ブログトップへ

低音の出し方で効果的なのは?コツや練習方法を徹底解説!

低音の歌声をきれいに響かせるには、入念な練習が必要です。低くなるほど思うように発声しづらくなるため、苦手意識を持つ方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、低音ボイスが出しやすくなるコツや練習方法を徹底的に解説します。複数の観点から仕組みやポイントを押さえておくと、段階を経た練習が実践できるでしょう。基本的な知識を蓄える過程も重要です。低音域の練習によって得られるメリットも紹介します。

低音ボイスの出し方のコツ

低音ボイスの練習を行うとき意識したいのは、「単に低く発声するものではない」という点です。姿勢や力の入れ方も意識し、気持ち良く出せるポイントを見極める必要があります。喉への負担にも影響するため、コツがつかめるまで少しずつ練習を重ねましょう。5つのポイントに分けて、低音ボイスを発声するためのコツを解説します。

発声するときに顔を上げる

姿勢の観点から重視したいのは、顔の角度と目線です。低い声を正しく響かせる場合、「チェストボイス(胸声)」が重要な要素となります。斜め上の目線を意識し、顔がやや上を向くような姿勢に整えましょう。低音を発したとき、胸全体に振動を感じる角度がポイントです。下げすぎず上げすぎず、低音ボイスに適した姿勢を探してみましょう。

お腹から声を響かせる

きれいな歌声を出すために重要な要素として「腹式呼吸」があります。お腹に適度な力を入れ、空気と共に声を響かせる仕組みです。

お腹にのみ力を込めるのではなく、あくまでも響かせる動きを心がけましょう。喉にかかる負担を和らげることで、低音ボイスで歌っても疲れにくくなります。中高音域の発声においても押さえておきたいコツのひとつです。

肩の力を抜いて発声する

肩の状態に注意すると、「体に力が入っているか」を認識しやすくなります。肩に力が入ると、声が響きにくくなるためうまく発声できません。

脱力状態が分からない場合は、一度ため息をついてリラックスしましょう。極端な脱力ではなく、普段生活している中の適切な姿勢が正解です。このまま発声すると、出しにくい低音も響かせやすくなります。

息をしっかりと吐いて発声する

体が緊張して力んだ状態が続くと、思うような声が出なくなるかもしれません。練習中であっても、歌う直前に息を吐く動作は重要です。発声前に吸い込む量だけでなく、最後まで吐き切る過程も重視しましょう。筋肉の他、喉の緊張もほぐれて歌いやすくなります。

胸に手を当てながら発声する

適切な姿勢を維持したまま、手を胸に当ててみましょう。この状態のまま発声することで、低温による響きが実感しやすくなります。手に集中すると背中が曲がる可能性があるため、全身の姿勢も確認しながら練習できると安心です。胸の響くポイントが分かった後は手を離し、顔の角度を意識して発声を続けると良いでしょう。

上手く低音ボイスを出すための5つの練習方法

姿勢や呼吸法のみで感覚をつかめない方は、具体的な練習方法を実践してみるのがおすすめです。腹式呼吸の他、ポルタメントやドギーブレスといった方法もあります。日常的な動作に含められるものもあるため、少しでも意識を高められるよう知識を蓄えておきましょう。低音ボイスの練習に有効的な方法を5つご紹介します。

腹式呼吸の練習

腹式呼吸は、歌を披露するシーンにおいて重要な働きを持つ呼吸法です。無意識的に行っている方も多い「胸式呼吸」との違いを理解しておきましょう。

・胸式呼吸:肋間筋を動かして呼吸する方法で、息を吸う動作に適している
・腹式呼吸:横隔膜を動かして呼吸する方法で、空気の出入りする量が多い

横隔膜の動きを活かすためには、腹式呼吸のかたちを実現するためには、横隔膜の動作が重要です。以下一連の流れを複数回繰り返すと、少しずつ横隔膜の動かし方が分かるようになるでしょう。

・鼻から息を吸い込む(10秒~15秒)
・約3秒、息を止める
・ゆっくりと息を吐く(10秒~15秒)

ポルタメント

音階の異なる複数音間を移行するとき、なめらかな音色を表現するテクニックが「ポルタメント」です。高音から低音へスムーズに切り替えられると、出しにくい低音域へも移行しやすくなります。以下の流れを参考に練習してみましょう。

・顎を少し下げた状態で口を開く
・下の歯に舌先を当て、この状態を維持する
・肋骨の下部(横隔膜付近)に左手を添える
・高音から低音へ、息を弱めないよう移行する(腹式呼吸も意識する)

ドギーブレス

横隔膜の動きを強化するためには、「ドギーブレス」と呼ばれる練習方法が有効的です。犬が舌を出し、細かく呼吸するシーンを想像すると分かりやすくなるでしょう。喉仏の適切な動きを把握するためにも役立ちます。

犬の呼吸をイメージしながら、口を開けて細かい呼吸を繰り返してみましょう。ポイントは、息を吐く回数の多さです。吐いたり吸ったりを繰り返すのではなく、複数回吐いてから数秒かけて吸い込みます。横隔膜付近に手を添えると、鍛えられる部位が認識できるでしょう。

ペットボトルを使った練習

声や呼吸の練習方法が難しく感じる場合は、ペットボトルのキャップを用いるのがおすすめです。舌の動かし方を重点的に練習できる方法で、声帯の緊張をほぐしやすくなります。以下の方法で練習を繰り返してみましょう。

・ペットボトルのキャップ3か所に穴を開ける(画びょう先端程度の大きさ)
・キャップを唇で咥える
・キャップに響いて振動するように、長音「あ」を発声する
・口内が縦に開き、舌が下がっている状態であれば適切
・キャップがなくても同じ状態を維持できるよう繰り返し練習する

寝起きに行う練習

起床後に発声可能な環境が整っている方は、寝起きのタイミングでも練習を実践できます。活動的になる日中や就寝前に比べ、起床後に出る声の音域が低いためです。可能であれば、ピアノやギターなどを用いて正確な音を発声しましょう。

毎日の練習に負担を感じる場合は、休日のみでも問題ありません。定期的な練習を継続すると、初期よりも低い声が出しやすくなる傾向にあります。普段の練習と同様に、リラックスした状態で始めることも大切です。

そもそも低音ボイスの特徴とは?

低音ボイスは、性別を問わず重視したい要素のひとつといえます。落ち着いた雰囲気を増すだけでなく、発言に対して信頼性を感じさせるきっかけにもなるためです。音楽シーンでも表現力を高めるために必要なため、歌う曲に低音がない方も練習した方が良いでしょう。低音ボイスの基本的な特徴や、一般的に好かれている理由を解説します。

低音ボイスとは

音域の低い発声は、「曲の中になければ練習しなくても良い」というものではありません。日常生活で意識する機会は少ないものの、表現力を高めるために重要です。低い声が出るようになると、全体的な声のバリエーションが増える結果につながります。

高音の練習も大切ですが、低音も同様に重視して練習した方が良いでしょう。低音ボイスがなめらかに発声できると、音域の広い曲でも声がぶれにくくなります。複数の曲を歌いこなすためにも必要です。

低音ボイスが好かれる理由

男性においては、日常的な会話のシーンでも低音ボイスが好まれる傾向にあります。男性らしさや頼もしい雰囲気を感じる他、落ち着きのある性格が想像しやすい点も理由といえるでしょう。発言そのものに信頼感があり、相手が聞き取りやすい声質も要因です。

低音ボイスをきれいに出すためには、呼吸法や姿勢も重要となります。普段から意識的に練習を重ねることで、これまでとは違った人物像をイメージさせるかもしれません。

低音が出せるように練習するメリット

低音ボイスの発声練習を続けると、複数の観点からメリットを得られる結果につながります。高音域をスムーズに発声できたり、呼吸をコントロールしやすくなったりといった効果です。

曲のバリエーションが増える魅力もあるため、歌手を目指す方が押さえておきたい要素ともいえるでしょう。ここからは、練習によって得られるメリットを3つご紹介します。

高音を出しやすくなる

低音ボイスを響かせるために重要なポイントは「声帯」です。高音も同様、きれいに発声するためには声帯の動きを意識する必要があります。低音・高音それぞれに適した練習方法がありますが、声帯をコントロールするための部位はいずれも閉鎖筋です。

低音域の発声で閉鎖筋を鍛えますが、同時に高音域の発声にもつなげられます。従って、二極の音域を効率的に強化する方法ともいえるでしょう。

息のコントロールがしやすくなる

スムーズな低音ボイスを継続には、呼吸法が理解できているかどうかも左右します。腹式呼吸などのテクニックが習得できると、低音の発声に十分な呼吸量が把握しやすくなるでしょう。息がコントロールできると、体が緊張したり不適切な姿勢で力んだりする可能性も軽減できます。

発した歌声にもゆとりが出るため、音域を問わず安定性を高められる点もメリットです。喉に負担をかけるリスクが減ると、長時間歌っても疲れにくい状態を維持できるでしょう。

歌える曲のバリエーションが増える

最終的に実感しやすいメリットは、1曲を通して歌えるバリエーションが増えるという結果です。低音から高音までの限界幅が広がるため、より多くの曲がスムーズに歌いやすくなります。

具体的な曲の目標を決めてから練習を始めると、自分でも上達の具合を認識できるでしょう。これから作曲を考えている方は、自分が思うオリジナルのメロディを具現化する結果にもつながります。歌声がメインとなる歌手にとって、特に魅力的なメリットです。

低音ボイスをマスターしたら歌手デビューを目指そう!

低音ボイスの練習で自信が高まった方は、歌手としてのデビューに向けてオーディションを受けてみましょう。「MUSIC PLANET」では、個別審査の体制を整えたオーディションを募集しています。合格後は以下のような特典が利用可能です。

・プロデューサーと個人面談
・オリジナル楽曲の制作
・アーティスト写真撮影
・オリジナルのWebサイトを作成・公開
・プロによるマンツーマンレッスン

ライフスタイルにあった進度でスキルアップを目指せるよう、合格後のサポートにも徹底した取り組みを行っています。オリジナル楽曲の強化を目的としたボイストレーニングで、イメージや音域に合った曲に仕上げていきましょう。

まとめ

低音ボイスのなめらかな発声のためには、声の低さだけでなく姿勢・呼吸法なども意識する必要があります。むやみに発声すると体に負担がかかるため、正しい練習方法が実践できるよう理解を深めておきましょう。

音域が広がったり曲のバリエーションが増えたりする他、落ち着いた雰囲気を放つメリットもあります。これからさらなるテクニックの強化を希望する方は、ぜひ「MUSIC PLANET」のオーディションにご応募ください。合格後にも充実のサポート体制を整えています。