ブログトップへ

ミュージックプラネットではボイトレが受けられる!自宅でできる方法も紹介

音楽を楽しむ人を応援する「ミュージックプラネット」では、オーディションの合格者は、プロの指導によるボイストレーニングを受けることができます。

そもそも、ボイストレーニングではどのような練習を行うのでしょうか?

この記事では、一般的なボイトレスクールの概要を紹介します。

更に、自宅でできる簡単なボイストレーニングについてお伝えしていきます。

歌のレパートリーを広げるためにも、音域が豊かであることは大切なポイントです。

いつでも自由にできる歌うことやボイストレーニングに特化したアプリもあります。

それらを利用してボイストレーニングを継続し、忍耐強く少しずつでも音域を拡げていきましょう。

プロを目指すならボイトレスクールに通うのがおすすめ

自宅でひとりで行うトレーニングも重要ですが、より早く効果を感じたいのなら、プロが指導してくれるボイトレ(ボイストレーニング)スクールに通うことが、一番の近道かもしれません。

効果的な練習方法を教えてもらえるだけでなく、トレーナーの激励はモチベーション維持にもつながるでしょう。

一人で練習するのとは違い、客観的なアドバイスをもらえるのもスクールならではの特典です。

ここでは、プロに習うボイトレの、一般的な概要について解説していきます。

ボイトレスクールの特徴とは

ボイトレスクールでは「多くのレッスン生をメジャーデビューに導いてきた」など、実績のあるインストラクターのレッスンを受けること可能です。

指導はマンツーマンの場合が多く、最新のレッスン機材やレコーディングスタジオを持っていることもあります。

レッスンは曜日が決まっている場合もあれば、フリータイム予約制で、好きな曜日と時間が選べる場合もあります。

体調がすぐれない、急な用事などでレッスンが受けられない時に、次の月に繰り越しができる制度があるスクールもあるので、確認しておくといいでしょう。

音域を拡げるトレーニング方法

ここからは、音域を拡げる方法を一つ一つ確認していきましょう。

成人した男女の出せるオクターブには差はなく、平均で2オクターブはでるそうです。

声楽家になると、平均2.5オクターブぐらいと言われています。

もちろん男女では出せる音域は違います。

歌おうとしている音域が自分に合っていると、無理なく声が出せるので歌いやすいものです。

自分でもきれいな声がでていることがわかり、歌っていても楽しいのではないでしょうか。

音域は、トレーニングによって拡げることができるので、チャレンジしてみましょう。

今回は4つの方法を紹介します。

1つ目は正しい呼吸法を身に着けること

2つ目は声を鼻腔に共鳴させる練習をすること。

3つ目は裏声をしっかり出せるようにすること

4つ目はリップロールをすることになります。

すべて自宅でできるトレーニングなので、こつこつ続けていけば、音域が拡がっていくでしょう。

この他にもアプリを使って練習する方法があります。

無料のアプリの中には、プロシンガーによるレッスン動画が見られたり、発声やリズム感をトレーニングできたりするものもあります。

自分の最高音と最低音を測定できるアプリもあるので、利用すれば自分の音域がわかります。

ボイストレーニングを始める前に計測しておいて、測定値がどう変わっていくかをチェックするのも、トレーニングを続けるうえで励みになるでしょう。

正しい呼吸方法をきちんと身に着けよう

呼吸法には、胸式呼吸と腹式呼吸があります。

胸式呼吸は胸を膨らませる呼吸で、呼吸をするたびに肩が上がってしまいます。

浅い呼吸になるのでのどにも力が加わります。

腹式呼吸は、お腹に力を入れて横隔膜を膨らませるため、深い呼吸になります

のどはリラックス状態なので負担が掛かりません。

歌を歌う時の正しい呼吸法は、腹式呼吸です。

腹式呼吸で 安定した呼吸ができないと、息が続かないだけでなく「出せるはずの高音」が出せなくなってしまいます。

腹式呼吸は慣れるまで、多少時間がかかりますし、腹筋も必要です。

でも、私たちは眠っている間、知らないうちに腹式呼吸をしているのです。

息を吸ってお腹を膨らませ、声を出していくとお腹は次第に引っ込んでいきます。

簡単なトレーニング方法として、ベッドや畳で仰向けになって呼吸してみることをおすすめします。

口から吐いてお腹をへこませ、鼻から吸ってお腹を膨らませるのです。

お腹を膨らんだりへこんだりさせることで、横隔膜が上下し腹式呼吸の感覚がわかってきます。

重めの本をおなかに乗せて呼吸してみると、より実感できるでしょう。

声を鼻腔に共鳴させよう

鼻腔共鳴とは、鼻の穴からのどまでの通りに声を響かせることです。

鼻を人差し指と中指で押さえながらハミングをすると、手に振動が伝わり声を鼻腔に共鳴させる感覚がわかるかと思います。

この鼻腔共鳴は高い声を出すためだけでなく、話すときに「自分の一番聞き取りやすい声」を見つけることもできます。

鼻を人指し指と中指で押さえて、声の高さをいろいろ変えてハミングしてみましょう。

小さく振動を感じた声の高さが、明るく張りがあって人に良い印象を与えることができる声の高さだそうです。

裏声を上手に出せるようにしよう

歌声には4種類あると言われています。

地声(実声)、ミックスボイス、裏声(ファルセット)、ホイッスルボイスです。

地声は、普段話している時の声です。

ミックスボイスは、地声が裏声に変わる境目あたりの声です。

ミックスボイスは出すのが難しく、大きく出すのも困難です。

裏声は、頭の先に響かせるように歌うので、ヘッドボイスとも呼ばれます。

ホイッスルボイスは、笛のような高い声のことです。

音のコントロールが大変難しいので、一般的な楽曲では使うことはありません。

裏声ですぐ思い浮かべるのは、映画「もののけ姫」の主題歌ではないでしょうか。

のどに余分な力が入らず自然に裏声が出せるようになったら、音域は拡がります。

裏声を鍛えることは、声帯で音の高さを調調している輪状甲状筋を鍛えることになります。

この輪状甲状筋が鍛えられると、音程がきちんと保てるようになるのです。

裏声は、すべての歌声の基本。

腹式呼吸をして、か細い揺れるような声ではなくしっかりした裏声が出せれば、歌のレパートリーは確実に増えていくことでしょう。

リップロールを30分間続けよう

リップロールとは、唇を閉じたまま息を少し履いて上下の唇を震わせることです。

「プルプルプル」というような音がします。

歌っている時に息が続かなかったり声がつまるのは、声帯に余計な負担が掛かっているからです。

息を吐く量も一定ではなく、まちまちになっているに違いありません。

これを解消するのに、リップロールを30分程度続けるのがとても効果的です。

リップロールをすることで、表情筋や声帯の力が抜けます。

表情筋や声帯の脱力が、伸びのある発声につながっていきます。

リプロールは唇が乾燥しているとできません。

乾燥しているようなら、水分を補給してみてください。

30分間続けるのは、最初は大変かもしれませんが、お風呂に入りながら、TVを見ながらなど、自分の生活の合わせて練習してみましょう。

一定の量で息を吐き続けることが大切なので、いろいろ試してリップロールがしやすい息の強さを見つけてください。

アプリを使って、トレーニングしよう

ボイストレーニングや歌のレッスンをするのに便利なアプリがいろいろ出ています。

ボイストレーニングのスクールに通いたくても、

「通える範囲に適した学校が存在しない」

「学生なのでレッスン料が払えない」

と言う人には特におすすめしたいアプリです。

iPhoneやAndroidのスマホからダウンロードできるのでお手軽です。

料金は、有料のものもあれば無料のものもあります。

種類が豊富で、大きく分けてみると、

「ボイストレーニングができるアプリ」

「カラオケ仕様で歌の練習や採点ができるアプリ」

「ピアノやギターの演奏で歌えるアプリ」

の3種類になります。

いつでもどこでも練習ができるアプリを活用するのも、良いトレーニングになるでしょう。

おすすめのアプリを4つ紹介します。

自分の音域がわかるアプリ「あなたの音域測定します」

iPhoneのマイクに向かって、声を出すだけで簡単に測定できます。

自分の出せる高い音と低い音が即座に測定できるので便利です。

使い方はシンプルで、最初に性別をタッチしてスタートボタンを押します。

次に自分が出せる一番低い音から順番に、「あ~」と出していきましょう。

測定終了のお知らせの後に、「最高音 hihiD#(レ#) 最低音 lowD(レ)」のように表示されます。

※「」の表示は鍵盤の位置を表すもの。

「説明書-音域.com」を検索すれば、鍵盤の位置がわかります。

歌いたい歌のキーが自分の音域内に入っているかを知っていると、オーディションの選曲に役立つでしょう。

ボイストレーニングの成果もチェックすることができます。

ボイストレーニング用アプリ「コエトレ – 発声練習帳 -」

有料で価格は、250円です。

発声の基礎練習ができます。

どちらかと言うとアナウンサー向きの感もありますが、発声の基礎がしっかり学べるアプリです。

歌を歌うにしても、音域を拡げるにしても、アプリにある呼吸法・腹式呼吸・腹筋法・姿勢を学ぶのは大切なこと。

メトロノーム機能が搭載しているので、発声のリズムを捉えることもできます。

採点や録音もできるアプリ「カラオケJOYSOUND+」

カラオケ店と同じように14万曲がリストアップされています。

新曲もどんどん追加されているようです。

1日1曲だけなら無料で、何度でも繰り返して歌うことができます。

採点のシステムも同様で、1日1曲なら無料で何回も採点可能。

ぜひマスターしたい曲がある人には、有用なアプリでしょう。

課金をすれば14万曲歌いたい放題になります。

採点中に、曲の音程と自分の音程を確認することも可能。

録音機能もついていて、360円を支払えば10曲まで録音できます。

自分の声や音程などを確認できるのは、歌の上達に効果的です。

エコー機能もついていて、イヤホンやイヤホンマイクを接続することもできます。

カラオケ店にわざわざ出かけなくても、このアプリがあれば歌の練習がたっぷりできますね。

楽器演奏で歌えるアプリ「nana – 歌でつながる音楽コラボSNS」

ピアノやギターの伴奏が数多く収録されているので、カラオケ以外で歌の練習をしたい人に適しています。

音程がきちんととれているかどうかの確認には、カラオケよりもピアノの伴奏などの方がいいでしょう。

伴奏者とセッションをしているような気分になれます。

曲のジャンルは幅広く、洋楽からアニソンまで充実のラインナップ。

伴奏に合わせて重ね録りができるようになっています。料金は無料です。

のどのいたわり方を学ぼう

歌をたくさん歌った後は、のどを痛めてしまうことがあります。

歌手や声をよく使う人にできやすいのが声帯ポリーブです。

声帯ポリーブは、風邪や声の出し過ぎで声帯が炎症してできてしまうもの。

声が出しにくかったり、枯れてしまったりするだけでなく、ひどくなると手術が必要になってしまうことも。

のどを上手にケアする習慣をつけていきましょう。

一番は、帰宅したら必ずうがいと手洗いをすることです。

ハンドソープをつけて、手首もきちんと洗いましょう。

次は、室内の湿度です。冬など乾燥がひどい時期には加湿器などを利用してしっかり加湿しましょう。

三番目は、就寝時のマスクの着用です。

肌触りのいい、コットン100%のガーゼマスクがおすすめです。

のどをケアする飲み物には、カテキンが多く入っている緑茶や紅茶がいいでしょう。

殺菌作用もあるので、風邪予防にもなります。

食べ物では、殺菌作用のあるはちみつや炎症を抑える大根がおすすめです。

はちみつを入れたホットレモン、大根おろしなど、摂り方を工夫して摂取するよう心がけてください。

本格的なボイトレを受けたいならミュージックプラネットのオーディションも検討してみては?

自宅でできるボイトレ方法や、お役立ちアプリを紹介してきましたが、本格的にプロの指導をうけたいのなら、ぜひミュージックプラネットの「新人ボーカル発掘オーディション」の参加を検討してみましょう。

合格者のみが受けることのできるボイトレでは、発声法やリズム感など、歌唱の基本を教えてもらえるだけでなく、聴き手に感動を与える歌い方のノウハウなども教えてもらえます。

通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、

まずはボイストレーニングだけだったり、様々な下積みが必要な場合もあります。

しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、

未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートを受けられます。

1.プロデューサーによる個人面談

2.あなただけのオリジナル楽曲提供

3.あなたの楽曲がCDに!

4.専属マネージャーを配属

5.プロトレーナーによるボイストレーニング!

6.オリジナル楽曲をカラオケで配信!

7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信!

8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影

9.なんと…LIVEにも出演!

この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、

  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方

と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さです。

オーディションの会場も、

  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)

と、日本全国で開催しています。

さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、

  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア

と全国各地にあります。

ですので、

「地元で頑張りたい」

「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」

という人でも、安心して合格後のサポートを受けることができます。

もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスンです。

今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、

充実した練習ができること間違い無し!

歌手オーディションは無料で受けられるので、

必要なのは会場までの交通費のみ。

現在の練習方法に不安があったり、

「プロのボイストレーニングを受けたい!」

「本格的なレコーディングを体験してみたい」

と思っている人には、ぴったりのオーディションではないでしょうか?

ぜひ、オーディションに参加して、

歌手としてステップアップしましょう!