ブログトップへ

ボイトレの基本「ミックスボイス」とは?コツや練習方法を整理しよう

「ミックスボイス」という言葉を聞いたことはありますか?

歌の勉強をしている人や、音楽活動をしている人であれば一度は聞いたことがあるかもしれません。

「ミックスボイス」とは高音域から低音域まで自在に歌いこなすための歌唱法のひとつです。

性別や年齢に関わらず、練習を積めば誰もが習得することが可能です。

実際にミックスボイスを習得するためにはどうすれば良いのでしょうか?

ミックスボイスのしくみやメリット、練習法とともに、上手くできない時の解決策などを紹介していますので、ボイストレーニングの時の参考にしてみてください。

そもそも「ミックスボイス」とは?

「ミックスボイス」とは、地声に近い低音と、それよりも高い高音をスムーズに切り替えられる発声法のことを指します。

広義には声区(音域の高さごとの区切り)を行き来するポイントにある、「換声点」をスムーズに乗り越えるための発声法のことを指し、プロ歌手必須の基本テクニックとして、多くのボーカルレッスンで行われているものです。

音域は「声区」によって分けられる

発声するときは声の高さの範囲によって、声を響かせるからだの場所や、声帯(喉の奥にある声を発するために震える部分)の閉じ具合を変えています。

そのような、からだの使い方によって区分された声の高さの範囲を「声区」というのです。

声区は、高音から順に次の5つに分けられます。

声区区分については指導者によってさまざまな説がありますので、これは一例とお考えください。

5種類の声区区分

(1)ホイッスルボイス
超高音ともいわれる、人間が出すことのできる一番高い声です。

ほとんど声帯を震わせていないので言葉を発することができず、叫びのような声になります。

(2)ヘッドボイス
「息漏れのない裏声」ともいわれる、高音域を歌うソプラノ歌手が使う声です。

息漏れしない程度に声帯を閉じて(声帯閉鎖)3分の1程度を震わせ、口の奥を開いて咽頭腔に共鳴させて発声します。

(3)ミドルボイス
一般的には地声で出すことが難しくなる音域の声を指します。

声帯を閉じ、3分の2程度を震わせて発声。上顎部から目のあたりに響きを感じることが多いので、よく「目線の高さで発声しよう」といわれます。

(4)チェストボイス
多くの人が使う地声に近い低い声です。

胸のあたりに響きを感じることから「チェスト」ボイスと呼ばれています。声帯は閉じられていて、全体がしっかりと振動している状態。

(5)エッジボイス
「ボーカルフライ」とも呼ばれる、人間が出すことのできる最も低い声で、「ブツブツ」という音が鳴ります。

脱力した状態で声帯を閉じ、弱く息を出して発声します。

声区が切り替わるポイントが「換声点」

「換声点(ブリッジ)」とは、歌の中で声区が切り替わるポイントのことをいいます。

チェストボイスとミドルボイスを切り替えるときなどは、発声技術が未熟な人ではきれいに換声点を乗り越えることができず、一瞬無音になってしまったり、声が裏返ってしまったりすること(換声点ブレイク)が多くあります。

換声点ブレイクをなくし、どの音域であっても一定の力強い歌声で歌えるようになるための発声法が、「ミックスボイス」なのです。

現代日本のほとんどの歌唱曲は、チェストボイスとミドルボイスを行き来するような音域の構成になっています。

ミックスボイスを習得することは、歌手を目指す方にとって必須ともいえるでしょう。

ミックスボイスを習得することのメリットとは

ミックスボイスの発声法を習得することには、2つのメリットがあります。

(1)無理なく高音が出せるようになる

地声と同じ声の出し方のままさらに力んで高音を出そうとすると、喉と声帯を強く締めすぎて痛めてしまうこともあります。

長時間歌った後に喉が疲れたようになったり、声が枯れてしまうのはこれが原因です。

高音域と低音域を自然に行き来できるようになるミックスボイスを身につけると、喉に負担をかけずに高音域を出せるようになります。

(2)声帯の正しいコントロール法を身につけることができる

チェストボイスとミドルボイスの違いは、閉鎖している声帯のうち、震わせる部分がどのくらいの大きさなのかによります。

チェストボイスでは全体が振動していますが、高音になるにつれ振動部分が狭くなっていきます。

裏声のときは声帯に隙間ができてしまっていて、ミドルボイスの声帯とは違う状態であることに注意しましょう。

この記事のミックスボイスで目指すのは、あくまでもチェストボイスとミドルボイスの融合であって、チェストボイスから裏声に移行するものとは異なります。

声帯閉鎖を維持したまま歌うには、技術が必要です。

ミックスボイスを習得するためのトレーニングを行えば、声帯周りの筋肉を鍛えたり、声帯の使い方をからだに定着させることが可能になります。

ミックスボイスを使うことにはデメリットもある?

ミックスボイスは歌手にとって必要な技術ですが、デメリットもあることも、あわせて知っておきましょう。

(1)歌の中で音色の変化が付けづらくなる

プロの歌手の中には曲の中であえて「裏声」を使い、ムードを演出している人もいます。

ミックスボイスでは、低音から高音域までを一定の発声法で表現するため、声の音色が単調になってしまうのです。

ミックスボイスによって発声法を矯正することは、表現の幅を狭めてしまうことと表裏一体でもあります。

(2)歌声にパワフルさを出しづらくなる

チェストボイスからミドルボイスに切り替える段階では、多くの場合「地声」を張り上げすぎないようにし、スムーズに移行することを心がけるようにします。

そのため、歌全体がおとなしく、パワフルさに欠けたようになってしまいがちです。

これを回避するためには、パワフルさを表現したいときはチェストボイスからミドルボイスへの切り替えをより高い音にしたり、優しさを表現したいときは逆に早く切り替えたりして、ミドルボイスで歌う音域を広げるといった工夫が必要になります。

デメリットを理解した上でミックスボイスを習得することは、ミックスボイスを正しく理解することにもつながるはずです。

まずは「正しい」ミックスボイスの発声法をマスターして、より良い歌唱表現を目指しましょう。

ミックスボイスの前にまずは「ミドルボイス」を習得しよう

チェストボイスとミドルボイスを自然に行き来できるようにするミックスボイスを習得するには、まずはミドルボイスを習得することから始めると良いでしょう。

ミドルボイスは、声帯閉鎖の状態で地声以上の高音を出すため、声帯が開いている裏声とは異なるものです。声帯閉鎖の感覚を養うことで、正しいミドルボイスを習得することができるでしょう。

「声帯閉鎖」の感覚を掴む

まずは「んっ、んっ、んっ、んっ」と音を短く切るようにして裏声を出してみます。

次に息を止めた状態で「んっ」と発音してみましょう。

このときに強く音が出ていれば声帯閉鎖ができてます。

これがミドルボイスの基礎となります。

「んっ」で上手くいかなかったり、声帯閉鎖の感覚が掴みづらかったりする方は、「ぐっ」と発声すると声帯を閉じるための筋肉(閉鎖筋)が強く働き、声帯をより強く閉じることができるかと思います。

慣れないうちは特に、この声帯閉鎖の感覚を掴むためのトレーニングを行いましょう。

喉を開いて発声する

ミドルボイスを出すためには、「声帯閉鎖のまま喉を開く」ことをしなければなりません。

喉を開くためのトレーニングも合わせて行うことが必要です。

まずはリラックスして、喉周りの余計な力を抜きましょう。

そして自分の手で触りながら、喉仏の位置を確認します。

口の奥を開いて、口蓋垂(のどちんこ)を上げ、喉仏を動かさないように発声しましょう。

口の中に卵を入れるようなイメージや、あくびをしたときの口や喉の状態を意識するとわかりやすいかもしれません。

喉を開いたまま、発声練習に移行しましょう。

まずは口を「ウ」の形にして、息を吸い込んでみます。

このときに喉の奥に冷たさを感じていれば、喉が開いている状態です。

その状態のまま「ウー」、続けて「オー」と発声する練習が効果的です。

「オー」に切り替えるときに喉仏が動かないようにすることと、あごは真下に下ろすことを意識してみましょう。

喉周りの筋肉や表情筋を鍛えよう

「声帯閉鎖のまま喉を開く」には、喉が開いた状態であっても、声帯閉鎖の状態を保つための閉鎖筋を鍛える必要があります。

顔の表情を作るための筋肉である「表情筋」を鍛えることも、閉鎖筋を強化することにつながるのです。

目や口など、顔の中のパーツを全てすぼめ、パッと思いっきり開く動作を繰り返します。すぼめた時と開いたときはできるだけ差が出るように、大げさに行うと効果的です。

この体操をすることによって、口角が上がって高音が出しやすくなりますし、口周りがほぐれて口腔内で声が響きやすくなります。

以前より、きれいな高音を表現しやすくなるのではないでしょうか。

毎日のボイストレーニング前に、表情筋の体操もぜひ取り入れてみてください。

「ミックスボイス」を習得するには

ミドルボイスが習得できたら、いよいよチェストボイスとつなげるための練習を行います。

まずはサイレンのように、「ウウウゥゥゥウウウゥゥゥ」と音程をスムーズに上下させながら発声練習を行いましょう。

このときはもちろん、「声帯閉鎖のまま喉を開く」ことを意識してください。

「ウ」の音でスムーズにできるようになったら次は「ア」でやってみるなど、他の母音を発した時でも同様にできるように、トレーニングを進めましょう。

音程を上下しながら発声練習を繰り返そう

次は、「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」と、ゆっくりと一音ずつ上げながら、丁寧に発声する練習を行います。

このときもやはり、「声帯閉鎖のまま喉を開く」状態を維持することが大切です。

音を上げるだけではなく、下げる練習も合わせて行いましょう。

繰り返しのトレーニングで感覚をつかみ、歌うときにも「ミックスボイス」を使いこなせるようになることを目標にしてみてください。

ミックスボイスが上手くできないときの解決策まとめ

ミックスボイスを練習している過程で、さまざまな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

悩み別に、解決策を3つ紹介します。

(1)ミックスボイスが続かない、または疲れてしまう

お腹から強く息を吐き、その勢いで発声した高音をミックスボイスによるものと勘違いしていることから起こります。

紹介した「正しい」ミックスボイスの発声法はリラックスして行うものであって、お腹や横隔膜に力の入った発声法とは異なるものです。

また、高音を出すために力んでしまい、喉に負担をかけている人も、正しいミックスボイスを実践しているとはいえません。

「声帯閉鎖」と「喉を開く」ためのトレーニングを繰り返し行い、正しい感覚を身につけましょう。

(2)声の響きが固くなってしまう

高音部を歌うときに息を強く吐きすぎると、息を漏らさないようにするあまりに声帯を固く閉じようとしてしまいます。

そうすると声の響きが弱くなってしまい、硬い音色になってしまうのです。

その状態を解消するためには、前述のミドルボイスの練習を再び行うことが効果的です。

息の量を減らさずに、喉に力が入らないようにしながら発声練習を繰り返しましょう。

(3)自分の歌声に不安になる
ミックスボイスで表現される歌声は、地声のそれとは違ってくることがほとんどです。

ミックスボイスの習得過程は、自分の「歌声」を見つけ出す作業でもあります。

歌声迷子になってしまったときは、エネルギーを使って大声で歌うことをやめてみて、小さなエネルギー消費で声を響かせられる発声法を手がかりとしてみましょう。

または、ボイストレーナーに歌声を聴いてもらったり、ミックスボイスのお手本を披露してもらうのも効果的です。動画や音源とは違う「生」の歌声からは、得られるものがきっと多くあるはずです。

ミックスボイスを習得して歌うことをもっと楽しもう!

ミックスボイスの発声法を習得するためには、声帯閉鎖の感覚を維持することと、リラックスして喉を開くことを両立させることが必要です。

それは決して才能や声質だけによるものではなく、地道なトレーニングの積み重ねから身に付くものなのです。

ミックスボイスの習得は一朝一夕でできるわけではなく、ボーカルレッスンを受けている人でも半年から1年ほどかかる場合が多いようです。

焦らずに忍耐強く、基礎的なトレーニングを繰り返しましょう。

ミックスボイスが習得できれば、歌える曲のバリエーションは格段に増えるはずです。

歌い続けても喉を痛める心配もなく、きっと今以上に歌うことが楽しくなるでしょう。

さらに上のステップに進みたい方は

「MUSIC PLANET」が主催している、

「新人ボーカル発掘オーディション」を知っていますか?

通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、

まずはボイストレーニングだけだったり、下積みが必要な場合もあります。

しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、

未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートを受けられます。

ミュージックプラネットのオーディションとは

ミュージックプラネットでは、多くの歌手になりたい人を応援・サポートするために定期的にオーディションを行っています。

「ずっと子供の頃から歌うことが大好き」

「もっと多くの人の前で歌いたい」

「歌手になるのが夢だった」

など、人それぞれが抱えている夢や希望を叶えるためのプロジェクトです。

合格者にはあなたの夢のために多くのサポートが受けられます。

プロデューサーとの個人面談

アーティストとしての方向性をしっかり見定めることで、自分に合う楽曲も変わってくるでしょう。

より魅力的で多くの人の心に響くような作品を産出するために、多くの有名アーティストを手がけたプロデューサーが個別に面談を行い、丁寧にアドバイスをしてくれます。

ミュージックプラネットには、有名なアーティストを手がけた名だたる大物プロデューサーが在籍しています。

自分のカラーを活かして活動するための、貴重なアドバイスをもらえるはずです。

自分のオリジナル楽曲を作ってくれる

世界に一つしかない、あなただけのオリジナルの楽曲を作ってもらうことができます。

実績あるプロから作ってもらう自分だけの楽曲は、アーティストとしての名刺代わりに、今後ずっと歌い続けられる忘れられない1曲になることでしょう。

CDの作成

作成してもらったオリジナルの楽曲を中心に、CDを作成します。

あなたの特徴や魅力がたっぷり盛り込まれた、とっておきの1枚となることでしょう。

ボイストレーニングでさらに磨きをかける

合格者は、ボイストレーニングでさらなるスキルアップを目指すことができます。

プロによるクオリティの高いボイストレーニングを受けることができるので、声質や音域をさらに磨き上げられるでしょう。

オリジナル楽曲を配信

作成されたオリジナル楽曲は、レコチョクやiTunes、music.jpなど多くの音楽配信メディアにも配信されます。

多くの人に、自分のオリジナル楽曲を聴いてもらうチャンスが生まれるのです。

カラオケ店にも配信

オリジナル楽曲は、全国のカラオケ店でも配信されます。

自分のオリジナル曲が日本中どこでも歌えるようになります。

友達など身近な人に気軽に歌を聴いてもらう機会にもなるでしょう。

プロによるポートレート写真撮影

プロのカメラマンに、アーティストとしての写真撮影をしてもらえます。

アーティストの世界観やイメージを伝えるためにも、ポートレート写真はとても重要です。

専用のライブハウスに出演

ミュージックプラネットが主催するライブにも出演することができます。

ライブは多くの他アーティストも出演するので、たくさんの人にアピールする最高の機会です。

この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、

  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方

と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さです。

オーディションの会場も、

  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)

と、日本全国で開催しています。

さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、

  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア

と全国各地にあります。

ですので、

「地元で頑張りたい」

「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」

という人でも、安心して合格後のサポートを受けることができます。

もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスンです。

今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、

充実した練習ができること間違い無し!

歌手オーディションは無料で受けられるので、

必要なのは会場までの交通費のみ。

現在の練習方法に不安があったり、

「プロのボイストレーニングを受けたい!」という人や、

「自分の実力を試してみたい!」と思っている人には、

ぴったりのオーディションではないでしょうか?

ぜひ、オーディションに参加して、

歌手としてステップアップしましょう!