ブログトップへ

ミックスボイス(ミドルボイス)で息漏れする!原因とトレーニング法を解説

ミドルボイスと呼ばれることもある「ミックスボイス」については、習得が難しいといわれています。「頑張って練習しているのに、うまくならない」、「どうしても息漏れしてしまう」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

ミックスボイスをマスターするためには、まずはうまくいかない原因を突き止めて改善することが大切です。そこでこの記事では、原因ごとに分けて基礎的なトレーニング法をわかりやすくご紹介します。

こんな症状は息漏れが原因!

息漏れという言葉だけではピンとこないかもしれません。まずはどんな症状が出ているときときに息漏れと判断できるのかご紹介します。

・声が嗄れてしまう
・声がかすれる
・声がこもっている
・息が持たない
・裏声に迫力が出ない

こういった症状を自覚している、もしくは指摘されたことがある場合は、息漏れが原因と考えましょう。とくにミックスボイスがうまくできない原因には息漏れしてうることが多い傾向にあります。ステップアップのためには改善が必要です。

ミックスボイスで息漏れする原因は?

なぜミックスボイスで息漏れするのか、その原因を特定しなければ、改善方法もみつかりません。問題点を洗い出し、修正するポイントを見つけることが先決です。

息漏れの原因としてとくに多くみられるのは次の3点です。思い当たるポイントが見つかった場合は、その部分から改善点を探ってトレーニングに活かしていきましょう。

力が入りすぎている

ミックスボイスを習得する上で欠かせない要素が「リラックス」です。喉に力を入れ過ぎないように歌うのがコツですので、力むクセがある場合はそこから改善しましょう。

喉に力が入りますと、上手に声帯封鎖を行えなくなります。結果的に息漏れをおこしてしまいますので、声帯を余計に圧迫してしまわないように、力を抜いて歌うことが大切です。

息を吐きすぎている

歌っている際に吐く息が多すぎますと、声帯の微妙な調整がきかなくなります。テクニックも無効化されてしまいますので、これでは音をうまく出せません。

同じように、歌唱中に口を開け過ぎないようにすることもポイントです。息はなるべく溜めておき、体力を残して、声帯をしっかりとコントロールできるようにしましょう。

腹式ではなく肺から呼吸している

肺から呼吸をしていると喉が力みやすくなります。さらに呼吸を続けるのも難しくなるせいで、苦しんで無理やりひねり出すような声になってしまいがちです。

息の量をコントロールするためには、腹式呼吸をすることが大切です。腹式呼吸は安定した歌声を出すためにも重要なポイントですので、正しい呼吸法を勉強しておきましょう。

ミックスボイスの息漏れを改善する方法

息漏れの原因が見えてきたら、改善する方法を試しましょう。はじめはトレーニングで補おうとするのではなく、何を意識すればいいのかを正しく認識することが重要です。

改善のための近道として紹介できるのは以下の3点になります。心がけるべきポイントを認識した上で、効果を期待できる具体的なトレーニングへと移りましょう。

喉を緩めることを意識する

力みすぎることが多い場合は、喉を緩めることを意識します。まずは息をぴたっと止めてから声を出すという動作を試してみましょう。喉に閉塞感のあるような状態から、一気に解放されるような「喉を緩める」感覚が伝わってくるのではないでしょうか。

「あー、いー」というように、出しやすい2音を繰り返し出し続けることでも、喉を緩める感覚を養えます。意識すべきなのは脱力ですので、喉をリラックスさせるコツをつかんでおきましょう。

息を長く細く続けることを意識する

喉の力だけを使って呼吸をする場合と、お腹の力を使って呼吸をする場合とでは、後者のほうが圧倒的に長く息を持続できます。細く長い息をする感覚で歌うことにより、必然的にお腹を使う呼吸ができ、息漏れしにくくなります。

普段の生活の中でも、あえてゆっくりしたペースで会話するように意識してみましょう。それだけでも、自然とお腹を使った発声ができるようになります。そのクセを歌唱中に活かせば、声量は格段に安定します。

自分の音程領域を見つける

自分の音程領域を見つけて、出しやすい音域を把握しておくことも大切です。歌ではなく呼吸を意識して、声を出しながら強弱を付けてみましょう。得意な領域に持ち込むことにより、安定したミックスボイスを習得できるようになります。

音域を広げるための鍛え方としては、まず曲の中でとくに使われることが多い中音域を優先することがおすすめです。次に低音、最後に高音という順番で鍛えましょう。この過程で、自分が得意とする曲を見つけることもできます。

ミックスボイスの基本トレーニング方法

ミックスボイスの習得には、ここまでにお伝えした息漏れの原因を念頭に置くことが大切です。まずは自分自身の欠点を理解して、改善点を整理しておきましょう。

それを踏まえた上で、改善点別におすすめする基本トレーニング方法を以下にまとめました。この方法を実践して、力強いミックスボイスを習得するための練習を進めましょう。

裏声の練習をする

最初に練習すべきなのは裏声です。喉の力を抜き、腹式呼吸で声を出すのが上手に裏声を出すコツになります。少しだけ鼻に力を入れて抜くように発声しますと、より大きな裏声が出ます。

鼻の奥に振動を感じていれば、それが上手に裏声を出せている証です。ミックスボイスの基本ともいえる部分ですので、反復練習をおすすめします。

ハミングを練習する

口を閉じた状態で声を出すことを「ハミング(鼻歌)」といいます。ハミングは腹式呼吸をして鼻腔共鳴させる発声法ですので、呼吸法と喉の開き方の感覚を同時につかむことが可能です。

まずはハミングをした状態で裏声を出す練習を行いましょう。慣れてきたら、そのまま好きな曲を鼻歌で歌い、安定するまで繰り返すと力強さが身に付いていきます。

息を弱く吐くことを意識する

吐く息が強すぎると尻すぼみのような発声になってしまいます。吐く息のスピードを緩めるように意識して、その代わりに腹筋に力を入れてみましょう。

ちょっとした意識の持ち方の違いになるのですが、これだけでも声帯は安定します。ミックスボイスへの切り替えもスムーズになり、不自然な歌声になることを避けられるようになります。

表情筋を鍛える

表情筋を鍛えると口の周りの可動域が広がり、滑舌が良くなります。高音を出しやすくなるというメリットもありますので、ストレッチ感覚で表情筋を鍛えましょう。

顔のパーツをすべて中央に集めるようにギュっと寄せて数秒キープし、その後に目を見開くような動きを繰り返すと有効です。口を大きく開けて「あ」と「い」の発声を繰り返すトレーニングも効果があります。

舌と喉の動きをチェックする

喉を開くことがミックスボイスの習得にとって大切なポイントです。あくびをするときのように、舌を下げながら大きく口を開きますと、自然と喉が開いて声を出しやすくなります。

トレーニング中の意識は舌と喉の動きにも向けてみましょう。感覚がわかるようになるまでは、鏡を見ながらあくびをして、喉の動きを確認することもおすすめです。

反復練習する

ここまでの練習法はどれも簡単に試せるものですので、すぐに安定感のあるミックスボイスを操れるようになると思うかもしれません。しかし、現実はそう甘くはありません。

感覚やコツを完璧につかむまでには時間がかかります。正しいトレーニング法を用いて、反復練習を繰り返すことこそが、ミックスボイスを自分のものにするための近道です。

ミックスボイスは時間をかけて習得しよう!

ミックスボイスは一朝一夕で習得できるものではありません。地味なトレーニングですから、つまらなく感じるかもしれません。しかし半年~一年くらいをかけて地道にトレーニングを重ねれば、必ず習得できます。

安定感のあるミックスボイスを習得できれば、地声の力強さはそのままに、地声では出すことのできない高音を表現できます。曲のレパートリーが増えることは間違いありません。

男性では秦基博さん、女性ではアンジェラ・アキさんらがミックスボイスの使い手として有名です。自信が付いてきたら彼らの曲をカラオケで歌ってみて、どこまで歌えるかを試してみましょう。

歌うことが好きならOK!オーディションで実力を図ろう

ミックスボイスが習得できていれば有利であることは確かですが、それだけで歌手としての優劣は決まりません。ミックスボイスが完璧でなくても、プロになることはできます。

自分の力を試してみたいと思ったらオーディションに挑戦して、客観的な評価を受けてみましょう。MUSIC PLANETなら、歌うことが好きな方であれば誰でもオーディションに参加することが可能です。

MUSIC PLANETはオーディションの対象が広い

MUSIC PLANETは、多くの人に歌手として活動する夢を持ち続けてほしいと考えています。そのためオーディションの参加資格を可能な限り緩く設定しており、年齢でいえば、20~49歳までの方なら男女を問わず誰でも応募することが可能です。

歌手としての経験や、スクールに通っていたなどの実績は一切問いません。日本国籍または日本の永住権をお持ちの方で、心身ともに健康であれば今すぐにでもご参加いただけます。他社の規定に納得いかなかったという方もぜひご応募ください。

自宅ならベストなコンディションで受けられる

MUSIC PLANETによるオーディションの特徴は、インターネットから参加費無料で応募できることです。完全遠隔オーディションですので、音声データを添付して送信するだけで参加でき、プロのプロデューサーによる審査を受けられます。

本番が苦手で実力を発揮できないという方も、自宅からならベストなコンディションで曲の収録ができるでしょう。納得のいくまで録り直すことも可能ですので、後悔することもありませんし、コロナ禍で外出自粛中という方も参加しやすい環境です。

プロデューサーからのコメントでステップアップ

晴れて合格すると、合格者全員に対してプロデューサーが個別の動画コメントをお送りしています。長所や短所を的確に指摘するコメントを受け取れますので、自分の実力や現在地が正確にわかり、今後の成長につなげる材料になります。

その後は、歌手としての魅力を高めてステップアップするための特別なトレーニングを受けることも可能です。一世一代という覚悟を持たずに気楽に参加できるオーディションですので、プロを目指す上での力試しがしたいという方にもおすすめです。

まとめ

ミックスボイスで息漏れする場合は、まずはその原因を突き止めることが先決です。その上で改善策を整理して、効果のあるトレーニングを行いましょう。ミックスボイスは一朝一夕で完成しないので、地道に反復練習をすることも大切です。

ミックスボイスの自信が付いた方も、そうでない方も、MUSIC PLANETのオーディションで力試しをしてみましょう。20~49歳までの健康な方であれば誰にでも参加資格があり、合格すればプロデューサーによるフィードバックを受けることもできます。