ブログトップへ

ボイトレで喉声を改善しよう!喉声で歌うデメリット&おすすめボイトレ3選

歌うことは好きなのに、すぐに喉が疲れたり、痛くなったりする方もいるのではないでしょうか。もしかすると喉声で歌っているのかもしれません。喉声で歌い続けると上手に聞こえないだけでなく、喉を傷める恐れもあり、改善が必要です。 そこでこの記事では、喉声が良くない理由と克服するためのボイトレ法をご紹介します。喉声で歌っていては、あなたが持つ声の魅力は十分に発揮できません。ボイトレを通してよりうまく、よりすてきな歌声を手に入れましょう。

ボイトレで喉声は改善する!

自分が喉声かどうかを確認するために、喉声とはどのような声をいうのか整理します。喉声の特徴もご紹介しますので、自分の歌い方と照らし合わせてみてください。喉声と地声を混同している方もいます。この2つは全く違う言葉です。それぞれの意味も理解しておきましょう。

喉声とは?

音楽の世界でいう喉声とは、「喉の使い方に問題がある声」のことをいいます。喉声には響きがなく、通りも悪いのが特徴です。 喉には声帯をはじめとするさまざまな筋肉や骨があり、私たちはそれらを複雑に機能させながら声を出しています。声帯を開け閉めするには声帯周囲の筋肉を適度に緊張させることが必要です。緊張が足りないと声にならず、必要以上の緊張を加えると喉声になってしまいます。歌いづらさを感じている方は、喉声を出しているかもしれません。

喉声と地声の違い

喉声と地声を混同している方もいますが、この2つは全く別物です。喉声は声の出し方を、地声は声の種類を表しています。 喉声は不必要な力が入った歌い方のことです。息の通り道を緊張した筋肉が塞いでしまうため、息がスムーズに流れません。空気の出口が閉じられた笛を吹いているようなものです。 地声は生まれつきの声のことで、力みのない自然な発声により生まれます。自然な話し言葉や何気なく漏れるつぶやきなどで発声しているのが地声です。 歌う場合は、一般的に低音で地声、高音で裏声となります。低音を歌う際の声が通常の話し声とかなり違うようであれば、喉声になっていると考えられるでしょう。地声は自分にしか出せない魅力的な音色ですが、喉声ではその魅力が落ちてしまいます。

喉声で歌っている人の特徴

では、自分が喉声になっていないかどうか、チェックしてみましょう。喉の中は見えませんが、喉声になっていることを示すさまざまな徴候があります。 ■声の特徴 喉声では息がスムーズに流れません。口腔内が狭くなっているため共鳴もうまくいかず、声が痩せてしまいます。 ・声が響かない ・声が通らない ・声が震える ・声がかすれる ■歌い方の特徴 声を出そうとすればするほど、喉以外の部分にも力が入ってしまい、見た目にも喉声の特徴が表れます。 ・姿勢が悪い ・口を開けて歌っても喉の奥が見えない ・舌が浮いてしまう ・高音になると顎が上がる ■感じ方の特徴 喉声は良くない発声方法です。歌っている本人には違和感があるでしょう。痛みや疲れを伴うため、次の特徴がある人は早急に改善することをおすすめします。 ・息が続かない ・高音が苦しい ・数曲歌うと喉が疲れる・痛い ・肩や首が凝る

喉声で歌った場合の3つのデメリット

喉声がすっかり癖になっている方もいるでしょう。喉声は良くない歌い方だと分かっていても、「無理してやめる必要はない」と思うかもしれません。 しかし喉声にはいくつものデメリットがあり、放っておくのは危険です。ここでは、代表的なデメリットを3つ取り上げます。喉声を使うことが不利だと理解し、できるだけ早く克服しましょう。

喉を傷めてしまう

喉声の最も大きなデメリットは、喉を傷める恐れがある点です。不必要な力を入れたまま声を出すと、声帯の粘膜が充血してしまいます。声帯が充血した状態で歌い続けると炎症を引き起こすため、大変危険です。 この段階で、喉の疲れや違和感、息が続かないといった症状が表れます。そのまま歌い続けると、炎症から声帯血種、声帯ポリープへと悪化するかもしれません。好きな歌を思いきり歌いたいなら、喉を傷めることのない、正しい発声法を身に付けることが急務です。

響きのない歌になってしまう

声帯で作り出された音が最初に共鳴するのは喉です。その後、口腔内のさまざまな部分に共鳴が広がり、美しい響きが生まれます。共鳴には音を増幅させる広い空間が必要です。 しかし喉声は、喉の通り道である口腔内を狭めたり、塞いだりしてしまいます。結果、共鳴がうまくいかず、響きのない声になってしまうというわけです。 ボイトレで息の通り道を広げてやると、口腔内に共鳴できるスペースが生まれます。自分の声をさらに響きの良い、魅力的なものに変化させられるでしょう。

高音がきれいに出ない

高音が出にくいのも喉声のデメリットです。高音を美しく出すためには、声帯を薄く引き延ばし、安定した少量の息を送り出さなければなりません。 喉声だと、声帯を引き延ばす筋肉だけでなく、周りの筋肉にまで力が入ってしまいます。喉全体が力むと安定した息を送り出せません。声帯を薄く引き延ばす筋肉の動きも妨げてしまいます。リラックスした状態で高音を出せるようになるには、ボイトレで喉声をなくすことです。

喉声を改善するおすすめボイトレ3選

喉声はボイトレで改善が可能です。ここでは、自宅でもできる基本のボイトレ法を3つご紹介します。 喉声は癖になっている方も多く、最初はなかなか感覚がつかめないかもしれません。焦らずにコツコツ続けましょう。楽に、きれいに歌えるようになるためです。正しい発声法を身に付けて、自分にとっても聞く人にとってもすてきな歌声を手に入れましょう。

舌を出して正しい発声を覚える

喉に緊張のない、リラックスした発声が正しい方法です。喉に力みがあると舌の奥が盛り上がり、息の出口を塞いでしまいます。そのため、喉の奥が見えません。 ボイトレ法としては、舌を口から出して発声するという方法があります。口から目いっぱい舌を出し、「アー」で音階練習をしてみましょう。鏡を見ながら行うことがポイントです。 音階は「ド・レ・ミ・レ・ド」のように、音程差の少ないメロディーにします。舌がどうしても引っ込んでしまうなら、最初は指で引っ張っておくとよいでしょう。 舌が盛り上がらず、軟口蓋(いわゆる「のどちんこ」が付いている柔らかい部分)が上に開いていると「良い状態」です。舌を動かさずに震えのない声が出るようになったら、音程を上げます。

ハミングで「響き」を理解する

喉に力が入るのは、声をコントロールする声帯周辺に意識が向き過ぎているからです。そのせいで息の流れが滞ってしまいます。 意識を変えるのに有効なのがハミングです。ハミングは口を閉じて行うため、響きの変化をより一層感じられます。やり方は簡単です。リラックスした状態で口を閉じ、「ンー」と言います。これがハミングです。唇や舌、喉、肩などに力が入らないよう注意して練習しましょう。 音程を変えながら、響きの違いを感じられるかがポイントです。低音では鼻先で響きます。音程が上がるごとに鼻の奥、眉間、額と響きを感じるポジションが変化することに気付くでしょう。これが歌を歌うときに意識するポジションです。

腹式呼吸で息の使い方を覚える

腹式呼吸はリラックスしていなければできません。逆に言えば、腹式呼吸ができるとリラックスして歌えます。リラックスできれば喉声になるリスクを減らせるため、腹式呼吸はぜひとも身に付けておきたいテクニックです。息のコントロールも容易になります。 腹式呼吸は、横隔膜を下げることで肺の膨らむスペースを広げるという呼吸法です。ボイトレは体全体の力を抜いて行います。胃の下辺りに手を当て、深く息を吸いましょう。手を当てた部分が膨らんでいれば上手に吸えています。この際、肩や胸が上がらないよう気を付けましょう。 息を深く吸ったら一度止め、声を出さずに「ウ」の口で息を吐きます。できるだけ少ない息を一定量で、最後まで吐き切ることがポイントです。

喉声改善で歌唱力アップ!オーディションで歌手を目指そう

喉声が改善できたら、あなたの歌声はより魅力的になっているでしょう。その声を生かして、歌手という新たなステージを目指してみませんか。 ボイトレの成果を試すのに良いチャンスがあります。MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」です。どのようなオーディションなのか、また、合格するとどのような未来が待っているのかをご紹介します。

初心者にもおすすめ!「新人ボーカル発掘オーディション」とは?

「歌が好き」という気持ちを応援し、歌手になるためのサポートを行っているのが、MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」です。 「世界で活躍する歌手になりたい」「仕事を続けながら週末だけ音楽活動をしたい」「子育てにも余裕が出てきたので、地元で歌手デビューしたい」など、夢の形はそれぞれでしょう。MUSIC PLANETなら、あなたの夢に合わせてサポートできます。 参加費は無料なので、初心者にもおすすめです。何度でもチャレンジして、自分の実力を試せます。

新人ボーカル発掘オーディションの流れ

一般的なオーディションには書類審査が設けられていますが、MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」にはありません。歌声だけで勝負できます。 審査方法は対面式と完全遠隔式の2パターンです。対面式のオーディションは、東京・大阪・福岡で開催されます。申し込みはMUSIC PLANETのオーディションサイトからです。 完全遠隔オーディションを選んだ場合にも同様で、MUSIC PLANETのオーディションサイトから申し込みます。事務局からの連絡を受けた後、歌声の音声データを送信するだけでエントリー完了です。

豪華特典とアフターフォローで歌手活動をサポート!

合格者にはさまざまな特典が用意されています。一番の注目は、自分だけのオリジナル楽曲制作です。実績のある実力派音楽プロデューサーとの面談を行い、楽曲の方向性を決めます。他の主な特典は次の通りです。 ・プロによるボイトレ ・公式サイトの開設 ・プロカメラマンによる宣材写真の撮影 ・カラオケ・音楽配信サイトへの楽曲配信 ・ライブハウスの永年無料使用権 歌手デビューの後も、ラジオやライブ、音楽フェスティバルやイベントへの出演サポートなど、充実のサポート内容がそろっています。

まとめ

喉声とは、不必要な力が入った良くない歌い方のことです。きれいに歌えないばかりか、喉を傷めてしまうことにもなりかねません。しかし、ボイトレで喉声の改善は十分に可能です。 喉声を克服し、自分らしい声で歌えるようになったら、MUSIC PLANETが開催する「新人ボーカル発掘オーディション」に応募してみませんか。豪華特典と充実のサポート体制で、歌手への道筋をしっかりとサポートします。 MUSIC PLANETが応援するのは「歌が好き」というひたむきな気持ちです。新たな夢に向かって、今こそ1歩踏み出してみましょう。