• TOP
  • BLOG TOP
  • 歌の練習
  • ミックスボイスをマスターしよう!きれいな高音で音域を広げるテクニックとは?

ブログトップへ

ミックスボイスをマスターしよう!きれいな高音で音域を広げるテクニックとは?

「ミックスボイス」という言葉を知っていますか?

高音の音域を、喉に負担なく、力強く歌い上げる方法です。

プロの歌手やアーティストでは、ミックスボイスを使って幅広いタイプの歌を歌う人が多くいます。

これはプロだけが持っている才能ではなくて、私たちも訓練をすれば、ミックスボイスが出せるようになるのです。

ミックスボイスで歌えるようになると、高音域が苦しくなくなり、歌えるレパートリーも増えるのでカラオケでも歌うのが楽しくなります。

またプロを目指している人にとって、ミックスボイスのマスターは必須とも言えるでしょう。

この記事では、自分でもできるミックスボイスの練習方法について詳しく紹介していきます。

感覚をつかむまでは難しく感じるかもしれませんが、積み重ねて練習することで、マスターすることができるでしょう。

ミックスボイスを使いこなせるようになれば、もっと気持ちよく声を出すことができるようになりますよ。

ミックスボイスってどんな声のこと?

そもそも「ミックスボイス」とはどのような声のことを言うのでしょうか。

名前からして何かと何かをミックスするのはわかりますが、基本的なことからきちんと把握しておきましょう。

ミックスボイスは、「ミドルボイス」と呼ばれることもあります。

普段の自分の地声(チェストボイス)と裏声(ファルセット)が合わさった中間でミドル、というわけです。

有名アーティストの中にもこのミックスボイスを使って歌い上げる人が多くいます。

アンジェラ・アキやB’z、スピッツ、Superflyや秦基博、Alexandrosなどです。

彼らの歌を聞くと、ミックスボイスがどのような部分で使われているのか理解しやすく、声の出し方や聞いている側の心地よさなどもわかるので、参考にしてみるのもおすすめです。

普通に歌っている場合、多くの人は地声から高い音域の声を出そうと裏声に切り替えるときにブレイクポイント(「喚声点」ともいい一瞬無音になる瞬間)があります。

しかし、ミックスボイスをマスターして出せるようになると、ブレイクポイントが生じなくなり、地声から自然に裏声へと切り替えて歌い続けることができるのです。

これはプロのアーティストだけが身につけているものではなく、一般の私たちも訓練すれば出せるようになります。

カラオケが上手な人はミックスボイスの出し方を無意識に知っていて実践していますし、歌っている時と普段話すときの声がぜんぜん違うと感じるような人も、ミックスボイスの出し方を心得ている人が多いのです。

ミックスボイスで歌うことによって、喉には負担をかけずに、地声で歌う時の力強さはそのままに、裏声の軽やかな高音を一緒に出すことができます。

その結果、プロの歌手と同じように迫力ある裏声を出して歌い上げることができるようになるでしょう。

カラオケで高い音域の歌が苦手という人や、高音の歌を歌うと喉が痛くなる、掠れてしまうことがあるという人は、ミックスボイスで歌えていないということ。

地声と同じような喉の使い方で高音を出そうとしているので、不要な力が入ってしまっているのです。

そのままの歌い方を続けると声帯を傷める原因になるので、気をつけましょう。

ミックスボイスをマスターすれば、驚くほど軽やかに伸びやかに歌うことができますよ。

ミックスボイスはどうすれば出せるようになるの?

それではミックスボイスを出すための練習方法について詳しくみていきましょう。

そもそもどうして声を出したり歌ったりすることができるのでしょうか。

声帯は「声唇」という空気の通り道を広げたり閉めたりする部分と、それを包むようにしてある粘膜で作られています。

声帯を閉める時には甲状披裂筋という筋肉が動き、輪状甲状筋という筋肉が声帯を引っ張ることでバランスを保ち、呼吸に合わせて発声します。

ミックスボイスはこの「声唇」と粘膜の両方を合わせて振動させて出す声のことを言います。

ミックスボイスは、一般の人でも練習をすれば必ず身に付けることができます。

発声練習や高音を出す練習などはもちろんですが、声を出すときにもっとも大切な呼吸についても併せて練習することで、より力強い歌声を出すことができるようになっていきます。

一つ一つの訓練を怠らずに積み重ねていくと、音域も広がり、ミックスボイスも自然にマスターすることができるでしょう。

歌っていると時は喉を開いてリラックス

自分にとっての高音、つまり地声で歌うのが難しい音を出す時、つい体に力が入ってしまっていませんか?

喉が閉じてしまうと呼吸もできなくなりますし、お腹から声を出すことも難しくなってしまいます。

喉が開いた状態になれば、体の余分な力が抜けてリラックスすることができ、無理なく伸びやかな歌声を出すことができます。

まずは喉が開くという感覚を身につけましょう。

あくびをするような感じでぽかーんと大きく口を開けてみます。鏡で確認しながら行うと、やりやすいかもしれません。

喉の奥の方も広がっているのを感じてみてください。

そして声を出すような感覚で音は出さずに息を吐いてみます。

吐いている途中で息を止めてみてください。

止めると喉の声帯のあたりもキュッと閉じるのがわかるでしょう。

声帯を締める感覚がつかめたでしょうか。

喉が開いたり、声帯が閉じたりするのが自分で感覚としてわかるようになると、力んでいる状態やリラックスしている状態も理解できるので、まずは喉の様子を自分で感じ取ってみましょう。

喉が開いている感覚や声帯が締まっている感覚を身につけておくのは、ミックスボイス習得のためにとても大切です。

基本となる腹式呼吸をまずはマスター

歌う時の基本は呼吸です。

発声練習はもちろんですが、お腹からしっかりと力強い声を出すためにも、まずは腹式呼吸をマスターする必要があります。

腹式呼吸で歌えるようになると、声量が豊かになりますし、裏声になるような高音でも力強く地声のように歌い上げることができます。

腹式呼吸が身につくまでは、他のボイストレーニングを行う前に毎回練習してみてください。

みぞおちのあたりにある横隔膜をしっかり使って呼吸する練習をしましょう。

やり方は、まずは体の力を抜きます。

椅子に座るなら、足が付く高さの椅子に背筋を伸ばして腰かけましょう。

もしくは腰幅に軽く足を開いて、背筋を伸ばして立って行うこともできます。

鼻からゆっくりと息を吸っていきます。

胸のあたりでの浅い呼吸ではなく、おへその下から空気を入れてお腹を膨らませていくようにゆっくり吸い続けましょう。

下腹部から胃のあたり、そして胸にかけてだんだんと膨らませていきます。

お腹を膨らませて息を吸いきったら、ゆっくりと吐いていきましょう。

肋骨が少しずつ体の真ん中によっていくようなイメージで吐き続けます。

息を完全に吐ききると、おへそのあたりが少し背骨の方に引っ込んで力が入ったような感じになります。

これを繰り返してみましょう。

横隔膜が呼吸に合わせて広がったり閉じたりするのをイメージしながら行うのもいいでしょう。

お腹が動く時の感じがよくわからないという人は、仰向けに寝て両手をお腹に乗せた状態で、腹式呼吸の練習をするのもおすすめです。

仰向けに寝ることによって、体の余分な力が抜けるのと、背筋が伸びた状態になります。

また、お腹を膨らませる感覚が一番が感じられやすいのが、仰向けの姿勢なのです。

腹式呼吸ができるようになると、しっかりと横隔膜を支えることができるようになり、お腹の底から力強い歌声を出せるようになります。

また歌うことに限らず、腹式呼吸は体を使う時の基本中の基本の呼吸なので、身につけておいて損はありません。

ぜひ腹式呼吸をしっかりマスターできるまで、念入りに練習を行ってください。

裏声を出す練習をしよう

呼吸をマスターしたら、ミックスボイスの練習として、裏声を出す練習をしてみましょう。

まずは、自分の裏声はどの音域からなのかを確かめるところからです。

出しやすい音程で声を楽に出してみてください。

喉は力をいれずリラックスした状態で、出す声は「あー」でも「うー」でも「おー」でも構いません。

母音の方が喉がリラックスして声を出すことができるでしょう。

地声で無理なく出せる声を出してみたら、だんだんと音程を上げて、高い音を出していきます。

息を吐くことを意識しながら、音程を上げていくと、ある高さで声が自然に裏返って裏声が出るところがわかるでしょう。

地声で出せる音域と裏声になる音域の境目を、自分で認識してみてください。

裏声になるとお腹に力が入らなかったり、声量が弱くなってしまったりする人が多いでしょう。

まずはなんども裏声を出す練習をして、自分で感覚としてしっかり覚えておきます。

鼻腔共鳴の感覚をつかむ

鼻の奥で音を響かせるようにすることを「鼻腔共鳴」と言います。

ミックスボイスをマスターするには、この鼻腔共鳴の感覚を身に付けることも必要です。

まずは口を閉じて声を出すハミング発声練習をしましょう。

ハミングのままで高い音を出す練習です。

ハミングで音を出しながら、そのまま同じ感覚で口から声を出します。

この時も母音の「あー」や「うー」「おー」「いー」「えー」でもなんでも構いません。

出しやすい音で発声してください。

地声から高い声に上げたり戻したりと、自由に高さを変えながら発声練習を続けていきます。

慣れてきたら、頭の頂点、てっぺんから声を出しているようなイメージで、高音を出してみましょう。

この時、姿勢もとても大切です。

軽く足を開きしっかりと安定して立ちましょう。

頭のてっぺんから糸が出ていて、それからすうっと誰かに引っ張ってもらっているようなイメージで姿勢をまっすぐにします。

高音が出ないときに、つい苦しくて体を折ってしまったり、逆に仰け反るようにしてカラオケなどで歌う人がいますが、これでは余計な力が入ってしまうし、腹式呼吸もきちんとできなくなってしまいます。

しっかりと空気を吸って、そして吐けていないと、力強い声を出すことはできません。

腹式呼吸をしながら、強い声を出すように意識してください。

出した歌声はそのまま鼻を通って頭のてっぺん、頭頂部に抜けていくイメージを持ちましょう。

鼻腔を通って頭頂部から声を出すイメージで発声練習をしていると、だんだんと、鼻の奥で自分の出した声が響く感じがわかってきます。

これが「鼻腔共鳴」です。

この感覚で歌えると、ミックスボイスで歌えていることになります。

感覚をつかむまでは難しいですが、最初はハミングのままで練習してみて、だんだんと声を出し、喉から鼻を通って鼻腔で響かせながら声を出す練習をしていきましょう。

腹式呼吸や裏声の練習などきちんと行えていれば、この鼻腔共鳴の感覚も、練習していくうちに必ず掴めるようになってきます。

声帯を締めて裏声を鼻腔共鳴で響かせる

これまで紹介した練習をすべてしっかり行っていくと、自然とミックスボイスがマスターできるようになります!

喉はリラックスさせておき、声帯を締めて、腹式呼吸で裏声になるような高音域の声を出し、鼻腔で響かせるようにする。

これがまさにミックスボイスなのです。

ミックスボイスが出せるようになると、今まで裏声で弱い声量でしか出なかった高音や歌えなかったパートも、まるで地声のように力強く響かせることができるようになります。

歌をうまく歌う、高い音域でも力強く歌うためにはミックスボイスを出せるようになることが不可欠なのです。

一つ一つの訓練は、そんなに難しいものではありません。

地道に積み重ねていき、声の出し方や鼻腔での響かせ方など、感覚的なものを体に染み込ませることが大切です。

ミックスボイスをマスターして歌うことを楽しもう

今回紹介したミックスボイスの他にも、ビブラートやエッジボイスなど、歌う時のテクニックはいろいろあります。

裏声になるような高音を、地声のようにしっかりとパワフルな歌声で歌い上げるには、ミックスボイスのマスターは欠かせません。

ミックスボイスができるようになると、高い音域の歌声も軽く伸びやかに、そして力強く人の心をつかむような歌いかたができるようになります。

ぜひ日々のミックスボイスのトレーニングを積み重ねて、高音域の歌唱力を身につけましょう。

音域が広がると、歌えるようになる歌が増えます。

さらに歌いたい歌を思うように歌えるようになると、もっともっといろいろな曲を歌いたくなります。

ミックスボイスをマスターして、歌を歌うことを思いっきり楽しみましょう。

さらに歌を楽しみたい方必見!

「MUSIC PLANET」が主催している、

「新人ボーカル発掘オーディション」を知っていますか?

通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、

まずはボイストレーニングだけだったり、下積みが必要な場合もあります。

しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、

未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートが受けられます。

1.プロデューサーによる個人面談

2.あなただけのオリジナル楽曲提供

3.あなたの楽曲がCDに!

4.専属マネージャーを配属

5.プロトレーナーによるボイストレーニング!

6.オリジナル楽曲をカラオケで配信!

7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信!

8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影

9.なんと…LIVEにも出演!

この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、

  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方

と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さなんです。

歌手オーディションの場所も、

  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)

と、日本全国で開催していて、

さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、

  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア

と全国各地にあります!

なので、

「地元で頑張りたい」

「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」

という人でも、安心して合格後のサポートを受けながら歌手を目指すことができます。

もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスン。

今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、

充実した練習ができること間違い無し!

歌手オーディションは無料で受けられるので、

必要なのは会場までの交通費のみ。

現在の練習方法に不安があったり、

「プロのボイストレーニングを受けたい!」という人や、

「もっと歌が上手くなりたい」と思っている人には、

ぴったりのオーディションではないでしょうか?

ぜひ、練習したミックスボイスを駆使して

歌手としてステップアップしましょう!