ブログトップへ

力強い声量をミックスボイスで習得!歌手を目指す人の必勝トレーニング法

力強く突き抜けるような高音の歌声は人々の心に響きます。現在活躍している有名アーティストのように、「自分もあんな高音が出せたらいいな」と憧れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ミックスボイスの基本をはじめ、習得方法やトレーニング法、高音の声量が出にくいときの対処法などについてご紹介します。多くの歌手が多用しているミックスボイスを習得できれば、あなたもプロのような力強い声量の高音を出せるようになります。

声量と高音の悩みは「ミックスボイス」で解消!

「歌っているときに高音がうまく出ない」「高音の声量が少なくて弱々しい」と悩んでいる人は、ミックスボイスを習得しましょう。ミックスボイスは地声と裏声の両方の特徴を兼ね備えた発声方法で、多くの歌手が歌唱テクニックのひとつとして使いこなしています。

ここでは、ミックスボイスの基礎やメリットについてご紹介します。

ミックスボイスの基礎

発声方法のひとつであるミックスボイスは、地声と裏声の間の声のことで「ミドルボイス」とも呼ばれています。地声(ファルセット)には太さと力強さがありますが、出せる声の高さに限界があります。一方、裏声(ファルセット)では高音域を出せますが、声が弱くなりがちです。

ミックスボイスは、地声の力強さと裏声の高音の両方をあわせ持つ発声方法です。歌唱テクニックのひとつでプロの歌手もよく使います。ボイストレーニングによって誰でも習得できますし、ミックスボイスをマスターすることで高音に力強さが加わり、あなたの歌声の雰囲気が大きく変わるでしょう。

ミックスボイスのメリット1.負荷が少なく高音が出せる

ミックスボイスを習得しますと、喉や声帯にかける負荷を少なく高音を出せるようになります。地声のままで高音を出そうとすると次第に声がかすれていき、そのまま無理に続けると喉や声帯を痛めてしまいます。

しかし、ミックスボイスは負担が少ない発声方法ですので、喉や声帯を傷付けることなく高音域を歌えます。ライブイベントなどで長時間パフォーマンスする歌手にとって、喉に優しいミックスボイスは必要不可欠なテクニックです。

ミックスボイスのメリット2.声帯コントロールが上手くなる

声帯コントロールが上達することも、ミックスボイスを習得すべき理由のひとつとして挙げられます。声帯をしっかり締めないとミックスボイスで高音は出せません。したがって、ミックスボイスを出すトレーニングを行うと、声帯の開け閉めに関わる筋肉が自然と鍛えられるのです。

声帯周りの筋肉が鍛えられれば、声帯コントロールが上達します。声の雰囲気や音域は声帯をコントールして調整できますので、声に厚みが増します。ミックスボイスの練習を地道に繰り返し継続することで、声帯をコントロールして、意のままに操れるようになるのです。

歌手を目指すなら習得したい!ミックスボイスのトレーニング法

歌手を目指す人にとって、力強い高音は武器となります。突き抜けるような聞き応えのある高音の歌声は人々の心を魅了するだけではなく、歌える曲の幅を広げてくれます。

ここでは、ミックスボイスをマスターするためのトレーニング方法を5つご紹介します。これから紹介するポイントを意識してミックスボイスを練習していきましょう。

腹式呼吸を行う

ミックスボイスで高音を出すためには、安定した息を出し続ける必要があるため、腹式呼吸で行います。腹式呼吸は安定的に強い息を吐き続ける基本テクニックです。みぞおち付近にある横隔膜を上下に動かすことを意識して行います。

みぞおち周辺に力を入れると、おへそ周りにも力が入ります。その状態をキープしたまま息を吸ったり吐いたりするのが腹式呼吸です。腹式呼吸はさまざまな歌唱テクニックの基本です。ミックスボイスを練習するときは、腹式呼吸の状態をキープしたまま歌うように意識しましょう。

裏声を習得する

ミックスボイスは地声と裏声の間の声ですので、不可欠なものが裏声のマスターです。地声のまま段階的に高音を出すと声が裏返る瞬間があります。まずはその瞬間の感覚を覚えましょう。

裏声の感覚をつかむには、「ナ」の音で練習すると効果的です。口だけではなく鼻からも息を抜くように「ナ」の音を発音し、音階を徐々に上げていきましょう。地声のままだと高い音を出すのが難しくなりますので、自然と裏声に切り替わります。

地声が喉で声を共鳴させている感覚なのに対して、裏声では鼻の奥の方で声を共鳴させている感覚があります。この感覚を覚えることが裏声習得の最初の一歩です。

鼻腔共鳴をする

鼻にある空間に声を響かせることが鼻腔共鳴です。ミックスボイスで大きくて高い声を出すためには鼻腔共鳴を活用すると効果的です。

鼻腔共鳴の感覚を得るためには、口を閉じる「ン」の音で練習するといいでしょう。「ン」の音で徐々に音階を上げていきますと、喉から鼻の奥へと声が響く場所が変わっていきます。

できるだけ高い音で、上空へ突き抜けるようなイメージで「ン」の音を発声すると鼻の奥のほうが震える感覚があるはずです。その感覚が鼻腔共鳴です。

喉が開いている状態を覚える

ミックスボイスを正しく習得するためには、喉が開いている状態を覚えておくことが大切です。普段はあまり意識していないかもしれませんが、喉が開いている状態はあくびをしているときの喉の状態をイメージするといいでしょう。

大きく口を開いてあくびをしている喉を観察しますと、喉の奥の空間全体が大きく開いているのが見えると思います。その状態のことを「喉が開いている」と表現します。ミックスボイスを習得するためには、喉が開いている状態を覚えていつでも使えるようにしましょう。

声帯を締める練習をする

ミックスボイスで高音を出すためには、声帯を締める感覚を身に付ける練習を繰り返しましょう。声帯の隙間から息が漏れ、声帯を振動させることで声が出ます。その隙間が細ければ細いほど高い声になります。

よって高音を出すためには、声帯を締めて息が漏れる隙間を細くする必要があります。声帯を締める感覚は簡単にわかります。

まず、発声せずに口を開けて息を長く吐き、次に、好きなタイミングで吐く息を止めます。そのとき、喉の奥に少し力が入る感覚になると思います。このように声帯を締める感覚をつんでいきましょう。声帯を締める感覚をしっかり覚えることは大切です。

ミックスボイスで声量が出ない時の対処法

ミックスボイスが出せるようになっても、声量が出なくて悩んでいる方が多くいらっしゃいます。ミックスボイスでボリューム感のある声量を出すためには、押さえておくべきポイントがあります。

ポイントを意識して練習すれば、大きな声量で力強いミックスボイスを出せるようになるでしょう。ここでは、ミックスボイスの声量が出ないときの対処法についてご紹介します。

声の響きを意識する

ミックスボイスで安定した声量の高音を出すに意識すべきは、声の響きです。ミックスボイスで力強い声量の高音を出すためには、多量の息を出すことではありません。少ない量の息でも、音の共鳴によってしっかりとボリュームのある高音が楽に発声できます。

声が響く感覚を得るには、鼻腔共鳴を練習するといいでしょう。細長い息を出すことをできるだけ意識しますと、高音が出しやすくなります。高音が出たら鼻の奥(鼻腔)で声が響いているか確認して、その感覚を忘れないようにしましょう。

表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることで、ミックスボイスで安定した声量の高音を出せるようになります。表情筋は声量や音域に深く関わってくる筋肉です。甲高い声や大きな叫び声を出しているときには、顔にある表情筋を無意識に使っています。

表情筋は「あいうえお」の口の形を大袈裟に作ることで鍛えられます。また表情筋を鍛える過程で、喉が開いている感覚も覚えられます。口角を上げた笑顔を意識して「え」を発音しますと、自然と喉が開く状態を感じ取れます。表情筋を鍛えて、喉が開く感覚もぜひマスターしましょう。

喉ぼとけは下げる

ミックスボイスで高音を出すときは、喉ぼとけが下がっているか確認しましょう。高音を出す無理に出したときは喉ぼとけが上がるものですが、ミックスボイスで高音を出すときは喉ぼとけを上げないように注意しましょう。

喉ぼとけが上がりますと、高音は出せても細くて弱い声になってしまいます。喉ぼとけを下げると声が太くなりますので、高音に力強さが加わります。ミックスボイスで高音を練習するときは、声が細くならないように高音でもしっかり出しましょう。

舌の位置に注意する

舌の位置は発声や歌唱において気を付けるべきポイントのひとつです。舌の位置によって喉が開きやすくなったり、声帯が締めやすくなったりします。

喉を開くときは、舌を下顎につけるように動かします。声帯を締めるときは、舌を喉の奥に少し動かすようなイメージです。

ちょっとした舌の動きで声帯や喉をコントールしたり、歯切れのいい発音ができたりします。正しい舌の位置は個人の感覚で判断しづらいかと思いますので、マスターしたい方はプロの指導のもとでボイストレーニングを受けてみることをおすすめします。

時間をかけて練習する

一朝一夕の練習でミックスボイスは習得できません。完全にマスターするためには3ヶ月から1年以上の時間がかかります。粘り強く練習を続けていくことが大切です。

鼻腔共鳴や腹式呼吸などの基本練習がある程度慣れてきたら、実際に歌の中でミックスボイスを使いこなす特訓をしてみましょう。地声からミックスボイス、そして裏声へと歌の中で自然に切り替えるのはかなり高度なテクニックです。

時間をかけて丁寧に練習し、ミックスボイスを習得する努力は必要です。ただし、長時間の練習を続けると喉を痛めるかもしれませんので、こまめに水分を取ることを忘れないようにしましょう。

ミックスボイスをマスターして歌手オーディションに参加しよう!

ミックスボイスをマスターしますと、力強い声量で突き抜けるような高音を出せるようになります有名アーティストも、ミックスボイスをうまく使いこなして力強い高音を響かせています。ミックスボイスを習得することで歌のレパートリーが増えるでしょう。

MUSIC PLANETでは「歌手デビューオーディション」を開催しております。自信がついたらぜひ私たちのオーディションに挑戦してみてください。

MUSIC PLANETのオーディションは完全遠隔型です。スマホで録音した音声データを送ってもらい、それをもとに審査します。スマホで音声データを送るだけで簡単に応募できますので、自宅にいながらオーディションに参加できます。

応募資格に経験の有無は一切不問です。「20〜49歳までの男女」「日本国籍、または日本永住権をお持ちの方」「心身ともに健康な方」の3つの条件を満たしている方なら誰でもご応募いただけます。

オーディションに合格した方には、オリジナル楽曲の提供やライブ支援をはじめとする10特典をご用意しております。合格者の方が歌手活動に専念できるよう、全面的にサポートすることをお約束します。

「歌うことが好き」「歌手になりたい」という気持ちをお持ちの方は、ぜひMUSIC PLANETのオーディションにご参加ください。オーディションに参加する一歩の勇気が、あなたの夢の扉を開いてくれます。

初心者から経験者の方まで、オーディションへの応募を心からお待ちしております。

まとめ

今回は歌唱テクニックのひとつであるミックスボイスについてご紹介しました。ミックスボイスは喉や声帯に負荷をかけることなく力強い高音を出すテクニックとして、多くのプロ歌手が使いこなしています。歌手を目指す方はぜひ習得しておきたい技術です。

MUSIC PLANETでは現在、「歌手デビューオーディション」を開催しております。MUSIC PLANETのオーディション出身者の中には、サマソニの出演や全国デビューを果たした歌手をはじめ、音楽事務所への所属が決定したアーティストもいます。

オーディション形式は完全遠隔型で、スマホひとつでご応募可能です。会場が遠くてオーディションに参加できない方でも、自宅で気軽にオーディションが受けられます。

「歌手になりたい」「自分の実力を試したい」という方、ぜひMUSIC PLANETのオーディションに挑戦してみてください。