• TOP
  • BLOG TOP
  • 声優
  • 声優オーディションを受けてみたい!オーディションのポイントを解説!

ブログトップへ

声優オーディションを受けてみたい!オーディションのポイントを解説!

「声優」という仕事はとても人気のある職業です。

最近では、アニメや映画の声をあてるだけではなく、歌手や俳優として活躍する声優も増えてきました。

「声優になるためにはどうしたら良いのだろう」

今回はそんな疑問にお答えします!

プロの声優を目指すためのオーディション手順と合格するための対策法について解説していきます。

声優という職業

声優とは、アニメやゲームのキャラクターのアテレコ、ラジオパーソナリティー、洋画の吹き替え、番組のナレーション、イベント司会、ドラマといった様々なフィールドで活躍できる職業です。

近年は声で演技する仕事だけでなく、歌も歌える「声優歌手」も多く活躍しています。

声優の多くは、自分の仕事に「軸」を持って活動しており、大きく以下の3つのカテゴリーに分けられます。

・アニメ系
・吹き替え
・ナレーション

自分はどのカテゴリーが得意なのか、どんな声優を目指しているのかという「軸」をまずは見つけることがとても重要です。

現代では声優という職業は非常に人気の高い職業で、プロの声優になれる人はほんの一握りです。

本気で声優を目指すのであれば、オーディションについての知識をしっかりと身に付け、万全の準備をしなくては狭き門を通過することはできません。

声優になるためには

声優を目指すには、

①声優の専門学校や養成所で学ぶ
②声優プロダクションのオーディションに合格する
③声優の仕事『役』をもらうためのオーディションに合格する

上記の手順が一般的です。

ただし、養成所や専門学校で学んだ経験がなくとも、オーディションを受けることも可能です。

「専門学校を出ていないから私には無理だ」

「年齢的にも今から声優を目指すのは遅すぎる」

そう思ってしまっている方、安心してください。

声優には、年齢も経験も関係ありません。

実力さえあれば、誰でも声優になることは可能です

様々な仕事をもらえる声優になるためにも、まずはどんな形でも基礎をしっかり学ぶところからスタートしていくのが良いでしょう。

オーディションの受け方

声優オーディションの受け方は、大きく分けて2パターンです。

・養成所(または専門学校)や事務所経由でオーディションを受ける
・自分で調べてオーディションに応募する

養成所(または専門学校)や事務所経由でオーディションを受ける

既に事務所に所属していたり養成所に通っている場合は、そこからオーディションの情報が入ってきます。

同様に専門学生も、学校経由または学校と関連のある事務所経由でオーディションの情報が入ってくるので、そこから応募することが一般的な流れになります。

また、事務所に所属していれば公募されているオーディションを自分で受けることも可能です。

この場合、どのようなオーディションが入って来るか分からないので、常日頃からオーディションに備えておく必要があります。

自分で調べてオーディションに応募する

事務所や養成所に所属していない、または専門学校に通っていない場合は、個人でオーディションに応募するという形になります。

大々的なオーディションになれば、ポスターなどの宣伝広告にも大きく出るはずなので、そこから募集要項を確認して応募しましょう。

他にも声優に関する専門雑誌やインターネットでも、オーディションに関する情報は手に入れることができます。

オーディションの数だけ審査方法も、求めている声優の個性も違ってきます。

手当たり次第にオーディションを受けるのではなく、数多くあるオーディションの中から自分が受けたいと思うオーディションに応募することが大切です。

オーディションの基本的な流れについて

声優オーディションの基本的な流れは以下の通りです。

① 一次審査
・ボイスサンプル / ボイスデータ
・写真
・履歴書 / エントリーシート

②二次審査
・面接や質疑応答 / 自己PR
・実技 / テキストリーディング(原稿読み)
・特技 / 歌などのフリー審査

次に各審査の概要に触れていきたいと思います。

一次審査

まず、一次審査では書類審査が中心になります。

声の仕事といえど、最近では声優にもアイドルの要素や外見の良さを求める事務所も増え、見た目が重視されるケースも少なくありません。

履歴書などのフォーマットが決められている場合もあるので、必ず募集要項を確認して書類の不備や記入漏れがないように気を付けましょう。

一次審査に合格すると、二次審査へ進むことができます。

オーディションによってはそこからさらに、三次審査や最終審査があります。

二次審査

二次審査では面接や実技など、直接審査員の前で行う審査が多いです。

スタジオオーディションが一般的で、「テキストリーディング」という実際にセリフを読む実技試験と、自己PR、受験者の人柄や一般常識、プロ意識などを見るための面接によって審査することが多いと言われています。

テキストリーディングや自己PRは特に緊張してしまう項目かもしれませんが、ここでしっかりと自分をアピールできるよう努めましょう。

面接や質疑応答では人間性が見られ、自己PRではやる気があるのかはもちろんのこと、「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらうことが肝心です。

普段から自分の強みはなにか、しっかりと自分に向き合いながらイメージトレーニングをしておくと良いでしょう。

オーディションの合格率について

声優オーディションに合格できる確率は、とても低いです。

特に一次審査は想像以上にハードルの高い審査です。

なぜなら、先にも述べている通り、声優という職業は非常に人気の職業で、一つの声優オーディションに全国各地から何百、何千、と応募書類が送られてくるからです。

その中で勝ち残ることは簡単なことではなく、一次審査で不合格になってしまうことの方が多いというのが現実です。

オーディションに合格するためのポイントと対策

オーディションで審査員が面接の際に見ているポイントを詳しく紹介していきます。

審査員が面接時にチェックするポイント

第一印象

ここでいう第一印象とは、審査室に入室する時の挨拶や自己アピールなどの印象のことです。

声優業界も芸能界と同じで、第一印象がとても重視されるのは変わりません。

実際の収録現場には共演者やプロデューサー、音響スタッフなど多くの人が関わっています。

どんな人とでもきちんとコミュニケーションを取れることが求められます。

ですので、審査時には挨拶や自己アピールなどを見て、

「収録現場のスタッフや共演者と不都合なく仕事ができるか」

「社会人として信頼できる人柄か」

「一緒に仕事がしたいと思える性格なのか」

などもチェックされます。

挨拶や自己アピールは、表情や声のトーンを明るくすることで、良い印象を与えやすくなりますので覚えておきましょう。

基礎力

基礎力とは、声優に必要な滑舌や発声などの能力のことです。

声優は実力社会です。

もし第一印象が良かったとしても、滑舌がしっかりしていなかったり、声があまり出ていなかったりすると、オーディションでの合格は難しくなってしまいます。

特に滑舌は、声優養成所に通っている声優志望者でも合格点に到達しない人が非常に多いので、日頃からしっかり訓練をしておくことが大切です。

対応力

対応力とは、審査員が突発的に要望した内容や質問に、その場でどれだけ対応できるかどうかです。

声優の現場では、音響監督とキャラクターや演技のすり合わせが行われます。

その時に声優は、音響監督の要望に素早く応えられなければいけません。

実際の審査でも、事前に与えられたセリフを読んだ後に、

審査員から突発的に「異なる表現方法」を求められることもあります。

それに対して柔軟に対応できるかどうかが、合格を大きく左右します。

常日頃から、豊かな感性と表現の幅を意識して身に付け、

対応力を鍛えることが大きな武器になるでしょう。

将来性

将来性とは、「あなたが将来活躍できる声優になれるのかどうか」ということです。

どの声優オーディションも、将来のスター声優を見つけることが最大の目的です。

「将来のスター声優」と言っても、この場合年齢は関係なく、

あなたに声優としての魅力があるかどうかを重視されます。

将来性は、声優オーディションを開催する声優事務所などにとって最も重要なポイントです。

「学生時代に何かを成し遂げた」

など、目標に向けて真摯に取り組む姿勢をアピールできるエピソードを用意しておきましょう。

オーディションの対策法

オーディションの流れと審査時のポイントが分かったところで、次にオーディションの対策法を紹介したいと思います。

自己PR

オーディションに送付する応募書類で重要なポイント、それは「自己PR」です。

自己PRとは、自分の特技・趣味・人間性といったものや、自分自身の魅力をアピールするもの。

自己PRの欄に記載する内容が”応募者の心象”を大きく左右するので、自己PRは非常に重要です。

審査員の心を掴む自己PRの書き方をしっかりと覚えておきましょう。

・自分の強みは何なのか
・目標を達成するためにどんな努力をしてきたか
・長所と短所は工夫した書き方で
・字はきれいに丁寧に

自己PRはどうしても長くなってしまいがちですが、簡潔にまとめることを意識すると良いでしょう。

勢いだけで文章を並べて、結局何が言いたいのかが伝わらなければ意味がありません。

しっかりと要点をまとめた文章を意識しましょう。

実技審査

審査員は、その人の「素質・個性・人柄」、

そして「声優になりたい」という情熱をチェックします。

素質や演技力は確かに重要ですが、たとえ演技が未熟であっても将来伸びそうな素質があったり魅力的な個性を持った人の方が評価が高いのです。

もちろん滑舌や発声などの基礎は日々努力を続けるべきですが、自信を持って思いっきり審査員にアピールできることが一番重要です。

緊張で実力を発揮できなければ、合格の確率は低くなってしまいます。

自分が今まで努力してきたこと、これからどうなっていきたいかを全力でアピールしましょう。

面接

審査時に実技とセットで行われるのが審査員との面接。

質問では、応募時の履歴書の内容に関して質問をされることが多いです。

例えば、自己PR欄で「アニメの知識には自信があります!」と書いていたのに、アニメに関する質問に全く答えられなければ審査員にガッカリされてしまいますよね。

少なくとも自分が履歴書に書いた内容に関しては、何でも自信を持って答えられるようにしておきましょう。

また、受験者から審査員に対して、何か聞きたいことがないか尋ねられるケースもあるので、事前に質問内容を考えておくと良いかもしれません。

入念な準備をした上でオーディションに挑む!

いかがでしたか?

声優の世界は実力社会です。

経歴や年齢は関係ありません。

最近では声優としての実力だけではなく、歌唱力や見た目など様々が要素が声優には求められています。

夢は、誰もが努力して勝ち取るものです。

様々な分野に挑戦して、自分の強みになる武器を増やしていきましょう。

そして日々の努力を惜しまずに、何度でもオーディションに挑戦してみましょう。

声優になりたい方にもオススメの歌手オーディション

「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、声優を目指している方にも必見のオーディションです。

なぜなら声優、歌手を目指している人が経験すると有利になる多くの特典があるからです。

それは、

1.プロデューサーによる個人面談

2.あなただけのオリジナル楽曲提供

3.あなたの楽曲がCDに!

4.専属マネージャーを配属

5.プロトレーナーによるボイストレーニング!

6.オリジナル楽曲をカラオケで配信!

7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信!

8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影

9.なんと…LIVEにも出演!

これだけの内容を受けられるのです!

「MUSIC PLANET」のオーディションは、

  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方

と、幅広い条件でどんな人でも受けられます!

オーディションの場所も、

  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)

と、日本全国で開催しています。

合格後の9つの特典を受けられる場所は、

  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア

とさらに多く展開!

声優を目指しているあなた!

声優になるためには歌唱力も必要な時代です!

ミュージックプラネットの無料オーディションはプロのアーティストやプロデューサーに自分をアピールできる貴重な場です!

まずは自分の力量を試す意味でもこちらのオーディションを受けてみてはいかがでしょうか?

それがあなたの声優人生の第一歩になるかもしれません!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓