• TOP
  • BLOG TOP
  • 声帯に良い飲み物と避けるべき飲み物|歌を気持ちよく歌うために知っておきたい豆知識

ブログトップへ

声帯に良い飲み物と避けるべき飲み物|歌を気持ちよく歌うために知っておきたい豆知識

美しい歌声を響かせるには、日頃から声帯のコンディション管理が欠かせません。しかし、注意していても声がかすれたり、枯れてしまったりして困ることもあるのではないでしょうか。そんなときは、飲み物の選び方を変えてみるのがおすすめです。

そこで今回は、声帯に良い飲み物と避けるべき飲み物について詳しく解説します。飲み物に気を付けるだけで歌いやすさが変わるので、声帯のコンディションを管理するのに役立つでしょう。常に気持ち良く歌いたい方はぜひ参考にしてみてください。

声帯をベストコンディションに保とう!

声帯のコンディションを最良な状態に保つには、歌い方を見直すことも重要です。誤った歌い方をしていると声枯れなどを引き起こしやすくなります。発声方法を正しく整えて、喉に負担をかけないようにしましょう。

刺激を避けるためにも、乾燥や冷えなどからなるべく喉を守ることも大切です。ここでは、声帯をより良い状態に保つための方法を紹介します。

正しい発声を心がける

喉の負担を軽くするには、正しい発声を意識することが大切です。リラックスして背筋を伸ばし、良い姿勢を保って猫背にならないように注意しましょう。この状態で喉が開くと声が遠くに届くようになり、負担のない発声につながります。

ブレス(息継ぎ)の際は、胸式呼吸ではなく腹式呼吸を意識するとパワフルな声を出せるでしょう。喉のストレッチのリップロールや、同じ音を長く出し続けるロングトーン、音階を少しずつ上げながら歌う音階発声も有効です。

喉を守る

喉が乾燥したり、冷えたりすると、喉を傷めやすくなる原因になります。冬場の暖房は室内を乾燥させるので、加湿器や濡れタオルで加湿するとよいでしょう。夏場は直接冷気に当たらないように注意が必要です。

また、最初に歌う曲は無理なく歌えるミドルテンポの曲にするなど、喉に負担がかからない選曲も大切です。疲れたら休憩を取り、休みなく歌い続けるのは避けましょう。塩分や糖分が多い食べ物は控えることをおすすめします。

声帯に良い飲み物

声帯に良いとされる飲み物にはいくつか種類があります。常温の水やぬるめのお湯、スポーツドリンクや野菜ジュースなど、状況や好みに応じて選ぶとよいでしょう。

中には飲みにくいものもあるので、飲みやすくなるように工夫するのがおすすめです。ここでは、声帯に良い飲み物とその理由、おすすめの飲み方などを紹介します。

常温水やぬるいお湯

常温水は喉に刺激が少なく、冷えや乾燥を引き起こすこともありません。ぬるいお湯も同様の効果を期待できるので、できるだけ喉に負担をかけたくない方はどちらかを試してみてはいかがでしょうか。

少し味付けしたいという方は、蜂蜜を加えて甘くしてみるのもおすすめです。常温水だと溶けにくいので温めるとよいでしょう。外出先の場合はお湯を手に入れる手間がかかりますが、より飲みやすくなります。

スポーツドリンク

市販のスポーツドリンクも喉に優しく、効果的です。スポーツドリンクに含まれている糖質と塩分によって、効率的に水分を補給できます。

ただし、糖分が多いスポーツドリンクの摂りすぎには注意が必要です。喉に直接働きかける効果があるわけではないので、水以外の飲み物を試してみたくなったときに取り入れるとよいでしょう。あまり冷やしすぎず、常温に近い状態で飲むのがおすすめです。

果物や野菜のジュース

味のしない飲み物は避けたい、できればジュースの方がよいという場合は、果物や野菜のジュースをなら身体を冷やすことなく水分を補給できます。中には身体を冷やしてしまうものもありますが、秋や冬に収穫できるものを選ぶと冷えを避けられるでしょう。

例えば、リンゴジュースはカラオケ店などでも年中選べるので、おすすめの飲料のひとつです。喉の痛みを感じたときは、水分が多く含まれている梨を食べると炎症を抑える効果があります。

オイル

プロのアーティストの中には、オイルを飲んでレッスンや本番に取り組む方がいます。オリーブオイルなどを好んでレコーディングに持ち込む方も珍しくありません。喉から流れにくいので、潤いを長く保てるのがオイルの特徴です。

同じオイルでも、アーティストによってはこってりしたラーメンを好む方もいます。どのように取り入れるかは人によって様々ですが、コンディション管理のひとつとして知っておきたい方法です。

スロートコートティー

スロートコートティーは、喉の粘膜を守るリコリスやシナモン、ニレ樹皮などの有効成分が多く含まれている飲み物です。茶葉から抽出するより手軽に飲めるので、ティーバッグを利用するとよいでしょう。紅茶などのようにお湯で蒸らしますが、喉をケアする成分をしっかり引き出すには10~15分と長めに蒸らすことをおすすめします。

リコリスがほのかな甘みを感じさせるので、比較的飲みやすいのも特徴です。喉を覆うような感覚があり、保護されていることを実感できます。

声帯を守るために避けたい飲み物

声帯に良い影響を与える飲み物がある一方で、避けた方がよい飲み物もあります。アルコールやコーヒーなどの利尿作用があるものや、ウーロン茶などの油分を奪ってしまうものは、歌を歌う際に選ぶ飲み物としては適していません。

牛乳などの乳製品も歌いにくくなるので避けた方がよいでしょう。ここでは、声帯を守るために避けたい飲み物について紹介します。

アルコール

歌いながらアルコールを摂取するのはおすすめできません。利尿作用によって補給した水分を排出してしまうので、喉が渇きやすくなります。カラオケでは塩辛いおつまみを頼みたくなりますが、さらに水分を奪うのでなるべく控えましょう。

身体から水分が排出されると、全体的な乾燥につながり、喉が枯れやすくなります。俗にいう「酒やけ」という状態で、普段よりハスキーな声になったり、声が出しにくくなったりするので注意が必要です。

コーヒー

コーヒーにはカフェインが含まれており、利尿作用があるので歌っている最中に摂取するのは避けましょう。

温かい飲み物であれば問題ないように思えるかもしれませんが、ホットとアイスのどちらも同様の作用があります。水分を排出して喉が乾燥しやすくなるので、どうしてもコーヒーを飲みたい方は、カフェインを含まない「デカフェ」に留めることをおすすめします。

ウーロン茶

口の中の油分は喉の潤いを保ってくれる重要な成分ですが、ウーロン茶を飲むと油分を分解して流してしまいます。飲むとすっきり感じられることから、水分補給に適しているように思われがちですが、実際は必要な成分まで洗い流してしまうので注意しましょう。

カラオケなどで食事をしながら飲むのはおすすめできません。どうしてもお茶を飲みたい場合は、温かいハーブティーやゆず茶などを選ぶとよいでしょう。

緑茶

緑茶の粉は喉に引っかかりやすく、違和感を覚えて咳き込む原因になります。さらに、カフェインとカテキンが含まれているので、血管を収縮させたり、喉の乾燥につながったりする可能性もあるでしょう。

レッスン中はもちろん、カラオケなどでは控えることをおすすめします。ただし、風邪の場合は殺菌効果が期待できるので、緑茶でうがいをすると効果的です。

牛乳・乳製品

ヨーグルトや牛乳などの乳製品は、喉に薄い膜が張って痰が絡む原因になります。カラオケ店などで頼むイメージはあまりありませんが、歌の妨げになることを覚えておきましょう。なお、カフェインを含むコーヒーに牛乳を足してカフェオレにするのも、喉に引っかかりを覚える可能性があるので控えるのが望ましいです。

炭酸飲料

コーラやソーダ類などの炭酸飲料も、口内を乾燥させるので避けましょう。炭酸飲料に含まれる大量の糖分が喉の渇きをもたらします。結果、声帯の伸び縮みをスムーズに行えない状態にするので適切ではありません。

炭酸飲料とアルコールとを混ぜ合わせた商品もありますが、やはり喉に良くないため、歌った後に飲むことをおすすめします。

歌手を目指すなら「自宅deかんたん!!歌手デビューオーディション」!

MUSIC PLANETでは、業界で初めて完全遠隔で応募できる「新人ボーカル発掘オーディション」を開催しています。スマートフォンやパソコンから24時間好きな時間にエントリーできるので、思い立った瞬間に行動に移せるのが魅力です。基本的な情報を入力したら、自分の歌声を録音した音声データを送るだけで審査が受けられます。

見事合格した方には、豪華な特典やサポートが付いてくるのが特徴です。例えばプロデューサーからコメントをもらえたり、プロとマンツーマンでボイストレーニングができるので、歌手デビューに近づいていることを実感できるでしょう。他にも専属マネージャーの配属や、専用ライブハウスの永久無料使用権など、全部で10個もの特典が受けられます。

まとめ

声帯のコンディション管理に向いているのは、常温水やスポーツドリンク、オイルなどです。アルコールやコーヒー、ウーロン茶などは向いていないので、水分補給の際は注意しましょう。

喉に負担をかけずに伸びやかな歌声を獲得するためには、正しい発声を覚えることも重要です。MUSIC PLANETでは、オーディションの合格者にプロのコーチが万全のサポートを行います。歌手を目指す上でのコンディション管理の仕方も学べるでしょう。デビューへの夢を叶えるためにも、まずは一歩を踏み出してみませんか。