ブログトップへ

歌手オーディションに合格するためのポイントとは?マル秘必勝法を伝授!

歌手になりたいとは思いつつも「どうせ自分には無理だろうな……」と諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。実際に歌手デビューまでの道のりは険しく、一握りの方しかその夢を掴めないとも言われてます。しかし、諦めてしまっては歌手になる夢もただの空想で終わってしまいます。

そこでこの記事では、歌手オーディション必勝法を紹介していきます。プロデビューするためにはオーディション通過が不可欠です。オーディション通過に必要なスキルやポイントを解説しますので、夢を諦めずに積極的にアクションを起こしていきましょう。

歌手オーディションに合格するためのポイント

歌手オーディションに合格するためには、人とは違う自己PR・選曲を意識することが大切です。アーティストには独創性が求められます。歌手オーディションで注目されるよう、自分を印象的に表現しましょう。ここでは、歌手オーディションに合格するための具体的なポイントについて解説します。

人とは違う自己PR

書類審査に通るための自己PRではきれいで読みやすい字を心掛け、適度な文字数にすることが大切です。きれいな文字は視覚に入りやすく無理なく読めるため、審査員に内容をしっかり読んでもらいやすくなります。文字間を詰めすぎず、適度な余白があることでスマートな印象を与えるでしょう。

文字数への配慮も重要です。伝えたいことはたくさんあるとは思いますが、長文は審査員の読む労力が大きいためあまり好まれません。さらに文字数が多いと、PRポイントがどこなのか分かりにくくなることがあります。長文の場合ほど整理された文章でなければ、PRがうまく伝わりません。

自己PRは簡潔に分かりやすくまとめられていることも重要なポイントの1つです。長文で熱意をPRしたくなるかもしれませんが、それよりも「主張が簡潔に伝わる形になっているか」ということに注力し、1文が長くならないようにしましょう。

自分の歌声が一番魅力的に聞こえる選曲

選曲は最新の曲を歌う必要はなく、自分に合った曲を選ぶことが大切です。最新の曲はカラオケや街中で多く耳にする機会がありますので、ただ上手に歌うだけでは個性を発揮できません。

自分の声の音域に合った曲や、自分の個性を出せるジャンルを選びましょう。印象とギャップのある曲を選ぶのも効果的です。無理な音域・リズムの取れない曲など、歌い慣れない曲を選択しても良い結果には繋がりません。原曲と自分との相性を良く見極めましょう。

そのためには、自分の声を録音して自分の声を研究するのがおすすめです。声質が合った曲を選ぶことで、自分の魅力をより伝えやすくなります。ただし、歌い方に変なクセを出すのは避けましょう。クセの強い歌い方は、審査員に悪い印象を与えやすくなります。

今の精一杯を出し切る

オーディションに合格するためには、今の実力を精一杯出し切ることが大切です。歌唱力は求められますが、高い完璧な人材を求めているわけではありません。「声質が良いか」「将来性があるか」などの伸びしろや、人前でも堂々と歌えるかどうかが重要です。

また、歌手になるためにはオーディションがゴールではありません。合格してメジャデビューできるまでには様々な試練があるでしょう。必要な場面で適切な実力が発揮できなければ、今後訪れる試練に立ち向かうことも困難になります。

オーディションでは、スキルと合わせて人間性もチェックしていますので自信がなくても全力で挑みましょう。今できることを全力で出し切ることで、気づかなかった魅力を審査員が見つけてくれるかもしれません。

オーディション前に心得ておきたいことや準備

歌手になるには実際にどうすれば良いのか、具体策が知りたい方もいるでしょう。ここでは、オーディションを突破するための「事前準備と心得ておきたいこと」について紹介します。オーディションに応募する予定の方は、以下を参考に準備に取り掛かりましょう。

自分の魅力について考えてみよう!

オーディションでは歌唱力だけではなく、人としての魅力についても審査されていることを心得ておきましょう。歌手は歌が上手いだけでデビューできるわけではありません。「人を惹きつけられる魅力があるかどうか」も大事なポイントです。

例えば、スタイルが良くて誰が見ても美しい女性もそれで魅了されるのは最初だけです。くしゃくしゃな顔で笑う姿が妙に愛らしかったり、世間話をずっと聞いていたくなるほど話し上手だったり、人としての魅力があるからこそ「美人」であると感じるのではないでしょうか。歌手オーディションも同じです。

自分の魅力をいかに伝えられるかは大変重要になってきますので、「自分ならではの魅力」について考えてみましょう。「自分が感じている魅力」と「他人が感じている自分の魅力」は異なる場合もあります。自分という人間を客観的に知るためにも、周りに聞いてみると良いかもしれません。

歌唱力を上げるボイストレーニングをする

オーディションに参加するまでに、しっかりとボイストレーニングをしていきましょう。歌手になるにはやはり歌唱力です。自分の得意な音域を探ったり、リズム感を養ったりしながら着実に実力を上げられるよう心がける必要があります。

努力しても結果が目に見えて現れないと無性に焦ったり、不安になったりすることもあるかもしれません。しかし、努力をせずにオーディションに受かったとしても「本当にこれでいいのかな」と同じく不安に感じるはずです。

イマイチ進歩を感じられなくても、ボイストレーニングという努力を積み重ねることで必ずあなたの自信となって一緒に戦ってくれます。オーディションに不合格になった時、「もっと練習しておけば良かった」と後悔しないためにも、しっかりボイストレーニングに取り組んでいきましょう。

緊張に慣れるようにしておこう!

オーディション当日は、どんなに肝が据わった人でも緊張してしまうものです。気持ちはしっかりと持っているのに、声や手が震えてしまったり、歌詞が全て飛んでしまったりすることもあるかもしれません。

審査員もある程度の緊張は予想してくれていますが、審査ができないレベルで緊張されてしまっては不合格にするしかありません。このような最悪の状態に陥らないためにも、日頃から緊張に慣れるようにしておきましょう。自分が緊張しやすい場面や緊張してしまうであろうシチュエーションをわざと作り、緊張をほぐすトレーニングをするのもひとつです。

厳しい試練を乗り越える覚悟をしておこう!

オーディションを受ける前に、厳しい試練を乗り越える覚悟をしておきましょう。歌手としてデビューすることも簡単ではありませんが、デビューしてからも辛い試練はいくつもやっていきます。

歌手としてだけの収入で生きていくことは難しく、楽しいことばかりではありません。他人と比べられることもあり、誹謗や中傷をされることもあります。別の仕事をしながら生活をする必要もあれば、歌うことが苦痛になるときもあるでしょう。

「自分はなんのために歌手になりたいのか」「夢のためにどこまでできるのか」と自問自答するときもくるでしょう。辛い時こそ、「歌が好きだ」という気持ちを強く持つことが大切です。

オーディションの流れはどうなっているの?合格必勝法とは?

レコード会社とプロダクション、どちらのオーディションでも審査の流れや内容はほとんど変わりません。もちろん「どのような歌手を募集しているオーディションなのか」は違いますが、進むステップは同じです。ここからは、「オーディションの流れ」や「各審査に合格するためのコツ」について紹介します。

1:まずは書類審査

オーディションで避けては通れないのが書類審査です。ただ必要事項を記入するだけでは、この最初のステップをクリアしていくことはできないでしょう。書類審査は、実力をアピールできる実技審査」への切符を手に入れるための審査です。この段階でつまずいてしまうと、自分の実力を見てもらうチャンスすら無くしてしまいます。

書類審査では「なぜ歌手を志望したのか」「このオーディションに応募した理由」「自己PR」を明確に記入していきましょう。それぞれのポイントでは、しっかりとしたビジョンが垣間見える文章が効果的です。

例えば、自己PRの文章に「料理が得意です」と端的に特技を伝えるのと、「私は(僕は)料理が得意なので、歌手活動中も自炊をしながら自分の健康管理に努めていけます」と書くのとでは印象が異なります。このように、自分の志望動機や特技を人の心を掴むように伝えることを考えてみましょう。

書類審査では写真もとても大事な要素になります。何通もの書類を見て審査員がジャッジするので、文章だけではなく写真でも自分の魅力を伝えましょう。暗くて顔がよく見えない写真や加工した写真、普段とは異なる奇抜すぎる化粧や髪型などでは自分という人間を的確に伝えきれません。

写真を撮るのが苦手な方は、友人や家族・フォトスタジオなどに撮影をお願いして自分の魅力を伝えられる写真で書類審査に挑みましょう。

2:実技で歌や特技を通して自分の魅力を伝える

書類審査に合格すると、次はいよいよ実技審査です。歌手オーディションの場合、歌を歌って審査してもらうのが基本ですが、中には歌だけではなく自分の特技をアピールできる時間を設けられていることもあります。

審査内容については、書類審査合格後に詳細が掛かれた封書が届くかと思いますので、その内容をきちんとチェックしてからオーディション会場へ向かいましょう。歌う曲は「自分が得意な曲」の場合と「指定曲」の場合がありますが、大抵は自分で選曲できるようになっています。

オーディション当日までに、何度も発声練習をしながらコンディションを整えておくことが大切です。選曲は「声がでるかどうかわからないもの」や「つい本人のモノマネが入ってしまう曲」は避けるのが無難です。

自分が好きな曲と自分の声に合う曲は違うかもしれませんので、家族や友人に何曲か聴いてもらい、その中でも反響が良かったものを選曲すると良いでしょう。

実技審査では、歌だけではなく自己紹介も必要です。緊張するかもしれませんが、聞き取りやすい声でハキハキと審査員に伝えられるように意識しましょう。言葉使いや姿勢なども見られていますので、オーディション会場では立ち居振る舞いなどにも気を付けて審査に挑むことをが重要です。

3:合格発表

書類審査と実技審査を終えれば、ついに合格発表です。合格発表の日時についてはあらかじめ通知があります。発表まで気持ちが落ち着かないこともあるかもしれませんが、結果を信じて待ちましょう。

基本的には合格者だけに合格通知が届く仕組みです。もしも通知が届かなく不合格を確信したとしても、諦めずに他のオーディションを受けて再チャレンジしていきましょう。

自分に合ったオーディション選びのコツは?

歌手募集のオーディションには、種類がたくさんあります。どのような歌手として活躍したいのかどうかで、選ぶオーディションが変わるでしょう。

例えばプロダクション主催のオーディションであれば、歌手としてだけではなくTVや雑誌などメディアが関係する仕事がメインになります。この場合は、歌唱力以外の総合的なスキルが求められます。レコード会社であれば、楽曲やその人の歌唱力が注目されるでしょう。

会社によっても個性が現れます。メジャーデビューしやすい会社やライブなどをメインにしている会社など、会社ごとの特徴があります。自分がどこで活躍したいか、会社がどこまでサポートしてくれるかなどを考えて選ぶのがコツです。

「新人ボーカル発掘オーディション」を受けてみよう!

通常の歌手オーディションでは、事務所に所属できた後も、ボイストレーニングだけだったり、様々な下積みが必要だったりする場合もあります。しかし、「MUSIC PLANET」が主催している「新人ボーカル発掘オーディション」は、未経験者でも歌手活動を行うための充実したサポートを受けられます。

1.プロデューサーによる個人面談
2.あなただけのオリジナル楽曲提供
3.あなたの楽曲がCDに
4.専属マネージャーを配属
5.プロトレーナーによるボイストレーニング
6.オリジナル楽曲をカラオケで配信
7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信
8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影
9.なんと……LIVEにも出演

この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、対象者の条件が幅広いことも特徴です。
・20〜49歳までの歌手を目指す男女
・心身ともに健康な方
・経験不問
・日本国籍または日本永住権がある方

オーディションの会場も、東京(渋谷)・大阪(心斎橋)・福岡(天神)と、日本全国からアクセスしやすい場所で開催しています。

さらに合格後の9つの特典を受けられる場所はもっと幅広く、全国各地にあります。
・東京
・福岡
・大阪
・名古屋
・札幌
・広島
・仙台エリア

そのため、「地元で頑張りたい」「金銭的にすぐの引っ越しはできない」「遠くまで通うのは難しい」という方でも、安心して合格後のサポートを受けることができます。もちろん、ボイストレーニングはプロのトレーナーによる本格的なレッスンです。今までの自己流の練習とは大きく違った内容で、充実した練習ができること間違いないでしょう。

歌手オーディションは無料で受けられるので、必要なのは会場までの交通費のみです。「練習方法に不安がある方」「プロのボイストレーニングを受けたい方」「本格的なレコーディングを体験してみたい方」には、最適のオーディションではないでしょうか。
ぜひオーディションに参加して、歌手としてステップアップしましょう。

まとめ

歌手オーディションに合格するためには、歌唱力以外にも自己PRの書き方や曲の選び方など重要なポイントがあります。オーディションを受ける前には、「自分に適切な曲かどうか」「自分の魅力がどこにあるのか」など見直しましょう。

歌手としてデビューするためには、自分のPRポイントを明確にして審査員に的確に伝える必要があります。自分の強みを審査員にはっきりと伝えることができれば、審査員の印象も良くなるでしょう。

「歌手として本格的にデビューしたい」という方は、MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」を受けてみてください。合格すると経験豊富なプロデューサーによるオリジナル楽曲で、今以上に魅力的な歌手を目指すことができます。専属マネージャーによるサポートやLIVE活動などプロさながらの経験ができることも特徴です。

自宅でオーディションができるスタイルですので、夢を掴み取りたい方はぜひMUSIC PLANETのオーディションに挑戦ください。