ブログトップへ

印象に残る特技でオーディションに勝ち残る方法!

音楽関係のオーディションを受ける過程において、特技披露の項目が含まれるケースは多く見られます。審査員への印象を左右する要素でもあるため、何をアピールすれば良いか分からず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、短いアピール時間でも印象を残すためのコツを詳しく解説します。応募用紙への書き方もご紹介するため、オーディション全般的に役立てられるでしょう。後半では、具体的な特技の例も5パターンピックアップしています。

オーディションで特技をアピールする際の重要なポイント

自分が思う特技を相手に理解してもらうためには、個性の発揮が重要な要素です。他の応募者が実践しそうな内容を選ぶ場合は、ユニークさを意識しながら披露してみましょう。ただし、本来の自分から逸脱した内容はアピールといえません。規定も認識した上での構成が大切です。特技を披露する際に重視したいポイントを6つご紹介します。

自分の個性を見せる

特に重要なのは、「自分らしさ」を表現する内容です。自分自身で良いと思える部分を最大限に表現し、印象に残るような構成で披露してみましょう。音楽オーディションの場合、個性としてアピールしやすいのは歌声や楽器演奏です。

自分の個性を見せる

特に重要なのは、「自分らしさ」を表現する内容です。自分自身で良いと思える部分を最大限に表現し、印象に残るような構成で披露してみましょう。音楽オーディションの場合、個性としてアピールしやすいのは歌声や楽器演奏です。 体で表現するものが思いつかないのであれば、知識の披露に重点を置いても良いでしょう。このとき、性別や世代の傾向を問わず理解しやすい内容に構成するのがおすすめです。相手の知識量や考え方を問わず印象に残る特技でアピールしましょう。

資格がなくても得意とするならアピールする

特別な経験や資格といった要素は、オーディションにおいて最重要視されるものではありません。現在資格を保有しているかどうかに関わらず、自分らしさや得意の度合いを体現することが大切です。 具体的な内容でなく、性格の観点から掘り下げる方法もあります。例えば、明るく笑いの多い性格も特技としては十分です。オーディション時に言葉でアピールするだけでなく、審査員も納得して受け入れられるようなかたちで披露してみましょう。

ありきたりな特技にはスパイスを

歌やダンスなど、多くの応募者が実践しそうな特技には注意が必要です。個性的な要素が目立たないままアピールを終えると、相手からの印象が薄くなるかもしれません。自分らしさを表現するため、ひねりの効いた構成を考えると良いでしょう。 ジャンルは同じでも、一風変わった方向から構成するのがおすすめです。普段歌っている曲にテクニックを加えたり、ダンスの技をアレンジしたりといったコツがあります。披露する時間が限られているため、ユニークな要素をより多く含める意識が大切です。

臨機応変の対応力も見られている!

オーディションの内容や審査員の考え方によっては、想定外の内容を要求される可能性があります。本番で披露する特技の計画も重要ですが、プラスアルファのアピールを求められたケースも想定しておくと安心です。 ただし、「対応できなければオーディションに通らない」というわけではありません。本番中に思いついた内容で披露できるのであれば、対応力の高さをアピールするきっかけにもなるでしょう。不安を和らげるためには、あらかじめ複数個のパターンを考えるのがおすすめです。

嘘、捏造はNG!

印象を残すための嘘は適切といえません。根本的なマナーを破る結果にもつながるため、あくまでもありのままの自分を表現できる内容を計画しましょう。嘘を含んだ特技の場合、発覚したときに印象を極端に低下させます。 将来の信用性にも関わるため、事実でないものは特技に含めないよう注意しましょう。表現が簡単に思える内容でも、審査員は簡単に気付く可能性があります。

オーディションの規定はしっかり守ろう

本番で披露できる時間や持ち込み可能な機材は、オーディションによってさまざまです。同じ応募先でも段階によって異なるケースがあるため、規定は都度確認しておきましょう。 持ち込めない楽器を演奏したり、規定時間を大幅に超えたりすると印象点が下がる可能性も高まります。「準備段階から審査が始まっている」と意識すると、規定内容も注意しやすくなるでしょう。

オーディションにつきものの特技って何だ?

オーディションへの意識を高めるためには、特技を求められる理由や必要性への理解が必要です。披露した特技そのものの内容だけでなく、応募者本人の意識・考え方にもチェックポイントがあります。応募用紙に記載する理由も含めて、特技の重要性を認識しておきましょう。特技の定義と記載欄について解説します。

オーディションにおける特技の定義

特技は通常であれば「得意な技」を意味する言葉ですが、オーディションにおいては広義で考えられるでしょう。例えば、審査員は以下のようなポイントをチェックしています。 ・なぜこの特技に注力しようと思ったか ・どのような努力を経て身に付けたか ・特技に対してどのような考え方を持っているか ・合格後も前向きな努力を続けられるか 押さえておきたいのは、精神面の評価にも影響するという点です。特技に関するエピソードや熱意を語るシーンから、審査員が結果に反映させます。したがって、オーディションにおける特技は、普段の取り組みや精神力をアピールする要素ともいえるでしょう。

オーディションで特技を書く欄がある理由

現在活躍している芸能人の中でも、演技・歌・ダンスなど活躍する場はさまざまです。ひとつのカテゴリに特化するケースもありますが、マルチに対応できる方も多く見られます。特技は、このような汎用性を認識してもらうためにも重要です。 記載欄の内容に制限がない場合は、エピソード形式で詳しい情報を連ねられます。審査員はこの中から気になる部分をピックアップするため、本番前から凝っておきたいポイントです。 極端に細かい内容では理解しづらくなる可能性があるため、読みやすく文字が拾いやすい構成を意識してみましょう。面談時に会話のパターンが広がるだけでなく、限られた時間で効率的にアピールするためにも役立ちます。

オーディションで披露する特技と応募用紙に書く特技は違う?

披露する構成や応募用紙の記載内容だけでなく、それぞれの相違点にも理解が必要です。2つを同じ内容にしなくても問題ないため、「何を重視して反映するか」を見極めましょう。会場での披露と、応募用紙の目的を明確にすることも大切です。具体的な例も含めながら、反映方法のポイントと違いを解説します。

異なっていても同じでもOK!

応募用紙に複数の特技を記載する場合、会場で全ての披露を求められるものではありません。「アピールしたい内容が制限時間内に収まらない」という場合は、本番で披露しない特技も記載しておきましょう。 披露する内容と同じ特技を記載する場合は、始めた経緯や熱意などを加筆するのもおすすめです。本番披露した以外のシーンでも目に留まるよう、ユニークな内容を意識すると良いでしょう。特技の記載欄に厚みを持たせる心がけが重要です。

オーディションで披露する特技

入念に考えて記載できる応募用紙とは異なり、オーディション当日は本番の一発で印象を左右させます。制限時間ギリギリの構成よりも、短時間での表現を意識した方が良いでしょう。端的な内容で審査員にアピールし、興味を持ってもらう結果が大切です。 動きの大きい特技は、興味を引き付けやすくなります。単に言葉を並べるだけのアピール時間であっても、手や表情の動きを意識してみましょう。本番をスムーズに終えるためには、発表前の事前練習も重視したい要素です。

応募用紙に書く特技

特技の内容によっては、本番中に体現が難しいものもあります。以下のように、対戦相手や長い時間を必要とするケースです。 ・レスリングや空手など ・書道 ・絵画 ・将棋や囲碁 この場合、応募用紙に記載する内容の熟考が重要といえます。審査員からの投げかけに答えるのみでは、十分にアピールできない可能性があるためです。本番の会話を完結に終わらせるためにも、特技に関する熱意や経歴を詳しく書いておきましょう。受賞歴など具体的に記載できるものがあれば、特技としての印象も強くなります。

特技がないとオーディションには受からないのか

「アピールできるような特技がないから」と、オーディションへの挑戦を諦める方もいるかもしれません。突破を目指すための重要な要素ではありますが、披露できなくても合格の可能性は十分に期待できます。 特技は応募者の人物像をイメージしやすくするための要素であり、オーディションの全てではありません。特技以外の項目で魅力が発揮できれば、審査員の記憶にも残ります。特技の有無で挑戦を決断せず、他の部分も均一に注力しましょう。

オーディションでの披露におすすめの特技例は?

自信を持って披露できる特技の種類は、応募者によって異なります。応募先のジャンルを反映する必要はないため、個性を発揮できるものを実践しましょう。音楽やダンス以外に、トーク力やおもしろさをメインとした構成もおすすめです。ここからは、特技披露の場でおすすめの技を5種類ご紹介します。

弾き語り

ギターを弾きながら歌うテクニックがある方は、弾き語りの披露がおすすめです。得意な曲がある場合は、ライバルと差別化できるよう選曲や弾き方にひねりを加えても良いでしょう。審査員が知らない曲でも、歌のうまさが伝わりやすいメリットがあります。ギターの演奏に自信がない方は、カラオケなどの音源を用意するのもひとつの方法です。

創作ダンス

ダンスに自信がある方は、制限時間内に収まる内容でパフォーマンスしてみましょう。既存のプログラムでも問題ありませんが、創作ダンスを披露すると印象強くなります。 曲全体で構成するのが苦手な場合は、既存曲の一部に手を加えてアレンジするのもおすすめです。体全体で表現する種目でもあるため、個性的かつ派手なダンスで差別化を図れるでしょう。

外国語でスピーチ

日本語以外の言語を習得している方は、特技の際に外国語で話す方法もあります。ポピュラーでない言語の場合、簡単な自己紹介や数行程度のスピーチでもインパクトを与えられるでしょう。 複数の言語を話せる方は、まとまったスピードの中に全言語を織り交ぜることで印象を強められます。留学や資格など、外国語関係の実績がある場合はアピールも重要です。

絵に自信がある方は、あらかじめ仕上げた作品を持ち込んでも良いでしょう。受賞歴など証明できる情報があると、よりアピールしやすくなります。その場で簡単な絵を描いたり、数コマの創作漫画を披露したりするのもおすすめです。絵に関する豆知識や、好きな作家について語る時間を設けるのも魅力的といえます。

ものまね

比較的誰でも実践しやすい選択肢としては、ものまねがおすすめです。有名人や動物など、審査員全員が認識できる対象を意識しましょう。披露する種類が多いほど、インパクトも与えやすくなります。類似度は重要ですが、自分が思う表現力を信じて具現化することも大切です。再現度ではなく、おもしろさをメインに伝える方法もあります。

自分なりの特技を見つけてオーディションへ応募しよう!

特技の披露で意識しておきたいのは、「審査員に自分らしさを知ってもらう」という目的です。これまで続けてきた努力を表現する場でもあるため、自信を持ってアピールできる内容を考えましょう。 歌手としてデビューを目指している方は、ぜひ「MUSIC PLANET」が開催するオーディションへご応募ください。歌手デビューを支援するため、方向性面談・楽曲制作など充実した体制を整えています。 無料で参加可能な他、インターネットから応募できる点も魅力的です。音声または録画データがあれば気軽に挑戦できるため、得意な曲で応募してみましょう。合格後は、プロ活動をサポートする特典も利用できます。

まとめ

オーディションの準備段階において、悩むケースも多く見られるのが「特技」です。特別な技がなくとも問題ないため、ユニークな内容を重視して構成を考えましょう。あらかじめ定められている規定の確認も大切です。 具体的には、弾き語りやものまねなど幅広いジャンルからおすすめできます。自分らしさを発揮して歌手の夢を実現したい方は、「MUSIC PLANET」のオーディションに挑戦してみませんか。MUSIC PLANETの遠隔オーディションは、全国どこからでも挑戦が可能です。