ブログトップへ

歌手としてデビューしたい!オーディションに受かる人ってどんな人?

歌手になりたい!

歌がうまい人や歌うことが好きな人なら誰でも一度はそう考えたことがあるかもしれません。

そんな夢を叶える足がかりとなるのがオーディションです。

当然ながらオーディションに合格できる人はほんの一握り。

色々と対策を立てているのに受からない、何度もチャレンジしているが全然合格しないという方もいるかもしれません。

しかし、そんな方でも諦める必要はありません。

応募書類の書き方や、面接など、オーディションに合格する人には一定の特徴があります。

今回は、オーディションの流れやオーディションに受かる人の特徴について詳しく解説していきましょう。

オーディションの流れとは?

歌手のオーディションには大きく分けて「プロダクション(芸能事務所)主催のオーディション」と「レコード会社主催のオーディション」があります。

どちらもオーディションの流れに大きな違いはありません。

基本的な流れは下記の通りです。

書類審査
 ↓
実技・面接
 ↓
合格発表

まずは書類での一次審査が行われ、それに合格した人が、歌唱披露などの実技、自己PRなどの面接審査に進むことができます。

オーディションに受かる人とは?〜書類審査編〜

オーディションで最初に立ちはだかるのが書類審査です。

まずはこの審査を通過しなくてはオーディション本番にチャレンジできないという、非常に重要なステップです。

オーディションが始まると、審査員は送られてきた膨大な数の応募書類に目を通し、気になった人、会ってみたいと思える人以外をどんどん落としていきます。

だからこそ、審査員の目に止まるような応募書類の内容やプロフィール写真を送ることがとても大切なのです。

では、書類審査合格のためにはどのような内容の書類や写真を用意すればいいのでしょうか?

具体的なポイントについて解説していきます。

写真は最大のアピールポイント

歌手にとってもルックスや見た目は非常に重要な要素です。

見た目ではなく、歌声や歌唱力で判断してほしいと考える方もいるかもしれませんが、やはりプロフィール写真として送る写真はとても大切で、最も力を入れてほしいポイントです。

写真にこだわってほしい理由は、写真が一番あなた自身の個性をアピールでき、審査員に大きなインパクトを残せる手段だからです。

応募書類だけでなく、審査員は写真からその人をイメージします。

また、歌手として売れるかどうかを判断する際にも、ルックスという要素が重要となってきます。

では、具体的にはどんな写真を用意すればいいのでしょうか?

審査員の目にとまりやすり写真の特徴は下記の通りです。

・明るく綺麗な写真

ピントがしっかりあっていて、明るい印象を与えられるような綺麗な写真は好印象です。

体型や顔のパーツ(目元、口元など)、髪色などがはっきりわかるようなピンボケしていない写真を撮りましょう。

・本人以外の余計なものが写っていない写真

友達やペットなどと写っている写真は避けましょう。

背景も含め、自分以外の余計なものが写っている写真は、場合によっては審査員にマイナスイメージを与えてしまうこともあります。

・アプリなどで加工されていない写真

スマホで撮影した写真をプロフィール写真として使用している人も多くなってきましたが、アプリなどで写真を加工するのは絶対にやめましょう。

審査員が求めているのはありのままのあなたの写真です。

・清潔感がある写真

プロフィール写真において一番重要な要素が清潔感かもしれません。

清潔感のある服装や髪型、メイクなどは印象が良く、自然と審査員の目に止まります。

奇抜なコスプレやメイクなど、元の状態がわからないような写真は避けられる傾向にありますので注意が必要です。

オーディションにおいて、写真はとても重要なポイントです。

だからこそ、時間とお金をかけてでもスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらい、自分の納得のいくオーディション用の写真を用意することをおすすめします。

応募書類は読みやすさを意識して書くことが大切

審査員は1日に何百という応募書類に目を通さなくてはいけない時もあります。

そのため、応募書類を作成する際には常に相手が読みやすいかどうかを意識して書くことがポイントです。

審査員の目に止まる、読んでもらえる応募書類の具体的なポイントは下記の通りです。

・字が綺麗で読みやすい

丁寧で綺麗な字で書かれている書類や、適度にスペースが取られた書類、読みやすい字の大きさやバランスで書かれた書類は、審査員に好印象を与えます。

字が汚かったり、大きすぎる、小さすぎる、余白が全くないなど書類は審査員に敬遠されがちなので注意が必要です。

・文字量が適量

文字量が極端に多すぎて読むのが大変な書類や、逆に文字量が少なすぎてやる気や熱意が感じられない書類は、不合格になる可能性が高くなります。

読み手の気持ちを考えて、適度な分量で短時間でしっかり自分の想いが伝わる書類を作ることが重要です。

・実績や経歴がわかりやすい

通っていたスクールや実績などがわかりやすく記載されていると、どの程度の歌唱力があるかという判断指標になるので、審査員の目に止まる確率はぐっと高まります。

逆にいくらやる気や熱意をアピールしても、スクールやレッスンなどの活動の実績が一切記載されていない書類は興味を持たれる可能性も低くなります。

オーディションに受かる人とは?〜実技・面接編〜

書類審査を通過した後に待っているのが、歌や自己PRを披露する実技・面接審査です。

ここで合格を勝ち取ることができた人が歌手としての第一歩を踏み出すことができるわけです。

では、どのような人がオーディションに受かっているのでしょうか?

合格する人に共通する特徴や、審査員が注目しているポイントについて解説します。

プロダクション、レコード会社が求めている像にマッチする人物かどうか

日々たくさんのオーディションが開催されていますが、当然のことながらオーディションごとに求められる人物像は異なります。

例えば、プロダクションやレコード会社が随時募集、開催しているようなオーディションの場合であれば、その会社がプロモーションを得意とするタイプの人が合格しやすくなります。

また、映画やドラマ、アニメの主題歌オーディションといった企画募集型の場合は、声質や雰囲気がその作品にマッチし、作品の世界観を広げてくれる人が好まれます。

つまり、オーディションのコンセプトをしっかりと理解し、求められる人物像と自分の個性がマッチするオーディションを積極的に受けることが合格への第一歩といえるでしょう。

しかし、自分の個性にぴったりと合うオーディションはそう簡単に見つかるものではありません。

だからこそ、オーディションには何度落ちても諦めずに参加し続けることが重要です。

声質が魅力的な人物であるかどうか

デビューを果たしているアーティストを見てみると、個性的で人を惹きつけるような声質を持っていることが多いでしょう。

楽曲を聴いていて、これはあの人の声だ!とすぐにわかるような声質はとても魅力的です。

声質については、持って生まれた才能の1つですぐに変えられるものではありませんが、オーディションに受かる人は総じて魅力的な声質を持っている人が多いといえます。

オーディションでは歌を披露する機会がありますが、ここで歌う曲もオーディションの合格を左右します。

選曲の際には、好きな歌や、歌唱力をアピールできるような難しい曲ではなく、自分の声質、音域に合っていて余裕をもって歌える曲を選択することが大切です。

いくら歌唱力が高い人でも、自分の声質に合っていない曲や音域を外れるような曲では、魅力は半減し、審査員の胸にも響くことはありません。

まずは自分の歌声を何度も聞き返し、声質の特徴や音域について客観的に理解し、自分に合う曲を見つけることが重要です。

特に声質は先天的な要素で、トレーニングや練習を繰り返しても大きく変わるものではありませんが、選曲次第では審査員に大きくアピールできる要素となりえます。

歌い方にオリジナリティがあるかどうか

オーディションに受かるためには、自分自身を表現できるような個性やオリジナリティが必要です。

個性的という言葉を履き違え、癖の強すぎる歌い方をしている人がいますが、オーディションでは逆効果です。

「何を言っているのかわからない」

「歌詞が伝わらない」

ようなクセの強い歌い方では、多くの人から共感を得ることはできません。

オーディションで求められるのは、素直な歌い方、つまり、歌や歌詞が聞きやすく多くの人に届きやすい歌い方なのです。

また、誰かのモノマネのような歌い方をする人もオーディションでは好まれません。

憧れているアーティストや、目標としている歌手がいる場合、自分でも気がつかないうちにその歌手のような歌い方になってしまっていたということはよくあることです。

しかし、オーディションで求められているのは、既存の歌手にはない新しい可能性を持ち合わせた人材、つまり、モノマネをする人ではなく、多くの人からモノマネをされるような人材なのです。

オーディションで審査員が求めている個性やオリジナリティとは、基本的な歌い方を身につけた上で生まれる「その人にしかない」良いクセのことです。

これらを持ち合わせた人がオーディションに受かる人といえるでしょう。

優れた歌唱力を持っている人かどうか

歌を歌うことは誰にでもできることです。

しかし、歌手になるということは誰でもできることに対価が発生するということです。

つまり、歌手にとって歌は武器であり、歌唱力が優れているということは当たり前のことなのです。

歌が下手でも将来性があれば歌手になれるというのは幻想にすぎません。

バットを振ることも、ボールを投げることもできないけれど、将来性があるからプロ野球選手になれると言っているのと同じことです。

将来性というのは、一定レベル以上の優れた歌唱力があってはじめて評価されるものであることを忘れてはいけません。

また、プロダクションやレコード会社が行うオーディションには、ビジネスが絡んでいるということも忘れないようにしましょう。

ビジネスとして歌手の発掘や育成を行っている以上、全くの素人をプロとして採用することはないといえます。

オーディションに合格する人は例外なく、歌手になるために努力をし続けている人です。

幼少期からスクールに通っている人や、しっかりとボイストレーニングを行っている人など、日々の努力を怠らない人がオーディションに受かる人なのです。

周りの人を惹きつける魅力を持っている人物かどうか

歌手は、歌うことで多くの人に勇気や元気、希望や生きる意味などを与える仕事です。

だからこそ、その人の人間的な魅力がなければ成り立たない職業であるともいえます。

メジャーデビューを果たしたアーティストや、現在歌手として活躍してる人には、その人を見ているだけで元気になるような強いエネルギーを持っていたり、気になって放っておけないようなミステリアスな雰囲気があるなど、どこか人を惹きつけるような魅力を持っている人が多いと感じるのではないでしょうか。

人を惹きつける魅力とは、いわゆるその人の人間力のこと。

外見だけではなく、今まで何を考え、どのように生きてきたかといったような内面の部分がとても重要です。

目標や志がなく、ただ毎日を漫然と生きている人がメッセージ性の強い歌を歌っても、人の心に響くことはありません。

歌手という目標に向かい、日々努力をしているからこそ、その歌声が多くの人の共感を呼ぶのではないでしょうか。

人間力の高い魅力的な人というのは、自分の夢や志に向かい一生懸命努力してきた人のことを指します。

こういった魅力は一朝一夕で身につくものではありませんが、しっかりとした夢を描き、それを叶えるために日々を過ごしていくことが人間力向上の重要なポイントであるといえるでしょう。

歌手になるという夢を掴み取ろう!

オーディションに受かるということは簡単なことではありません。

しかし、歌手になるという夢を実現させるためには、オーディションを受ける、1つダメでも、2つ3つと受け続けることがとても大切です。

合格するために必要なのは、才能やポテンシャルだけでなく、目標に向かって努力する姿勢や諦めない気持ちです。

夢を夢で終わらせないために、今できることは積極的に取り組んでいきましょう。

オーディションに合格し、歌手になるという夢を掴み取ることを応援しています!

「新人ボーカル発掘オーディション」を受けてみよう!

素人が歌手オーディションに合格するためには、書類をしっかり準備し、写真もしっかり厳選する必要があります。

とはいえ、写真や書類だけで、歌の実力を見てもらえないまま落とされてしまうのは、腑に落ちないですよね。

でも、ミュージックプラネットのオーディションならば、そんな心配は無用です。

「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」なら、経歴なども関係なく「今」の実力を十分に判断してもらえます。

通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、

まずはボイストレーニングだけだったり、様々な下積みが必要な場合もあります。

しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、

未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートを受けられます。

1.プロデューサーによる個人面談

2.あなただけのオリジナル楽曲提供

3.あなたの楽曲がCDに!

4.専属マネージャーを配属

5.プロトレーナーによるボイストレーニング!

6.オリジナル楽曲をカラオケで配信!

7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信!

8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影

9.なんと…LIVEにも出演!

この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、

  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方

と、歌手オーディションの条件も「ほとんどの人が受けられる」幅広さです。

オーディションの会場も、

  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)

と、日本全国で開催しています。

さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、

  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア

と全国各地にあります。

ですので、

「地元で頑張りたい」

「金銭的にすぐ引っ越ししたり、遠くまで通うのは難しい」

という人でも、安心して合格後のサポートを受けることができます。

もちろんボイストレーニングは、プロのトレーナーによる本格的なレッスンです。

今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、

充実した練習ができること間違い無し!

歌手オーディションは無料で受けられるので、

必要なのは会場までの交通費のみ。

現在の練習方法に不安があったり、

「プロのボイストレーニングを受けたい!」

「本格的なレコーディングを体験してみたい」

と思っている人には、ぴったりのオーディションではないでしょうか?

ぜひ、オーディションに参加して、

歌手としてステップアップしましょう!