ブログトップへ

ボイトレ(ボイストレーニング)の方法!意味のある練習で歌唱力をアップさせよう♪

この記事では歌が上手になりたい方のために、自宅やカラオケボックスでできるボイトレ(ボイストレーニング)の方法を紹介しています。

歌唱力を上げたい方や、これから歌手オーディションへの応募を検討されている方はぜひこちらを参考に練習してください。

自分の歌の弱点などを知るきっかけにもなれれば嬉しいです。

「歌が好きだけどイマイチ上達しない」

「今よりもレベルアップしたい」

「歌が上手いと褒められるけど、自分では納得できていない」

という方のために、自宅やカラオケボックスでできるボイストレーニング方法を紹介します。

どの方法も自分の努力次第で上達できる練習法ばかりですので、今の自分のレベルに満足していない方はぜひ参考にしてください。

ボイストレーニングはただやれば良いというものではない!

ボイストレーニングを始める前に大事なことを1つだけお話しさせていただきます。

「歌は数をこなせば上手くなる」とお考えの方もいらっしゃいますが、ただがむしゃらに練習回数だけを積み重ねていっても、到達できる歌唱レベルは限られてしまうでしょう

歌唱力を上げるには、自分の弱点や欠点をどう補っていくかが大事なポイントとなります。

現在活躍されている歌手でも、幅広い音域を売りにしている方もいれば、声のトーンや抜群のリズム感が売りの歌手もいます。

「売り」という言葉を使うとビジネス的な印象を与えてしまうかもしれませんが、実際に歌が上手いだけでは歌手になれないのが現状です。

それぞれの個性をどのように活かしていくかで、その人ならではの歌声で人々を魅了させられるかどうかが決まります。

しかし、歌手を志望されているならともかく、そこまでのスキルを目指していないという方もいるでしょう。

「歌はただ単に練習すれば良い」というものではなく、「それぞれの課題をクリアするための意味ある練習が大事」ということだけ頭に入れておいてくださいね。

自分の弱点を把握してみよう!

まずは自分がなぜ今の歌唱レベルに留まっているのか、その原因(弱点や欠点)を把握していきましょう。

もしも、カラオケで曲の音程を掴みにくい…と感じる方は、自分が出せる音域を把握できていないのかもしれません。

音域を広げるトレーニングや、音程をコントロールできるようになるトレーニングが必要になってくるでしょう。

また、息が長く続かなく、語尾の部分を上手く伸ばすことができないという方は、肺活量が少なかったり、声量が足りていなかったりすることもあります。

基礎となる部分を鍛え上げれば克服していくことができるかもしれません。

歌が上手いとは言われるけれど、今一歩物足りない…という方ならば、しゃくりやビブラート・抑揚などの技術的な面を磨いていくことをおすすめします。

どの弱点も練習次第で上達できたり、苦手な部分を他の部分でカバーできたりするので、さっそくボイストレーニングを始めていきましょう。

自宅でできるボイストレーニング方法~準備篇~

まず実際に歌を歌う前に体の準備をしていきましょう。

準備をするかしないかでは声の出しやすさが違いますので、ぜひ試してみてくださいね。

1:表情筋を緩める体操

表情筋が硬いと口周りが動きにくく、思うように言葉が出てこなかったり声が出しにくくなったりするので、しっかり筋肉をほぐしてあげましょう。

一番簡単な表情筋トレーニングは「あいうえお」と口を大きくあけて発音していく方法です。

とても単純ですが、普段から大きく口を開けて発音することがないので、意外に筋肉に効きますよ。

ぜひ試してみてください。

もう一つは口の中で舌を動かすストレッチがおすすめ。

口を閉じた状態で舌を上下左右に動かすのですが、ただ動かすのではなく、頬や口周りから舌の位置がわかるぐらい強めの圧力をかけて動かすことがポイントです。

実際にやってみると、思ったより舌が伸びなかったり、舌を突き出すのが難しかったりするので、楽に動かせるようになるまで気持ち良く表情筋を緩めていきましょう。

手を使って顔全体を直接マッサージしていくのも良いですね。

2:リップロール

リップロールとは息を吐きながら唇を震わせるトレーニング。

幼い頃に遊び感覚で唇をブルブルさせていた方もいるかと思いますが、おそらくその感覚に近いはずです。

リップロールは表情筋を緩める効果や声帯のリラックス&マッサージ効果・声を出すウォーミングアップに最適ですので、ぜひやってみましょう。

【リップロールのやり方】
・口を軽く閉じた状態で息を吸い込みます。
・それを少しずつ息を吐きながら唇を震わせていきましょう。
・慣れてきたら高音や低音など、軽く声を出しながら唇をブルブル震わせてみてください。

リップロールは力まずに口周りの筋肉をリラックスさせた状態で行うと上手くできるようになります。

唾が飛ぶ心配がある方は、ハンカチなどを用意しておくと安心ですね。

3:腹式呼吸

ボイストレーニングの基本ともなる腹式呼吸。

歌唱力を上げるために腹式呼吸を行うのは良くないという説もありますが、一般的には腹式呼吸の方が空気を体に取り込みやすく息が続きやすいメリットがあるほか、リラックス効果にも期待できることからおすすめされています。

腹式呼吸であればお腹に力を入れやすいので声も出しやすく、緊張しがちな喉や首に力を入れないように歌うことができるでしょう。

体がこわばってしまうと歌いにくい体勢になってしまったり、声帯を縮めてしまったりするので、腹式呼吸を意識して歌ってみてくださいね。

普段から胸式呼吸を行っている方は、気が付いた時に腹式呼吸に切り替えるなどをしながら、この呼吸方法に慣れていくと良いでしょう。

4:滑舌のトレーニング

レベルアップするには、滑舌も鍛えなければなりません。

滑舌が良くなると言葉が聞き取りやすくなるだけではなく、舌や顎のトレーニングに繋がります。

また、言葉の発音もしやすくなるので、歌唱力を上げるためには欠かせないトレーニングとも言えるでしょう。

メジャーな滑舌トレーニング方法は、大きく口を開いたり閉じたりしながら「あえいうえおあお」「かけきくけこかこ」…というように、50音を読む方法。

アナウンサー養成所でも行われている練習方法で、滑舌力アップの効果に期待ができます。

また、早口言葉を練習するのも滑舌トレーニングになります。

いくつか早口言葉を述べてみて、言いにくい言葉があれば、それがあなたの弱点となりやすい和音。

今日から苦手な早口言葉を何度も繰り返し、スラスラと言えるように訓練していきましょう。

自分でできるボイストレーニング方法~歌唱力アップ篇~

それでは次に本格的なボイストレーニングを行っていきましょう。

自宅で練習する場合は周囲への音漏れなどに配慮し、騒音トラブルに発展しないように気を付けてくださいね。

大きな声で歌える環境がない場合は、カラオケボックスなどを利用して練習するようにしましょう。

1:音程のトレーニング

音程が上手に取れるようになれば、必然と歌が上達します。

むしろ、音程を取ることが一番の難関とも言えますので、しっかりとトレーニングしていきましょう。

高音を上手く調整するには、腹式呼吸でお腹から声を支えるイメージを持って歌うと良いのですが、これは少々難しい表現方法。

軽くお腹に力を入れて自分の声を押し出すようなイメージを持っておくと良いでしょう。

音程が上手く取れない…という方は、歌詞カードなどに音の高低を示す矢印などを書き込んでみてください。

その歌詞カードを見ながら歌えば「どこで音が下がるのか」「どのパートで高音に切り替えていくのか」などがわかるようになるので、音程が掴みやすくなります。

誰かの音程を参考にしたい!という方は、歌手のaikoさんに注目してみましょう。

高い音から低い音に一気に上げ下げするのが得意なアーティストの代表格なので、いくつか曲を聴いてみて音程がどのように変化していくのかをチェックしてみてはいかがですか。

aikoさんの曲の中でも、「桜の時」や「ボーイフレンド」は音程の切り替わりがわかりやすいかもしれません。

2:ブレス(息継ぎ)の練習

ブレスも大事なポイントです。

息を続かせるために何度も息継ぎしている方もいますが、息継ぎが多いと曲の滑らかさを潰してしまう可能性があるので、なるべく少ないブレスで曲を歌いきるように意識していきましょう。

ブレスを入れるタイミングに決まりはないのですが、なるべく曲のリズムやテンポに合わせて息継ぎをしてください。

曲によっては「語尾~次の言葉」まで声を伸ばし、息継ぎを入れないパートもあるので、それぞれの曲で歌手がどのタイミングでブレスを入れているのか耳を澄ませて聴いて見ると良いですね。

また言葉を言い切った箇所(その小節)が息継ぎのタイミングとは限らず、ほんの少しのタイミングで息を吸うこともあるので、この点にも注目してブレスのタイミングを聴いてみると良いでしょう。

ブレスがキレイだと曲の滑らかなさや流れの良さを表現できるようになるので、ぜひ練習してみてくださいね。

3:抑揚の技術を身に付けよう!

抑揚とは、簡単に説明すると声の強弱のことです。

小さな声で優しく歌いながら、サビに向けて徐々に声量を上げながら力強く歌いあげることで、その曲に変化が生まれます。

単調に歌う曲もありますが、歌唱力が高い人は必ずこの抑揚を上手く活用しながら歌っていますので、ぜひ真似していきたいですね。

抑揚は、近くにいる人に小声で話すように歌ってみたり、遠くにいる人を呼びつけるようなイメージで声量を上げて歌ってみたりしながら調整していきます。

ただし、1曲すべてのパートに激しい抑揚をつけ続けると、落ち着きのない歌に聞こえてしまう可能性もあるので注意してください。

もっとわかりやすい表現をすると、小学校の時に習った「クレッシェンド(だんだん強く)」や「デクレッシェンド(だんだん弱く)」が抑揚に当たります。

いきなり激しい強弱を付けて歌うのもまた味が合って良いのですが、「だんだん強く(弱く)~」というポイントを抑えることができれば、曲調を強調しながら歌うことができるようになるでしょう。

表現力をUPしたい方は、是非抑揚の練習をしてみてください。

4:ビブラートを練習してみよう

一定の音程で声を伸ばす時に使いたいのがビブラート。

ビブラートとは、声を震わせるように小刻みに揺らすように歌うことで、リップロールの声バージョンと表現するとわかりやすいかもしれませんね。

ビブラートを練習していけば、その音程でも声を震わせることができるようになるので、今はまだできない方も安心してください。

まだビブラートの感覚がわからない方は、口を閉じたまま声を出し、咳をするように喉を動かしてみてください。

そこで喉の揺れや震えを感じたら、一歩ビブラートに近づいたと言えるでしょう。

はじめは高音パートでビブラートを使うのが難しいかもしれませんので、まずは楽に出せる音域で練習することをおすすめします。

最初は大袈裟な揺らしでもいいので、喉を揺らすことに慣れることからはじめましょう。

ビブラートを習得すれば、一定の音を長く伸ばしやすくなるのでバラードなどの静かな歌もかっこよく歌いあげられるようになりますよ。

5:しゃくりで高度をあげよう!

カラオケ技術の中でも難易度が高いのがしゃくりではないでしょうか。

しゃくりとは下から上にしゃくりあげるように歌う方法で、演歌などで言われる「こぶし」がこれに当たります。

しゃくりはただ低い音からしゃくりあげるだけではなく、メロディーを少し送らせて歌うのがポイント。

抑揚は声の強弱でしたが、しゃくりは声をズリ上げることですので、この点は混乱しないようにしてくださいね。

曲によってしゃくりの強さや数にバラつきがありますが、どのジャンルの曲にもしゃくりは必ず入っているのだとか。

しかし、しゃくりがよくわからない人にとってはわかりにくいポイントではありますので、まずはしゃくりのプロとも言える演歌を聴いて学んでいきましょう。

しゃくりを表現できるようになると、ただその曲に色を加えてくれるだけではなく、個性が発揮しやすくなります。

カラオケ採点などを利用すればどの部分でしゃくりを表現できたか一目でわかるので、活用してみると良いでしょう。

歌唱力をアップさせるには日々の練習の積み重ねが大事!

今回はボイストレーニングの準備と方法について紹介しました。

最初は難しく感じるかもしれませんが、練習をしっかりと積み重ねていけば

「前回より声が伸びるようになった」

「音程が掴みやすくなった」

という風に、自分の成果を実感できるようになるでしょう。

ただ歌い続けるのではなく、今回紹介したトレーニング方法を意識しながら歌うようにしてくださいね。

あなたの歌唱力が上がる日を楽しみに応援しています。

歌唱力が上がったら「オーディション」を受けてみよう!

「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」をご存知でしょうか?

こちらのオーディションは声優を目指すあなたにもおすすめのオーディションです。

通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、

まずはボイストレーニングだけだったり、様々な下積みが必要な場合もあります。

しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、

未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートを受けられます。

1.プロデューサーによる個人面談

2.あなただけのオリジナル楽曲提供

3.あなたの楽曲がCDに!

4.専属マネージャーを配属

5.プロトレーナーによるボイストレーニング!

6.オリジナル楽曲をカラオケで配信!

7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信!

8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影

9.なんと…LIVEにも出演!

この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、

  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方

と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さです。

オーディションの会場も、

  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)

と、日本全国で開催しています。

さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、

  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア

と全国各地にあります。

ですので、

「地元で頑張りたい」

「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」

という人でも、安心して合格後のサポートを受けることができます。

もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスンです。

今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、

充実した練習ができること間違い無し!

歌手オーディションは無料で受けられるので、

必要なのは会場までの交通費のみ。

現在の練習方法に不安があったり、

「プロのボイストレーニングを受けたい!」

「本格的なレコーディングを体験してみたい!」

「声優になるために自分の今の力を試したい!」

と思っている人には、ぴったりのオーディションではないでしょうか?

ぜひ、オーディションに参加して、

歌手としてステップアップしましょう!