、「なぜか字余りになってしまったり」「全く違う曲調になってしまったり」という音痴ならではのリズムになってしまうのです。 もう少し踏み込んで説明すると「リズムは掴めるのに自分の声で歌うことができない」方と、「リズム自体がよくわからない」という方がいるのが現状です。 リズムは掴めているのに自分の声で表現できない方は、「自分の音域がわからないことで曲に合わせることができない」タイプですので、自分の音域さえ把握できるようになれば歌えるようになるでしょう。 リズムというものがよくわからないという方でも、「その曲のリズムさえ掴めばそこから上達していくことが可能」ですので、安心してください。

音域が狭いから歌いにくい

音痴の方は音域が狭いことが原因で曲の音程が掴めずに音痴になってしまっている可能性があります。 例えば、ドレミファソラシドの音域の中で、ドレミまでの音域しか持っていないのであれば、この3音で曲を歌いきらなければなりません。 しかし、これだけの音域では曲の滑らかさの表現が難しく、場合によっては歌詞が歌ではなくセリフのように聞こえてしまうことも。 「自分がどの程度の音域で歌うことができるのか」ということに注目しながら一度歌を歌ってみましょう。 原曲では低いパートなのに高い声でしか歌えない方や、高いパートは歌いにくく、すぐに声が裏返ってしまう方など、苦手な音域は人それぞれです。 歌を歌ってみて「声が出しにくい」「喉に負担がかかっている」というポイントがあれば、それはあなたの音域外であると認識しておきましょう。 必ずしも歌手のように幅広い音域がなければ歌は上手になれないということではありません。 自分の得意な音域と苦手な音域を知ることで、自分の音域を上手く活かせることができますので、肩は落とさないでくださいね。

声量が無さすぎることも

「リズム感や音域は問題ないのに、なぜか歌が下手」という方は、もしかすると声量が少ないのかもしれません。 弱弱しい肺活量だと上手く発声することができないので、どうしても音程が崩れてしまったり、リズムが取りにくくなってしまいます。 人前で歌うことに恥ずかしさを感じてしまう方も声量が少なくなってしまう傾向があるので、気持ちの問題が関係していることもあります。 もしも「自分は声が小さい」と認識しているのであれば、音痴はそれが原因となっている場合もありますので、今一度自分の声量について確かめてみましょう。 肺活量はトレーニングを積み重ねていけば克服できますので、それほど悩む必要はありません。 焦らずゆっくりカラオケ上手を目指していきましょう。

音痴を克服する方法は?

カラオケで歌う練習をする前に、まずは音痴の根源である苦手分野を克服していきましょう。 以下の3つのポイントを意識して生活するだけでも自分の成長を感じられるはずですので、今日からさっそく実践してみてくださいね。

まずはリズム感を養おう!

音痴を克服するために、まずはリズム感を養っていきましょう。 曲は何でも構いませんが、トレーニングのモチベーションを上げるためにも、まずは自分の好きな曲を聴ける環境を整えてください。 無料音楽アプリやYouTubeなどの動画でもOKですので、その曲をしっかりと聴ける環境を作ってみましょう。 イヤホンやヘッドフォンを使えばよりリズムの感覚を掴みやすいので、持っている方はぜひ準備してください。 それではさっそく曲を聴いてみましょう。 どの曲にも一定のテンポがありますが、多くの曲はドラムの叩く音がその曲のリズムを作っていると考えるとわかりやすいでしょう。 一般的には「8ビート」や「16ビート」というリズムが基本となっていますが、あまり深く考える必要はありません。 各曲には「タンタン・タン…」というように、必ず同じリズムがありますので、それに合わせて指で机を叩いたり、手を合わせたりしながらリズムを取る練習をしていきましょう。 「手拍子だとリズムを合わせにくい」という方は、割りばしや鉛筆などで机を叩いてみましょう。 最初はリズムに合わせて叩くのが難しいと感じるかもしれませんが、繰り返し練習していくことでそのテンポに合わせやすくなってくるので大丈夫です。 また、リズムゲームなどでリズム感を養っていく方法もあります。 「太鼓の達人」や「ピアノタイル」などのスマホアプリやゲームなどを利用して、リズムを取る練習をしていくトレーニングもおすすめです。 ただし、ゲームによっては難易度が高いものもありますので、レベルに合わせて練習していきましょう。

音域を広げるトレーニングをしよう!

リズム感を身に付けたら、次は音域を広げるトレーニングに進みましょう。 カラオケが上手な人でも、自分の音域を広げるトレーニングは容易ではなく、それなりに時間がかかってしまうこともあります。 焦らずゆっくり練習を積み重ねてください。 音域を広げる前に、まずは自分がどの程度の音域を持ち合わせているかを確認しておきましょう。 チェックポイントとしては「歌っていて無理なく気持ちよく歌えるかどうか」です。 低い音域になると声がでない人もいれば、パートが高い音域に入ると喉が苦しくなり声が裏返ってしまう人もいるでしょう。 曲の中でも「Aメロ」「Bメロ」「サビ」というパートがありますが、大抵の曲はサビの部分で高音&声量が必要になり、歌うのがキツく感じるでしょう。 曲のメインディッシュとも言えるサビ部分を華麗に歌いこなしたい気持ちになりますが、まずは無理せず他のパートから着実に音域を安定させ、徐々に引き上げていくことをおすすめします。 もしもピアノやキーボードなどがあれば、音符に合わせて声を出すように練習してください。 すぐに音域を広げられるわけではありませんが、しっかりと練習していけば必ず成果はついてきます。 毎日少しずつでも良いので音程に合わせて声を出すようにしてみてくださいね。

腹式呼吸を身に付けよう!

歌を歌う時は腹式呼吸が基本です。 記事を読みながら試してみて欲しいのですが、胸式呼吸をして息を吐くのと腹式呼吸で息を吐き切るのとでは「息を吐く時間」に違いを感じられるでしょう。 また、腹式呼吸で息を吸ったり吐いたりすることでお腹に力が入りやすく、歌う時に声を出しやすくなるのでおすすめです。 腹式呼吸は鼻から大きく息を吸って口から吐き出すように訓練していきましょう。 この吐き出す時間が伸びてくれば肺活量がアップしている証拠でもあるので、ボイストレーニングの成果として感じやすい練習法です。 自分がどのぐらい息を吐き続けられるのか、時計を見ながら腹式呼吸を繰り返してみてください。 大抵の人は普段の生活で呼吸が浅くなっており、胸で呼吸していると言われています。 歌う時だけ腹式呼吸に切り替えるのではなく、普段からもなるべく呼吸を意識して生活するだけでもボイストレーニングになるのです。 腹式呼吸に慣れてくれば吸える空気の量が増えたり、長い時間吐き続けることができたりと、その効果をしっかりと実感できるはず。 お腹の膨らみや呼吸の深さなどを意識しながら腹式呼吸を身に付けていきましょう。

カラオケで上手に歌う方法!

ここからは実際にカラオケで上手に歌う方法について伝授します。 どのポイントも「無理せず自分のペースを保つ」ことが大切となってきますので、このことを頭の片隅に入れながらポイントをチェックしていきましょう。

マイクの音量やミュージック音量を調節

アカペラで歌うのとカラオケで歌うのでは、感覚に違いを感じるはずです。 カラオケで気持ち良く歌うには、自分に合ったマイクの音量やエコーレベル・ミュージック音量がおすすめです。 ミュージック音量が大きすぎると、声量が少ない人では歌っていても自分の声が聞こえず、音程がぶれやすくなってしまいます。 マイクの音量を上げたり、バックミュージックを小さめに設定したりしながら、自分の歌いやすいように調整しましょう。 マイクエコーは声を響かせて音を伸ばす性質があるので、小さい声の方や声量が少ない方にとっては大変ありがたい機能。 しかし、エコーが効きすぎると自分の本当の声がわかりにくくなる場合もあるので、練習には向かないと言えるでしょう。

歌詞に集中せずリズムを取ること

音痴の方は、リズムではなく歌詞に集中してしまっている傾向にあります。 歌詞に集中してしまうと、リズムよりも「文章を読むこと」に意識が向いてしまうので、どうしても音程が取りにくくなってしまうのです。 歌詞はあくまでも「曲の付属品」と考え、曲のリズムに意識を向けて歌うようにしましょう。 究極を言えば、歌詞を見ずに「ア~」や「ラララ~」などと、日常で口ずさむ程度に声を出すだけでもOK。 最近ではあえて歌詞の無い曲(インストルメンタル)が流行っており、即興で歌詞を付けて歌う人もいるぐらいです。 もちろん、それぞれの曲には意味のある歌詞があり、その曲を作り出している大事な部分なのですが、ボイストレーニングとして歌うのであれば、歌詞よりもリズムやテンポ・曲の流れに身を任せる方がいいでしょう。 リズムさえ掴んでしまえば音楽にのって声を出しやすいので、リラックスしながらカラオケを歌うことが可能になります。 歌手も「例え歌詞を間違えても歌いきることが大事」とされていますので、歌詞を読むことよりも歌うことに集中してカラオケを楽しんでくださいね。

息を吐くように歌う

歌は力んで歌う必要はありません。 息を吐くように自然に声を出すのがベストです。 それぞれの曲には必ず「抑揚」というものがありますが、カラオケ初心者やトレーニング中の人にとってはハイレベルなことでしょう。 叫ぶように歌ったり、声が裏返るほど声を強く出したりすれば上手く歌えるわけではありませんし、聴いている側としても「無理しているな」とわかってしまいます。 無理をして歌う必要は全くありませんので、息を吐くような自然な感覚で歌うようにしましょう。 喉を痛めてしまっては出る声も出なくなってしまいますので、無理のない範囲でカラオケに挑戦していきましょう。 ボイストレーニングを続けていくうちに「歌いづらかったパートが楽に歌えるようになった」という感覚もわかってくるはず。 近道しようとはせずに着実にステップアップしていってください。

高い音域は無理せず裏声で対応!

高音域のパートは、誰もが一度はぶつかる壁。 それまでスムーズにかっこよく歌えていたのに、サビなどの高音パートになった瞬間、声が裏返り、声量も落ちるなんてことは良くある話です。 前述した通り、無理して声量を維持したまま高音を出す必要はありません。 「もうすぐ苦手な高音パートに入るな」と思ったら、そこから徐々に裏声に切り替えていくことをおすすめします。 裏声は学生時代に音楽で練習してきた声質なので、比較的楽に声を出しやすく、喉にも負担がかかりません。 地声と裏声を上手く切り替えて歌っている有名な曲は、BOAの「メリクリ」などが挙げられます。 参考として一度聴いてみてくださいね。

音痴を克服してカラオケをもっと楽しもう♪

音痴の原因や克服方法のポイントは見つかりましたか? どんな人でも練習さえすれば必ず音痴を克服することができますので、焦らずマイペースにトレーニングをしていきましょう。 友達と一緒にカラオケに行くのが恥ずかしい方は、まずはヒトカラ(一人カラオケ)で練習し、自信を付けるのもおすすめです。 コンプレックスを克服し、カラオケをどんどん楽しんでくださいね。

歌うことが楽しくなってきたら「オーディション」を受けてみよう!

「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」をご存知でしょうか? 通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、 まずはボイストレーニングだけだったり、様々な下積みが必要な場合もあります。 しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、 未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートを受けられます。 1.プロデューサーによる個人面談 2.あなただけのオリジナル楽曲提供 3.あなたの楽曲がCDに! 4.専属マネージャーを配属 5.プロトレーナーによるボイストレーニング! 6.オリジナル楽曲をカラオケで配信! 7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信! 8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影 9.なんと…LIVEにも出演! この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、
  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方
と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さです。 オーディションの会場も、
  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)
と、日本全国で開催しています。 さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、
  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア
と全国各地にあります。 ですので、 「地元で頑張りたい」 「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」 という人でも、安心して合格後のサポートを受けることができます。 もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスンです。 今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、 充実した練習ができること間違い無し! 歌手オーディションは無料で受けられるので、 必要なのは会場までの交通費のみ。 現在の練習方法に不安があったり、 「プロのボイストレーニングを受けたい!」 「本格的なレコーディングを体験してみたい」 「もっと歌を楽しみたい!」 と思っている人には、ぴったりのオーディションではないでしょうか? ぜひ、オーディションに参加して、 歌手としてステップアップしましょう!