ブログトップへ

歌手になりたい!未経験でも歌のオーディションに合格するコツとは?

未経験だけど歌のオーディションを受けて歌手になりたい!と考える人は少なくありません。しかし、そういった方は未経験というのが理由で不安な気持ちが大きいのではないでしょうか?

歌のオーディションは今まで一度も受けたことがない人からすれば、分からないことだらけで、なかなか挑戦するのも難しいと感じてしまいます。

今回は、そんな方に向けて未経験者でもしっかりと歌のオーディションを受けれるように、事前にすべき対策やオーディションの流れなどを解説していきます。

1.歌のオーディションは未経験でも応募できる?

未経験でも歌のオーディションに応募することができるのか?それを知る前に、まず音楽業界はどういった構図で成り立っているのかをご説明します。

音楽業界というのは、主に「プロダクション」「レコード会社」「音楽出版者」の3つの組織から形成されています。

プロダクションという組織は、歌手とマネジメントの契約を結びます。マネジメントとは、歌手のプロモーション活動などを行ってブランド力をなどを高めていくことです。

プロダクションは、こういった活動を通じて歌手自身を育成して、世に出すサポートをしていく組織ということになります。

レコード会社という組織は、歌手と録音での契約を結びます。歌手のCDを作ったり、そのCDを販売するためのプロモーションを行う、いわば歌手のCDを売る組織といえるでしょう。

音楽出版社という組織は、歌手と著作権の契約を結びます。楽曲の録音権や演奏権、譲渡権などを管理する組織です。

歌のオーディションというのは、基本的にプロダクションとレコード会社が主催しています。プロダクションというのは、歌手を育成する組織となるので、プロダクションが主催をしているオーディションになると、未経験者も募集しているオーディションは多いです。

2.歌のオーディションはどのような流れで行われる?

オーディションの主催がプロダクションであろうが、レコード会社であろうが基本的な歌オーディションの流れは変わりません。

まずは書類選考からオーディションはスタートします。オーディションによっても異なりますが、ほとんどの場合専門の履歴書がオーディションごとに用意されています。

その履歴書に、自分のプロフィールや志望動機などを記載して主催している事務所へ送ります。書類選考は、その履歴書だけを見て審査されるわけです。

このときに、履歴書だけではなくプロフィール写真が必要になります。また、場合によっては自分の歌声を録音したものも送らなくてはいけない場合もあるでしょう。

それらをトータル的に審査をして、可能性があると感じた人のみ次のステージに進めます。いわば、1次審査ともいえるべきものでしょう。

書類選考といったも、想像以上にハードルが高く、光るものが見えない人というのは、この段階を通過することはできません。

また、応募者が殺到する場合がほとんどなので、書類選考で3分の2ほどの人は落選しているのが現状です。ここをクリアした人が次の最終審査に残れるわけです。

最終審査は改めてオーディション会場を設営して行われる場合が多く、自ら足を運び会場で実技の審査や、面接を行う流れが一般的です。

歌のオーディションの実技の審査は、もちろんですが歌唱審査です。ここで課題曲を披露して、審査してもらいます。課題曲はあらかじめ決められている場合もありますが、自分で決めれる場合も多いでしょう。

歌唱披露だけではなく、自己PRや審査員からの質問への受け答えでの審査もあるので、歌唱力だけではなくその人の人間性も審査されるのです。

自分の良さをしっかりとアピールして審査員に印象付けができ、なおかつ「歌手として成功できるイメージが湧く」と感じられた人のみが、最終審査に合格します。

合否の発表はその場で行われることはほとんどなく、2週間~数カ月かかる場合が多いです。また、合格の連絡は合格した人のみに連絡がいく場合が多いです。

3.未経験者が歌のオーディション受ける前に準備しておくべきこととは?

歌のオーディションはいきなり受けにいって運良く合格したというのは、まずあり得ません。合格するために、しておかなくてはいけない準備はたくさんあります。

特に未経験者というのは、ただでさえ他のライバルよりも経験値で劣っているのですから、しっかりとした準備ができなければ、まず合格することはないでしょう。

では、未経験者が歌のオーディション前に準備すべきことをお伝えします。

3-1.ボイストレーニング

歌手を本気で目指している人というのは、例外なく「ボイストレーニング」を日々行い、自分の歌唱力を磨いています。

未経験であればなおさらで、今すぐにでもボイストレーニングを行うべきです。プロの歌手を目指すわけですから、歌を歌うことにおいては、プロフェッショナルにならなくてはいけないのです。

そのために、ボイストレーニングは必要であり、日々自身を歌唱力を磨く努力をしなくてはいけません。ボイストレーニングを行う方法も様々あります。

本当に自分の歌唱力を伸ばしたいと考えるのであれば、専門的なスクールなどに通い、本格的なボイストレーニングを学ぶことをおすすめします。

もちろん、独学でもトレーニングを実践することは可能ですが、未経験者なら特に今の自分の知識でトレーニングを行っても、実力の伸び幅は限られています。

本格的なプロの指導を受けることによって、どういった改善点があるのかということも理解できますし、何より声の出し方などの基本を学ぶことができるので成長の度合いが違ってくることでしょう。

3-2.実践的なライブを行う

日々のボイストレーニングで実力が向上してきたと感じたら、次は実践です。ライブ活動などを行い、どんどん経験値を高めていきましょう。

いくら、高い能力を持っていたとしてもそれを実践で発揮できなければ意味がありません。オーディション本番というのは、実践で培ってきた経験値がものをいいます。

ライブを行う方法も色々とあります。バンドを組んでいる方や、知り合いに楽器を演奏できる人がいるのであれば、ライブ会場を借りてライブをするのも良いでしょう。

そこまで大きな規模でやるのが不安というのは、路上ライブという方法もあります。路上ライブから人気歌手へになった人も多いですね。

また、まだ人前に出るのが不安な方は、youtobeなどの動画配信サイトで自分が歌っている動画をアップして見てもらう方もあります。

未経験者が歌オーディションを受けるなら、オーディション以外での経験値を高めるしかありません。

3-3.書類選考用のプロフィール写真を用意する

オーディションの書類選考ではプロフィール写真が必要になってきますが、適当な写真では書類選考を通過することはありません。

むしろ、プロフィール写真は書類選考の合否を担っている重要なものだと捉えるようにしましょう。ですので、最高な写真を用意しなくてはいけないのです。

時間に余裕がある場合は、色々な角度や明るさで撮影して「どのようにすれば良い写真が撮れるか」と工夫しながら撮ってみるのも良いでしょう。

しかし、やはりプロのカメラマンが撮影した写真には敵いません。本格的なプロフィール写真を撮るなら、フォトスタジオなどに行って撮影してもらうのが無難ですね。

4.未経験でも受けられるおすすめの歌手オーディションをご紹介!

ここで、未経験者でも受けられるおすすめの歌手オーディションをご紹介します。そのオーディションは「新人ボーカル発掘オーディション」です。

その名の通り、まだ誰にも知られていない新人ボーカリストを発掘することを目的とされたオーディションであり、開催しているのはミュージックプラネットです。

このオーディションで合格した際には、自分のオリジナル楽曲を持つことができますし、何よりその楽曲がカラオケや音楽配信サイトで配信される予定となっています。

いきなり自分の曲が持てるというのは何よりも魅力的であり、合格を目指す大きな価値があるオーディションともいえます。しかも、それだけではなく強力なサポートがあるのも、未経験者の方にとっては心強いものとなります。

未経験者でも受けることができるオーディションはいくつもありますが、このオーディションほど受ける価値が高いオーディションはなかなかありません。

開催場所は東京と福岡になっています。勇気を振り絞って応募をしてみてはいかがでしょうか?

5.未経験でもチャレンジすることが重要!積極的に歌のオーディションを受けてデビューを掴みとろう!

未経験者が本気で歌手になりたいなら、あれこれ悩んでいるよりもまずはチャレンジしてみることが重要になります。

ですので、最初は小さいことを考えずにとにかく積極的に歌のオーディションを受けてみましょう。「失敗したらどうしよう…」と考えるかもしれませんが、失敗して当然です。

初めての歌オーディションで合格する人なんていうのは、まずいません。こういったことを踏まえて、未経験でも自信を持ってオーディションに挑戦してみてくださいね!