ブログトップへ

天然ミックスボイスって何だ?特徴や非天然ミックスボイスとの違いを解説

特別なトレーニングをしなくてもミックスボイスを出せる方がいます。稽古を重ねて身に付けるミックスボイスと区別して「天然ミックスボイス」と呼ぶこともありますが、なぜ天然で出せるのか、仕組みが知りたい方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、ミックスボイスの概要を踏まえた上で天然(無意識に出せる)・非天然(意識しないと出せない)の違いを解説します。天然に近づけるためのコツやポイントも紹介するので、歌声をレベルアップさせるのに役立つでしょう。

天然ミックスボイスって何?

天然・非天然にかかわらず、まずは「ミックスボイスとは何か」の根本的な理解が必要です。ミックスボイスを習得できていない方は、今後のトレーニングに生かすためにも知識を蓄えておきましょう。ミックスボイスの概要と、天然・非天然の違いについて詳しく解説します。

ミックスボイスとは?

「ミックスボイス」は、低音域と高音域を行き来する際、地声と裏声をバランス良く混ぜて切り替える発声テクニックのことをいいます。プロの歌手も活用している技術です。地声と裏声と表現しましたが、専門用語では次のように呼んでいます。 ・チェストボイス(胸声):胸部に響かせる声(地声) ・ミドルボイス(中声):胸部と頭部の間に響かせる声(ミックスボイス) ・ヘッドボイス(頭声):頭部に響かせる声(裏声) 厳密な区分や声の呼び方は専門家によって考え方が異なるため、特定の定義に縛られる必要はありません。重要なのは、ミックスボイスとは何かを理解することです。

天然ミックスボイスの特徴

一般的に、ミックスボイスはボイトレを重ねた結果身に付くテクニックです。しかし中には、練習しなくても難なくできる方もいます。「天然ミックスボイス」と呼ばれる方たちです。 「チェストボイスからミックスボイス」「ミックスボイスからヘッドボイス」など、音域の切り替えを意識して行うミックスボイスを、天然型の方は無意識で行えます。低音域と高音域の間にある声域(喚声点)を通過する意識すらなく、感覚だけでスムーズに行き来できるのが特徴です。

非天然ミックスボイスの特徴

ボイトレを通してミックスボイスを習得した、または現在進行系で習得を目指している方は、天然型と区別して「非天然ミックスボイス」に分類できます。 天然型と違い、意識しないと低音域から高音域への切り替えが目立つのが特徴です。だからと言ってマイナスになるとは限りません。 意識できるということは、「そこに切り替え点がある」と認識しているということです。理屈を理解している分、感覚でできてしまう天然型より細かな点を改善しやすいと言えます。

未習得の場合は……

地声と裏声とを行き来する際、切り替えた地点(喚声点)がはっきり分かる方は、ミックスボイスが習得できていない状態です。歌っている本人も、聞いている側もその点が分かり、極端な声質の違いを感じるでしょう。 喉に力が入り過ぎていたり、吐く息の量が多過ぎたりと、ミックスボイスができない方の原因はさまざまです。

天然ミックスボイスのメリット

多くの方がミックスボイスの習得に励む中、特に練習せずとも難なくできるのは天然ミックスボイスの強みです。 すでに備わっている能力なので、長期間トレーニングしなくとも自然に発声できるのは大きなアドバンテージと言えるでしょう。ここでは、天然ミックスボイスの具体的なメリットについて解説します。

高音を出す方法が身に付いている

天然ミックスボイスの大きなメリットは、ボイトレを始める段階ですでに習得している点です。通常、ミックスボイスのマスターには多くの時間を必要とします。呼吸方法や喉の使い方など、複数の観点からアプローチするため、感覚がつかめず苦労した方もいるでしょう。 先天的に備わった能力のため、いつでも思い通りのミックスボイスを出せるのは強みです。通常なら入念なウォーミングアップが必要なシーンでも、天然型の方なら、たとえ寝起きのタイミングでもきれいなミックスボイスを出せます。

時間が経っても影響しにくい

非天然ミックスボイスの方だと、練習期間が空くと上手にミックスボイスが出なくなる傾向があります。後天的に身に付けたテクニックのため、喉の使い方や呼吸方法の感覚を忘れてしまうからです。 一方、天然ミックスボイスは元から持っている能力のため、歌う機会が少なくても影響を受けません。多くの方がミックスボイスを練習している間、他のテクニックの習得に時間を使えるのも強みです。

天然ミックスボイスのデメリット

非天然型よりも練習時間を削れるのは天然型の強みですが、良いことばかりではありません。意識しなくてもできるということは、「ミックスボイスについての理解が浅い」とも言えるからです。 場合によってはデメリットに転じることもあるでしょう。ここでは、天然ミックスボイスならではのデメリットを4つの観点から解説します。

天然同士の声は似てしまう

天然ミックスボイスの代表的なデメリットは、「声質が似る」ことです。地声自体はそれぞれの個性がありますが、ミックスボイスになると似通る傾向があります。意図的に作り上げた声帯でない分、その成り立ちがほとんど同じだと考えられるからです。 声質が似ると天然ミックスボイス同士の差別化が難しく、表現力を問われるシーンではデメリットになり得ます。ミックスボイス以外で個性を出せる、自分の強みを磨くトレーニングが必要です。

声質の調整が難しい

なめらかに高音が出るのは有利ですが、声質の調整を苦手とする傾向があります。声帯を変形させて発声するのに慣れておらず、非天然ミックスボイスのような複雑な動きをしてこなかった方が多いためです。 低音域から高音域までをスムーズに発声できる引き換えに、声質のバリエーションの少なさに悩むかもしれません。そのような方が表現力を高めるためには、声帯の動きを意識しながら歌う練習が必要です。

練習方法が分かりにくい

ボイトレの書籍やDVD、動画サイトなどのハウツーコンテンツのほとんどは「練習しないとできない人向け」に作られています。天然型にとっては欲しい情報が少なく、適切な練習方法に出会いにくいのがデメリットです。 初めからある程度できてしまう代わりに、「壁に当たりながら成功を模索していく」という経験を積みにくいという実情もあります。良いトレーナーに巡り会えると安心ですが、独学では伸び悩みを感じることもあるでしょう。

改善点に気付きにくい

無意識下でミックスボイスを出せる方は、そうでない方よりも歌唱力を評価してもらえる傾向があります。地声と裏声の境界線を感じさせず、低音から高音までなめらかに発声できるためです。 歌がうまく聞こえるのは良いことですが、改善点に気付きにくいという落とし穴ができます。喉の使い方が間違っていたり、腹式呼吸ができていなかったりと、第三者でも見落としてしまう未熟な点があるかもしれません。成長の機会を逃さないためにも、ミックスボイスとは離れた観点からチェックすることも大切です。

天然ミックスボイスのような声は作れる?

天然のミックスボイスは、なめらかで美しい印象が強いと言えます。成熟したミックスボイスは非天然でもきれいですが、「天然ミックスボイスのように歌ってみたい」と考える方もいるのではないでしょうか。 ポイントを押さえて練習すれば、天然ミックスボイスのような発声は可能です。ここでは、天然ミックスボイスを意識した練習法を解説します。

天然っぽく再現できる!

ミックスボイスにおける天然と非天然の違いは、発声したときの脱力感です。単に力を抜くのではなく、適度に脱力させることで天然ミックスボイスに近い声になります。 その際に意識したいのは、声を鼻に響かせて透明感を出すことです。現役歌手で天然ミックスボイスができる方も、鼻腔共鳴を使って透き通るような歌声を出しています。高音に近づくにつれ難易度が上がるため、ヘッドボイスの強化は必要です。

ミックスボイス習得後のステップアップが条件

非天然ミックスボイスの方が天然に近い声を習得するためには、基礎トレーニングが欠かせません。ミックスボイスの理屈やコツが分からないまま、天然型の発声に憧れるのは順序が違います。 したがって、まずはミックスボイスを習得することが大切です。ミックスボイスを自然に出せる状態になった段階で、鼻腔共鳴を意識しながら脱力してみましょう。顔を下に向けた状態で繰り返し発声する練習法もおすすめです。

客観的な意見を取り入れよう!

ミックスボイスの習得は簡単ではありません。非天然型の方にとっては大きな壁のひとつと言えます。これからミックスボイスの練習を始める方や、コツがつかめず悩んでいる方は、第三者の意見を取り入れてみましょう。 自分で録音した音声を聞くだけでは改善点が分かりづらいため、家族や友人に聞いてもらうのがおすすめです。できるだけ多くの意見を聞き、改善点をまとめてトレーニングメニューに反映するとよいでしょう。

天然ミックスボイスでオーディションを受けてみよう!

ボイトレに取り組んでいる方は、本格的な活動に向けてオーディションへ参加してみてはいかがでしょうか。合否にかかわらず、自分の歌唱力に対して客観的な評価を得られるため、ステップアップにもつながります。 特におすすめは、MUSIC PLANETが開催する「新人ボーカル発掘オーディション」です。ここからは、開催中のオーディションに関する情報をご紹介します。

遠隔や対面式のオーディションを開催中

MUSIC PLANETでは遠隔オーディションの参加が可能です。対面式のオーディションも開催しているため、住んでいるエリアやスケジュールに合わせて希望の形式を選択できます。 20歳~49歳と、応募対象が幅広い点も特徴です。地域・年代・性別を限定せず、歌手を目指す方であれば気軽に挑戦できます。書類選考はありません。歌声だけで審査するので、心の底から歌が好きな方に向いたオーディションです。

合格すると万全のサポートが受けられる!

MUSIC PLANETがこだわるのは、オーディション合格後も活動しやすいバックアップ体制です。具体的には、以下のサポートを行っています。 ・音楽プロデューサーとの個人面談 ・プロトレーナーによるボイストレーニング ・オリジナル楽曲の制作・提供 ・オリジナル楽曲を音楽配信サイトやカラオケで配信 ・専属マネージャーを配属 ・プロカメラマンによるアーティスト写真撮影 ・LIVE出演サポート ・オリジナルWebサイト公開 サポートするのは、第一線で活躍するプロのクリエイターやトレーナーです。本気でプロを目指す方を全力で支える体制が整っています。

まとめ

天然ミックスボイスにはメリットもありますが、声質のバリエーションを増やしにくいなど、デメリットがないわけではありません。天然・非天然を問わず、自分に合った練習方法を見つけましょう。 ミックスボイスを習得したら、MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」にチャレンジしてみてください。 経験不問で幅広い年代の方を募集しています。オーディションは遠隔・対面のどちらでも受けられ、書類選考はありません。せっかく身に付けたミックスボイスを、ぜひこの機会に披露してみませんか。