ブログトップへ

スカウトとオーディションの違いとは?芸能事務所の入り方を解説!

芸能事務所に入るには、街中でスカウトされたり、オーディションを受けて合格したりする方法が一般的です。芸能事務所に入りたいけれど、どのようにチャンスをつかめば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

オーディションは、書類選考や自己アピールの準備が必要です。スカウトでデビューを目指す場合も、求められる人材には特徴があります。今回のテーマは、スカウトとオーディションの違いや特徴です。芸能界にデビューしたいと考えている方は、それぞれの違いを理解して自分にふさわしい方法を選択しましょう。

スカウトとオーディションの違いとは?

「プロの世界で活躍できる実力を持っている」と、スカウトされてデビューできるケースがあります。一方で、プロダクションなどが開催しているオーディションに自ら応募して合格を勝ち取り、デビューにつなげる方法もあります。ここでは、スカウトとオーディションの違いについて詳しく解説します。

スカウトとは

勧誘とは違い、スカウトは基本的にはデビューが約束されている状態です。すぐにプロとしてデビューできる実力がある人材に対して行われることが一般的で、早急にデビューに向けて準備を整えていきます。中には、将来を有望視された方がスカウトされることもあるでしょう。

勧誘は誰にでも声をかけますが、スカウトは育てたいと思う人材を厳選して声をかけています。そのため、育成費用は負担してもらえることがほとんどです。見込みがあると判断されているので、有名になれる可能性も低くありません。

オーディションとは

規定の条件に興味がある方たちから応募を集めて、その中から合格者を選出する方法です。目的に応じて企画されるので、集めたい人材の傾向などがあらかじめ設定されています。名前が知れているプロダクションのオーディションに合格できれば、露出が増えて有名になれる可能性も高まるでしょう。

オーディションとは、いわば芸能事務所やプロダクションと契約するためのテストです。そのため、ジャンルに応じた技能を実演しなければなりません。女優・俳優なら台詞どおりに役を演じ、歌手なら課題曲や得意の歌を披露、アイドルならダンスセンスも求められるでしょう。

スカウトされても面接やオーディションは行われる?

芸能界を志望しているなら、スカウトされたいと思っている方も少なくないでしょう。しかし、スカウトされたからといってすぐに芸能界でデビューできるわけではなく、面接やオーディションの内容から総合的に判断して事務所に入れるかどうかが決まります。

現在、モデルや女優として活躍している方も、芸能界に足を踏み入れたきっかけはスカウトだったということはよくあるケースです。スカウトに声をかけられたなら、素質を見出されているともいえるため、自信を持って臨みましょう。

オーディションで芸能事務所に入る方法

オーディションに合格すると、プロダクションに所属してデビューに向けたレッスンを行えたり、中にはデビューが確約されていたりするケースもあります。応募の際には書類選考などが行われるので、合格に近づけるように具体的な対策も忘れずに行いましょう。ここでは、オーディションを活用して芸能事務所に入る方法を解説します。

オーディションの情報を入手する

芸能界への入り口となるオーディションの情報を入手しなければ、次のステップへ進めません。最近のオーディション情報は、インターネットを通じて告知される場合もよくあるので、こまめにチェックしてみましょう。

年齢や性別などの応募要項をよく読み、自分に合ったオーディションに申し込むことが大切です。Webサイトから応募を受け付けているオーディションも少しずつ増えてきましたが、一般的には履歴書や写真を所定の住所に送付します。

オーディションの対策を行う

まずは書類審査を通過することで、実際のオーディションを受ける権利が与えられます。履歴書は審査員によく知りたいと思ってもらえる内容を心がけ、独自性を押し出したオーディション専用のものを用意しましょう。

オーディションでは個性をアピールできるように自己PRを事前に入念に準備します。志望動機を聞かれる場合も多いため、明確な理由を答えられるようにしておきましょう。審査員の記憶に残るような内容の濃い時間にすることが大切です。

芸能事務所にスカウトされる方法と注意点

スカウトされたいと思っていても、ただ待っているだけではスカウトマンの目に留まることは難しいでしょう。自ら情報を集めて出向くなどの具体的な行動が必要です。もしスカウトされたとしても、判断はすぐに行わないように注意しましょう。ここでは、芸能事務所にスカウトされる方法や、スカウトを受けたときに注意すべき要素を紹介します。

スカウトマンがいる場所に出向く

スカウトされたいと思うなら、スカウトマンが歩いている場所や時間帯を狙って自分から出向くこともひとつの方法です。SNSなどインターネットで詳しい情報をつかみやすいので、参考にしてみましょう。確実に会えるわけではありませんが、何も行動を起こさずにいるよりもずっと可能性が高まります。

清潔感があり、容姿が整っている方はスカウトの条件に当てはまりやすいでしょう。もちろん容姿だけが大切なわけではないので、立ち振る舞いにも注意が必要です。

スカウトされてもすぐに判断しない

街中を歩いているスカウトマンの中には、悪質なものも少なくありません。正当な事務所のスカウトマンかどうかをひと目で見分けることは難しいため、スカウトされたからといってすぐに判断することは避けましょう。まずは名刺を受け取り、慎重に見極めることが大切です。

自分をスカウトした目的は何なのか、芸能界入りした後は具体的にどのような仕事をするのかなど、細かい内容を確認します。事務所が実在しているかどうかや、詳しい実態を調べてからスカウトに応じるかを決めましょう。その場は冷静な態度を保ち、返答は後日でも十分間に合います。

費用がかかるのはスカウトとはいえない?

登録制の芸能プロダクションに勧誘され、有料で事務所に所属するケースもあります。この場合はスカウトではなく、デビューを約束されるわけでもない場合が多いので注意しましょう。

入会金やダンス・ボーカルなどのレッスン料、宣材写真の撮影費用などのプロモーション費用をはじめとして、さまざまな費用を請求されるケースも少なくありません。納得した上で登録するのであれば問題ありませんが、スカウトだと思っていたら実は費用がかかる勧誘だったというケースもあるため事前に確認が必要です。

心配な要素を確認する

スカウトにあたって、心配な要素を確認しましょう。例えば、なかなかオフィスへ案内されなかったり、面接会場にプロダクションを指定されなかったりする場合は注意が必要です。固定電話がなく、携帯電話の連絡先のみが書かれている場合や、所属タレントの実績が分からない場合も警戒しましょう。

契約書などの重要書類が用意されず、費用の話ばかりされるケースも要注意です。厚生労働省の認可を受けたプロダクションかどうか確認できなかったり、レッスンスタジオの用意がなかったりする場合も心配な要素に含まれます。

歌手デビューを目指すならオーディションが狙い目?

歌手のスカウトは、音楽関係者の目に留まる運の強さも必要といえます。どんなに実力があったとしても、スカウトが約束されているわけではありません。歌手としてデビューしたいなら、スカウトを目指すのは狭き門だといえるでしょう。デビューを希望するならオーディションを受けることがおすすめです。ここでは、その理由を詳しく紹介します。

歌手のスカウトは限られた環境である

歌手がスカウトでデビューすることは、基本的にはレアケースです。路上ライブをただ行うだけでなく、デビュー前からファンが付いていて音楽関係者が注目している状態でなければ、スカウトを受けることは難しいでしょう。

音楽性の高さも重要で、制作している楽曲が高いレベルになければデビューしてもすぐに活躍できる実力が備わっているとはいえません。もちろん、運も大切な要素のひとつです。人気や実力が備わっている状態で音楽関係者の目に留まらなければ、スカウトされることもないからです。

歌手オーディション応募の基本

タレントオーディションとは異なり、歌手のオーディションは書類審査の段階で音源の提出を求められる場合が少なくありません。まずは自薦や他薦、スカウトなどで集まった応募者の書類選考を行って、一次審査通過者を決定します。その後、音源などの追加資料を使用して応募者をふるいにかけるのが二次審査です。

二次審査に通過すると、面接やボーカルテスト、カメラテストなどの三次審査が行われます。ここでも、審査員が実力を測るためにさまざまな実技を要求されることが一般的です。

すべての審査が終わったら、審査員が最終審査を行い、合格者を決定します。晴れて合格するとプロダクションへの所属が決まり、デビューに向けたレッスンが開始されるという流れです。

目指すアーティストへの実現性を考える

歌手オーディションに応募する際は、自分が目指しているジャンルのサポート体制が整っているかどうかを確認することが大切です。自分が目指す道に合わないオーディションを受けても合格しにくく、何より求めている活動ができなくなるかもしれません。

例えば、アイドルを目指しているのに誤って演歌歌手のオーディションに応募すると、まったく異なる歌手活動になってしまいます。応募しようとしているオーディションがどのようなコンセプトで開催されているかをしっかりと把握してから臨みましょう。

夢が近づく歌手オーディションの決定版はこれ!

歌手になりたいと思っているなら、実際にオーディションをなるべく早い段階で受けてみることが大切です。MUSIC PLANETでも、夢に近づくための歌手オーディションを開催しています。

年齢制限も広く、書類審査もないので、提出した音源が魅力的ならすぐに音楽プロデューサーから返事をもらえることが特徴です。一般的なオーディションは書類審査が行われる場合がほとんどなので、第一関門を突破するハードルは高いといえるでしょう。

しかし、MUSIC PLANETならすぐに審査が受けられます。完全遠隔オーディションなので、自宅にいながら空いた時間で受けることも可能です。歌手への一歩を踏み出すために、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

芸能事務所に入るには、大きく分けて「スカウトを受けること」と「オーディションを受けること」の2つの方法があります。歌手を目指す場合、スカウトを受けてデビューするケースもありますが、オーディションを受けてプロダクションに所属することが一般的です。

MUSIC PLANETでは、歌手としてデビューするためのボーカルレッスンなど、アーティストをデビューに導く支援が充実しています。まずは手軽にエントリーできるオーディションで、あなたの力を試してみませんか。