ブログトップへ

チェストボイスとは?地声をきれいに出す3つのコツを詳しく解説!

チェストボイスとは、胸に響くような感覚のある声のことです。全ての発声の基礎といわれているので、チェストボイスという名前を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。裏声を使い歌唱することが多く、響かせる声を使うのが難しいという悩みがある方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、チェストボイスとはどのように発する声なのか、発声するコツはあるのかを詳しく解説します。チェストボイスを自分のものにできれば、幅広い音域でしっかりと声を出すことが可能です。チェストボイスを使えることによるメリットもご紹介します。

「歌がうまい」の要素には何がある?


歌唱にはさまざまなテクニックがあります。使いこなせるテクニックが多ければ多いほど「歌がうまい」と感じられるかもしれません。しかし、テクニックだけでは計れないうまさもあります。「歌がうまい」に欠かせない要素にはどのようなものがあるか確認しましょう。

・リズム感が良い
・ロングトーンを難なく出せる
・音域を選ばず美しく響かせられる
・抑揚をつけて歌える
・テクニックを使いこなせる

これは要素の一部です。多くが基本的なことであることが分かるでしょう。歌の上達にはまず基礎が重要になります。そこで、基礎を身につける一環として活用したいのがチェストボイスの習得です。全ての歌声の基礎といわれるチェストボイスを出せるようになることは、歌がうまくなるための第一歩になるでしょう。

チェストボイスとは


チェストボイスという名前を知っていても、特徴まではわからない方がいるかもしれません。声のテクニックにはチェストボイスの他にも、ヘッドボイスやエッジボイスという発声の仕方もあります。

それぞれの発声の仕方について、詳しく知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。ここでは、チェストボイスの特徴をはじめ、ヘッドボイスやエッジボイスとの違いも解説します。

チェストボイスの特徴

チェストボイスと地声は、全く同じだと思っている方もいるかもしれません。地声は自然に発している声なのに対して、チェストボイスは胸に響かせる声という違いがあります。チェストボイスは声帯をやや緩ませた状態で発声するので、低音の発声になるのが特徴です。

歌の中で最もよく使われる声で、全ての発声における基礎ともいわれています。低温を響かせるスキルは高音域の伸びや力強さを出すためにも役立つでしょう。「キーが低い曲でも上手く歌えるようになりたい」「低音部分を魅力的に響かせたい」という場合は、チェストボイスのマスターが必要です。

チェストボイスとヘッドボイスの違い

チェストボイスは低音域を響かせる発声であるのに対し、高音域で使う発声は「ヘッドボイス」といいます。また、チェストボイスとヘッドボイスの間の音域で使うのが「ミックスボイス」です。

発声したい音程の高さによって、チェストボイス・ミックスボイス・ヘッドボイスを自在に操ることで、低音から高音までよどみなく歌うことができます。

低音域や中音域が力強く歌えない場合、チェストボイスやミックスボイスで歌うべき音域をヘッドボイスで歌ってしまっているかもしれません。高音域、中音域、低音域に合う発声方法は違います。音域に合った発声ができるよう、それぞれの出し方を身につける必要があるでしょう。

チェストボイスとエッジボイスの違い

声帯をやや緩ませた状態で胸に響かせる発声で生まれるチェストボイスは、聞いていて心地のよい声になります。これに対し、声帯を閉じて発声したときに出る、引っ掛かりのある声が「エッジボイス」です。エッジボイスは、別名で「ボーカルフライ」とも呼ばれます。

チェストボイスは声帯をやや緩めて発声しますが、エッジボイスは声帯を適切に閉じた状態で発声する方法です。声の音程を安定させて出せるようになるために、多くのプロ歌手はトレーニングの一環として声帯を意識して使うエッジボイスを習得しています。

チェストボイスで歌う魅力的な歌手は?

チェストボイスは低音域を魅力的に響かせるもので、この特性を最大限魅力に変えて活躍した有名歌手もいます。例えば、フランク・シナトラやエルビス・プレスリーは代表的な存在です。エルビス・プレスリーが歌う「ラブミーテンダー」はチェストボイスでプレスリーの魅力を十分引き出した曲といえるでしょう。

また、日本で活躍する歌手の中では尾崎紀世彦氏がチェストボイスによる低音域の響きに魅力があるといわれています。尾崎氏の圧倒的な声量はチェストボイスを自在に操れる技量も影響しているのかもしれません。

チェストボイスを出すための3つのポイント

チェストボイスの特徴や魅力について知ると、「チェストボイスが出せるようになりたい」と感じることもあるのではないでしょうか。チェストボイスを出すには、いくつかのポイントを意識しなければなりません。

ここではまず、地声で歌う必要があることを解説します。声帯を閉じて歌うことやエッジボイスを出すこともコツとしてご紹介するので、併せてチェックしましょう。

地声で歌うことを意識する

チェストボイスを出すためには、地声で歌うことを意識する必要があります。特にコーラスや声楽を経験してきた女性の場合、裏声で歌うことが当たり前になっている方もいるかもしれません。

コーラスや声楽では、地声と裏声の境目で声が裏返らないよう、全て裏声で発声する手法をとられることが一般的です。また、普段から地声を使わない会話をする人の中には地声を出すときに使う筋肉が衰えている場合もあります。

こうした場合、地声で歌唱する感覚をつかむのが容易ではありません。少しずつ地声で歌うことへの抵抗感をなくしながら地声を出す感覚をつかみ、チェストボイスの習得へ一歩近づきましょう。

声帯が閉じた状態を意識する

チェストボイスを出せるようになるには、声帯を意識して閉じ、胸に向かって声を落とすイメージで発声するのがコツといえます。声帯を閉じる筋肉を発達させていけば、生態に感じる負荷は徐々に感じなくなるでしょう。

声帯は、発声しているときは閉じています。発声しながら息を止めてみると、喉の奥で何か詰まったような感覚がわかるのではないでしょうか。この何か詰まったような感覚が、声帯が閉じた状態です。

エッジボイスを出す

エッジボイスは声帯を閉じて発声したときに出る、ガラガラとしたような声です。エッジボイスを習得することで、声帯を閉じている状態で発声する感覚が分かるようになります。

声帯を閉じたまま息を止めた後に、自分の出しうる限りの低音で小さな声を出してみましょう。地を這うような声が出せたなら、エッジボイスが出せたといえます。

エッジボイスで声帯を閉じた状態で発声する感覚がつかめたら、次にエッジボイスを徐々に張るようにして声を伸ばします。その状態で発声された吐息が少なく力強い声が、チェストボイスです。簡単にチェストボイスでの発声ができるよう、この方法を繰り返し行ってみましょう。

チェストボイスを上手く出せない原因

チェストボイス(地声)を上手く出せない原因としては、声帯を閉じる筋肉が弱くなっていることが考えられます。声帯は、喉の中にある2枚の筋肉のひだがある部分です。

声帯のひだは呼吸をしているときには開いた状態で、発声しているときは閉じます。閉じた状態の声帯の間を息が通ることで声帯が振動し、声になる仕組みです。声を出すときに声帯を閉じる筋肉が優位になると地声、声帯を引き伸ばす筋肉が優位になると裏声になります。

普段裏声のみ使って歌唱する人は、声帯を伸ばす際の筋肉を使うことが多いため、声帯を閉じる筋肉が弱くなっているかもしれません。声帯を閉じる筋肉が弱くなると地声が出しにくくなるため、チェストボイスを出せなかったり、歌いにくかったりする可能性があります。

チェストボイスの練習曲選びのポイント

チェストボイスの練習曲には、はじめはスローテンポの曲を選びましょう。また、キーが低めの曲は低音域を使うことが増えるため、チェストボイスの練習にはおすすめです。チェストボイス発声の難易度の低い曲から、少しずつテンポの速い曲にも挑戦していきましょう。

練習曲を選ぶときには、自分が感動した曲や好きなアーティストの曲を選ぶと、モチベーションが上がります。飽きることなく歌うことができるため、練習曲を繰り返し歌っても苦になりません。しかし、同じ曲調ばかりを選択するのでなく、チェストボイスを活かせる練習曲を広く探して練習に取り入れてみましょう。

チェストボイスが出せるようになるメリット


チェストボイスは地声に近い発声法であり、歌唱の基礎的要素を多くもっています。チェストボイスを習得することは、力強く歌唱できるという大きなメリットを得られるでしょう。ここでは、個性を表現できることや歌える曲が増えることもメリットとして解説します。

個性を表現できる

チェストボイスが出せるようになれば、自分の個性をより豊かに表現することができます。裏声と比べて、チェストボイスは自分の声色が出やすい声です。有名な歌手を思い浮かべたときに、チェストボイスで歌っている部分にそのアーティストの個性を強く感じる方が多いのではないでしょうか。

ときに個性を出さないように歌うことが必要になる場合もあります。例えば、合唱のように同じパートを何人かで声をそろえて歌唱する機会です。しかし、ソロで歌唱する際やソロパートを歌うのであれば、チェストボイスを使って歌うほうがよいでしょう。ソロ歌手を目指すなら、チェストボイスの習得は個性を引き出す大きなメリットとなります。

歌える曲が増える

歌える曲が増えることも、チェストボイスがもたらすメリットのひとつです。一般的に、裏声は低音になるにつれて弱くなっていくという特徴があります。裏声だけを使って歌唱しようとすると、力強い低音を発声することは難しいでしょう。

裏声のままで低音域を無理やり歌唱しようとすると、声帯を圧迫してしまうことにつながります。そのまま歌い続けていると、喉を壊してしまうかもしれません。

それでも、チェストボイスと裏声の境目で声が裏返ることに抵抗がある方もいるでしょう。チェストボイスと裏声の切り替えは、トレーニング次第ではスムーズに切り替えることが可能です。チェストボイスで歌唱できるようになれば、無理をせず幅広い音域をしっかり歌えるようになるため、上手に歌える曲が増えます。

力強いミックスボイスを出せる

高音域を力強く歌えるアーティストへの憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。チェストボイスの習得は、安定したミックスボイスを出すことにもつながります。

ミックスボイスは、チェストボイスとヘッドボイスの間の音域で使う発声です。出したい音の高さに合わせて、チェストボイス、ミックスボイス、ヘッドボイスを操れば、低い音域から高い音域まで安定して歌唱することができます。

ミックスボイスを操るには、チェストボイスで必要となる筋肉と裏声で必要となる筋肉が同じくらいの強さでなくてはなりません。裏声だけで歌唱している場合は、裏声の筋肉に偏って発達しているため、チェストボイスで使う筋肉は弱くなりがちです。両方の筋肉を鍛えることで、安定したミックスボイスで歌唱することが可能になります。

チェストボイスをマスターすれば歌手への道が開けるかも!?

チェストボイスをマスターすれば、安定した声量、音程で歌えるようになります。また、幅広い音域の声を力強く発声できるようになることで、さまざまなジャンルの曲を歌えるようになるでしょう。歌唱力がレベルアップすることで、歌手への道が開けるかもしれません。

「MUSIC PLANET」が主催している「自宅deかんたん!!歌手デビューオーディション」をご存知でしょうか。このオーディションは、業界初となる完全遠隔のオーディションです。

オーディションへの参加は無料で、毎日24時間応募することができます。自分のペースでオーディションを受けることができ、リモートで行っているため会場までの交通費もかかりません。録画した動画データまたは録音した音声データで手軽に応募でき夢への第一歩にもってこいです。

合格者へのサポート体制も充実しています。プロデューサーとの個人面談をはじめ、オリジナル楽曲の制作、専属マネージャーによるサポート、LIVE支援など、活動の幅を広げる特典が盛りだくさんです。

まとめ


チェストボイスは胸声といわれ、低い音を胸で響かせるように出す発声法です。さまざまな発声法に通じる技術であるため、習得すれば歌唱におけるさまざまなメリットが得られます。声帯の使い方を意識しながら繰り返し練習し、安定的にチェストボイスを使えるようになりましょう。

特にプロの歌手を目指すのであれば、チェストボイスのマスターは重要です。自分が理想とする歌の表現ができるようになった際は、気軽に腕試しができる「MUSIC PLANET」が主催している「完全遠隔オーディション」への応募がおすすめです。

完全遠隔で自宅で受けられるオーディションの合格者は手厚いサポートが受けられます。現在の生活環境を変えることなく、サポートを受けることも可能です。「完全遠隔オーディション」でチャンスをつかんでみませんか?