ブログトップへ

ホイッスルボイス習得法!練習方法とコツを知ろう

歌手になるためのスキルとして、ホイッスルボイスの習得を目指している方もいるのではないでしょうか。

ホイッスルボイスは声域を広げるためには有効ですが、習得の難度は高めです。ホイッスルボイスの練習方法や歌手になるための方法を知ることで、すべきことを順立てて判断できます。

歌手として習得しておきたいスキルについて理解を深め、歌手になるための近道を選択しましょう。そこでこの記事では、ホイッスルボイスの練習方法やコツ、歌手になるための方法についてご紹介します。

ホイッスルボイスとは


ホイッスルボイスはファルセット(裏声)以上の高音域を発声する技術・声色であり、超ハイトーンボイスとも呼ばれます。楽器におけるフラジオレット奏法(ハーモニクス奏法)の仕組みのような発声法を用い、発声は笛のような音色になることが特徴です。

正しく練習すれば誰でも習得できる可能性はありますが、歌唱の中で使えるレベルにするには技術を要します。習得すれば声域が広がり、歌える楽曲の幅も広がるでしょう。

ホイッスルボイスの出し方


ホイッスルボイスは声門をほぼ閉じた状態で、声帯をわずかに震わせて発声します。特殊な発声方法であるため、声門のコントロールに慣れることが必要です。ホイッスルボイスを安定して出せるようになるための練習方法を、3段階に分けて見ていきましょう。

練習方法1.息を吸いながら発生し声帯の形を整える

まずは「吸気発声」と「声門閉鎖」のコントロールを練習しましょう。左右の声帯の間を声門裂といい、声帯と声門裂の総称が声門です。声門裂の閉鎖を声門閉鎖といい、吸気の際には自然と声門閉鎖が起こります。

息を吸いながら声帯を震わせ、声を出してみましょう。息を吐くときより発声は困難ですが、「エッジボイス」を意識することで発声しやすくなります。吸気発声の際に喉の奥がガラガラと鳴れば、声帯のわずかな振動で「声の起こり」を得られている状態です。

吸気発声で高音が出せるようになるまではエッジボイスに慣れ、歌おうとする前に声門のコントロールを練習しましょう。

練習方法2.吸気発声で高い声を出す

エッジボイスの練習をして吸気発声に慣れれば、意識的に高音を出せるように声門をコントロールしましょう。低音を出す際の感覚をベースにして、声門の状態を意識しながら高音が出るように反復練習をします。

吸気発声を何度も繰り返すと、高音が出せるようになってくるでしょう。吸気発声で高音が出せる状態は、ホイッスルボイスを出せる状態のベースです。この感覚を覚えるために反復練習をして、次のステップに進みましょう。

練習方法3.吸気発声と同じ要領で息を吐きながら声を出す

吸気発声で高音が出せる状態に慣れたら、同じ要領で息を吐きながら発声してみましょう。声門のコントロールができていなければ、簡単には発声できません。声門裂をほぼ閉じた状態でブレスを調節するため、息が詰まったような感覚になる場合があります。

吸気発声のときと同じ声門の状態で高音が出せれば、それがホイッスルボイスです。安定してホイッスルボイスを使うために、無理のない範囲で練習を重ねましょう。

ホイッスルボイスのコツ!


練習をする際には、いきなり発声を始めるのではなく、声だけでなく、体全体のコンディションを整えることが重要です。体を楽器として用いている意識や、ホイッスルボイスに向いた発声のイメージももちましょう。ホイッスルボイスを出すときに意識したいコツを、3種類に分けて紹介します。

体の力を抜く

ホイッスルボイスを使う際には、声門の繊細なコントロールが必要です。声門のコントロールには喉周りの複数の筋肉が関わっており、それらは肩や胸など、全身の状態に影響を受けます。声門を思いどおりに動かすためには、全身の不要な緊張をほぐすことが重要です。

まずは首や肩をはじめ、全身のストレッチを行いましょう。特に喉の緊張は声門のコントロールに大きく影響します。長音を発声しながら、首を左右に曲げたり回したり、全身を揺らして脱力させたりしましょう。リラックスできていれば、声門のコントロールがしやすくなります。

声のコンディションを整えるのが先

ストレッチをして体のコンディションを整えたら、ホイッスルボイスの練習をする前に、声を整えることも重要です。音感が狂っていたり喉の調子が悪かったりする状態だと、どのような発声もうまくいきません。

音感は日々ずれが生じるため、ハミングや長音による基礎的な発声練習を行いましょう。音程が怪しい状態でホイッスルボイスの練習をしても、高い効果は望めません。声のコンディションを確かめた上で、ホイッスルボイスの練習を行いましょう。

意識を体のどこにおくか

歌声は声門だけでなく、頭や胸なども含め、全身でつくられます。しかし、歌声をつくる際の体の内部は目に見えません。歌声をどのようにつくるかはイメージに依存するところも大きいため、ホイッスルボイスに向いたイメージを保ちましょう。

ホイッスルボイスは声門裂を極端に狭めて発声します。咽頭を下げてブレスがスムーズに流れるイメージや、頭と首の境目から歌声が真後ろに伸びていくイメージをしてみましょう。個人差はありますが、イメージを保つことでホイッスルボイスの習得が容易になるかもしれません。

ホイッスルボイスで気をつけること


ホイッスルボイスは魅力的な発声技術ですが、練習中は声帯が緊張した状態であるため、声帯を痛めやすいことに注意が必要です。無理な練習は避け、リラックスした状態で適度に練習しましょう。まずは基礎を身につけ、声門を自在にコントロールできる状態で、習得を目指すのが無難です。

無理な練習は声帯を傷つける

ホイッスルボイスは声門裂を極度に狭めた状態で、わずかに声帯を振動させる発声方法であり、誰でも簡単に習得できる技術ではありません。なかなか習得できずに、ハードな練習をしてしまう場合もあるでしょう。しかし、声帯が緊張した状態で無理な発声を続けると、声帯を痛めるリスクが高まります。

声帯を緊張させることが前提のホイッスルボイスは、練習量に注意が必要です。無理のない範囲で、適度に練習することを心がけましょう。

ホイッスルボイスばかりにとらわれない

声域を広げたい方にとっては、ホイッスルボイスは習得したい技術といえるでしょう。しかし、ホイッスルボイスを習得しても、歌唱力が大幅に向上するわけではありません。

高音の伸びや表現力を鍛えるのであれば、汎用性の高いミドルボイスやヘッドボイスを習得するのが先決です。基礎が身についていない状態では、ホイッスルボイスの習得にあたって、声帯を痛めるリスクが高いともいえます。まずは基礎を身につけ、さらにスキルアップしたい段階でホイッスルボイスの習得を目指しましょう。

ホイッスルボイス習得で歌に影響はある?

ホイッスルボイスを習得すると声域は広がりますが、歌唱に応用できるかどうかは楽曲によります。極端な高音域を発声すると母音が不明瞭になるため、ホイッスルボイスによる歌唱では、メロディーは追えても歌詞がのせられません。

楽曲によってはホイッスルボイスを効果的に使い、表現を豊かにできる場合もあります。汎用性の高い技術ではありませんが、うまく使えば歌手としての魅力につながります。

ボーカリストになるためには?


ホイッスルボイスを習得すれば歌手としての魅力になり得ますが、歌手になるための必須条件ではありません。歌手になろうとするなら、歌手に求められる能力や歌手になるための方法を把握しましょう。歌手に求められる複数の能力と、歌手になるための近道について解説します。

歌手に求められる能力

歌手は歌唱を職業とするため、まず歌唱力が求められます。リズム感や表現力、感性を歌詞やメロディーにのせる能力は重要です。ホイッスルボイスは歌唱に応用できるなら魅力になり得ますが、歌手として必ず求められるスキルではありません。

歌唱力のほかにも、ルックスやカリスマ性、音楽ビジネスの中で成功できる将来性も重要です。プロとして活動していく限りは、楽曲の商品的な価値を自己分析し、レーベルの意向に合わせていけることも必要といえます。

こういった能力があれば、ホイッスルボイスが使えなくても歌手になれる可能性は十分にあるといえるでしょう。

歌手になるための方法

歌手になるための確実な方法は存在しませんが、オーディションを受けることや、音楽関係の事務所にデモテープを送ることなどが入り口です。デモテープは自作の楽曲を売り込むためのCDやDVDなどのメディアで、昔ながらのテープのみを意味していません。

スカウトマンがライブ会場に来場していれば、ライブに出演することが入り口になるケースもあります。SNSなどインターネット上で楽曲を発表し、きっかけをつかむケースもありますが、トラブルも多いことに注意が必要です。デモテープやライブ出演は運の要素も大きいため、オーディションを受けることが歌手になる近道といえるでしょう。

オーディションを受けるなら「MUSIC PLANET」

MUSIC PLANETなら、スマホで録音した音源を送信するだけでオーディションが受けられます。合格者は敏腕音楽プロデューサーと個人面談ができるなど、うれしい特典が豊富です。プロのクリエイターによるオリジナル楽曲制作も受けられ、完成した楽曲は音楽配信サイトや全国のカラオケ店に配信できます。

さらに、スケジュールは専属マネージャーがサポートし、プロのバックバンドとともにライブ出演も可能です。歌手としての公式サイトも公開できるため、歌手を目指している方には打ってつけの環境が得られます。

まとめ

ホイッスルボイスは声域を広げるためには有効ですが、習得の難度は高めです。歌手になるための必須条件ではないため、まずは基礎を身につけ、歌唱力の底上げを目指しましょう。その上で、ホイッスルボイスを習得することで、歌手としての魅力のひとつに加えることができます。

歌手への道へ続く入り口は複数ありますが、最も近道といえるのはオーディションを受けることです。MUSIC PLANETは、合格者に対して万全のサポート体制で歌手への道を支援します。歌手を目指している20歳~49歳までの方は、MUSIC PLANETのオーディションにご応募ください。