ブログトップへ

ミックスボイスが震える!原因や安定させる方法を解説!

ミックスボイスはなかなか安定させるのが難しいので、うまく行かない原因や安定させる方法について知りたいという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ミックスボイスが震えてしまう原因や安定しやすくなる練習法について解説します。

ミックスボイスを習得すると、高音をスムーズに響かせられるようになり、歌唱がより魅力的なものになります。ミックスボイスを身に付けて歌唱力に磨きをかけたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

なぜミックスボイスが震えるの?


ミックスボイスは地声から高音に切り替わるときの中間にあたる声のことです。しっかり習得できていないと発声が震えやすく、トレーニングを積んでもなかなか安定しないという方も少なくありません。

声が震えてしまう原因を知ると、改善への道が開けるでしょう。ここではミックスボイスの概要と、なぜ声が震えやすくなるのかを解説します。

ミックスボイスとは?

ミックスボイスは「ミドルボイス」とも呼ばれており、地声にあたる「チェストボイス」と、裏声にあたる「ファルセット」の中間に位置する音域の声です。力強さを維持しながら高い声を出したい場合に活躍します。

地声のままでは理想の高さに届かない方でも、ミックスボイスを上手く取り入れると伸びやかで安定した発声が可能です。声帯への負担が少ない歌唱法なので、長く歌い続けるためにもぜひマスターしておきたい技術といえます。

ミックスボイスが震える原因

地声と裏声の調和が上手く取れていないと、ミックスボイスが不安定になりやすい傾向にあります。一定のバランスを保ちながら地声と裏声を少しずつ切り替えるのがミックスボイスの特徴ですが、均衡の取り方に慣れていないと震えが起きてしまうでしょう。特にロングトーンでは起こりやすくなります。

声が震えているから発声が誤っている、とは限りません。技術がしっかり身に付いていないうちは、発声が間違っていなくても震えが起こりやすい状態にあります。正しいトレーニングを実施してスムーズに音程を移行できるようになると、徐々に震えは収まってくるでしょう。

震えるミックスボイスをなんとかしたい!声を安定させる練習法


ミックスボイスの震えを解消できずにいる方は、基本の発声が安定していない可能性が考えられます。腹式呼吸を意識して、なるべくリラックスした状態で声帯を締めるのがミックスボイスをマスターするコツです。

成功させるには、ハミングも重要なポイントになります。声を安定させる練習法や、震えを取る方法について紹介します。

ミックスボイスの基本の出し方

ミックスボイスを出すには、まず腹式呼吸を意識します。みぞおち付近にある横隔膜を支えるように力を入れると、パワフルな声を出せるようになるので、その状態を意識したまま歌ってみましょう。なるべく全身の力を抜いてリラックスした状態で、力みすぎずに地声を心がけながら音程を高くしていきます。

口を閉じた状態で声を出し(ハミング)、その声を口の中から放り出すように地声で歌うのが次のステップです。発声するときは、頭上から音を出すイメージを持ちましょう。

続いてあくびをする要領で大きく口を開き、喉を開いたまま声は出さずに長く息を吐いて途中で止めると、声帯を締まった状態に固定できます。この一連の流れが、ミックスボイスの基本の出し方です。

ミックスボイスの震えを取る方法

基本のトレーニングは、「口角をしっかり上げて、スマイルの形を保ってハミングする」方法が有効です。シンプルな練習法ではありますが、何度も繰り返すうちに少しずつ上手くバランスを取るコツがつかめてくるでしょう。

まずは自分が出しやすいと感じる範囲の音域でハミングをして、そのままゆるやかに音程を上げていきます。この流れを反復すると、次第にスムーズな発声ができるようになり、震えも気にならなくなるでしょう。

震えるミックスボイスをなんとかしたい!ときのポイントは?


何度挑戦してもミックスボイスが上手く安定せず、どうにかしたいと考えている方は多いでしょう。身体に必要以上に力が入っているとスムーズに発声できないケースが少なくないので、リラックスすることが大切です。

ここでは、震えるミックスボイスをなんとかしたいとお考えの方のために、注意すべき2つのポイントについて紹介します。

優しく発声する

高い声を出そうとして大声を張り上げるのではなく、小さく柔らかい声を心がけて発声してみましょう。声帯の近くには「仮声帯」という部位があり、仮声帯が妨げになると声にまとまりがなくなるため、全体的に硬く感じられて震えやすくなります。声帯をふさがないように意識して優しく歌うことで、美しいミックスボイスに近づくでしょう。

笑顔を意識する

口角を上げて笑顔を意識しながら歌うと、仮声帯の働きが鈍くなり、スムーズに声帯を伸縮させられます。ニッコリと笑みを浮かべるような表情をイメージすると、より具体的にトレーニングに取り組みやすくなるでしょう。

前述のとおり、ミックスボイスが上手くいっていないと声に硬さが感じられるケースは少なくありません。声帯の動きを邪魔する原因となる仮声帯を休ませて、声の震えを招く原因を取り除くことを意識すると、上手くいく可能性が高まります。

ミックスボイスが安定するとメリットも大きい!


ミックスボイスを安定して出せるようになると、数多くのメリットがあります。これまでは弱々しくなりやすかった高音がパワフルになり、難しいと感じられていた曲も歌いこなせる可能性が高まるでしょう。

音程を合わせるのも容易になり、より繊細な表現を意識して技術を磨くことに集中できるのも利点です。それぞれのメリットについて、詳しく紹介します。

力強い高音が出る

地声の低い方が無理に高音で歌おうとすると、裏返った声になりやすい傾向にあります。とはいえ、裏声を使うと十分な声量が出ずに違和感を覚えるケースも多いでしょう。この違和感を解消するために、ミックスボイスが役立ちます。

ミックスボイスをマスターできれば、裏声だけでは叶えられなかった力強い高音を活用した歌唱が可能です。今までよりもレパートリーが広がり、さまざまな曲を歌えるようになるので、歌うことが楽しくなります。

音程が合わせやすくなる

なかなか高い声が出ないからと声を張り上げて歌うと、音程が定まらなくなりがちです。正確な音程も歌を魅力的にする要素のひとつなので、安定して発声できるようになるのが望ましいでしょう。

ミックスボイスをマスターすると、無理なく高音を出せるようになるので、音程を楽に合わせられるようになります。苦労せず高い音域もこなせるようになると、ゆったりと構えて歌えるので、繊細な歌い方やリズムの取り方を意識する余裕も出てくるでしょう。

声を守れる

誤った声の出し方で歌うと喉が締まり、ますます理想の発声から遠ざかってしまいます。地声でどうにか高音を出そうとして無理をすると、声帯を傷めてしまうので注意しましょう。

特に1オクターブ下で歌うなどキーを調整している方や、高音に差し掛かると声が裏返ってしまう方、長く歌い続けると声がかすれたり出にくくなったりする方はリスクがあるので歌唱を見直すことが大切です。ミックスボイスを生かすことで、喉の負担を軽減できます。

目標を設定してミックスボイス完全習得を目指そう


本気でミックスボイスをマスターしたいなら、オーディションに参加するなどの具体的な目標を設定してみましょう。ゴールに向かってトレーニングをすると張り合いも出るので、より完全習得に近づきます。

練習の成果を披露する場としても、オーディションはうってつけの舞台です。せっかくなら、成長した歌声をプロに聴いてもらいましょう。

手軽に応募できるオーディションで実力を試してみよう

歌を楽しむことはもちろん、歌手を目指すのであれば、ミックスボイスをマスターするのは望ましいといえます。とはいえ、やみくもにトレーニングを重ねるだけではなかなか続きにくいので、習得した後の目標を設定するのがおすすめです。

MUSIC PLANETでは、自宅から手軽に応募できる「新人ボーカル発掘オーディション」を開催しています。完全遠隔で実施するオーディションは業界初で、いつでも好きなタイミングでエントリーできるのが魅力です。練習の成果を存分に発揮した歌声の音声データを送信すれば、すぐに審査が行われます。

合格者にはサポートが充実!!

オーディションに合格した方には10種類もの充実した特典が付きます。デビューを力強くサポートしてくれるでしょう。実績十分なプロデューサーが個人面談を行ってオリジナル楽曲のプロデュースします。楽曲はカラオケ配信やWEB配信もされるので、練習などにも活用できるのも魅力です。

ひとりひとりに適したボイストレーニングで歌声をさらに磨き上げ、ライブ支援も行います。プロのカメラマンによるアーティスト写真の撮影や公式サイトの開設で、宣伝できる環境も整えられるので、有効に活用できるでしょう。専属マネージャーが付き、専用のライブハウスも永久無料で使用できるなど、充実したアーティスト活動を開始できます。

まとめ


ミックスボイスは地声と裏声の長所を併せ持つ声です。習得すれば表現の幅が広がるでしょう。美しいミックスボイスを手に入れるには、正しい発声を意識して笑顔で優しく歌うなど、いくつかのポイントに注意することが大切です。

安定したミックスボイスをマスターできたら、オーディションに参加してトレーニングの成果を披露してみましょう。MUSIC PLANETのオーディションなら、自宅にいながらすぐに参加できるので、実力を試す舞台としてぴったりです。